マニュアル キャンセル

Lightroom Classic を使用するための環境設定

  1. Lightroom Classic ユーザーガイド
  2. Lightroom Classic の概要
    1. Lightroom Classic の新機能
    2. Lightroom Classic の必要システム構成
    3. Lightroom Classic | よくある質問
    4. Lightroom Classic のキーコンセプト
    5. Lightroom Classic チュートリアル
    6. 機能の概要 | Lightroom CC 2015.x/Lightroom 6.x リリース
  3. Lightroom と アドビのサービス
    1. Creative Cloud ライブラリ
    2. Creative Cloud アプリケーションでの Adobe Stock の使用
  4. Lightroom for mobile、Lightroom TV、および Lightroom Web ギャラリー
    1. Adobe Photoshop Lightroom for mobile と Apple TV | FAQ
    2. Lightroom Classic を Lightroom エコシステムと同期する
    3. モバイルアプリの Photoshop ファミリー
  5. 写真の読み込み
    1. カメラやカードリーダーから写真を読み込む
    2. ハードドライブ上のフォルダーから写真を読み込む
    3. 写真の自動読み込み
    4. Photoshop Elements からの写真の読み込み
    5. テザーカメラからの写真の読み込み
    6. 読み込みオプションの指定
    7. 読み込みの環境設定
    8. ファイル名テンプレートエディターとテキストテンプレートエディター
  6. ワークフロー
    1. 写真でマスクを適用
    2. 写真を JPEG 形式で書き出して保存する
    3. 写真を書き出して透かしを追加する
    4. 写真を読み込む
    5. 補正ブラシ:基礎編
    6. トーンカーブによる調整
    7. ビデオ入りの高度なスライドショー
    8. ホワイトバランスのコントロール
    9. コンタクトシートの作成
    10. Lightroom Classic によるワークフローの強化
  7. ワークスペース
    1. ワークスペースの基本
    2. Lightroom Classic を使用するための環境設定
    3. セカンドモニターでのライブラリの表示
    4. ID プレートとモジュールのボタンを好みに合わせて変更する
    5. Lightroom Classic で写真に透かしを適用
    6. カラーマネジメント
  8. 写真の表示
    1. 写真の表示
    2. 写真の参照と比較
    3. ライブラリ表示オプションの設定
    4. 写真の共有によるコメントやフィードバックの収集
    5. スマートプレビュー
  9. カタログとファイルの管理
    1. Lightroom Classic カタログの FAQ
    2. Lightroom Classic カタログの作業方法
    3. カタログの作成と管理
    4. カタログのバックアップ
    5. 見つからない写真の検索
    6. フォルダーの作成と管理
    7. フォルダー内の写真の管理
  10. マップ
    1. マップモジュールの使用
  11. Lightroom Classic での写真の整理
    1. 顔認識
    2. 写真コレクションの使用
    3. 写真のスタックへのグループ化
    4. 写真のフラグ、ラベルおよび評価の設定
    5. キーワードの使用
    6. メタデータの基本とアクション
    7. カタログ内での写真の検索
    8. Lightroom Classic でのビデオの使用
    9. 詳細メタデータのアクション
    10. クイック現像パネルの使用
  12. 写真の処理および現像
    1. 現像モジュールの基本
    2. パノラマおよび HDR パノラマの作成
    3. フラットフィールド補正
    4. Upright を使用した写真の遠近法のゆがみ補正
    5. 強化を使用した画質の改善
    6. 画像の階調とカラーの処理
    7. マスク
    8. 部分補正の適用
    9. HDR 写真の結合
    10. 現像モジュールのオプション
    11. 写真のレタッチ
    12. 赤目およびペットアイの修正効果
    13. 円形フィルターツールの使用
    14. 強化されたスポット除去ツールの使用
  13. 写真を書き出し
    1. ファイルのディスクまたは CD への書き出し
    2. Lightroom Classic から写真の書き出し
    3. 写真をオンラインで公開
    4. 公開サービスを使用したハードディスクへの書き出し
    5. 書き出し用のプリセット、およびその他の設定
  14. 外部エディターの使用方法
    1. 外部編集の環境設定
    2. Photoshop や Photoshop Elements で Lightroom Classic 写真を開いて編集する
  15. スライドショー
    1. スライドショーの作成
    2. スライドショーモジュールのパネルとツール
    3. スライドのレイアウトの指定
    4. スライドへのオーバーレイの追加
    5. スライドショーの再生と書き出し
  16. 写真のプリント
    1. プリントモジュールの基本
    2. プリントモジュールのレイアウトとテンプレート
    3. プリントジョブのオプションと設定
  17. フォトブック
    1. フォトブックの作成
  18. Web ギャラリー
    1. Web ギャラリーの作成
    2. Web モジュールパネルとツールの使用
    3. Web ギャラリーのレイアウト
    4. Web ギャラリーのテンプレートと設定
    5. Web フォトギャラリーのプレビュー、書き出し、アップロード
  19. ショートカットキー
    1. ショートカットキー

環境設定を使い、Lightroom Classic のユーザーインターフェイスを変更できます。

注意:

現在のカタログの名前と場所を指定せずに環境設定を初期化すると、Lightroom Classic を再起動したときに、カタログが消えたように見えることがあります。環境設定を初期化する前に、この混乱を避ける手順が記載されている環境設定のリセット後にカタログと画像を復元するを参照してください。

環境設定ダイアログボックスを開く

  • Windows で、編集環境設定を選択します。
  • macOS で、Lightroom Classic環境設定を選択します。

環境設定の初期設定へのリセット

はじめる前に

プリセット

環境設定をリセットするときに「プリセットをカタログと一緒に保存」オプションが選択されている場合、Lightroom Classic はカタログに保存されているプリセットを参照しません。その結果、プリセットが失われたように見えますが、カタログには保存されています。

これを解決するには、次のいずれかの操作を実行します。

  • プリセットをカタログと一緒に保存」を無効にします。環境設定のリセットが完了している場合は、この設定を有効にします。
  • Lightroom 設定フォルダーの内容を次のフォルダーにコピーします。
    • macOS: Macintosh HD/Users/<ユーザー名>/Library/Application Support/Adobe/Camera Raw/Settings
    • Windows:C:\Users\<ユーザー名>\appdata\roaming\Adobe\Camera Raw\Settings

プラグインとプラグイン設定

環境設定をリセットすると、プラグインが見つからなくなることがあります。これを回避するには、プラグインを次のフォルダーに保存します。

  • macOS:Macintosh HD/Users/<ユーザー名>/Library/Application Support/Adobe/Lightroom/Modules
  • Windows:C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Adobe\Lightroom\Modules

公開プラグイン設定はカタログに保存されているためリセットされませんが、その他のプラグイン設定またはプリセットは初期設定にリセットされます。見つからなくなったプラグインがある場合は、環境設定のリセット後に Lightroom Classic に追加する必要があります。

Lightroom Classic の環境設定を初期設定にリセットするには、次のいずれかの方法を使用します。

方法 1:キーボードのショートカットを使用する

  1. Lightroom Classic を終了します。

  2. macOS:Shift + Option キーを長押しします。

    Windows:Shift + Alt キーを長押しします。

  3. これらのキーを押したまま、Lightroom Classic を起動します。次のダイアログボックスが表示されます。

    Lightroom Classic の環境設定ダイアログの復元
    (Windows)Lightroom Classic の環境設定のリセット

    「はい」
    をクリックします。

    Lightroom Classic の環境設定ダイアログのリセット
    (macOS)Lightroom Classic の環境設定のリセット

    環境設定のリセット
    」をクリックします。

方法 2:環境設定ファイルを手動で削除する

  1. 次の場所に移動します。

    macOS:/Users/[ユーザー名]/Library/Preferences/

    Windows:Users¥[ユーザー名]¥AppData¥Roaming¥Adobe¥Lightroom¥Preferences¥

    注意:

    macOS:ユーザーライブラリファイルは、デフォルトで非表示になっています。ユーザーライブラリファイルに一時的にアクセスするには、Option キーを押しながら Finder で、移動ライブラリを選択します。

    Windows: AppData フォルダーはデフォルトで非表示になっています。表示するには、スタートコントロールパネルデスクトップのカスタマイズフォルダーオプションを選択します。「表示」タブの「詳細設定」セクションで、「すべてのファイルとフォルダーを表示する」が選択されていることを確認し、「OK」をクリックします。

  2. 次のファイルを Windows 上のごみ箱または macOS 上のゴミ箱にドラッグします。

    macOS:com.adobe.LightroomClassicCC7.plist

    Windows:Lightroom Classic CC 7 Preferences.agprefs

  3. コンピューターを再起動して Lightroom Classic を起動します。

プリセットをカタログと一緒に保存

初期設定では、Lightroom Classic で作成するプリセットおよびテンプレートと自身のカタログは、コンピューターのユーザーアカウントのフォルダーパス内にある別の場所に保存されます。 macOSおよび Windows でのデフォルトの場所については、 環境設定ファイルおよびその他のファイルの場所 | Lightroom Classicを選択します。

Lightroom Classic プリセットの環境設定
Lightroom Classic プリセットの環境設定

複数のコンピューターで特定のカタログを使用する場合、プリセットおよびテンプレートをそのカタログと一緒に保存することを選択できます。実行するには、次の手順に従います。

  1. macOSLightroom Classic/環境設定、または Windows編集環境設定を選択します。
  2. 環境設定ダイアログで「プリセット」タブに移動し、「プリセットをこのカタログと一緒に保存」を選択します。
警告:

プリセットをこのカタログと一緒に保存」オプションを有効にすると、Lightroom Classic が関連付けられたカタログフォルダー内の既存のプリセットおよびテンプレートをコピーしたり、移動したりすることはありません。それ以降に作成した新しいプリセットとテンプレートだけが、カタログフォルダー内の「Lightroom Classic 設定」フォルダーに格納されます。「Lightroom Classic プリセットフォルダーを表示」(「環境設定」ダイアログ > 「プリセット」タブ)により、デフォルトの場所ではなく、ハードドライブのカタログフォルダーに移動します。

プリセットをこのカタログと一緒に保存」オプションを選択した後に作成した新規プリセットおよびテンプレートは、関連付けられたカタログフォルダー内に作成された、「Lightroom Classic 設定」という名前の新規フォルダーに保存されます。

このオプションを使用する利点は、別コンピューター上の関連付けられたカタログを起動するとき、プリセットとテンプレートを Lightroom Classic で利用できることです。これらのプリセットおよびテンプレートには、現像プリセット、書き出しプリセット、外部エディタープリセット、ファイル名プリセット、フィルタープリセット、FTP プリセット、キーワードセット、ラベルセット、部分補正プリセット、メタデータプリセット、印刷プリセット、テキストテンプレート、透かし、および Web テンプレートが含まれます。

プリセットとテンプレートをカタログと一緒に保存での Julieanne Kost のブログ投稿を参照してください。

プリセットの元の設定へのリセット

  1. 環境設定ダイアログボックスの「プリセット」タブの「Lightroom Classic 初期設定」領域で、いずれかの「復元」ボタンをクリックします。

表示しないように指定したプロンプトの再表示

  1. 環境設定ダイアログボックスの「一般」タブの「プロンプト」領域で、「すべての警告ダイアログを初期化」をクリックします。

インターフェイスのフォントサイズまたはパネルのエンドマーカーの変更

  1. 環境設定ダイアログボックスの「インターフェイス」タブで、パネルメニューからオプションを選択します。

言語設定の変更

Lightroom Classic では、複数の言語でメニュー、オプション、ツールヒントを表示できます。

  1. Windows編集環境設定、または macOSLightroom Classic環境設定を選択します。

  2. 「一般」タブで、言語ポップアップメニューから言語を選択します。
  3. 環境設定を終了して Lightroom Classic を再起動します。

新しい言語は、次回 Lightroom Classic を起動した際に有効になります。

アドビのロゴ

アカウントにログイン

[Feedback V2 Badge]