注意:

Photoshop Lightroom Classic (旧 Lightroom CC)のヘルプが表示されています。
お使いのバージョンではない場合Photoshop Lightroom のヘルプを表示してください。

ビデオチュートリアル:写真を追加、編集、同期する方法

写真の名前変更

  1. ライブラリモジュールのグリッド表示またはフィルムストリップで、任意の数の写真を選択し、ライブラリ/写真名を変更またはライブラリ/写真名を一括変更を選択します。
  2. 1 枚の写真の名前を変更ダイアログボックスで、ファイルの名前メニューからオプションを選択します。「編集」を選択し、ファイル名テンプレートエディターを使用してカスタム名を指定します。詳しくは、命名オプションファイル名テンプレートエディターとテキストテンプレートエディターを参照してください。

    シーケンスを使用する命名オプションを指定すると、Lightroom Classic では写真に順に番号が付けられます。連番の先頭を「1」にしたくない場合は、「開始番号」ボックスに 1 以外の数字を入力します。

注意:

ライブラリモジュールで 1 枚の写真の名前を手早く変更するには、写真を選択し、メタデータパネルのファイル名フィールドで新しい名前を入力します。

写真の他のフォルダーへの移動

  1. (オプション)写真を既存のフォルダーに移動しない場合は、新しいフォルダーを作成します。フォルダーの作成と管理を参照してください。

  2. ライブラリモジュールのグリッド表示で、移動する写真(複数可)を選択します。

    注意:

    移動する写真が外付けハードドライブ上に存在する場合は、写真を移動する前にドライブの電源がオンになっていることを確認してください。

  3. フォルダーパネルの保存先フォルダーに写真をドラッグします。サムネールの端からではなく、中央からドラッグします。

    注意:

    Lightroom Classic で写真をコピーできません。

    写真は Lightroom Classic およびハードディスク上の保存先フォルダーに移動します。

ビデオチュートリアル: フォルダーの移動

ライブラリモジュールで写真フォルダー内の写真を開く

  1. 写真を選択し、写真/ライブラリ内のフォルダー内に表示を選択します。

グリッド表示でその写真が選択され、フォルダーパネルでそのフォルダーが選択されます。

ファイルをエクスプローラーまたは Finder で開く

  1. 写真を選択し、写真/エクスプローラーで表示(Windows)または Finder で表示(Mac OS)を選択します。

ファイルがエクスプローラーウィンドウまたは Finder ウィンドウで選択されます。

写真を回転

Exif(Exchangeable Image Format)に方向メタデータが含まれていると、カタログに読み込んだ写真は自動的に回転します。方向メタデータが含まれていない場合は、手動で写真を回転することができます。

  1. ライブラリモジュールで、次のいずれかの操作をおこないます。
    • グリッド表示で、任意の数の写真を選択し、サムネール上にポインターを置き、セルの下に表示される回転アイコンのどちらかをクリックします。または写真/左回転か写真/右回転を選択します。選択したすべての写真が回転します。

    • ルーペまたは選別表示で、ツールバーの回転アイコンをクリックするとアクティブな写真が回転します。

      注意:ツールバーに回転アイコンがない場合は、ツールバーポップアップメニューから「回転」を選択してください。

    • ルーペ、比較または選別表示で、写真/左回転または右回転を選択すると、アクティブな写真が回転します。

写真の反転

  1. ライブラリモジュールのグリッド表示またはフィルムストリップで、任意の数の写真を選択します。
  2. 写真メニューから以下のいずれかのオプションを選択します。

    左右を反転

    縦軸に対して写真の左右を反転します。

    上下を反転

    横軸に対して写真の上下を反転します。

    ルーペ表示、比較表示および選別表示では、反転できるのはアクティブな写真のみです。

注意:

表示/左右反転モードを使用を選択すると、カタログのすべての写真が縦軸に対して左右反転します。

スプレーツールを使用した写真の回転と反転

  1. グリッド表示で、ツールバーのスプレーツールを選択し、ツールバーのスプレーメニューから「回転」を選択します。

    注意:

    スプレーツールがツールバーに表示されていない場合は、ツールバーメニューから「スプレーツール」を選択します。

  2. ツールバーで回転または反転オプションのいずれかを選択し、写真をクリックするか、写真全体をドラッグして、設定を適用します。
  3. スプレーツールを無効にするには、ツールバーの円形のアイコンをクリックします。スプレーツールが無効になっているとき、スプレーツールアイコンがツールバーに表示されます。

カタログからの写真の削除

  1. ライブラリモジュールのグリッド表示で任意の数の写真を選択するか、ルーペ表示、比較表示または選別表示の場合はフィルムストリップで 1 枚の写真を選択します。
  2. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • Backspace キー(Windows)または Delete キー(Mac OS)を押します。

    • 写真/写真を削除を選択します。

    注意:

    コレクションを表示しているときに、Backspace キー(Windows)または Delete キー(Mac OS)を押すと、選択している写真がコレクションから削除されます。この操作では、写真はカタログから削除されず、確認ダイアログボックスも表示されません。写真をコレクションとカタログの両方から削除するには、写真を選択して Ctrl + Alt + Shift + Delete キー(Windows)または Command + Option + Shift + Delete キー(Mac OS)を押します。詳しくは、コレクションからの写真の削除を参照してください。

  3. 確認入力ダイアログボックスで、次のいずれかをクリックします。

    除去

    写真をカタログから除去しますが、「ごみ箱」(Windows)または「ゴミ箱」(Mac OS)には送りません。

    ディスクから削除

    写真をカタログから除去し、「ごみ箱」(Windows)または「ゴミ箱」(Mac OS)に送ります。

    ルーペ表示、比較表示または選別表示の場合、フィルムストリップで複数の写真が選択されていると、アクティブな写真だけが削除されます。

    注意:

    写真を選択して Delete キー(Windows)または前方 Delete キー(Mac OS、フルサイズのキーボードのみ)を押す方法では、写真はカタログから除去されますが、「ごみ箱」(Windows)または「ゴミ箱」(Mac OS)には送られません。

他のアプリケーションによって変更された写真の更新

カタログ内の写真が他のアプリケーションによって変更されると、グリッド表示の画像セルに警告アイコンが表示されます。例えば、Lightroom Classic での評価が星 1 個の写真が別のアプリケーションで星 2 個に更新された場合、どちらの評価を優先するかを決定する必要があります。両方の評価を割り当てることはできません。Lightroom Classic では、カタログ内の写真のメタデータを写真またはその XMP サイドカーファイルのメタデータで上書きするか、写真またはその XMP サイドカーファイルのメタデータをカタログに保存されている写真のメタデータで上書きすることによって、写真のメタデータの競合を解決できます。

  1. グリッド表示で、セルの警告アイコンをクリックします。
  2. 確認ダイアログボックスで、次のいずれかを選択します。

    ディスクから設定を読み込む

    写真またはその XMP サイドカーファイルのメタデータを読み込んで、カタログ内の写真のメタデータを上書きします。

    設定を上書き

    カタログのメタデータを写真ファイルに書き出して、写真またはその XMP サイドカーファイルのメタデータを上書きします。

    何もしない

    何も処理をおこないません。このオプションを選択する場合、カタログ内の写真のメタデータが写真またはその XMP サイドカーファイルのメタデータと競合していないことを確認してください。

写真の DNG への変換

Lightroom Classic では、Camera Raw ファイルをアーカイブしたり DNG 機能を利用できるように、DNG に変換することができます。写真を DNG に変換すると、カタログの元のファイルが DNG ファイルに変わります。ディスク上のオリジナルファイルは、変換後に削除するか保存するかを選択できます。

  1. グリッド表示で任意の数の写真を選択するか、ルーペ表示、比較表示または選別表示の場合はフィルムストリップで 1 枚の写真を選択します。次に、ライブラリ/写真を DNG に変換を選択します。

    注意:

    ルーペ表示、比較表示または選別表示の場合、フィルムストリップで複数の写真が選択されていると、アクティブな写真だけが DNG に変換されます。

  2. 写真を DNG に変換ダイアログボックスで、次のいずれかの変換オプションを選択します。

    RAW ファイルだけを変換

    Camera Raw ファイル以外の写真は無視します。このオプションを選択解除すると、JPEG、TIFF、PSD 形式の写真を含め、選択したすべての写真が変換されます。

    変換に成功した後、元のファイルを削除

    元の写真ファイルを変換が終了した後に削除します。このオプションを選択解除すると、ディスク上の元のファイルが保持されます。

    ファイル拡張子

    ファイル拡張子を .dng または .DNG にします。

    互換性のある形式

    そのファイルを読み込むことができる Camera Raw および Lightroom Classic のバージョンを指定します。ツールチップを参考にして選択します。

    JPEG プレビュー

    書き出す JPEG のプレビュー方法(フルサイズ、標準サイズ、作成しない)を指定します。

    高速読み込みデータを埋め込み

    現像モジュールで画像を速く読み込むことができますが、ファイルサイズが少し大きくなります。

    非可逆圧縮を使用

    ファイルサイズが大幅に縮小しますが、画質が低下することがあります。

    オリジナル RAW ファイルを埋め込む

    DNG ファイルに元の Camera RAW データをすべて保存します。

DNG の詳細については、サポートされているファイル形式を参照してください。

お勧めの記事

お勧めの記事
Adobe TV

仮想コピーの作成

元の(マスター)写真の仮想コピーに異なる調整設定を適用することによって、写真の複数のバージョンを作成できます。仮想コピーは実際の写真または写真の複製としては存在していません。仮想コピーはカタログ内のメタデータで、内容の異なる調整設定が格納されています。

写真の仮想コピーを作成してから、それに調整設定を適用します。マスター写真の別のバージョンを作成する場合は、別の仮想コピーを作成してから、それに新しい設定を適用します。作成できるマスター写真の仮想コピーの数に制限はありません。仮想コピーの 1 つをマスターに指定し、以前のマスターを仮想コピーにすることもできます。

コレクションで仮想コピーを作成すると、コピーはそのコレクションにではなく写真のあるフォルダーにスタックされます。このスタックは、コレクションの表示中には表示されません。

グリッド表示またはフィルムストリップでは、マスター写真のサムネールの左上隅に画像の数が表示されます。仮想コピーには、それぞれのサムネールの左側にページめくりアイコンが表示されます。

Photoshop ページめくりアイコン
A. 元の(マスター)写真 B. ページめくりアイコンの付いた仮想コピー 

仮想コピーは、マスター写真のコピーとして書き出される、または外部エディターでコピーとして編集されると、実際の写真になります。

写真の仮想コピーを作成すると、メタデータパネルの「コピー名」フィールドに「1 をコピー」(または「2 をコピー」「3 をコピー」など)という文字列が自動的に追加されます。

  • ライブラリのグリッド表示または任意のモジュールのフィルムストリップで、写真を右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)し、コンテキストメニューから「仮想コピーを作成」を選択します。
  • ライブラリのグリッド表示または任意のモジュールのフィルムストリップで、右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)して写真を複数選択し、コンテキストメニューから「仮想コピーを作成」を選択します。

    ヒント:グリッド表示にコピーが表示されない場合、折りたたまれたスタックに写真が含まれている可能性があります。写真/スタック/すべてのスタックを展開を選択してください。うまくいかない場合は、ライブラリ/フィルターを有効にするオプションがオフになっていることを確認してください。カタログパネルの「すべての写真」を選択するなど、別の表示方法を使用してください。

  • ライブラリモジュールで、グリッド表示またはフィルムストリップで写真の仮想コピーを選択し、写真/コピーをマスターに設定を選択します。
  • 仮想コピーを削除するには、ライブラリモジュールでフォルダーの仮想コピースタックを展開します(S キーを押す)。グリッド表示またはフィルムストリップで仮想コピーを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)し、「写真を削除」を選択します。

    注意:「仮想コピーを作成」オプションを使用して作成されたスタックは、マスターを含むフォルダーが選択されている場合と「すべての写真」にいる場合を除き、表示されません。このようなスタックに対し、コレクション表示中の表示、展開、折りたたみ、編集はできません。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー