調整パネルの色温度と色合いコントロールを使用して、温かさまたは冷たさを画像に付加できます。また、画像の緑と赤のトーンの量を制御することもできます。

オレンジまたは青のトーンの量を増減するには、色温度スライダーを使用します。オレンジの量が増加すると、画像に暖かさが付加されます。青の量が増加すると、画像に冷たさが付加されます。

画像に赤または緑のトーンを増大させるには、色合いスライダーを使用します。

クリップの色温度と色合いを調整するには、次の操作を行います。

  1. クイックビュータイムラインまたはエキスパートビュータイムラインでクリップを選択し、選択したクリップの上部に時間インジケーターを配置します。

  2. モニターパネルの右側にある「調整」ボタンをクリックします。

  3. 調整パネルで、色温度と色合いコントロールの左側にある三角形をクリックします。

  4. 「色温度」タブで、オレンジまたは青の階調を希望に合わせて選択します。スライダーコントロールを使用して、色温度または色合いを増減します。

  5. 「色合い」タブで、赤または緑のトーンを希望に合わせて選択します。スライダーコントロールを使用して、色温度または色合いを増減します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー