エフェクトプリセット

Premiere Elements には、いくつかのエフェクトプリセットが用意されています。これらは、あらかじめ設定済みの、クリップに適用可能な一般的なエフェクトです。例えば、「色合い - 青」プリセットでは、画像全体に水色の色合いが追加されます。プリセットは、ほとんどの用途に適するように設定されていて、通常、プロパティを調整する必要はありませんが、プリセットを適用した後にプロパティを変更することができます。また、独自のプリセットを作成することもできます。

含まれるエフェクトプリセットは、エフェクトパネルのプリセットカテゴリの下にあります。プリセットは、次のカテゴリに分類されています。

ベベルエッジ

フォトフレームのような太いまたは細いエッジを作成します。

ブラー

クリップのインポイントとアウトポイントに様々な度合いのブラーを作成します。

カラーエフェクト

様々なカラーの色合いと色合いの量を設定します。

ドロップシャドウ

静止した影またはアニメートされた影を作成します。影のプリセットには、影の投影方向や影の移動方向を示す文字が後ろに付いています。例えば、「- 左下」と付いている場合は、影が左下に投影されることを示しています。動く影の場合、付属情報がハイフンで結ばれて示されます。そのため、「右下 ‑ 左下」と付いている場合は、影が右下から左下に動くことを示しています。影を表示するには、プロジェクトのフレームサイズよりも小さい画像に影を適用し、背景画像を黒以外にする必要があります。

イメージのパン - 左右、イメージのパン - 上下

ビデオが再生されるに従って、画像全体を映しているカメラが左右または上下に移動している効果を与えます。例えば、「イメージのパン - 左から右」の場合は、カメラが左から右へ移動するので、結果的に画像が右から左へ移動しているように見えます。

イメージのズーム - 横基準、イメージのズーム - 縦基準

アニメートされたズームエフェクトを作成します。

モザイク、ソラリゼーション、回転

クリップの最初から徐々に強さが減少していくアニメーションエフェクト、またはクリップの最後に向かって徐々に強さが増加していくアニメーションエフェクトを作成します。

ピクチャインピクチャ

フルサイズのクリップにスーパーインポーズできるように適用先クリップを拡大または縮小して、ピクチャインピクチャエフェクトを作成します。また、このエフェクトを複数のクリップに適用して、合成画を作成することもできます。
注意:プリセットで使用されているエフェクトについては、ヘルプを参照してください。

エフェクトプリセットの適用

プリセットをクリップに適用するときに、既に適用されているエフェクトのプロパティがプリセットに含まれている場合、クリップは次のように変更されます。

  • エフェクトプリセットにモーション、不透明度またはボリュームなどの基本エフェクトが含まれている場合は、プリセットを適用すると、既存のエフェクトプロパティは上書きされます。

  • エフェクトプリセットに標準エフェクト(基本エフェクト以外)が含まれている場合は、エフェクトリストの一番下にエフェクトが追加されます。

  1. アクションバーの「エフェクト」をクリックし、適用されたエフェクトパネルを表示します。
  2. プリセットカテゴリを展開し、クイックビュータイムラインまたはエキスパートビュータイムラインで、クリップにエフェクトプリセットをドラッグします。
  3. エフェクトをプレビューするには、モニターパネルの再生ボタンをクリックします。

エフェクトプリセットの作成

1 つまたは複数のエフェクトを含むプリセットを作成できます。作成したエフェクトプリセットは、エフェクトパネルのユーザープリセットカテゴリの下に表示されます。

  1. プリセットとして保存するエフェクトを含むクリップを選択します。
  2. 「適用エフェクト」をクリックし、適用されたエフェクトパネルを開きます。
  3. 1 つ以上のエフェクトを右クリックするか、Ctrl キーを押しながらクリックし、「プリセットを保存」を選択します。
  4. プリセットの保存ダイアログボックスで、プリセットの名前を入力します。
  5. (オプション)プリセットの説明を入力します。
  6. プリセットの種類からいずれかを選択し、プリセットを適用先クリップに適用したときの Premiere Elements によるキーフレームの処理方法を指定して、「OK」をクリックします。

    スケール

    適用先クリップの長さに合わせて、ソースキーフレームを拡大または縮小します。適用先クリップの既存のキーフレームがすべて削除されます。

    インポイント基準

    インポイントを基準にして、プリセットの最初のキーフレームを元のクリップと同じ距離で配置します。例えば、最初のキーフレームがソースクリップのインポイントから 1 秒後に配置されている状態でプリセットとして保存したときに、「インポイント基準」オプションを選択すると、適用先クリップのインポイントから 1 秒後の位置にキーフレームが追加され、その位置を基準にして、その他のすべてのキーフレームが追加されます。

    アウトポイント基準

    アウトポイントを基準にして、プリセットの最後のキーフレームを元のクリップと同じ距離で適用先クリップのアウトポイントに配置します。例えば、最初のキーフレームがソースクリップのアウトポイントから 1 秒前に配置されている状態でプリセットとして保存したときに、「アウトポイント基準」オプションを選択すると、適用先クリップのアウトポイントから 1 秒前の位置にキーフレームが追加され、その位置を基準にして、その他すべてのキーフレームが追加されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー