新機能の概要 | Acrobat Pro 2020、Acrobat Standard 2020

Acrobat 2020 は、デスクトップ向け Acrobat の最新の永続ライセンス版です。日常的な PDF の取り扱いを容易にし、PDF をデスクトップで効率的に使用するための様々な機能強化が含まれています。

新しいホームビュー

Acrobat Pro および Acrobat Standard

新しいホームビューは、整理して生産性を維持するのに役立ちます。1 つの場所ですべての PDF を整理、管理、検索できます。

  • 最近使用したファイル:お使いのコンピューターや、Document Cloud ストレージまたは OneDrive、Dropbox、Box、SharePoint などのサードパーティストレージから表示用に開いた最近のファイルを表示します。
  • 推奨ツール:PDF を編集、PDF を作成、PDF を結合などの Acrobat の上位のツールを見つけやすくします。
  • 検索ボックス:Document Cloud の全ファイルと、表示、レビュー、または署名用に送信または受信したファイルを検索できます。
  • コンテキストパネル:コンテキスト依存メニューを使用して、ホームビュー上のすべてのファイルに対してアクションを実行したり、参加者のステータスや、共有された文書のアクティビティ履歴を確認できます。
新しいホームビュー

A. 最近使用したファイル B. 推奨ツール C. ファイルの検索 D. コンテキストパネル 

Acrobat 2020 および Reader 2020 で MIP 保護された PDF

Acrobat Pro および Acrobat Standard

Adobe Acrobat と Acrobat Reader 2020 Windows および Mac デスクトップアプリケーションを使用して、MIP(Microsoft Information Protection)ソリューションで保護されているファイルを開くことができるようになりました。これには、Azure Information Protection(AIP)および Office 365 を使用した Information Protection が含まれます。

Acrobat 2020 および Acrobat Reader 2020 は、MIP で保護されたファイルを自動検出し、プラグインダウンロードページから対応するプラグインをダウンロードするよう求めるメッセージを表示するようになりました。プラグインをダウンロードしてインストールしたら、保護されているファイルが、Acrobat または Reader の他の PDF と同様に開きます。

入力と署名ツールのカラーカスタマイズ機能

Acrobat Pro および Acrobat Standard

Acrobat 2020 の「入力と署名」ツールを使用して、PDF フォームに入力して署名する場合に、好みの色を選択できるようになりました。色を変更するには、「入力と署名」ツールバーの色ボタンをクリックします。

入力と署名ツールのカラーカスタマイズ機能

デフォルトでは、署名の色は黒です。デフォルトの色を保持するには、「署名の元の色を保持」チェックボックスをオフにします。

詳しくは、PDF フォームの入力を参照してください。

ライブテキストを使用してスキャンされた文書への OCR の実行

Acrobat Pro および Acrobat Standard

Acrobat 2020 は、ライブテキストを使用した画像を含むスキャンされた PDF 上で OCR を実行できるようになりました。

  1. Acrobat 2020 で、スキャンされた PDF ファイルを開きます。
  2. ツールスキャン補正テキスト認識このファイル内を選択します。
  3. ツールバーの「設定」をクリックします。テキスト認識ダイアログボックスが表示されます。
  4. 出力ドロップダウンリストで、「検索可能な画像」または「検索可能な画像(非圧縮)」を選択し、「OK」をクリックします。
  5. ツールバーの「テキスト認識」をクリックします。

プリフライト機能強化とプリフライトの PDF/UA 検証

Acrobat Pro のみの機能

  • プリフライトライブラリ:プリフライトプロファイル、フィックスアップおよびチェックをライブラリ内で効率的に整理できるようになりました。
    詳しくは、プリフライトライブラリ(PDF | 711 KB)を参照してください。
  • プリフライト変数:変数を使用すると、プロファイル、チェックおよびフィックスアップを適用する際に、動的に調整できます。変数は、オレンジの三角がどこに表示されていても、プロファイル、チェックまたはフィックスアップの編集時に使用できます。また、変数を使用して既存のオブジェクトをフィルタリングすることもできます。
  • プリフライトによる、新しい Ghent PDF ワークグループ仕様 2015 のサポート:新しい GWG 仕様は、PDF/X-4 に基づき、ネイティブの透明およびメディアニュートラル RGB ワークフローをサポートします。
  • プリフライトでの PDF/UA 検証:プリフライトでは、ユニバーサルアクセシビリティ PDF/UA の国際標準に対する一般的なアクセシビリティの問題の修正と検証ができるようになりました。

アクセシビリティ機能のアップデートとワークフローの改善

Acrobat Pro のみの機能

Acrobat 2020 のアクセシビリティ機能の向上により、障がいをお持ちのユーザーは、支援テクノロジーソフトウェアやデバイスの助けを借りずに、PDF ドキュメントやフォームを簡単に使用できるようになりました。

DirectInk エクスペリエンスの向上

Acrobat Pro および Acrobat Standard

DirectInk テクノロジーを活用したペンツールの改良により、ツールを選択しなくても、文書をよりスムーズかつ正確に直接作成できます。

DirectInk を使用した PDF ファイルへの署名

Acrobat Pro および Acrobat Standard

証明書アプリの署名パネルで新たに DirectInk がサポートされ、より自然な操作が可能になり、Windows 10 デバイスで署名する際に署名の表示をより詳細に制御できるようになりました。

Windows 10 デバイスで署名が簡単

MacBook Pro 内蔵のタッチバー

Acrobat Pro のみの機能

MacBook Pro 内蔵のタッチバーの機能は、MacBook Pro コンピューターでより効率的に作業するのに役立ちます。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン