マニュアル キャンセル

円形フィルターツールの使用

  1. Lightroom Classic ユーザーガイド
  2. Lightroom Classic の概要
    1. Lightroom Classic の新機能
    2. Lightroom Classic の必要システム構成
    3. Lightroom Classic | よくある質問
    4. Lightroom Classic のキーコンセプト
    5. Lightroom Classic チュートリアル
    6. 機能の概要 | Lightroom CC 2015.x/Lightroom 6.x リリース
  3. Lightroom と アドビのサービス
    1. Creative Cloud ライブラリ
    2. Creative Cloud アプリケーションでの Adobe Stock の使用
  4. Lightroom for mobile、Lightroom TV、および Lightroom Web ギャラリー
    1. Adobe Photoshop Lightroom for mobile と Apple TV | FAQ
    2. Lightroom Classic を Lightroom エコシステムと同期する
    3. モバイルアプリの Photoshop ファミリー
  5. 写真の読み込み
    1. カメラやカードリーダーから写真を読み込む
    2. ハードドライブ上のフォルダーから写真を読み込む
    3. 写真の自動読み込み
    4. Photoshop Elements からの写真の読み込み
    5. テザーカメラからの写真の読み込み
    6. 読み込みオプションの指定
    7. 読み込みの環境設定
    8. ファイル名テンプレートエディターとテキストテンプレートエディター
  6. ワークフロー
    1. 写真でマスクを適用
    2. 写真を JPEG 形式で書き出して保存する
    3. 写真を書き出して透かしを追加する
    4. 写真を読み込む
    5. 補正ブラシ:基礎編
    6. トーンカーブによる調整
    7. ビデオ入りの高度なスライドショー
    8. ホワイトバランスのコントロール
    9. コンタクトシートの作成
    10. Lightroom Classic によるワークフローの強化
  7. ワークスペース
    1. ワークスペースの基本
    2. Lightroom Classic を使用するための環境設定
    3. セカンドモニターでのライブラリの表示
    4. ID プレートとモジュールのボタンを好みに合わせて変更する
    5. Lightroom Classic で写真に透かしを適用
    6. カラーマネジメント
  8. 写真の表示
    1. 写真の表示
    2. 写真の参照と比較
    3. ライブラリ表示オプションの設定
    4. 写真の共有によるコメントやフィードバックの収集
    5. スマートプレビュー
  9. カタログとファイルの管理
    1. Lightroom Classic カタログの FAQ
    2. Lightroom Classic カタログの作業方法
    3. カタログの作成と管理
    4. カタログのバックアップ
    5. 見つからない写真の検索
    6. フォルダーの作成と管理
    7. フォルダー内の写真の管理
  10. マップ
    1. マップモジュールの使用
  11. Lightroom Classic での写真の整理
    1. 顔認識
    2. 写真コレクションの使用
    3. 写真のスタックへのグループ化
    4. 写真のフラグ、ラベルおよび評価の設定
    5. キーワードの使用
    6. メタデータの基本とアクション
    7. カタログ内での写真の検索
    8. Lightroom Classic でのビデオの使用
    9. 詳細メタデータのアクション
    10. クイック現像パネルの使用
  12. 写真の処理および現像
    1. 現像モジュールの基本
    2. パノラマおよび HDR パノラマの作成
    3. フラットフィールド補正
    4. Upright を使用した写真の遠近法のゆがみ補正
    5. 強化を使用した画質の改善
    6. 画像の階調とカラーの処理
    7. マスク
    8. 部分補正の適用
    9. HDR 写真の結合
    10. 現像モジュールのオプション
    11. 写真のレタッチ
    12. 赤目およびペットアイの修正効果
    13. 円形フィルターツールの使用
    14. 強化されたスポット除去ツールの使用
  13. 写真を書き出し
    1. ファイルのディスクまたは CD への書き出し
    2. Lightroom Classic から写真の書き出し
    3. 写真をオンラインで公開
    4. 公開サービスを使用したハードディスクへの書き出し
    5. 書き出し用のプリセット、およびその他の設定
  14. 外部エディターの使用方法
    1. 外部編集の環境設定
    2. Photoshop や Photoshop Elements で Lightroom Classic 写真を開いて編集する
  15. スライドショー
    1. スライドショーの作成
    2. スライドショーモジュールのパネルとツール
    3. スライドのレイアウトの指定
    4. スライドへのオーバーレイの追加
    5. スライドショーの再生と書き出し
  16. 写真のプリント
    1. プリントモジュールの基本
    2. プリントモジュールのレイアウトとテンプレート
    3. プリントジョブのオプションと設定
  17. フォトブック
    1. フォトブックの作成
  18. Web ギャラリー
    1. Web ギャラリーの作成
    2. Web モジュールパネルとツールの使用
    3. Web ギャラリーのレイアウト
    4. Web ギャラリーのテンプレートと設定
    5. Web フォトギャラリーのプレビュー、書き出し、アップロード
  19. ショートカットキー
    1. ショートカットキー

写真のメインとなるオブジェクトの周囲の背景や要素が、見る人の注意をそらす可能性があります。周辺光量補正効果を作成して、焦点に注意を引きつけることができます。円形フィルターツールにより、中心からそれた複数の周辺光量領域を作成して写真の特定部分をハイライトすることが可能です。

円形フィルターツールの楕円マスクを使って、部分的に補正することができます。円形フィルターツールで被写体の周囲に楕円領域を描画し、選択したマスクの外側の部分の露光量、彩度およびシャープを調整します。

Lightroom Classic CC 円形フィルター
画像内で背景が目立ちすぎている被写体を強調するため、2 つの円形フィルターを画像に適用

注意:

Shift + M キーを押して、円形フィルターツールを切り替えます。

ビデオチュートリアル:円形フィルターツール

円形フィルターによる写真の画質調整

  1. 現像モジュールで、ツールストリップから円形フィルターツールを選択します。

    Lightroom Classic CC 円形フィルターツール
    円形フィルターツール(Shift + M)は現像モジュールで利用できます。

    注意:

    スライダーとスライダーを使用できるのは Lightroom CC 2015.1 のみです

  2. 次のいずれかの操作をおこないます。

    • 円形フィルターを作成するには、マウスをクリック&ドラッグして任意の領域を囲みます。これにより、調整の対象領域または除外領域となる楕円形状が描画されます。
    • 既存の円形フィルターを編集するには、写真上にある灰色のハンドルをクリックします。
    注意:

    描画時に円形フィルターを正円に固定するには、Shift キーを押しながら描画します。

  3. 写真の変更範囲を決定するには、「マスクを反転」チェックボックスを選択またはオフにします。チェックボックスは初期設定で選択されていません。

    • マスクを反転が選択されていない(初期設定):設定を変更すると、マーキー領域外部の画像領域に適用されます。
    • マスクを反転が選択されている:設定を変更すると、マーキー領域内部の画像領域に適用されます。
  4. 追加した円形フィルターのサイズ(幅と高さ)および方向を調整します。フィルターを選択して、次の手順に従います。

    • フィルターを移動して位置を変更するには、フィルターの中央をクリックし、ドラッグします。
    • 4 つのフィルターハンドルのいずれかにマウスポインターを合わせ、ポインターのアイコンが変化したら、クリック&ドラッグして、フィルターのサイズを変更します。
    • フィルターの端の近くにマウスポインターを合わせ、ポインターのアイコンが変化したら、フィルターの端をクリック&ドラッグして、フィルターの方向を変更します。
    Lightroom Classic CC での円形フィルターサイズの調整
    このフィルターの範囲は楕円マーキー領域によって表示されます。

  5. 手順 1 で示した調整スライダーを使用して、必要に応じて目に見える変化を加えます。ぼかしスライダーを使用して、適用効果の目に見えるフォールオフを調整します。

  6. 手順 2 ~ 5 に従って、フィルターの追加または編集を続けます。

  7. 「初期化」をクリックして、画像に適用したすべての円形フィルターを削除します。

円形フィルターツールのキーボードショートカットと修飾キー

新規補正

  • Shift キーを押しながらドラッグして、円に制限された補正を作成します。。

補正の編集

  • 補正のサイズを変更するために 4 つのハンドルのいずれかをドラッグしながら、Shift キーを押し続けると、補正形状の縦横比が保持されます。

補正の削除

  • 補正を選択しながら、Delete キーを押すと、補正が削除されます。。

最大適用度の補正

  • Command/Control キーを押しながら空白部分をダブルクリックすると、中央に配置され、画像の切り抜き範囲をカバーする補正が作成されます。。
  • Command/Control キーを押しながら既存の補正の内側をダブルクリックすると、画像の切り抜き範囲をカバーする補正が拡大されます。
  • Command/Control キーを押さずにダブルクリックすると、確定されて円形フィルターツールが終了します。

その他の関連ヘルプ

アドビのロゴ

アカウントにログイン