マニュアル キャンセル

カラーマネジメント

  1. Lightroom Classic ユーザーガイド
  2. Lightroom Classic の概要
    1. Lightroom Classic の新機能
    2. Lightroom Classic の必要システム構成
    3. Lightroom Classic | よくある質問
    4. Lightroom Classic のキーコンセプト
    5. Lightroom Classic チュートリアル
    6. 機能の概要 | Lightroom CC 2015.x/Lightroom 6.x リリース
  3. Lightroom と アドビのサービス
    1. Creative Cloud ライブラリ
    2. Creative Cloud アプリケーションでの Adobe Stock の使用
  4. Lightroom for mobile、Lightroom TV、および Lightroom Web ギャラリー
    1. Adobe Photoshop Lightroom for mobile と Apple TV | FAQ
    2. Lightroom Classic を Lightroom エコシステムと同期する
    3. モバイルアプリの Photoshop ファミリー
  5. 写真の読み込み
    1. カメラやカードリーダーから写真を読み込む
    2. ハードドライブ上のフォルダーから写真を読み込む
    3. 写真の自動読み込み
    4. Photoshop Elements からの写真の読み込み
    5. テザーカメラからの写真の読み込み
    6. 読み込みオプションの指定
    7. 読み込みの環境設定
    8. ファイル名テンプレートエディターとテキストテンプレートエディター
  6. ワークフロー
    1. 写真でマスクを適用
    2. 写真を JPEG 形式で書き出して保存する
    3. 写真を書き出して透かしを追加する
    4. 写真を読み込む
    5. 補正ブラシ:基礎編
    6. トーンカーブによる調整
    7. ビデオ入りの高度なスライドショー
    8. ホワイトバランスのコントロール
    9. コンタクトシートの作成
    10. Lightroom Classic によるワークフローの強化
  7. ワークスペース
    1. ワークスペースの基本
    2. Lightroom Classic を使用するための環境設定
    3. セカンドモニターでのライブラリの表示
    4. ID プレートとモジュールのボタンを好みに合わせて変更する
    5. Lightroom Classic で写真に透かしを適用
    6. カラーマネジメント
  8. 写真の表示
    1. 写真の表示
    2. 写真の参照と比較
    3. ライブラリ表示オプションの設定
    4. 写真の共有によるコメントやフィードバックの収集
    5. スマートプレビュー
  9. カタログとファイルの管理
    1. Lightroom Classic カタログの FAQ
    2. Lightroom Classic カタログの作業方法
    3. カタログの作成と管理
    4. カタログのバックアップ
    5. 見つからない写真の検索
    6. フォルダーの作成と管理
    7. フォルダー内の写真の管理
  10. マップ
    1. マップモジュールの使用
  11. Lightroom Classic での写真の整理
    1. 顔認識
    2. 写真コレクションの使用
    3. 写真のスタックへのグループ化
    4. 写真のフラグ、ラベルおよび評価の設定
    5. キーワードの使用
    6. メタデータの基本とアクション
    7. カタログ内での写真の検索
    8. Lightroom Classic でのビデオの使用
    9. 詳細メタデータのアクション
    10. クイック現像パネルの使用
  12. 写真の処理および現像
    1. 現像モジュールの基本
    2. パノラマおよび HDR パノラマの作成
    3. フラットフィールド補正
    4. Upright を使用した写真の遠近法のゆがみ補正
    5. 強化を使用した画質の改善
    6. 画像の階調とカラーの処理
    7. マスク
    8. 部分補正の適用
    9. HDR 写真の結合
    10. 現像モジュールのオプション
    11. 写真のレタッチ
    12. 赤目およびペットアイの修正効果
    13. 円形フィルターツールの使用
    14. 強化されたスポット除去ツールの使用
  13. 写真を書き出し
    1. ファイルのディスクまたは CD への書き出し
    2. Lightroom Classic から写真の書き出し
    3. 写真をオンラインで公開
    4. 公開サービスを使用したハードディスクへの書き出し
    5. 書き出し用のプリセット、およびその他の設定
  14. 外部エディターの使用方法
    1. 外部編集の環境設定
    2. Photoshop や Photoshop Elements で Lightroom Classic 写真を開いて編集する
  15. スライドショー
    1. スライドショーの作成
    2. スライドショーモジュールのパネルとツール
    3. スライドのレイアウトの指定
    4. スライドへのオーバーレイの追加
    5. スライドショーの再生と書き出し
  16. 写真のプリント
    1. プリントモジュールの基本
    2. プリントモジュールのレイアウトとテンプレート
    3. プリントジョブのオプションと設定
  17. フォトブック
    1. フォトブックの作成
  18. Web ギャラリー
    1. Web ギャラリーの作成
    2. Web モジュールパネルとツールの使用
    3. Web ギャラリーのレイアウト
    4. Web ギャラリーのテンプレートと設定
    5. Web フォトギャラリーのプレビュー、書き出し、アップロード
  19. ショートカットキー
    1. ショートカットキー

色に関する難問

デジタル写真のワークフローで、人間の目に見えるすべてのカラーの範囲を再現できるデバイスはありません。各デバイスは、デバイスが記録、保存、編集、出力できる色の、特定のカラースペース(範囲を記述)または色域内で動作します。一部のカラースペースは他のカラースペースよりも大きくなります。例えば CIE ラボスペースは大きくなり、多くの Web ブラウザーで使用される sRGB スペースは比較的小さくなります。

さらに、各デバイスはカラーを加算的(RGB カラーモデルを使用)または減算的(CMYK カラーモデルを使用)のいずれかで記述します。カメラやモニターは RGB を使用し、プリンターは CMYK を使用します。

Lightroom でのさまざまな色域Classic CC
さまざまなデバイスや画像の色域

A. Lab カラースペース B. 画像のカラースペース C. デバイスのカラースペース 

このようにさまざまなカラースペースがあるため、多くの場合、見る場所に応じて色が異なって見えます。カラーマネジメントシステムではプロファイルを使って、デバイス間の色の違いを調整し、写真の共有時や印刷時に、表示されるカラーを明確に予測できるようにします。

Lightroom でのプロファイルによるカラーの照合Classic CC
プロファイルによるカラーの照合

A. プロファイルでは、カメラと画像のカラースペースが定義されます。 B. プロファイルを使用して、カラーマネジメントシステムは画像の実際の色を識別します。 C. モニタープロファイルは、画像のカラーをモニターのカラースペースに変換する方法をカラーマネジメントシステムに伝えます。 D. 印刷時にカラーが正しく表示されるように、カラーマネジメントシステムはプリンタープロファイルを使用して、画像の色をプリンターのカラースペースに変換します。 

Lightroom Classic では、デバイスに依存しないカラースペースを使用してカラーを表示することで、カラーマネジメントが簡単になります。つまり、Lightroom Classic で作業する前に必要なことは、モニターのキャリブレーションだけです。写真を出力する準備が整ったら、Lightroom Classic でカラー設定またはカラープロファイルを選択します。

Lightroom Classic カラーマネジメントの方法

Lightroom Classic はカラーの表示に、主に Adobe RGB カラースペースを使用します。Adobe RGB 色域には、デジタルカメラが撮影できるほとんどのカラーに加え、範囲が狭く、Web に適した sRGB カラースペースを使うと定義することができない、いくつかのプリント可能なカラー(特にシアンや青)が含まれています。

Lightroom Classic は、次の場合に Adobe RGB を使用します。

  • ライブラリ、マップ、ブック、スライドショー、プリント、および Web モジュールのプレビュー
  • ドラフトモードでプリントする場合
  • 書き出した PDF スライドショーとアップロードした Web ギャラリー
  • Blurb.com へブックを送信した場合(ブックモジュールからブックを PDF または JPEG として書き出した場合。ただし、sRGB や別のカラープロファイルを選択することはできます)。
  • 公開サービスパネルを使って、Facebook や他の写真共有サイトに写真をアップロードした場合

現像モジュールの初期設定では、Lightroom Classic CC は ProPhoto RGB カラースペースを使用して、プレビューを表示します。ProPhoto RGB にはデジタルカメラで撮影可能なすべてのカラーが含まれているため、画像の編集に最適の選択肢です。現像モジュールでは、ソフトプルーフィングパネルを使って、様々にカラーマネジメントされた印刷条件で、カラーがどのように表示されるかをプレビューすることもできます。

ソフト校正を使用して、Lightroom Classic で画像の最終出力をプレビュー
ソフト校正を使用して、Lightroom Classic で画像の最終出力をプレビュー

A. 現像モジュールで画像を編集します。 B. 画像のカラー値は、選択したプリント条件のカラースペースに変換されます。 C. Lightroom Classic は、画像のカラー値の校正プロファイルの解釈を表示します。 

Lightroom Classic から写真を書き出したり、印刷したりする場合、プロファイルまたはカラースペースを選択して、Lightroom Classic での表示カラーが、写真の送信先のデバイスでどのように表示されるかを決定できます。例えば、写真をオンラインで共有する場合、sRGB を使用して書き出すことができます。印刷する(下書きモード以外)場合、デバイス用にカスタムカラープロファイルを選択できます。

ファイルの書き出し設定、およびプリントのカラーマネジメントの設定を参照してください。

モニターのキャリブレーション

Lightroom Classic でカラーが一貫した状態で確実に表示されるように、モニターをキャリブレーションします。モニターをキャリブレーションするときは、モニターの仕様に準拠するように調整します。モニターをキャリブレートした後、必要に応じて、ご使用のモニター用のカラープロファイルとして、設定を保存することができます。

  1. CRT モニターをキャリブレーションする際は、モニターの電源を 30 分以上入れたままにしておきます。これにより、ウォームアップが十分におこなわれ、画面の表示が安定します。
  2. 室内の周辺光を、作業を通常行っている照明状態の明るさや色と同じになるように調整します。

  3. モニターの表示色数が数千色以上であることを確認します。数百万色(24 ビット)以上の表示が理想的です。
  4. モニターのデスクトップにはカラフルな背景パターンを使用せず、中間色のグレーを表示するように設定します。ドキュメントの周囲に細かいパターンや明るいパターンがあると、正確に色を認識できないためです。
  5. 最適な結果を得るには、サードパーティ製のソフトウェアおよび計測機器を使用して、モニターのキャリブレーションをおこない、プロファイルを作成します。一般に、計測機器は人間の目よりはるかに正確にモニターに表示された色を測定することができるので、ソフトウェアと共に比色計のような計測機器を使用すると、より正確なプロファイルを作成することができます。

    または、Windows および Mac OS に付属するモニターキャリブレーションツールを使用します。ご使用のオペレーティングシステムのユーティリティを使用して、モニターをキャリブレーションするには、次のいずれかをご覧ください。

    注意:

    モニターは時間の経過とともに変化し精度が低下するので、月に 1 回は再調整し、プロファイルを保存してください。モニターを標準の状態に戻すことが困難または不可能な場合は、モニターが老朽化し、退色している可能性があります。

多くのプロファイルソフトウェアでは、新しいプロファイルが初期設定のモニタープロファイルとして自動的に割り当てられます。モニタープロファイルを手動で割り当てる方法については、オペレーティングシステムのヘルプを参照してください。

カラープロファイルのインストール

多くの場合、カラープロファイルは、デバイスをシステムに追加するときにインストールされます。これらのプロファイル(汎用プロファイルまたはキャンドプロファイルとも呼ばれる)の精度は製造元によって異なります。カスタムプロファイルサービスからプロファイルを入手したり、Web からプロファイルをダウンロードしたりできるだけではなく、本格的なプロファイル作成機能を使用してカスタムプロファイルを作成することもできます。

1. カラープロファイルをインストールするには、次のいずれかの場所にコピーします。

  • Windows 7、8:\Windows\system32\spool\drivers\color
  • Mac OS:/Library/ColorSync/Profiles または /Users/[user name]/Library/ColorSync/Profiles

    ヒント:Mac OS 10.7(Lion)では、初期設定で、ユーザーのライブラリフォルダーは非表示になっています。Finder に表示されない場合は、Option キーを押しながら移動メニューをクリックします。次に、「ライブラリ」を選択します。詳しくは、非表示のユーザーライブラリフォルダーにアクセスする方法(Mac OS X 10.7 以降)を参照してください。

2. Lightroom Classic を再起動します。

その他の関連ヘルプ

アドビのロゴ

アカウントにログイン