マニュアル キャンセル

クリップの選択、編集、グループ化、リンクおよび無効化

  1. Adobe Premiere Elements ユーザーガイド
  2. Adobe Premiere Elements の概要
    1. Premiere Elements の新機能
    2. 必要システム構成 | Adobe Premiere Elements
    3. ワークスペースの基本
    4. ガイドモード
    5. パンとズームを使用したビデオのようなエフェクトの作成
    6. GPU アクセラレーションレンダリング
  3. ワークスペースとワークフロー
    1. ホーム画面について
    2. 自動作成されたコラージュ、スライドショーなどの表示と配信
    3. ワークスペースの基本
    4. 環境設定
    5. ツール
    6. キーボードショートカット
    7. オーディオ表示
    8. 変更の取り消し
    9. ショートカットのカスタマイズ
    10. スクラッチディスクの操作
  4. プロジェクトの操作
    1. プロジェクトの作成
    2. プロジェクト設定とプリセットの調整
    3. プロジェクトの保存とバックアップ
    4. ムービーのプレビュー
    5. ビデオコラージュの作成
    6. ハイライトリールの作成
    7. ビデオストーリーの作成
    8. インスタントムービーの作成
    9. クリップのプロパティの表示
    10. プロジェクトのファイルの表示
    11. プロジェクトのコピー
    12. GPU アクセラレーションレンダリング
  5. メディアの読み込みと追加
    1. メディアを追加
    2. ファイルを追加する際のガイドライン
    3. 読み込んだ静止画のデュレーションの設定
    4. 5.1 オーディオの読み込み
    5. オフラインファイルの操作
    6. Adobe Premiere Elements と Adobe Photoshop Elements でのファイルの共有
    7. 特殊なクリップの作成
    8. 縦横比とフィールドオプションの操作
  6. クリップの並べ替え
    1. エキスパートビュータイムラインでのクリップの並べ替え
    2. クリップのグループ化、リンクおよび無効化
    3. クイックビュータイムラインでのクリップの並べ替え
    4. クリップマーカーおよびタイムラインマーカーの操作
  7. クリップの編集
    1. ノイズを軽減
    2. 被写体の選択
    3. スナップ写真の場面
    4. カラーマッチ
    5. SmartTrim
    6. クリップの速度とデュレーションの変更
    7. クリップの分割
    8. フレームの保持
    9. 明るさ、コントラストおよびカラーの調整 - ガイド付き編集
    10. シェイクスタビライザーを使用したビデオフッテージのスタビタイズ
    11. フッテージの置き換え
    12. ソースクリップの操作
    13. 不要なフレームのトリミング - ガイド付き編集
    14. クリップのトリミング
    15. 自動スマートトーン補正を使用したフレームの 編集
    16. アート効果
  8. トランジションの適用
    1. トランジションの適用
    2. トランジションの基本
    3. トランジションの調整
    4. ビデオクリップ間のトランジションの追加 - ガイド付き編集
    5. 特殊なトランジションの作成
    6. ルミナンスフェードトランジションエフェクトの作成 - ガイド付き編集
  9. 特殊効果の基礎
    1. エフェクトの使用方法
    2. エフェクトの適用と削除
    3. カラーポップを使用した白黒ビデオの作成 - ガイド付き編集
    4. タイムリマップ - ガイド付き編集
    5. エフェクトの基本
    6. エフェクトプリセットの操作
    7. エフェクトの検索と整理
    8. 自動スマートトーン補正を使用したフレームの 編集
    9. フレームを埋める - ガイド付き編集
    10. タイムラプスの作成 - ガイド付き編集
    11. タイムラプス動画を作成するためのベストプラクティス
  10. スペシャルエフェクトの適用
    1. パンとズームを使用したビデオのようなエフェクトの作成
    2. 透明化とスーパーインポーズ
    3. モーションエフェクトを使用したクリップの配置、スケール(拡大や縮小)および回転
    4. ビデオへのエフェクトマスキングの適用
    5. 色温度と色合いの調整
    6. 窓ガラス効果を作成 - ガイド付き編集
    7. ピクチャインピクチャオーバーレイの作成
    8. 調整レイヤーを使用したエフェクトの適用
    9. ムービーへのタイトルの追加
    10. かすみの除去
    11. ピクチャインピクチャの作成 - ガイド付き編集
    12. 周辺光量補正エフェクトの作成
    13. 明暗別色補正エフェクトの追加
    14. フィルムルックエフェクトの追加
    15. HSL チューナーエフェクトの追加
    16. フレームを埋める - ガイド付き編集
    17. タイムラプスの作成 - ガイド付き編集
    18. アニメーション化された空 - ガイド付き編集
    19. 被写体の選択
    20. アニメーションマット - ガイド付き編集
    21. 二重露光 - ガイド付き編集
  11. 特殊オーディオ効果
    1. Adobe Premiere Elements を使用したオーディオのミックスとボリュームの調整
    2. オーディオ
    3. ビデオへのサウンドエフェクトの追加
    4. ビデオクリップへの音楽の追加
    5. ナレーションの作成
    6. サウンドトラックの使用
    7. 音楽リミックス
    8. ムービーへのナレーションの追加 - ガイド付き編集
    9. ムービーへのスコアの追加 - ガイド付き編集
  12. ムービータイトル
    1. タイトルの作成
    2. タイトルへの図形および画像の追加
    3. タイトルへのカラーとシャドウの追加
    4. テキストの編集と書式設定
    5. モーションタイトル
    6. タイトルの読み込みと書き出し
    7. タイトル内のオブジェクトの配置
    8. テレビ用タイトルの作成
    9. テキストとグラフィックへのスタイルの適用
    10. タイトル内へのビデオの追加
  13. ディスクメニュー
    1. ディスクメニューの作成
    2. メニューマーカーの使用
    3. ディスクの種類とメニューオプション
    4. メニューのプレビュー
  14. ムービーの共有と書き出し
    1. ビデオの書き出しと共有
    2. コンピューター再生の共有
    3. 圧縮とデータレートの基本
    4. 共有の一般設定

Premiere Elements で、複数のクリップを同時に選択して編集する方法や、クリップをグループ化、リンクおよび無効化する方法について説明します。

Premiere Elements では、複数のビデオクリップを同時に選択して編集を適用できます。また、クリップをグループ化、リンクおよび無効化することもできます。クリップを収集して、移動、無効化、コピー、削除などを一度に行うことができます。リンクされたクリップを他のクリップとグループ化すると、クイックビュータイムラインまたはエキスパートビュータイムラインのいずれかを使用しているかに関係なく、このクリップのオーディオコンポーネントとビデオコンポーネントの両方がグループ内に含まれます。

複数のクリップを同時に選択して編集

複数のビデオクリップを同時に選択し、編集を適用するには、次の簡単な手順に従います。

  1. Ctrl キー(Windows)と Command キー(macOS)を押して、選択する各クリップを選択します。また、クリックしてドラッグし、複数のクリップの周囲に選択ボックスを作成することもできます。

  2. 選択したクリップに、カット、トランジション、エフェクト、色調補正などの編集を適用できます。例:

    • カット:レーザーツール(ショートカット:C)を使用して、複数のクリップを同時にカットします。
    • トランジション:「トランジション」パネルからトランジションを適用するには、選択した 2 つのクリップ間、1 つのクリップ間、または選択されていないクリップ間にドラッグ&ドロップします。
    • エフェクト:「エフェクト」パネルから選択したクリップにエフェクトを適用します。「適用されたエフェクト」パネルでエフェクト設定を調整できます。
    • 色調補正:「色調補正」パネルを使用して、明るさ、コントラスト、彩度などのクリップのプロパティを調整できます。
    注意:

    Premiere Elements 2024 では、複数のビデオクリップを選択できません。

クリップのグループ化およびグループ化解除

クイックビュータイムラインまたはエキスパートビュータイムラインで、クリップをグループ化して、移動、無効化、コピーまたは削除を一度に行うことができます。リンククリップをほかのクリップとグループ化すると、リンククリップのオーディオ部分とビデオ部分の両方がグループに含まれます。

  • クリップをグループ化するには、複数のクリップを選択して、 クリップ/グループ化を選択します。
  • クリップのグループ化を解除するには、グループ内の任意のクリップをクリックして、 グループを選択し、クリップ/グループ解除を選択します。
  • クリップのグループ内の 1 つまたは複数のクリップを選択するには、Alt キーを押しながら グループ内のクリップを 1 つクリックします。グループ内で追加のクリップを選択するには、 Shift + Alt キーを押しながらクリックします。

ほとんどのビデオにはサウンドトラックが入っています。 ビデオとオーディオの両方を含んだクリップは、プロジェクトのアセットパネルでは、 1 つの項目として表示されます。クリップをエキスパートビュータイムライン 内のムービーに追加すると、ビデオとオーディオは別々のトラックに表示されます (オーディオの真上にビデオが表示されます)。

ビデオとオーディオは リンクされたままです。エキスパートビュータイムラインでビデオ部分をドラッグすると、 リンクされているオーディオも一緒に動きます。その逆も同様です。このことから、 オーディオとビデオの組み合わせをリンクされたクリップと呼びます。エキスパート ビュータイムラインでは、リンクされたクリップの名前が下線付きで表示され、 ビデオには [V]、オーディオには [A] が付きます。

リンクされたクリップの場合は、同じ名前に [V] または [A] が付加され、 下線が付きます。

すべての編集操作(移動、 トリミング、クリップ速度の変更など)は、リンクされたクリップの両方の 部分に作用します。編集タスクを開始するときに Alt キーを押すと、 リンクを一時的に上書きできます。ビデオ部分または オーディオ部分だけを別々に配置することもできます。

ビデオクリップとオーディオクリップは、 1 つの単位として機能するようにリンクすることができます。選択、トリミング、分割、 削除、移動または速度の変更を一方のクリップに対して行うと、 他方のクリップも同じように影響を受けます。このリンクは、必要に応じて一時的に上書きできます。エキスパート ビュータイムラインでは、リンクされたクリップの名前が下線付きで表示され、 ビデオには [V]、オーディオには [A] が付きます。

  • ビデオクリップとオーディオクリップを リンクするには、Shift キーを押しながらビデオクリップとオーディオクリップをクリックして 両方とも選択し、クリップ/オーディオとビデオをリンクを選択します。
  • ビデオとオーディオのリンクを解除するには、リンクされているクリップを 選択して、クリップ/オーディオとビデオのリンク解除を選択します(この操作で オーディオとビデオのリンクは解除されますが、このままでは両方とも選択された状態になります。クリップを 個別に操作するには、クリップを選択し直す必要があります)。
  • リンクされているクリップを個別に選択するには、Alt キーを押しながら 目的のクリップをクリックします。個別に選択したら、リンククリップからは独立してクリップを 移動またはトリミングできます。
注意:

リンクを解除せずにオーディオクリップ またはビデオクリップを簡単に削除するには、クリップを右クリック (Mac OS では control キーを押しながらクリック)し、メニューから「オーディオを削除」または「ビデオを削除」を選択します。

リンククリップのオーディオ部分または ビデオ部分のみの削除

  1. エキスパートビュータイムラインで、 次のいずれかの操作を行います。
    • リンククリップを右クリック (Mac OS では control キーを押しながらクリック)して、「オーディオを削除」または「ビデオを削除」を選択します。

    • Alt キーを押しながらオーディオ部分または ビデオ部分をクリックして該当部分のみを選択し、Delete キーまたは Backspace キーを押します。

    • リンククリップをクリックして、クリップ/ オーディオとビデオのリンク解除を選択します。クリップを選択し直して、編集/消去、 または、編集/削除し間隔を詰めるを選択します。

    削除し間隔を詰めるを選択すると、クリップが 移動して、削除によって生じた間隔を自動で詰めることができます。

リンククリップの同期

Adobe Premiere Elements では、ビデオとそのオーディオがエキスパートビュータイムラインの 別々のトラックに自動的に配置されます。また、クリップのトリミングや移動を 行ったときに同期が維持されるように、クリップがリンクされています。

一方のクリップを Alt キーを押しながらドラッグして非同期の状態にすると、エキスパートビュータイム ラインのクリップ名の横に、オフセットフレームの数が表示されます。

この オフセットはクリップのリンクを解除した場合でも追跡され、 リンクし直すとオフセットフレームの数が再度表示されます。また、 クリップを自動的に同期し直すこともできます。クリップに応じて、 2 つの同期方法から選択できます。

  1. エキスパートビュータイムラインで、移動するクリップのオフセット値を右クリック(Mac OS では Control キーを押しながらクリック)します。

    右クリック(Mac OS では control キーを押しながらクリック)した クリップは移動または調整され、移動しないもう一方のクリップに揃えられます。

クリップの有効化および無効化

別の編集操作を試行するときや、処理時間を 短縮するときには、クリップを無効にすると便利な場合があります。 クリップを無効にしておくと、モニターパネルでムービーを 再生したり書き出すときに、そのクリップは含まれなくなります。ただし、クリップを 無効にしても、移動したり変更することはできます。

  1. クイックビュータイムラインまたはエキスパートビュー タイムラインで 1 つまたは複数のクリップを選択し、クリップ/有効を選択します。

    クリップを無効にすると、「有効」コマンドの横にあるチェックマークが消え、 クイックビュータイムラインおよびエキスパートビュータイムラインでクリップがグレー 表示になります。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン