マニュアル キャンセル

SWF ファイルの挿入

  1. Dreamweaver ユーザーガイド
  2. はじめに
    1. レスポンシブ web デザインの基本
    2. Dreamweaver の新機能
    3. Dreamweaver を使用した web 開発 - 概要
    4. Dreamweaver / よくある質問
    5. キーボードショートカット
    6. Dreamweaver の必要システム構成
    7. 機能の概要
  3. Dreamweaver と Creative Cloud
    1. Dreamweaver 設定と Creative Cloud の同期
    2. Dreamweaver での Creative Cloud ライブラリ
    3. Dreamweaver での Photoshop ファイルの使用
    4. Adobe Animate と Dreamweaver の操作
    5. ライブラリから web 用に最適化された SVG ファイルを抽出する
  4. Dreamweaver のワークスペースとビュー
    1. Dreamweaver ワークスペース
    2. ビジュアル開発のための Dreamweaver ワークスペースの最適化
    3. ファイル名またはコンテンツに基づいたファイルの検索 | Mac OS
  5. サイトの設定
    1. Dreamweaver サイトについて
    2. ローカルバージョンのサイトの設定
    3. Publishing server への接続
    4. テストサーバーの設定
    5. Dreamweaver サイトの設定の読み込みおよび書き出し
    6. リモートサーバーからローカルサイトのルートに既存の web サイトを取り込む
    7. Dreamweaver のアクセシビリティ機能
    8. 詳細設定
    9. ファイル転送に関するサイト環境設定の設定
    10. Dreamweaver でのプロキシサーバー設定の指定
    11. Dreamweaver 設定と Creative Cloud の同期
    12. Dreamweaver での Git の使用
  6. ファイルの管理
    1. ファイルの作成およびオープン
    2. ファイルとフォルダーの管理
    3. サーバーからのファイルの取得とサーバーへのファイルの送信
    4. ファイルのチェックインとチェックアウト
    5. ファイルの同期
    6. ファイルの違いの比較
    7. Dreamweaver サイト内のファイルおよびフォルダーのクローク
    8. Dreamweaver サイトでのデザインノートの有効化
    9. Gatekeeper の脆弱性の悪用を防ぐ
  7. レイアウトとデザイン
    1. レイアウト用ビジュアルエイドの使用
    2. CSS を使用したページのレイアウトについて
    3. Bootstrap を使用したレスポンシブな web サイトのデザイン
    4. Dreamweaver でのメディアクエリーの作成と使用
    5. テーブルを使用したコンテンツの表示
    6. カラー
    7. 可変グリッドレイアウトによるレスポンシブデザイン
    8. Dreamweaver 内の Extract
  8. CSS
    1. カスケーディングスタイルシートについて
    2. CSS デザイナーを使用したページのレイアウト
    3. Dreamweaver での CSS プリプロセッサーの使用
    4. Dreamweaver で CSS スタイルの環境設定を行う方法
    5. Dreamweaver での CSS ルールの移動
    6. Dreamweaver でのインライン CSS の CSS ルールへの変換
    7. Div タグの操作
    8. 背景へのグラデーションの適用
    9. Dreamweaver での CSS3 移行効果の作成および編集
    10. コードのフォーマット
  9. ページコンテンツとアセット
    1. ページプロパティの設定
    2. CSS 見出しプロパティおよび CSS リンクプロパティの設定
    3. テキストの操作
    4. テキスト、タグ、属性の検索と置換
    5. DOM パネル
    6. ライブビューでの編集
    7. Dreamweaver でのドキュメントのエンコード
    8. ドキュメントウィンドウでのエレメントの選択および表示
    9. プロパティインスペクターでのテキストプロパティの設定
    10. web ページのスペルチェック
    11. Dreamweaver での区切り線の使用
    12. Dreamweaver でのフォントの組み合わせの追加と変更
    13. アセットを使用した作業
    14. Dreamweaver での日付の挿入と更新
    15. Dreamweaver でのお気に入りアセットの作成と管理
    16. Dreamweaver でのイメージの挿入と編集
    17. メディアオブジェクトの追加
    18. Dreamweaver でのビデオの追加
    19. HTML5 ビデオの挿入
    20. SWF ファイルの挿入
    21. オーディオエフェクトの追加
    22. Dreamweaver での HTML5 オーディオの挿入
    23. ライブラリ項目の操作
    24. Dreamweaver でのアラビア語およびヘブライ語のテキストの使用
  10. リンクおよびナビゲーション
    1. リンクおよびナビゲーションについて
    2. リンク
    3. イメージマップ
    4. リンクのトラブルシューティング
  11. jQuery Widget と効果
    1. Dreamweaver での jQuery UI Widget と Mobile Widget の使用
    2. Dreamweaver での jQuery 効果の使用
  12. web サイトのコーディング
    1. Dreamweaver でのコーディングについて
    2. Dreamweaver のコーディング環境
    3. コーディングの環境設定
    4. コードカラーリングのカスタマイズ
    5. コードの記述と編集
    6. コードヒントとコード補完機能
    7. コードの折りたたみと展開
    8. スニペットでコードを再利用する
    9. 構文チェックコード
    10. コードの最適化
    11. デザインビューでのコードの編集
    12. ページのヘッドコンテンツの操作
    13. Dreamweaver でのサーバーサイドインクルードの挿入
    14. Dreamweaver でのタグライブラリの使用
    15. Dreamweaver へのカスタムタグの読み込み
    16. JavaScript ビヘイビアーの使用(基本操作)
    17. JavaScript に組み込まれているビヘイビアーの適用
    18. XML および XSLT について
    19. Dreamweaver でのサーバーサイド XSL 変換の実行
    20. Dreamweaver でのクライアントサイド XSL 変換の実行
    21. Dreamweaver での XSLT の文字エンティティの追加
    22. コードのフォーマット
  13. 製品間ワークフロー
    1. Dreamweaver への拡張機能のインストールと使用
    2. Dreamweaver のアプリ内アップデート
    3. Dreamweaver での Microsoft Office 文書の挿入(Windows のみ)
    4. Fireworks および Dreamweaver による作業
    5. Contribute を使用した Dreamweaver サイトでのコンテンツの編集
    6. Dreamweaver と Business Catalyst の統合
    7. パーソナライズされた電子メールキャンペーンの作成
  14. テンプレート
    1. Dreamweaver テンプレートについて
    2. テンプレートおよびテンプレートから作成されたドキュメントの認識
    3. Dreamweaver テンプレートの作成
    4. テンプレート編集可能領域の作成
    5. Dreamweaver でのリピート領域およびテーブルの作成
    6. テンプレートの任意の領域の使用
    7. Dreamweaver での編集可能なタグ属性の定義
    8. Dreamweaver でネストされたテンプレートを作成する方法
    9. テンプレートの編集、更新、削除
    10. Dreamweaver での xml コンテンツの書き出しおよび読み込み
    11. 既存のドキュメントでのテンプレートの適用または削除
    12. Dreamweaver テンプレートでのコンテンツの編集
    13. Dreamweaver でのテンプレートタグのシンタックスルール
    14. テンプレート領域のハイライト表示の環境設定
    15. Dreamweaver でテンプレートを使用する利点
  15. モバイルとマルチスクリーン
    1. メディアクエリーの作成
    2. モバイルデバイス向けのページ方向の変更
    3. Dreamweaver を使用したモバイルデバイス向けの web アプリの作成
  16. 動的サイト、ページおよび web フォーム
    1. web アプリケーションについて
    2. アプリケーション開発のためのコンピューター設定
    3. データベース接続のトラブルシューティング
    4. Dreamweaver での接続スクリプトの削除
    5. 動的ページのデザイン
    6. 動的コンテンツソースの概要
    7. 動的コンテンツのソースの定義
    8. ページへの動的コンテンツの追加
    9. Dreamweaver での動的コンテンツの変更
    10. データベースのレコードの表示
    11. Dreamweaver でのライブデータの入力とトラブルシューティング
    12. Dreamweaver でのカスタムサーバービヘイビアーの追加
    13. Dreamweaver を使用したフォームの作成
    14. フォームを使用したユーザーからの情報の収集
    15. Dreamweaver での ColdFusion フォームの作成と有効化
    16. web フォームの作成
    17. フォームエレメントの HTML5 サポート強化
    18. Dreamweaver を使用したフォームの開発
  17. アプリケーションのビジュアル開発
    1. Dreamweaver でのマスターページと詳細ページの作成
    2. 検索ページと結果ページの作成
    3. レコード挿入ページの作成
    4. Dreamweaver でのレコードの更新ページの作成
    5. Dreamweaver でのレコード削除ページの作成
    6. Dreamweaver での ASP コマンドによるデータベースの修正
    7. 登録ページの作成
    8. ログインページの作成
    9. 許可されたユーザーのみがアクセスできるページの作成
    10. Dreamweaver を使用した ColdFusion のフォルダーの保護
    11. Dreamweaver での ColdFusion コンポーネントの使用
  18. web サイトのテスト、プレビュー、パブリッシュ
    1. ページのプレビュー
    2. 複数のデバイスでの Dreamweaver web ページのプレビュー
    3. Dreamweaver サイトのテスト

 

Dreamweaver で SWF ファイルを挿入してプレビューし、SWF ファイルのプロパティを設定する方法について説明します。

Adobe Animate CC で作成したコンテンツを Dreamweaver を使用して挿入するには、以下の各ファイルタイプの扱いに精通している必要があります。

FLA ファイル(.fla)

あらゆるプロジェクトのソースファイルであり、Flash オーサリングツールで作成されます。このタイプのファイルは Flash でのみ開くことができます(Dreamweaver やブラウザーで開くことはできません)。Flash で FLA ファイルを開き、それを SWF または SWT ファイルとして公開すると、ブラウザーで使用できるようになります。

SWF ファイル(.swf)

Web 上で表示するために最適化された、FLA ファイル(.fla)のコンパイル済みバージョンです。このファイルは、ブラウザーで再生することと Dreamweaver でプレビューすることはできますが、Flash で編集することはできません。

FLV ファイル(.flv)

Flash® Player を使用する配信向けにエンコードされたオーディオデータおよびビデオデータを含むビデオファイルです。例えば、QuickTime または Windows Media ビデオファイルは、エンコーダー(Flash® Video Encoder や Sorensen Squeeze など)を使用して FLV ファイルに変換できます。詳しくは、ビデオテクノロジーセンター(www.adobe.com/go/flv_devcenter_jp)を参照してください。

SWF ファイルの挿入とプレビュー

Dreamweaver を使用してページに SWF ファイルを追加した後は、ドキュメント上またはブラウザー上でページをプレビューできます。また、プロパティインスペクターでは SWF ファイルのプロパティを設定できます。

SWF ファイル の挿入

  1. ドキュメントウィンドウのデザインビューで、コンテンツの挿入ポイントを配置してから、次のいずれかの操作を行います。

    • 挿入パネルで、「Select Flash SWF」(Flash SWF を選択)を選択します。
    • 挿入/HTML/Flash SWF を選択します。

     

  2. 表示されるダイアログボックスで、SWF ファイル(.swf)を選択します。

    ドキュメントウィンドウに SWF ファイルのプレースホルダーが表示されます。

  3. ファイルを保存します。

    expressInstall.swf および swfobject_modified.js という 2 つの依存ファイルがサイトの Scripts フォルダーに保存されることを示す Dreamweaver のメッセージが表示されます。SWF ファイルを Web サーバーにアップロードする際は、これらのファイルも合わせてアップロードする必要があります。依存ファイルがアップロードされていないと、ブラウザーに SWF ファイルが正しく表示されません。

    注意:

    Microsoft IIS(Internet Information Server)では、ネストされたオブジェクトタグは処理されません。ASP ページでは、SWF または FLV ファイルを挿入する場合に、ネストされたオブジェクト / 埋め込みコードを使用します。ネストされたオブジェクトコードは使用しません。

Flash Player ダウンロード情報の編集

ページに SWF ファイルを挿入すると、Dreamweaver により、ユーザーが適切なバージョンの Flash Player を使用しているかどうかを検出するコードが挿入されます。Flash Player のバージョンが適切でない場合、初期設定では、最新バージョンのダウンロードを促す代替コンテンツがページ上に表示されます。この代替コンテンツはいつでも変更できます。

同様の処理は FLV ファイルにも適用されます。

注意:

必要なバージョンをユーザーが使用していない場合でも、Flash Player 6.0 r65 以降を使用していれば、ブラウザーには Flash Player 簡単インストーラーが表示されます。簡単インストールを実行しないことをユーザーが選択すると、それから代替コンテンツが表示されます。

  1. ドキュメントウィンドウのデザインビューで、SWF ファイルまたは FLV ファイルを選択します。
  2. SWF ファイルまたは FLV ファイルのタブにある目のアイコンをクリックします。
    注意:

    または、Ctrl + ] を押して代替コンテンツの表示に切り替えることもできます。SWF/FLV の表示に戻すには、代替コンテンツがすべて選択されるまで Ctrl + [ を押し、それから、もう一度 Ctrl + [ を押します。

  3. Dreamweaver で他のコンテンツを編集する場合と同じように、コンテンツの編集操作を実行します。
    注意:

    代替コンテンツとして SWF ファイルや FLV ファイルを追加することはできません。

  4. 目のアイコンをもう一度クリックして、SWF(または FLV)の表示に戻します。

ドキュメントウィンドウでの SWF ファイルのプレビュー

  1. ドキュメントウィンドウで、SWF ファイルのプレースホルダーをクリックしてコンテンツを選択します。
  2. プロパティインスペクター(ウィンドウ/プロパティ)で、「再生」ボタンをクリックします。「停止」ボタンをクリックするとプレビューが終了します。また、F12 キーを押すと、SWF ファイルをブラウザーでプレビューできます。
    注意:

    1 つのページ上にあるすべての SWF ファイルをプレビューするには、Ctrl + Alt + Shift + P(Windows)または Command + Option + Shift + P(Mac OS)を押します。すべての SWF ファイルは 「再生」に設定されます。

SWF ファイルプロパティの設定

プロパティインスペクターでは SWF ファイルのプロパティを設定できます。また、Shockwave ムービーのプロパティも設定できます。

  1. SWF ファイルまたは Shockwave ムービーを選択し、プロパティインスペクター(ウィンドウ/プロパティ)でオプションを設定します。すべてのプロパティを表示するには、プロパティインスペクターの右下隅にある縮小の三角形をクリックします。

    ID

    SWF ファイルに固有の ID を指定します。プロパティインスペクターの左端にあるラベルの付いていないテキストボックスに ID を入力します。Dreamweaver CS4 からは、固有の ID を指定することが必須になりました。

    幅および高さ

    ムービーの幅と高さをピクセル単位で指定します。

    ファイル

    SWF ファイルまたは Shockwave ファイルのパスを指定します。フォルダーアイコンをクリックして、ファイルを参照するか、パスを入力します。

    ソース

    Dreamweaver と Flash が両方ともコンピューターにインストールされている場合に、ソースドキュメント(FLA ファイル)のパスを指定します。SWF ファイルを編集するには、ムービーのソースドキュメントを更新します。

    背景

    ムービー領域の背景色を指定します。この背景色は、ムービーのロード時および再生後など、ムービーの再生中以外でも表示されます。

    編集

    FLA ファイル(Flash オーサリングツールで作成したファイル)を更新するために Flash を起動します。Flash がコンピューターにインストールされていない場合、このオプションは使用できません。

    クラス

    ムービーに CSS クラスを適用できます。

    ループ

    ムービーが連続的に再生されるようにします。「ループ」をオンにしないと、ムービーは一度再生されて停止します。

    自動再生

    ページをロードしたときにムービーが自動的に再生されます。

    縦間隔と横間隔

    それぞれムービーの上部と下部、左と右に残すホワイトスペースのピクセル数を指定します。

    品質

    ムービーの再生中のアンチエイリアスを制御します。品質を高く設定するとムービーの外観が高品質になりますが、高品質に設定したムービーを画面に正しく表示するには、より高速なプロセッサーが必要とされます。「低」では外観よりも処理速度を優先し、「高」では処理速度よりも外観を優先します。「自動(低)」では、最初は速度を優先し、可能な場合には後から外観の品質を向上します。「自動(高)」では、最初は外観と処理速度の両方を重視し、必要な場合には、処理速度を優先して後から外観の品質を下げます。

    スケール

    「幅」テキストボックスと「高さ」テキストボックスで設定した寸法にムービーの寸法を合わせる方法を指定します。初期設定では、ムービー全体が表示されます。

    行揃え

    ページ上のムービーの整列方法を指定します。

    Wmode

    DHTML エレメント(Spry Widget など)との競合を避けるために、SWF ファイルの Wmode パラメーターを設定します。初期設定値の「不透明」では、ブラウザー上で SWF ファイルの前面に DHTML エレメントが表示されます。SWF ファイルに透明領域があり、その後方に DHTML エレメントが表示されるようにするには、「透明」を選択します。「ウィンドウ」を選択すると、Wmode パラメーターが削除され、SWF ファイルが他の DHTML エレメントの前面に表示されます。

    再生

    ムービーをドキュメントウィンドウで再生します。

    パラメーター

    ムービーに渡す追加のパラメーターを入力するためのダイアログボックスが表示されます。これら追加のパラメーターに適合するようにムービーをデザインする必要があります。

アドビのロゴ

アカウントにログイン