ビデオフレームの書き出し

ビデオクリップの 1 つのフレームをキャプチャして、ムービーで静止画として使用したり、別の場所で使用するためにハードディスクに静止画ファイルとして保存することができます。例えば、静止画をムービーで使用すると、被写体が動きはじめたところを表示させてから、動きの途中で停止させて、スクリーンをフリーズすることができます。

  1. クイックビュータイムラインまたはエキスパートビュータイムラインで任意のクリップを選択します。
  2. クイックビュータイムラインまたはエキスパートビュータイムラインで、キャプチャするフレームまで時間インジケーターをドラッグします。

    時間インジケーターの位置にあるフレームがモニターパネルに表示されます。

  3. アクションバーで、「ツール」をクリックして、ツールパネルから「フリーズフレーム」オプションを選択します。

    フリーズフレームウィンドウにフレームが表示されます。

    注意:

    Adobe Photoshop Elements がインストールされており、Photoshop Elements で静止画を編集する場合は、「挿入後に Photoshop Elements で編集する」を選択します。

  4. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • フレームを静止画ファイルとして書き出すには、「書き出し」をクリックします。フレームを書き出しダイアログボックスで、画像ファイルの名前と場所を指定して「保存」をクリックします。

    • 時間インジケーターの位置にフレームを静止画として直接ムービーにインサートするには、「ムービーにインサート」ボタンをクリックします。

フレームの再生と保持

  • ビデオを静止画として開始してその後再生するには、アクションバーで「ツール」をクリックして「フリーズフレーム」オプションを選択します。任意のフレームから静止画を作成し、元のフレームの位置に静止画を挿入します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー