マニュアル キャンセル

トランジションの調整

  1. Adobe Premiere Elements ユーザーガイド
  2. Adobe Premiere Elements の概要
    1. Premiere Elements の新機能
    2. 必要システム構成 | Adobe Premiere Elements
    3. ワークスペースの基本
    4. ガイドモード
    5. パンとズームを使用したビデオのようなエフェクトの作成
    6. GPU アクセラレーションレンダリング
  3. ワークスペースとワークフロー
    1. ホーム画面について
    2. 自動作成されたコラージュ、スライドショーなどの表示と配信
    3. ワークスペースの基本
    4. 環境設定
    5. ツール
    6. キーボードショートカット
    7. オーディオ表示
    8. 変更の取り消し
    9. ショートカットのカスタマイズ
    10. スクラッチディスクの操作
  4. プロジェクトの操作
    1. プロジェクトの作成
    2. プロジェクト設定とプリセットの調整
    3. プロジェクトの保存とバックアップ
    4. ムービーのプレビュー
    5. ビデオコラージュの作成
    6. ビデオストーリーの作成
    7. インスタントムービーの作成
    8. クリップのプロパティの表示
    9. プロジェクトのファイルの表示
    10. プロジェクトのコピー
    11. GPU アクセラレーションレンダリング
  5. メディアの読み込みと追加
    1. メディアを追加
    2. ファイルを追加する際のガイドライン
    3. 読み込んだ静止画のデュレーションの設定
    4. 5.1 オーディオの読み込み
    5. オフラインファイルの操作
    6. Adobe Premiere Elements と Adobe Photoshop Elements でのファイルの共有
    7. 特殊なクリップの作成
    8. 縦横比とフィールドオプションの操作
  6. クリップの並べ替え
    1. エキスパートビュータイムラインでのクリップの並べ替え
    2. クリップのグループ化、リンクおよび無効化
    3. クイックビュータイムラインでのクリップの並べ替え
    4. クリップマーカーおよびタイムラインマーカーの操作
  7. クリップの編集
    1. ノイズを軽減
    2. 被写体の選択
    3. スナップ写真の場面
    4. SmartTrim
    5. クリップの速度とデュレーションの変更
    6. クリップの分割
    7. フレームの保持
    8. 明るさ、コントラストおよびカラーの調整 - ガイド付き編集
    9. シェイクスタビライザーを使用したビデオフッテージのスタビタイズ
    10. フッテージの置き換え
    11. ソースクリップの操作
    12. 不要なフレームのトリミング - ガイド付き編集
    13. クリップのトリミング
    14. 自動スマートトーン補正を使用したフレームの 編集
    15. アート効果
  8. トランジションの適用
    1. トランジションの適用
    2. トランジションの基本
    3. トランジションの調整
    4. ビデオクリップ間のトランジションの追加 - ガイド付き編集
    5. 特殊なトランジションの作成
    6. ルミナンスフェードトランジションエフェクトの作成 - ガイド付き編集
  9. 特殊効果の基礎
    1. エフェクトの使用方法
    2. エフェクトの適用と削除
    3. カラーポップを使用した白黒ビデオの作成 - ガイド付き編集
    4. タイムリマップ - ガイド付き編集
    5. エフェクトの基本
    6. エフェクトプリセットの操作
    7. エフェクトの検索と整理
    8. 自動スマートトーン補正を使用したフレームの 編集
    9. フレームを埋める - ガイド付き編集
    10. タイムラプスの作成 - ガイド付き編集
    11. タイムラプス動画を作成するためのベストプラクティス
  10. スペシャルエフェクトの適用
    1. パンとズームを使用したビデオのようなエフェクトの作成
    2. 透明化とスーパーインポーズ
    3. モーションエフェクトを使用したクリップの配置、スケール(拡大や縮小)および回転
    4. ビデオへのエフェクトマスキングの適用
    5. 色温度と色合いの調整
    6. 窓ガラス効果を作成 - ガイド付き編集
    7. ピクチャインピクチャオーバーレイの作成
    8. 調整レイヤーを使用したエフェクトの適用
    9. ムービーへのタイトルの追加
    10. かすみの除去
    11. ピクチャインピクチャの作成 - ガイド付き編集
    12. 周辺光量補正エフェクトの作成
    13. 明暗別色補正エフェクトの追加
    14. フィルムルックエフェクトの追加
    15. HSL チューナーエフェクトの追加
    16. フレームを埋める - ガイド付き編集
    17. タイムラプスの作成 - ガイド付き編集
    18. アニメーション化された空 - ガイド付き編集
    19. 被写体の選択
    20. アニメーションマット - ガイド付き編集
    21. 二重露光 - ガイド付き編集
  11. 特殊オーディオ効果
    1. Adobe Premiere Elements を使用したオーディオのミックスとボリュームの調整
    2. ビデオへのサウンドエフェクトの追加
    3. ビデオクリップへの音楽の追加
    4. ナレーションの作成
    5. サウンドトラックの使用
    6. 音楽リミックス
    7. ムービーへのナレーションの追加 - ガイド付き編集
    8. ムービーへのスコアの追加 - ガイド付き編集
  12. ムービータイトル
    1. タイトルの作成
    2. タイトルへの図形および画像の追加
    3. タイトルへのカラーとシャドウの追加
    4. テキストの編集と書式設定
    5. モーションタイトル
    6. タイトルの読み込みと書き出し
    7. タイトル内のオブジェクトの配置
    8. テレビ用タイトルの作成
    9. テキストとグラフィックへのスタイルの適用
    10. タイトル内へのビデオの追加
  13. ディスクメニュー
    1. ディスクメニューの作成
    2. メニューマーカーの使用
    3. ディスクの種類とメニューオプション
    4. メニューのプレビュー
  14. ムービーの共有と書き出し
    1. ビデオの書き出しと共有
    2. コンピューター再生の共有
    3. 圧縮とデータレートの基本
    4. 共有の一般設定

トランジションのプロパティの調整

すべてのトランジションにはプロパティがあり、トランジションコントロールで調整できます。共通するプロパティは、中心点の位置、開始値および終了値、境界およびアンチエイリアスの適用度の設定です(一部のトランジションでは方向も変更できます)。トランジションプロパティの調整に使用する一般的なコントロールとオプションは、次のとおりです。

トランジションコントロールを開くには、クイックビュータイムラインまたはエキスパートビュータイムラインでトランジションをダブルクリックします。

デュレーション

トランジションのデュレーションを設定します。初期設定のデュレーションは 1 秒です。

配置

クリップにトランジションを配置する方法を制御します。初期設定では、トランジションはクリップ間の中央に配置されます。

開始・終了ポイント

トランジションの開始点と終了点におけるトランジションの適用状況(完了した割合)を設定します。

実際のソース表示

クリップの開始フレームと終了フレームを表示します。

反転

トランジションを反転します。例えば、クロックワイプトランジションでは反時計回りに再生されます。

アンチエイリアスの適用度

トランジションの端の滑らかさを調整します。

カスタム

トランジションに固有な設定を変更します。ほとんどのトランジションにカスタム設定はありません。

トランジションの配置の調整

クイックビュータイムラインまたはエキスパートビュータイムラインでトランジションコントロールを使用して、2 つのクリップ間に適用したトランジションの配置を変更できます。トランジションは、カットを中心に配置する必要はありません。また、厳密にカットに揃えて配置する必要もありません。必要に応じて、カット上でトランジションをドラッグして配置を調整できます。トランジションコントロールには、配置を指定するためのオプションもあります。

クリップにトリミングされたフレームがあるかどうかで、クリップ間に配置したトランジションの配置方法が異なります。

配置オプションの確認

  1. クイックビュータイムラインまたはエキスパートビューで、トランジションに含まれているカットの上にカーソルを移動し、カーソルの形がどのようになるかを確認します。
    • カット位置にある両方のクリップにトリミングされたフレームが含まれている場合は、トランジションをカットの中央に配置したり、どちらかのクリップの端に揃えて、その位置でトランジションを開始または終了するように設定できます。トリミングされたクリップは、クリップの右上隅の角が丸くなっています。

    • どちらのクリップにもトリミングされたフレームが含まれていない場合、トランジションは自動的にカットを中心に均等に配置され、最初のクリップの最後のフレームと 2 番目のクリップの最初のフレームがトランジションのデュレーションに合わせて繰り返し使用されます(フレームを繰り返して使用するトランジションには、斜線が表示されます)。

    • 最初のクリップにだけトリミングされたフレームが含まれている場合、トランジションは自動的に 2 番目のクリップのインポイントにスナップします。この場合は、最初のクリップのトリミングされたフレームがトランジションに使用され、フレームは 2 番目のクリップで繰り返されません。

    • 2 番目のクリップにだけトリミングされたフレームが含まれている場合、トランジションは最初のクリップのアウトポイントにスナップします。この場合は、2 番目のクリップのトリミングされたフレームがトランジションに使用され、フレームは最初のクリップで繰り返されません。

トランジションの配置の調整

  1. クイックビュータイムラインまたはエキスパートビュータイムラインで、トランジションを選択し、次のいずれかの操作をおこないます。
    • 時間インジケーターをトランジションに合わせて、トランジションが大きく表示されるようにズームインします。カット上でトランジションをドラッグして移動します。

    • トランジションをダブルクリックし、トランジションコントロールのオプションを使用してトランジションを移動します。

トランジションのデュレーションの調整

クイックビュータイムラインまたはエキスパートビュータイムラインで、トランジションの端をドラッグして、トランジションのデュレーションを編集できます。また、トランジションコントロールを使用して、トランジションのデュレーションを編集することもできます。

  1. クイックビュータイムラインまたはエキスパートビュータイムラインで、トランジションを選択し、次のいずれかの操作をおこないます。
    • カーソルをトランジションの最後に合わせて、トリムインアイコンまたはトリムアウトアイコンを表示します。トリムインアイコンまたはトリムアウトアイコンを左右にドラッグして、デュレーションを調整します。

    • トランジションをダブルクリックし、トランジションコントロールを使用してデュレーションを再調整します。

      注意:トランジションのデュレーションを長くするには、一方または両方のクリップのトリミングされたフレームが、そのデュレーションの長さ以上必要です。

トランジションのデュレーションの初期設定値

トランジションの初期設定のデュレーションは、ビデオでは 30 フレーム、オーディオでは 1 秒に設定されています。初期設定のデュレーションの値は、ムービーに合わせて変更できます。新たに設定したデュレーション値は、ムービーに既に配置されているトランジションのデュレーションには影響を与えませんが、設定の変更後に配置するすべてのトランジションの初期設定値はこの値になります。

  1. 編集/環境設定/一般(Mac OS では Adobe Premiere Elements 11/環境設定/一般)を選択します。
  2. 「ビデオトランジションのデフォルトデュレーション」または「オーディオトランジションのデフォルトデュレーション」の値を変更し、「OK」をクリックします。

トランジションの中心点の調整

  1. クイックビュータイムラインまたはエキスパートビュータイムラインでトランジションをダブルクリックします。
  2. トランジションコントロールで、「詳細」をクリックします。
  3. プレビューエリアで、小さい円をドラッグしてトランジションの中心を移動します(調整可能な中心点がないトランジションもあります)。
    初期設定の中心(左)と移動した中心(右)

エキスパートビュータイムラインでのトランジションのコピーとペースト

トランジションをコピーおよびペーストするには、コピーするトランジションを選択する前に、トランジションの適用された連続するクリップを選択します。

  1. トランジションが適用された連続するクリップを選択します。
  2. トランジションを選択し、編集/コピーを選択、または Ctrl + C キーを押します。
  3. コピーしたトランジションを適用する連続するクリップを選択します。
  4. 編集/ペーストを選択、または Ctrl + V キーを押します。
注意:

ビデオトランジションはビデオトラックにペーストされ、オーディオトランジションはオーディオトラックにペーストされます。

アドビのロゴ

アカウントにログイン