新しい macOS 10.13 High Sierra と Acrobat の互換性

Acrobat 2017 と Acrobat DC は、新しい macOS High Sierra (10.13) と互換性があります。ただし、いくつかの既知の問題があります。アドビは、これらの問題を将来のリリースで修正する予定です。

既知の問題

アドビアプリケーションと 64 ビットの互換性

MacOS 10.13.4 の最新バージョンにアップグレードする際に、または macOS High Sierra の最新バージョンで Acrobat DC または Acrobat Reader DC を初めて起動する際に、パフォーマンス向上のためにアドビソフトウェアを最適化する必要があることを示す警告メッセージが表示されることがあります。

macOS 10.13 High Sierra における 32 ビット警告

これは、今後アドビが取り組む 32 ビットのコンポーネントが原因です。現時点で何もする必要はなく、アプリケーションは正常に動作します。

詳しくは次の参考資料を参照してください。

 

注釈

  • 対象の注釈のプロパティで塗りつぶし色を透明にマークするためのチェックボックスがありません。[ADC-4223579]

コラボレーション

  • WebDAV ベースの共有レビューに参加している際に、パスワードを入力して「常に許可」をクリックしても、キーチェーンのパスワードが 3 回ポップアップします。[ADC-4226584]

フォーム

  • フォームフィールドのプロパティからは、「境界線の色」、「塗りつぶし色」、またはその両方を選択したり変更したりすることはできません。[ADC-4225994]

墨消し

  • プロパティダイアログボックスにおける墨消し時に「塗りつぶし」できません。[ADC-4226271]

Sendmail

  • [11.x 固有] Mac High Sierra で Outlook がデフォルトの電子メールリーダーであるとき、電子メールへの添付が動作しません。[ADC-4229279]

ビューワ

  • Acrobat の一部のダイアログは、起動時に一時的に黒くレンダリングし、続いて、正常にレンダリングします。[ADC-4220296]

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー