注意:

このドキュメントでは、Acrobat XI での手順について説明します。Acrobat DC を使用している場合は、Acrobat DC ヘルプを参照してください。

カラー変換について

画像をモニターに表示したり、プリンターに送信したりするときには、カラーの変換が必要になることがよくあります。変換は、カラーモデルが一致しない場合に必要です(例えば、CMYK カラーが RGB モニターに表示される場合や、RGB カラースペースの画像のある文書がプリンターに送信される場合など)。

Acrobat は、PDF にあるオブジェクトのソースカラースペースを使用して、カラー変換の必要性の有無とカラー変換の種類(RGB から CMYK など)を判断します。カラープロファイルが埋め込まれた画像やオブジェクトの場合、プロファイルの情報を使用して色の外観が管理されます。PDF/X 規格群に準拠するファイルの場合、出力インテントを使用してファイルのカラーが管理されます。ただし、管理されていないカラーはプロファイルを使用しないので、変換時に一時的にプロファイルを使用する必要があります。環境設定ダイアログボックスのカラーマネジメントパネルでは、管理されていないカラーを変換するためのプロファイルが用意されています。また、任意の印刷環境に基づいて特定のプロファイルを選択することもできます。

色を置換ダイアログボックスについて

PDF をハイエンドデバイスに出力するか、プリプレスワークフローに組み込む場合は、カラーオブジェクトを CMYK または別のカラースペースに変換できます。印刷または表示の際に一時的に色を変換する他の Acrobat 機能とは異なり、色を置換機能は文書の色の値を変更します。色を置換ダイアログボックスでは、単一ページまたは文書全体のカラーを変換できます。

注意:

色を置換ダイアログボックスでは、文書内のすべてのカラーまたは指定したオブジェクトタイプのすべてのカラーが出力のカラースペースに変換されます。選択したオブジェクトのカラーのみを変換するには、オブジェクトを編集ツールを使用します。

色を置換ダイアログボックス
色を置換ダイアログボックス

A. 変換属性 B. 文書のカラー 

色を置換ダイアログボックスの表示

  1. ツール印刷工程色を置換を選択します。

異なるカラースペースへのカラーの変換

選択したカラースペースに応じて、変換元のカラースペースから変換先のカラースペースへ、カラー値が次のように保持、変換またはマッピングされます。

  • タグなし(デバイス)データを含むオブジェクトは、作業用スペースプロファイルをソースとして使用し、変換先のカラースペースに変換されます。この変換は、すべてのタグなしスペース(RGB、CMYK、グレースケール)に対して、独立したカラースペースか特色の代替値かにかかわらず適用されます。

  • デバイスに依存しないカラースペースのオブジェクト(CalGray、CalRGB または Lab)は、そのまま保持、または変換できます。変換される場合、デバイスに依存しないオブジェクト情報が使用されます。

  • 特色に設定されたオブジェクトはそのまま保持、変換または文書内の他のインキへのマッピングが可能です。オブジェクトには、Separation、DeviceN、NChannel カラースペースが含まれます。また、変換先のカラースペースのプロセスカラーモデルが CMYK の場合、特色を CMYK プロセスカラーにマッピングすることもできます。他のインキにマッピングされた特色は、出力プレビューダイアログボックスでプレビューできます。

注意:

特定の特色版を変換する場合は、インキと色を置換ツールを合わせて使用します。特定の特色版のみをプロセスカラーに変換するには、インキを使用してプロセスカラーにマッピングします。インキを使用しない場合、カラータイプとして「特色」を選択すると、文書内のすべての特色がプロセスカラーに変換されます。

文書のカラーの変換

  1. 色を置換ダイアログボックスで、変換プリセットを選択します。一覧に既存のプリセットが表示されない場合は、「追加」をクリックしてデフォルトの変換プリセットを追加します。
  2. 編集する変換プリセットを選択し、「一致条件」からオプションを選択します。

    オブジェクトタイプ

    すべてのオブジェクトのカラーを変換するか、文書内の特定のタイプのオブジェクトのカラーを変換するかを指定します。

    カラータイプ

    変換するオブジェクトのカラースペースを指定します。

    テキストサイズ

    変換するテキストオブジェクトの最大と最小のテキストサイズを指定します。

  3. 使用可能な変換コマンドのいずれかを選択します。

    保存

    文書を出力しても、オブジェクトを選択したカラースペースで維持します。

    プロファイル変換

    変換後のカラースペースプロファイルを使用して、カラーオブジェクトを出力デバイス用の共通の ICC プロファイルに変換します。

    キャリブレーションを解除

    一致するオブジェクトから埋め込まれたプロファイルを削除します。

  4. 変換プロファイルを指定します。
  5. 変換に使用するレンダリングインテントを選択します。デフォルトは、「文書のインテントを使用」です。他のインテントのいずれかを選択すると、その選択したインテントが文書のインテントよりも優先されます。
  6. 「埋め込み」を選択してプロファイルを埋め込みます。「埋め込み」を選択すると、選択した変換プロファイルで、すべてのオブジェクトがタグ付けされます。例えば、グレースケールオブジェクトを 1 つ、RGB オブジェクトを 2 つ、CMYK オブジェクトを 2 つ含む文書があるとします。この場合、カラースペースごとにカラーを調整する個別のカラーファイルを埋め込み、合計 3 つのプロファイルを埋め込むことができます。このプロセスは、RIP が PDF のカラーマネジメントを実行する場合、または PDF を他のユーザーと共有する場合に便利です。
  7. カラーを出力インテントに変換」を選択し、文書の現在の出力インテントの代わりに使用する出力インテントプロファイルを指定します。出力インテントは、使用可能な出力デバイスのカラー再現特性または文書が印刷されるプロダクション環境を記述します。文書に出力インテントが含まれていない場合は選択できません(通常、PDF/X や PDF/A などの規格に準拠しない PDF には出力インテントがありません)。
  8. 変換するページを指定します。
  9. 次の追加の変換オプションを選択します。

    黒を維持

    変換時に CMYK、RGB またはグレースケールで描画された黒のオブジェクトを維持します。このオプションでは、CMYK に変換しても RGB 黒のテキストはリッチブラックに変換されません。

    グレーを CMYK ブラックに変更

    デバイスのグレーを CMYK に変換します。

    CMYK 原色を維持

    CMYK 文書を別のプリントプロファイル向けに準備するためにカラーを変換する場合は、原色を維持します。色材が 1 つのカラーについては、その色材が使用されます。色材が複数のカラーについては、カラーの差異が最も小さくなるようなカラーが使用されます。

  10. 「文書のカラー」をクリックして文書内のカラースペースと特色を一覧表示します。
  11. インキ」をクリックしてインキ設定を指定し、インキエイリアスを作成します。「インキ」でエイリアスを設定すると、色を置換ダイアログボックスの「インキ」ボタンの横にそのエイリアス名が表示されます。
  12. 「変換プリセット」の一覧からプリセットを選択し、またはに移動して変換の順序を変更します。
  13. 設定に基づいてプリセットを作成するには、「プリセットを保存」をクリックします。後で「プリセットを読み込み」をクリックして設定を読み込むことができます。

オブジェクトのカラーの変換

PDF 内の特定のオブジェクトが文書のカラースペースと一致しない場合、オブジェクトを編集ツール  を使用して修正できます。オブジェクトを編集ツールを使用して、選択したオブジェクトのカラースペースを変更できます。例えば、RGB 画像を CMYK 文書内に挿入する場合、このツールを使用して他の PDF カラーに影響を与えずに RGB 画像のみを変更できます。プロファイルをオブジェクトと共に埋め込むことができます。

注意:

文書全体に影響するので、オブジェクトを編集ツールで出力インテントを変更することはできません。

  1. ツール印刷工程オブジェクトを編集を選択します。
  2. 変換するオブジェクトを選択します。

    注意:

    オブジェクトを選択できない場合は、「コンテンツ」タブ(表示/表示切り替え/ナビゲーションパネル/コンテンツ)を使用してみてください。「コンテンツ」タブに、PDF のすべての要素がページでの表示順にリスト表示されます。

  3. 選択したオブジェクトを右クリックし、「プロパティ」を選択します。
  4. 「色」タブをクリックします。
  5. 変換メニューで、オブジェクトの新しいカラースペースとするプロファイルを選択します。単一オブジェクトの現在のカラースペース(または複数のオブジェクトの同一のカラースペース)は「色」タブ内の一番上に参照用に表示されます。複数のオブジェクトの異なるカラースペースは表示されません。
  6. レンダリングインテントメニューから、オブジェクトに適した変換方法を選択します。
  7. (オプション)次のいずれかの変換オプションを選択します。

    プロファイルの埋め込み

    カラープロファイルをオブジェクトと共に埋め込みます。

    黒を維持

    変換時に CMYK、RGB またはグレースケールで描画された黒のオブジェクトを維持します。このオプションでは、CMYK に変換しても RGB 黒のテキストはリッチブラックに変換されません。

    グレーを CMYK ブラックに変更

    デバイスのグレーを CMYK に変換します。

    CMYK 原色を維持

    CMYK 文書を別のプリントプロファイル向けに準備するためにカラーを変換する場合は、原色を維持します。色材が 1 つのカラーについては、その色材が使用されます。色材が複数のカラーについては、カラーの差異が最も小さくなるようなカラーが使用されます。

  8. 色を置換」をクリックします。

個別のオブジェクトに埋め込まれたプロファイルの削除

PDF 内の画像などのオブジェクトから、埋め込まれたカラープロファイルを削除できます。埋め込まれたプロファイルがない場合、オブジェクトの作業用スペースプロファイルを使用して、カラー表示の処理方法が決定されます。

  1. ツール印刷工程オブジェクトを編集を選択し、変換するオブジェクトを選択します。
  2. 選択したオブジェクトを右クリックし、「プロパティ」を選択します。
  3. 「色」タブをクリックします。
  4. 「カラーキャリブレーションを解除」をクリックします。

インキについて

インキを使用して、出力時のインキを制御できます。インキを使用した変更は出力に影響を及ぼすものであり、文書でカラーを定義するものではありません。

インキオプションは、特に印刷・出力会社で役立ちます。例えば、印刷工程に特色が含まれている場合、印刷・出力会社は文書を開いて、特色を同等の CMYK プロセスカラーに変換することができます。文書内に 2 つの類似した特色があって一方のみが必要な場合、または同じ特色に 2 つの異なる名前が付いている場合、印刷・出力会社はこれらの 2 つの色を 1 つのエイリアスにマッピングすることができます。

トラップの処理の作業では、インキを使用して、トラップを配置するときのインキの ND 値と、インキの出力順を設定することができます。

注意:

InDesign と Acrobat では同じインキテクノロジーを使用します。ただし、InDesign のみに、「特色に標準 Lab 値を使用」オプションがあります。

インキ
インキ

A. プロセスインキ B. エイリアス特色インキ C. 特色インキ 

Acrobat でインキを開く

次のいずれかの操作をおこないます。

  • ツール印刷工程インキを選択します。
  • ファイル/印刷を選択して、「詳細設定」をクリックします。印刷の詳細設定ダイアログボックスのカラーパネルで、「インキ」をクリックします。
  • ファイル/その他の形式で保存その他のオプションEPS (Encapsulated PostScript) または PostScript を選択します。「設定」をクリックし、「インキ」をクリックします。

特色をプロセスカラーに分解

インキを使用すると、特色をプロセスカラーに変換できます。スポットカラーを対応するプロセスカラーに変換すると、1 枚の色版ではなく、色分解されたものとして印刷されます。スポットカラーの変換は、プロセスカラーの文書にスポットカラーを誤って追加した場合や、文書に実際に印刷できない多数のスポットカラーが含まれている場合に役立ちます。

  1. インキで、次のいずれかを実行します。
    • 個々のスポットカラーを分解するには、スポットカラーまたはエイリアススポットカラーの左側にあるインキの種類を示すアイコンをクリックします。プロセスカラーアイコンが表示されます。元のスポットカラーに戻すには、そのアイコンをもう一度クリックします。

    • すべてのスポットカラーを分解するには、「すべてのスポットカラーをプロセスカラーに変換」を選択します。スポットカラーの左側のアイコンがプロセスカラーアイコンに変わります。スポットカラーに戻すには、「すべてのスポットカラーをプロセスカラーに変換」の選択を解除します。

    注意:

    すべてのスポットカラーをプロセスカラーに変換」を選択すると、インキで設定したインキエイリアスがすべて削除され、文書のオーバープリントとトラップ設定にも影響を及ぼす可能性があります。

  2. (InDesign のみ)CMYK 定義ではなく特色の Lab 値を使用するには、「特色に標準 Lab 値を使用」を選択します。

特色のインキエイリアスの作成

エイリアスを作成することによって、ある特色を別の特色またはプロセスカラーにマッピングすることができます。エイリアスは、文書に 2 つの類似する特色があり、その一方のみが必要な場合、または文書に多数の特色が含まれている場合に役立ちます。印刷出力でインキのエイリアス効果を確認できます。また、オーバープリントプレビューモードがオンになっている場合は、画面でその効果を確認できます。

  1. インキで、エイリアスを作成する特色インキを選択します。
  2. インキエイリアスメニューでオプションを選択します。インキの種類を示すアイコンとインキの説明が変更されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー