マニュアル キャンセル

外部編集の環境設定

  1. Lightroom Classic ユーザーガイド
  2. Lightroom Classic の概要
    1. Lightroom Classic の新機能
    2. Lightroom Classic の必要システム構成
    3. Lightroom Classic | よくある質問
    4. Lightroom Classic のキーコンセプト
    5. Lightroom Classic チュートリアル
    6. 機能の概要 | Lightroom CC 2015.x/Lightroom 6.x リリース
  3. Lightroom と アドビのサービス
    1. Creative Cloud ライブラリ
    2. Creative Cloud アプリケーションでの Adobe Stock の使用
  4. Lightroom for mobile、Lightroom TV、および Lightroom Web ギャラリー
    1. Adobe Photoshop Lightroom for mobile と Apple TV | FAQ
    2. Lightroom Classic を Lightroom エコシステムと同期する
    3. モバイルアプリの Photoshop ファミリー
  5. 写真の読み込み
    1. カメラやカードリーダーから写真を読み込む
    2. ハードドライブ上のフォルダーから写真を読み込む
    3. 写真の自動読み込み
    4. Photoshop Elements からの写真の読み込み
    5. テザーカメラからの写真の読み込み
    6. 読み込みオプションの指定
    7. 読み込みの環境設定
    8. ファイル名テンプレートエディターとテキストテンプレートエディター
  6. ワークフロー
    1. 写真でマスクを適用
    2. 写真を JPEG 形式で書き出して保存する
    3. 写真を書き出して透かしを追加する
    4. 写真を読み込む
    5. 補正ブラシ:基礎編
    6. トーンカーブによる調整
    7. ビデオ入りの高度なスライドショー
    8. ホワイトバランスのコントロール
    9. コンタクトシートの作成
    10. Lightroom Classic によるワークフローの強化
  7. ワークスペース
    1. ワークスペースの基本
    2. Lightroom Classic を使用するための環境設定
    3. セカンドモニターでのライブラリの表示
    4. ID プレートとモジュールのボタンを好みに合わせて変更する
    5. Lightroom Classic で写真に透かしを適用
    6. カラーマネジメント
  8. 写真の表示
    1. 写真の表示
    2. 写真の参照と比較
    3. ライブラリ表示オプションの設定
    4. 写真の共有によるコメントやフィードバックの収集
    5. スマートプレビュー
  9. カタログとファイルの管理
    1. Lightroom Classic カタログの FAQ
    2. Lightroom Classic カタログの作業方法
    3. カタログの作成と管理
    4. カタログのバックアップ
    5. 見つからない写真の検索
    6. フォルダーの作成と管理
    7. フォルダー内の写真の管理
  10. マップ
    1. マップモジュールの使用
  11. Lightroom Classic での写真の整理
    1. 顔認識
    2. 写真コレクションの使用
    3. 写真のスタックへのグループ化
    4. 写真のフラグ、ラベルおよび評価の設定
    5. キーワードの使用
    6. メタデータの基本とアクション
    7. カタログ内での写真の検索
    8. Lightroom Classic でのビデオの使用
    9. 詳細メタデータのアクション
    10. クイック現像パネルの使用
  12. 写真の処理および現像
    1. 現像モジュールの基本
    2. パノラマおよび HDR パノラマの作成
    3. フラットフィールド補正
    4. Upright を使用した写真の遠近法のゆがみ補正
    5. 強化を使用した画質の改善
    6. 画像の階調とカラーの処理
    7. マスク
    8. 部分補正の適用
    9. HDR 写真の結合
    10. 現像モジュールのオプション
    11. 写真のレタッチ
    12. 赤目およびペットアイの修正効果
    13. 円形フィルターツールの使用
    14. 強化されたスポット除去ツールの使用
  13. 写真を書き出し
    1. ファイルのディスクまたは CD への書き出し
    2. Lightroom Classic から写真の書き出し
    3. 写真をオンラインで公開
    4. 公開サービスを使用したハードディスクへの書き出し
    5. 書き出し用のプリセット、およびその他の設定
  14. 外部エディターの使用方法
    1. 外部編集の環境設定
    2. Photoshop や Photoshop Elements で Lightroom Classic 写真を開いて編集する
  15. スライドショー
    1. スライドショーの作成
    2. スライドショーモジュールのパネルとツール
    3. スライドのレイアウトの指定
    4. スライドへのオーバーレイの追加
    5. スライドショーの再生と書き出し
  16. 写真のプリント
    1. プリントモジュールの基本
    2. プリントモジュールのレイアウトとテンプレート
    3. プリントジョブのオプションと設定
  17. フォトブック
    1. フォトブックの作成
  18. Web ギャラリー
    1. Web ギャラリーの作成
    2. Web モジュールパネルとツールの使用
    3. Web ギャラリーのレイアウト
    4. Web ギャラリーのテンプレートと設定
    5. Web フォトギャラリーのプレビュー、書き出し、アップロード
  19. ショートカットキー
    1. ショートカットキー

外部編集の環境設定を使用して、Photoshop Elements や、Camera Raw ファイル内のモザイクセンサーデータを読み込むことができない外部画像編集アプリケーションで、Camera Raw ファイルや DNG ファイルを編集するときのファイル形式やその他のオプションを指定します。外部編集の環境設定で指定するオプションは、Lightroom Classic の Camera Raw ファイルや DNG ファイルを Photoshop で保存するときに Photoshop でも使用されます。外部編集の環境設定は、外部画像編集アプリケーションの選択にも使用します。

  1. 編集/環境設定(Windows)または Lightroom Classic/環境設定(Mac OS)を選択します。

  2. 「外部編集」をクリックします。

外部エディターで Camera Raw ファイルを使用するための環境設定

Lightroom Classic では、Camera Raw ファイルや DNG ファイルは直接 Photoshop CS3(10.0.1)以降で開きます。ただし、Photoshop Elements や、Raw データを読み込むことができないその他の外部エディターには、Camera Raw ファイルや DNG ファイルの TIFF 形式または PSD 形式のコピーを送信する必要があります。外部編集の環境設定では、Lightroom Classic からこれらのエディターに送信される TIFF ファイルや PSD ファイルのファイル形式、カラースペース、ビット数および圧縮を指定します。Lightroom Classic から送信された写真のカラーディテールを保持するには、16-bit ProPhoto RGB を使用することをお勧めします。Lightroom Classic の Camera Raw ファイルを直接 Photoshop で開いて保存するとき、Lightroom Classic の外部編集の環境設定で指定した設定が使用されます。

  1. 環境設定ダイアログボックスの「外部編集」タブで、次の各メニューからオプションを選択します。

    ファイル形式

    Camera Raw 画像を TIFF 形式または PSD 形式で保存します。詳しくは、サポートされているファイル形式を参照してください。

    カラースペース

    写真のカラースペースを sRGB、AdobeRGB または ProPhoto RGB に変換し、そのカラープロファイルに応じたタグを写真に付けます。Lightroom Classic カラーマネジメントの方法を参照してください。

    bit 数

    カラーチャンネル(レッド、グリーン、ブルー)あたり 8 ビットまたは 16 ビットのビット数で写真を保存します。8 ビットのファイルは 16 ビットのファイルに比べてサイズが小さく、各種アプリケーションとの互換性にも優れていますが、16 ビットの方が階調を豊かに再現できます。

    圧縮

    (TIFF のみ)写真を ZIP 形式で圧縮するか、圧縮しないかを指定します。ZIP はデータ劣化のない圧縮形式なので、広い単色領域を含む画像に最適です。

    テンプレート

    ファイルに名前を付けるために指定したテンプレートを使用します。テンプレートを選択し、カスタムテキストまたはファイル名の開始番号を指定します。詳しくは、ファイル名テンプレートエディターとテキストテンプレートエディターを参照してください。

外部エディターの選択

外部エディターとして使用するアプリケーションは、環境設定ダイアログボックスの「外部編集」タブで指定できます。いったんアプリケーションを選択した後でも、環境設定でいつでも別のアプリケーションに変更できます。

  1. 環境設定ダイアログボックスの「外部編集」タブで、「追加外部エディター」領域にある「選択」をクリックします。
  2. 使用するアプリケーションに移動して選択し、「開く」(Windows)または「選択」(Mac OS)をクリックします。
    注意:

    ライブラリモジュールまたは現像モジュールで写真/他のツールで編集/他のアプリケーションで編集を選択し、外部エディターを選択することもできます。使用するアプリケーションを選択するためのダイアログボックスが表示されます。外部エディターを選択すると、そのアプリケーションの名前が写真メニューの「[アプリケーション名] で編集」コマンドに表示されるようになります。

外部エディタープリセットの作成

外部編集の環境設定のダイアログボックスでは、外部エディター用のプリセットを作成できます。外部エディターのプリセットによって、複数のアプリケーションを外部エディターとして指定して、1 つまたは複数の外部エディターによる複数の使用方法に対してさまざまな写真処理オプションを作成できます。

  1. 外部編集の環境設定でアプリケーションを選択して、Camera Raw ファイルのオプションを指定します。
  2. プリセット/現在の設定を新規プリセットとして保存を選択します。
  3. プリセットの名前を入力して、「作成」をクリックします。

    新しいプリセットがプリセットメニューに追加されます。

外部エディタープリセットの編集

  1. 外部編集の環境設定で、プリセットメニューから外部エディターのプリセットを選択します。
  2. アプリケーションまたは Camera Raw ファイルのオプションを変更します。

    Lightroom Classic によってプリセット名の末尾に「(編集済み)」と追加されます。

  3. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • プリセット/現在の設定を新規プリセットとして保存を選択して新しいプリセットを作成します。新しいプリセットの名前を入力して、「作成」をクリックします。

    • プリセット/プリセット “[プリセット名]” を更新を選択して、既存のプリセットに変更内容を上書きします。

その他の関連ヘルプ

アドビのロゴ

アカウントにログイン