マニュアル キャンセル

タイトルの作成

  1. Adobe Premiere Elements ユーザーガイド
  2. Adobe Premiere Elements の概要
    1. Premiere Elements の新機能
    2. 必要システム構成 | Adobe Premiere Elements
    3. ワークスペースの基本
    4. ガイドモード
    5. パンとズームを使用したビデオのようなエフェクトの作成
    6. GPU アクセラレーションレンダリング
  3. ワークスペースとワークフロー
    1. ホーム画面について
    2. 自動作成されたコラージュ、スライドショーなどの表示と配信
    3. ワークスペースの基本
    4. 環境設定
    5. ツール
    6. キーボードショートカット
    7. オーディオ表示
    8. 変更の取り消し
    9. ショートカットのカスタマイズ
    10. スクラッチディスクの操作
  4. プロジェクトの操作
    1. プロジェクトの作成
    2. プロジェクト設定とプリセットの調整
    3. プロジェクトの保存とバックアップ
    4. ムービーのプレビュー
    5. ビデオコラージュの作成
    6. ハイライトリールの作成
    7. ビデオストーリーの作成
    8. インスタントムービーの作成
    9. クリップのプロパティの表示
    10. プロジェクトのファイルの表示
    11. プロジェクトのコピー
    12. GPU アクセラレーションレンダリング
  5. メディアの読み込みと追加
    1. メディアを追加
    2. ファイルを追加する際のガイドライン
    3. 読み込んだ静止画のデュレーションの設定
    4. 5.1 オーディオの読み込み
    5. オフラインファイルの操作
    6. Adobe Premiere Elements と Adobe Photoshop Elements でのファイルの共有
    7. 特殊なクリップの作成
    8. 縦横比とフィールドオプションの操作
  6. クリップの並べ替え
    1. エキスパートビュータイムラインでのクリップの並べ替え
    2. クリップのグループ化、リンクおよび無効化
    3. クイックビュータイムラインでのクリップの並べ替え
    4. クリップマーカーおよびタイムラインマーカーの操作
  7. クリップの編集
    1. ノイズを軽減
    2. 被写体の選択
    3. スナップ写真の場面
    4. カラーマッチ
    5. SmartTrim
    6. クリップの速度とデュレーションの変更
    7. クリップの分割
    8. フレームの保持
    9. 明るさ、コントラストおよびカラーの調整 - ガイド付き編集
    10. シェイクスタビライザーを使用したビデオフッテージのスタビタイズ
    11. フッテージの置き換え
    12. ソースクリップの操作
    13. 不要なフレームのトリミング - ガイド付き編集
    14. クリップのトリミング
    15. 自動スマートトーン補正を使用したフレームの 編集
    16. アート効果
  8. トランジションの適用
    1. トランジションの適用
    2. トランジションの基本
    3. トランジションの調整
    4. ビデオクリップ間のトランジションの追加 - ガイド付き編集
    5. 特殊なトランジションの作成
    6. ルミナンスフェードトランジションエフェクトの作成 - ガイド付き編集
  9. 特殊効果の基礎
    1. エフェクトの使用方法
    2. エフェクトの適用と削除
    3. カラーポップを使用した白黒ビデオの作成 - ガイド付き編集
    4. タイムリマップ - ガイド付き編集
    5. エフェクトの基本
    6. エフェクトプリセットの操作
    7. エフェクトの検索と整理
    8. 自動スマートトーン補正を使用したフレームの 編集
    9. フレームを埋める - ガイド付き編集
    10. タイムラプスの作成 - ガイド付き編集
    11. タイムラプス動画を作成するためのベストプラクティス
  10. スペシャルエフェクトの適用
    1. パンとズームを使用したビデオのようなエフェクトの作成
    2. 透明化とスーパーインポーズ
    3. モーションエフェクトを使用したクリップの配置、スケール(拡大や縮小)および回転
    4. ビデオへのエフェクトマスキングの適用
    5. 色温度と色合いの調整
    6. 窓ガラス効果を作成 - ガイド付き編集
    7. ピクチャインピクチャオーバーレイの作成
    8. 調整レイヤーを使用したエフェクトの適用
    9. ムービーへのタイトルの追加
    10. かすみの除去
    11. ピクチャインピクチャの作成 - ガイド付き編集
    12. 周辺光量補正エフェクトの作成
    13. 明暗別色補正エフェクトの追加
    14. フィルムルックエフェクトの追加
    15. HSL チューナーエフェクトの追加
    16. フレームを埋める - ガイド付き編集
    17. タイムラプスの作成 - ガイド付き編集
    18. アニメーション化された空 - ガイド付き編集
    19. 被写体の選択
    20. アニメーションマット - ガイド付き編集
    21. 二重露光 - ガイド付き編集
  11. 特殊オーディオ効果
    1. Adobe Premiere Elements を使用したオーディオのミックスとボリュームの調整
    2. オーディオ
    3. ビデオへのサウンドエフェクトの追加
    4. ビデオクリップへの音楽の追加
    5. ナレーションの作成
    6. サウンドトラックの使用
    7. 音楽リミックス
    8. ムービーへのナレーションの追加 - ガイド付き編集
    9. ムービーへのスコアの追加 - ガイド付き編集
  12. ムービータイトル
    1. タイトルの作成
    2. タイトルへの図形および画像の追加
    3. タイトルへのカラーとシャドウの追加
    4. テキストの編集と書式設定
    5. モーションタイトル
    6. タイトルの読み込みと書き出し
    7. タイトル内のオブジェクトの配置
    8. テレビ用タイトルの作成
    9. テキストとグラフィックへのスタイルの適用
    10. タイトル内へのビデオの追加
  13. ディスクメニュー
    1. ディスクメニューの作成
    2. メニューマーカーの使用
    3. ディスクの種類とメニューオプション
    4. メニューのプレビュー
  14. ムービーの共有と書き出し
    1. ビデオの書き出しと共有
    2. コンピューター再生の共有
    3. 圧縮とデータレートの基本
    4. 共有の一般設定

ムービーに追加できるタイトルには 2 つのカテゴリがあります。クラシックタイトルモーションタイトルから選択できます。クラシックタイトルを使用する場合は、必要に応じて個々のコンポーネントを選択して追加できます。モーションタイトルには便利なカスタマイズ可能テンプレートが付属します。

この記事ではクラシックタイトルについて説明します。モーションタイトルを使用するには、モーションタイトルを参照してください。

タイトルの追加

タイトルを追加するには、次のいずれかの操作をします。

  • クリップ上のタイトルを追加する位置に時間インジケーターを配置します。テキスト/新規テキストを選択し、「静止タイトル」、「ロールタイトル」、「クロールタイトル」のいずれかを選択します。

  • クリップに時間インジケーターを配置し、モニターパネルに表示します。タイトルとテキストパネルの「クラシックタイトル」カテゴリからタイトルテンプレートをドラッグし、モニターパネルにドロップします。

タイトルのスーパーインポーズ

初期設定では、新しいタイトルを作成すると、時間インジケーターの位置にあるビデオクリップにスーパーインポーズされます。背景ビデオなしでエキスパートビュータイムラインの空いているエリアに配置することも可能です。後でタイトルを空いているエリアから任意のクリップにドラッグすることができます。

空いているエリアでタイトルを作成すると、Adobe Premiere Elements では、エキスパートビュータイムラインのビデオ 1 トラックとクイックビュータイムラインのタイトルトラックにタイトルが挿入されます。

注意:

クリップをクイックビュータイムラインのタイトルにドラッグしたり、エキスパートビュータイムラインのタイトルトラックの上に配置すると、クリップによってタイトルが隠れてしまい、モニターパネルに表示されなくなります。タイトルが表示されるようにするには、「エキスパートビュータイムライン」をクリックし、クリップよりも上のビデオトラックにタイトルをドラッグします。

静止タイトルの作成

Adobe Premiere Elements のタイトル作成ツールは、高性能であるとともに使いやすいツールです。コンピューターにインストールされているフォントをすべて使用でき、描画ツールを使用してグラフィックオブジェクトを作成できます。また、付属のテンプレート、プリセットテキストスタイル、画像も利用できます。タイトルテキストは、縦書きと横書きを指定できます。タイトルは、伸縮させたり、色や影を付けたりすることができます。

  1. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • ビデオクリップの上に新しいタイトルをスーパーインポーズする場合は、クリップを選択します。

    • 背景ビデオのないタイトルを追加するには、エキスパートビュータイムラインの最初のクリップを選択します。プロジェクトのアセットパネルで、パネルオプションから「新規項目」を選択して、「ブラックビデオ」を選択します。エキスパートビュータイムラインで、新しいブラックビデオクリップをムービーの先頭にドラッグします。

  2. スーパーインポーズされるクリップまたはブラックビデオクリップが選択された状態で、パネルオプションメニューから「新規項目」を選択し、「タイトル」を選択します。Adobe Premiere Elements が、初期設定のテキストを、タイトル編集モードでモニターパネルに配置します。
  3. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • 横書き文字を追加する場合は、初期設定のテキストをダブルクリックして、上書き入力します。

    • 縦書き文字を追加する場合は、文字ツールボタンを押し続けると表示されるメニューから「縦書き文字ツール」を選択します。モニターパネルをクリックして、タイトルを入力します。

  4. モニターパネルで選択ツールをクリックし、テキストを目的の位置に配置します。

タイトルが保存され、プロジェクトのアセットパネルと、クイックビュータイムラインまたはエキスパートビュータイムラインに追加されます。

アニメーションテキストが含まれたタイトルの作成

あらかじめ設定されているアニメーションは、どの静止タイトルにも簡単に適用することができます。テキストアニメーションプリセットを使用すると、タイトル内の文字をすばやく簡単にアニメートできます。文字を画面にポップ表示またはフェード表示させたり、流れるように移動させることができます。例えば、文字ごとにフェードインプリセットを使用すると、タイトルの文字を 1 文字ずつ徐々に表示して、最終的にタイトルの文字すべてを表示させることができます。アニメーションをプレビューするには、色調補正パネルの「アニメーション」タブの上にカーソルを移動します。

  1. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • クイックビュータイムラインで、スーパーインポーズされるクリップを選択します。モニターパネルで、クリップをクリックし、タイトルテキストをダブルクリックします。

    • エキスパートビュータイムラインで、タイトルクリップをダブルクリックします。

    色調補正パネルがテキストオプション表示に切り替わります。

  2. 色調補正パネルで、「アニメーション」タブの下のアニメーションプリセットを選択します。
  3. プリセットをタイトルに適用するには、次のいずれかの操作をします。
    • 「適用」をクリックします。

    • プリセットをモニターウィンドウにドラッグし、タイトルテキストの上にドロップします。

注意:

タイトルからアニメーションを削除するには、タイトルテキストを選択して、色調補正パネルの「アニメーション」タブの下部にある「削除」ボタンをクリックします。

ロールタイトルまたはクロールタイトルの作成

プロジェクトによっては、静止しているタイトル、グラフィックおよび画像でも十分な場合がありますが、タイトルを画面内で移動させたい場合もあります。ロールやクロールのオプションを使用すると、動きのある本格的なタイトルをすぐに作成することができます。動きの速度は、クイックビュータイムラインでのタイトルの長さによって決まります。タイトルクリップの表示時間を長くするほど、動きは遅くなります。

ロールタイトルでは、文字が画面を垂直方向に流れます。

クロールタイトルでは、文字が画面を水平方向に流れます。

キーフレームを使用すると、特定の時間での位置をキーフレームで指定することで、独自に作成したパスに沿って文字を移動させることができます。

注意:

アニメーションプリセットを使用するタイトルに、ロールタイトルやクロールタイトルを追加したり、キーフレームを適用することはできません。アニメーションプリセットを適用すると、ロールタイトル、クロールタイトルまたはキーフレームの設定が上書きされます。

ロールタイトルとクロールタイトルの切り替え、クロールの方向の指定、動きのタイミングの設定には、「ロール・クロールオプション」を使用します。

ロールするタイトルは、一般的には制作クレジットに使用します。

ロールタイトルまたはクロールタイトルの作成

  1. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • ロールするタイトルを作成するには、テキスト/ロール・クロールオプション/ロールを選択します。

    • クロールするタイトルを作成するには、テキスト/ロール・クロールオプション/クロールを選択します。

  2. タイトルのテキストおよびグラフィックのオブジェクトを作成します。モニターパネルのスクロールバーを使用して、タイトルの表示エリアの外側の領域を表示します。タイトルをクイックビュータイムラインまたはエキスパートビュータイムラインに追加すると、隠れている表示エリアの外側の領域がロールまたはクロールされて表示されます。
  3. ロール・クロールオプションダイアログボックスの「ロール・クロールオプション」をクリックします。
  4. 必要に応じてオプションを指定し、「OK」をクリックします。
    注意:

    方向は、クロールするタイトルの場合にのみ指定できます。ロールタイトルは、常に画面の下から上に向かって移動します。

ロールとクロールのオプションの設定

  1. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • クイックビュータイムラインで、スーパーインポーズされるクリップを選択します。モニターパネルで、クリップをクリックし、タイトルテキストをダブルクリックします。

    • エキスパートビュータイムラインで、タイトルクリップをダブルクリックします(必要に応じて、ビデオトラックをスクロールして、ビデオ 2 トラックを表示します)。

    色調補正パネルがテキストオプション表示に切り替わります。

  2. テキスト/ロール・クロールオプションを選択し、必要に応じて次のオプションを設定します。モニターパネルのボックスの外側をクリックして、変換したタイトルを保存します。

    タイトルの種類

    使用するタイトルの種類を指定します。ロールタイトルまたはクロールタイトルを静止タイトルに変換すると、ロールまたはクロール用に作成したボックスが表示エリアの外側の領域に伸びます。

    開始スクリーン

    ロールまたはクロールが画面の外から始まり、内側へ移動します。

    終了スクリーン

    オブジェクトが表示の外側に出るまでロールまたはクロールを続けます。

    プリロール

    ロールまたはクロールの開始前に再生するフレーム数を指定します。

    加速

    再生速度に達するまでタイトルを加速しながらゆっくりロールまたはクロールするフレーム数を指定します。

    減速

    ロールまたはクロールが終了するまでタイトルを減速しながらゆっくりロールまたはクロールするフレーム数を指定します。

    ポストロール

    ロールまたはクロールの終了後に再生されるフレーム数を指定します。

    左にクロール、右にクロール

    クロールの移動方向を指定します。

テンプレートからのタイトルの作成

テンプレートによっては、赤ちゃんの誕生や旅行など、ムービーのテーマにぴったりのグラフィックが含まれています。テキストデータが含まれているテンプレートは、文字を置き換えるだけでムービーのクレジットを作成することができます。また、背景に透明部分(黒の背景で表示されます)があるテンプレートでは、タイトルの背景にビデオを表示できます。全体が完全に不透明なテンプレートも用意されています。

テンプレート上の各テキストまたはグラフィックオブジェクトは、選択して削除または上書きすることで、どれも簡単に変更でき、タイトルにオブジェクトを追加することもできます。テンプレートを変更して作成した独自のタイトルは、プロジェクトとともに保存され、元のテンプレートは変更されません。

注意:

新しいテンプレートを適用すると、新しいテンプレートのコンテンツが既存のテンプレートコンテンツにスーパーインポーズされます。

  1. アクションバーの「タイトルとテキスト」をクリックします。
  2. タイトルとテキストパネルでテンプレートカテゴリを選択して、テンプレートを参照します。

    テンプレートの追加作業は、クイックビュータイムラインまたはエキスパートビュータイムラインで行うことができます。

  3. クイックビュータイムラインで作業する場合は、次のいずれかの操作をします。
    • タイトルテンプレートを、タイトルとテキストパネルからクイックビュータイムラインの任意のターゲットエリアにドラッグします。ターゲットにクリップが存在する場合、それが右に移動され、新しいタイトル用の空間が設けられます。

    • クイックビュータイムラインでクリップを選択し、テンプレートをタイトルとテキストパネルからモニターパネルにドラッグします。新規タイトルが選択したクリップにスーパーインポーズされます。

    • クイックビュータイムラインでクリップを選択し、適用するテンプレートを選択して、「適用」をクリックします。

  4. エキスパートビュータイムラインで作業する場合は、次のいずれかの操作をします。
    • タイトルテンプレートを、タイトルとテキストパネルからエキスパートビュータイムラインのビデオトラックの任意の位置にドラッグします。

    • 時間インジケーターをタイトルの配置位置にドラッグし、テンプレートをモニターパネルにドラッグします。

    • エキスパートビュータイムラインでクリップを選択し、適用するテンプレートを選択して、「適用」をクリックします。

  5. 必要に応じてタイトルを変更します。

オンラインタイトルテンプレートの適用

Adobe Premiere Elements では、オンラインで利用できるタイトルテンプレートが多数あります。タイトルテンプレートをダウンロードして適用するには、次のようにします。

  1. タイトルテンプレートを右クリック(Mac OS では control キーを押しながらクリック)します。

  2. 選択したテンプレートをダウンロードするには、「今すぐダウンロード」をクリックします。すべてのタイトルテンプレートをダウンロードするには、「すべてをダウンロード」をクリックします。

  3. (オプション)Adobe Premiere Elements で作業を継続しながらバックグラウンドでコンテンツをダウンロードするには、「バックグラウンドでダウンロード」ボタンをクリックします。

タイトルテンプレートを、タイトルとテキストパネルからクリップにドラッグすると、テンプレートのオンラインコンテンツがダウンロードされます。次に、ダウンロードされたコンテンツがテンプレートに適用されます。コンテンツの右上隅の青のバーは、コンテンツがダウンロードされていないことを示します。

注意:

オンラインコンテンツをダウンロードするには、インターネットに接続する必要があります。

タイトルのトリミング

ムービー全体でタイトルのすべてのインスタンスをトリミングするには、プロジェクトのアセットパネルを使用します。個別のタイトルインスタンスをトリミングするには、クイックビュータイムラインまたはエキスパートビュータイムラインでタイトルを選択します。インスタンスをトリミングすると、エキスパートビュータイムラインのインスタンスの長さは影響を受けますが、プロジェクトのアセットパネルの元のクリップの長さは影響を受けません。

タイトルのすべてのインスタンスのトリミング

  1. エキスパートビューで、「プロジェクトのアセット」をクリックし、プロジェクトのアセットパネルを表示します。
  2. プロジェクトのアセットパネルでタイトルをダブルクリップします。タイトルがプレビューウィンドウに表示されます。
  3. プレビューウィンドウで、次のいずれかの操作をします。
    • インを設定ハンドルまたはアウトを設定ハンドルをドラッグして、タイトルをトリミングします。

    • 新しいインポイントまたはアウトポイントを設定するには、時間インジケーターを目的の場所にドラッグして、インを設定またはアウトを設定ボタンをクリックします。

  4. プレビューウィンドウの「閉じる」ボタンをクリックします。

トリミングしたタイトルがプロジェクトのアセットパネルに保存されます。

エキスパートビュータイムラインの個々のタイトルインスタンスのトリミング

  1. エキスパートビュータイムラインで、いずれかのビデオトラックでトリミングするタイトルを見つけます。ビデオトラックのスクロールバーをドラッグしないとタイトルが表示されないこともあります。
  2. タイトルの端にカーソルを合わせ、カーソルがリップルトリミングカーソル に変わったら、タイトルの端をドラッグしてトリミングします。間隔は自動的に詰められます。タイトルで使用するブラックビデオクリップを作成した場合も、トリミングが必要になります。

    間隔を詰めずにトリミングするには、Ctrl キー(Mac OS では command キー)を押しながらクリップの端をドラッグします。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合