注意:

Photoshop Lightroom Classic (旧 Lightroom CC)のヘルプが表示されています。
お使いのバージョンではない場合Photoshop Lightroom のヘルプを表示してください。

Lightroom Classic のワークスペース、スライドショー、プリント出力は、自分の名前やロゴを記載した ID プレートを使用して、好みに合わせて変更できます。

ビデオチュートリアル:カスタマイズした ID プレートの作成

ビデオチュートリアル:カスタマイズした ID プレートの作成
Infinite Skills

  1. 次のいずれかの操作をおこない、ID プレートエディターを開きます。
    • 編集/ID プレート設定(Windows)または Lightroom Classic/ID プレート設定(Mac OS)を選択します。

    • スライドショーモジュールのオーバーレイパネルまたはプリントモジュールのページパネルで、「ID プレート」をクリックし、ポップアップメニューから「編集」を選択します。

  2. ID プレートエディターで、次のいずれかのオプションを選択します。

    スタイル付きテキストの ID プレートを使用する

    テキストボックスに入力したテキストを使用し、テキストボックスの下のメニューで指定したフォント属性を適用します。

    ヒント:(Mac OS)複数行のテキストを含む ID プレートを作成するには、テキストボックス内で Option + Return キーを押します。ID プレートの最初の行だけがモジュールピッカーの左側に表示されますが、スライドショー、プリント、Web の各モジュールで出力オーバーレイとして ID プレートを選択すると、すべての行が表示されます。

    グラフィカルな ID プレートを使用する

    ボックスにドラッグしたグラフィックを使用します。高さが 41 ピクセル以下(Mac OS)または 46 ピクセル以下(Windows)のグラフィックを選択してください。グラフィックには、BMP、JPG、GIF、PNG、TIFF ファイル形式(Windows)、または JPG、GIF、PNG、TIFF、PDF、PSD ファイル形式(Mac OS)を使用できます。グラフィカルな ID プレートの解像度は、プリント出力するには低すぎるかもしれません。

  3. 「ID プレートを使用する」の横にあるメニューから「別名で保存」を選択し、ID プレートの名前を指定します。

  4. ID プレートをモジュールピッカーの左側に表示するには、「ID プレートを使用する」を選択し、右側のメニューから保存済みの ID プレートのいずれかを選択します。

  5. ダイアログボックスの右側にある各種ポップアップメニューで、モジュールピッカーのボタンのフォント、フォントサイズ、フォントの色を指定します。最初のカラーピッカーボックスは現在選択されているモジュールの色、2 番目のボックスは選択されていないモジュールの色を指定します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー