Dreamweaver で SWF ファイルを挿入してプレビューし、SWF ファイルのプロパティを設定する方法について説明します。

Adobe Animate CC で作成したコンテンツを Dreamweaver を使用して挿入するには、以下の各ファイルタイプの扱いに精通している必要があります。

FLA ファイル(.fla)

あらゆるプロジェクトのソースファイルであり、Flash オーサリングツールで作成されます。このタイプのファイルは Flash でのみ開くことができます(Dreamweaver やブラウザーで開くことはできません)。Flash で FLA ファイルを開き、それを SWF または SWT ファイルとして公開すると、ブラウザーで使用できるようになります。

SWF ファイル(.swf)

Web 上で表示するために最適化された、FLA ファイル(.fla)のコンパイル済みバージョンです。このファイルは、ブラウザーで再生することと Dreamweaver でプレビューすることはできますが、Flash で編集することはできません。

FLV ファイル(.flv)

Flash® Player を使用する配信向けにエンコードされたオーディオデータおよびビデオデータを含むビデオファイルです。例えば、QuickTime または Windows Media ビデオファイルは、エンコーダー(Flash® Video Encoder や Sorensen Squeeze など)を使用して FLV ファイルに変換できます。詳しくは、ビデオテクノロジーセンター(www.adobe.com/go/flv_devcenter_jp)を参照してください。

SWF ファイルの挿入とプレビュー

Dreamweaver を使用してページに SWF ファイルを追加した後は、ドキュメント上またはブラウザー上でページをプレビューできます。また、プロパティインスペクターでは SWF ファイルのプロパティを設定できます。

SWF ファイル の挿入

  1. ドキュメントウィンドウのデザインビューで、コンテンツの挿入ポイントを配置してから、次のいずれかの操作を行います。

    • 挿入パネルで、「Select Flash SWF」(Flash SWF を選択)を選択します。
    • 挿入/HTML/Flash SWF を選択します。

     

  2. 表示されるダイアログボックスで、SWF ファイル(.swf)を選択します。

    ドキュメントウィンドウに SWF ファイルのプレースホルダーが表示されます。

  3. ファイルを保存します。

    expressInstall.swf および swfobject_modified.js という 2 つの依存ファイルがサイトの Scripts フォルダーに保存されることを示す Dreamweaver のメッセージが表示されます。SWF ファイルを Web サーバーにアップロードする際は、これらのファイルも合わせてアップロードする必要があります。依存ファイルがアップロードされていないと、ブラウザーに SWF ファイルが正しく表示されません。

    注意:

    Microsoft IIS(Internet Information Server)では、ネストされたオブジェクトタグは処理されません。ASP ページでは、SWF または FLV ファイルを挿入する場合に、ネストされたオブジェクト / 埋め込みコードを使用します。ネストされたオブジェクトコードは使用しません。

Flash Player ダウンロード情報の編集

ページに SWF ファイルを挿入すると、Dreamweaver により、ユーザーが適切なバージョンの Flash Player を使用しているかどうかを検出するコードが挿入されます。Flash Player のバージョンが適切でない場合、初期設定では、最新バージョンのダウンロードを促す代替コンテンツがページ上に表示されます。この代替コンテンツはいつでも変更できます。

同様の処理は FLV ファイルにも適用されます。

注意:

必要なバージョンをユーザーが使用していない場合でも、Flash Player 6.0 r65 以降を使用していれば、ブラウザーには Flash Player 簡単インストーラーが表示されます。簡単インストールを実行しないことをユーザーが選択すると、それから代替コンテンツが表示されます。

  1. ドキュメントウィンドウのデザインビューで、SWF ファイルまたは FLV ファイルを選択します。
  2. SWF ファイルまたは FLV ファイルのタブにある目のアイコンをクリックします。

    注意:

    または、Ctrl + ] を押して代替コンテンツの表示に切り替えることもできます。SWF/FLV の表示に戻すには、代替コンテンツがすべて選択されるまで Ctrl + [ を押し、それから、もう一度 Ctrl + [ を押します。

  3. Dreamweaver で他のコンテンツを編集する場合と同じように、コンテンツの編集操作を実行します。

    注意:

    代替コンテンツとして SWF ファイルや FLV ファイルを追加することはできません。

  4. 目のアイコンをもう一度クリックして、SWF(または FLV)の表示に戻します。

ドキュメントウィンドウでの SWF ファイルのプレビュー

  1. ドキュメントウィンドウで、SWF ファイルのプレースホルダーをクリックしてコンテンツを選択します。
  2. プロパティインスペクター(ウィンドウ/プロパティ)で、「再生」ボタンをクリックします。「停止」ボタンをクリックするとプレビューが終了します。また、F12 キーを押すと、SWF ファイルをブラウザーでプレビューできます。

    注意:

    1 つのページ上にあるすべての SWF ファイルをプレビューするには、Ctrl + Alt + Shift + P(Windows)または Command + Option + Shift + P(Mac OS)を押します。すべての SWF ファイルは 「再生」に設定されます。

SWF ファイルプロパティの設定

プロパティインスペクターでは SWF ファイルのプロパティを設定できます。また、Shockwave ムービーのプロパティも設定できます。

  1. SWF ファイルまたは Shockwave ムービーを選択し、プロパティインスペクター(ウィンドウ/プロパティ)でオプションを設定します。すべてのプロパティを表示するには、プロパティインスペクターの右下隅にある縮小の三角形をクリックします。

    ID

    SWF ファイルに固有の ID を指定します。プロパティインスペクターの左端にあるラベルの付いていないテキストボックスに ID を入力します。Dreamweaver CS4 からは、固有の ID を指定することが必須になりました。

    幅および高さ

    ムービーの幅と高さをピクセル単位で指定します。

    ファイル

    SWF ファイルまたは Shockwave ファイルのパスを指定します。フォルダーアイコンをクリックして、ファイルを参照するか、パスを入力します。

    ソース

    Dreamweaver と Flash が両方ともコンピューターにインストールされている場合に、ソースドキュメント(FLA ファイル)のパスを指定します。SWF ファイルを編集するには、ムービーのソースドキュメントを更新します。

    背景

    ムービー領域の背景色を指定します。この背景色は、ムービーのロード時および再生後など、ムービーの再生中以外でも表示されます。

    編集

    FLA ファイル(Flash オーサリングツールで作成したファイル)を更新するために Flash を起動します。Flash がコンピューターにインストールされていない場合、このオプションは使用できません。

    クラス

    ムービーに CSS クラスを適用できます。

    ループ

    ムービーが連続的に再生されるようにします。「ループ」をオンにしないと、ムービーは一度再生されて停止します。

    自動再生

    ページをロードしたときにムービーが自動的に再生されます。

    縦間隔と横間隔

    それぞれムービーの上部と下部、左と右に残すホワイトスペースのピクセル数を指定します。

    品質

    ムービーの再生中のアンチエイリアスを制御します。品質を高く設定するとムービーの外観が高品質になりますが、高品質に設定したムービーを画面に正しく表示するには、より高速なプロセッサーが必要とされます。「低」では外観よりも処理速度を優先し、「高」では処理速度よりも外観を優先します。「自動(低)」では、最初は速度を優先し、可能な場合には後から外観の品質を向上します。「自動(高)」では、最初は外観と処理速度の両方を重視し、必要な場合には、処理速度を優先して後から外観の品質を下げます。

    スケール

    「幅」テキストボックスと「高さ」テキストボックスで設定した寸法にムービーの寸法を合わせる方法を指定します。初期設定では、ムービー全体が表示されます。

    行揃え

    ページ上のムービーの整列方法を指定します。

    Wmode

    DHTML エレメント(Spry Widget など)との競合を避けるために、SWF ファイルの Wmode パラメーターを設定します。初期設定値の「不透明」では、ブラウザー上で SWF ファイルの前面に DHTML エレメントが表示されます。SWF ファイルに透明領域があり、その後方に DHTML エレメントが表示されるようにするには、「透明」を選択します。「ウィンドウ」を選択すると、Wmode パラメーターが削除され、SWF ファイルが他の DHTML エレメントの前面に表示されます。

    再生

    ムービーをドキュメントウィンドウで再生します。

    パラメーター

    ムービーに渡す追加のパラメーターを入力するためのダイアログボックスが表示されます。これら追加のパラメーターに適合するようにムービーをデザインする必要があります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー