マニュアル キャンセル

マップモジュールの使用

  1. Lightroom Classic ユーザーガイド
  2. Lightroom Classic の概要
    1. Lightroom Classic の新機能
    2. Lightroom Classic の必要システム構成
    3. Lightroom Classic | よくある質問
    4. Lightroom Classic のキーコンセプト
    5. Lightroom Classic チュートリアル
    6. 機能の概要 | Lightroom CC 2015.x/Lightroom 6.x リリース
  3. Lightroom と アドビのサービス
    1. Creative Cloud ライブラリ
    2. Creative Cloud アプリケーションでの Adobe Stock の使用
  4. Lightroom for mobile、Lightroom TV、および Lightroom Web ギャラリー
    1. Adobe Photoshop Lightroom for mobile と Apple TV | FAQ
    2. Lightroom Classic を Lightroom エコシステムと同期する
    3. モバイルアプリの Photoshop ファミリー
  5. 写真の読み込み
    1. カメラやカードリーダーから写真を読み込む
    2. ハードドライブ上のフォルダーから写真を読み込む
    3. 写真の自動読み込み
    4. Photoshop Elements からの写真の読み込み
    5. テザーカメラからの写真の読み込み
    6. 読み込みオプションの指定
    7. 読み込みの環境設定
    8. ファイル名テンプレートエディターとテキストテンプレートエディター
  6. ワークフロー
    1. 写真でマスクを適用
    2. 写真を JPEG 形式で書き出して保存する
    3. 写真を書き出して透かしを追加する
    4. 写真を読み込む
    5. 補正ブラシ:基礎編
    6. トーンカーブによる調整
    7. ビデオ入りの高度なスライドショー
    8. ホワイトバランスのコントロール
    9. コンタクトシートの作成
    10. Lightroom Classic によるワークフローの強化
  7. ワークスペース
    1. ワークスペースの基本
    2. Lightroom Classic を使用するための環境設定
    3. セカンドモニターでのライブラリの表示
    4. ID プレートとモジュールのボタンを好みに合わせて変更する
    5. Lightroom Classic で写真に透かしを適用
    6. カラーマネジメント
  8. 写真の表示
    1. 写真の表示
    2. 写真の参照と比較
    3. ライブラリ表示オプションの設定
    4. 写真の共有によるコメントやフィードバックの収集
    5. スマートプレビュー
  9. カタログとファイルの管理
    1. Lightroom Classic カタログの FAQ
    2. Lightroom Classic カタログの作業方法
    3. カタログの作成と管理
    4. カタログのバックアップ
    5. 見つからない写真の検索
    6. フォルダーの作成と管理
    7. フォルダー内の写真の管理
  10. マップ
    1. マップモジュールの使用
  11. Lightroom Classic での写真の整理
    1. 顔認識
    2. 写真コレクションの使用
    3. 写真のスタックへのグループ化
    4. 写真のフラグ、ラベルおよび評価の設定
    5. キーワードの使用
    6. メタデータの基本とアクション
    7. カタログ内での写真の検索
    8. Lightroom Classic でのビデオの使用
    9. 詳細メタデータのアクション
    10. クイック現像パネルの使用
  12. 写真の処理および現像
    1. 現像モジュールの基本
    2. パノラマおよび HDR パノラマの作成
    3. フラットフィールド補正
    4. Upright を使用した写真の遠近法のゆがみ補正
    5. 強化を使用した画質の改善
    6. 画像の階調とカラーの処理
    7. マスク
    8. 部分補正の適用
    9. HDR 写真の結合
    10. 現像モジュールのオプション
    11. 写真のレタッチ
    12. 赤目およびペットアイの修正効果
    13. 円形フィルターツールの使用
    14. 強化されたスポット除去ツールの使用
  13. 写真を書き出し
    1. ファイルのディスクまたは CD への書き出し
    2. Lightroom Classic から写真の書き出し
    3. 写真をオンラインで公開
    4. 公開サービスを使用したハードディスクへの書き出し
    5. 書き出し用のプリセット、およびその他の設定
  14. 外部エディターの使用方法
    1. 外部編集の環境設定
    2. Photoshop や Photoshop Elements で Lightroom Classic 写真を開いて編集する
  15. スライドショー
    1. スライドショーの作成
    2. スライドショーモジュールのパネルとツール
    3. スライドのレイアウトの指定
    4. スライドへのオーバーレイの追加
    5. スライドショーの再生と書き出し
  16. 写真のプリント
    1. プリントモジュールの基本
    2. プリントモジュールのレイアウトとテンプレート
    3. プリントジョブのオプションと設定
  17. フォトブック
    1. フォトブックの作成
  18. Web ギャラリー
    1. Web ギャラリーの作成
    2. Web モジュールパネルとツールの使用
    3. Web ギャラリーのレイアウト
    4. Web ギャラリーのテンプレートと設定
    5. Web フォトギャラリーのプレビュー、書き出し、アップロード
  19. ショートカットキー
    1. ショートカットキー

マップ上での写真の表示

マップモジュールを使用すると、写真を撮影した場所を Google マップ上で確認することができます。マップモジュールでは、写真のメタデータに埋め込まれた GPS 座標を使用してマップ上で写真がプロットされます。

iPhone をはじめとするほとんどの携帯電話のカメラで、GPS 座標がメタデータに記録されています。カメラで GPS 座標が記録されていなくても、マップモジュールによって GPS 座標を追加したり、GPS デバイスから追跡ログを読み込んだりすることができます。

マップモジュールを使用するには、オンライン環境が必要です。マップは初期設定の Web ブラウザーの使用言語で表示され、使用する Lightroom Classic の言語バージョンと異なることがあります。

注意:

写真に GPS メタデータがタグ付けられているかを確認するには、ライブラリモジュールまたはマップモジュールのメタデータパネルで場所プリセットを選択します。次に GPS フィールドの座標を確認します。

Lightroom Classic CC マップモジュール
マップモジュール

A. 保存された撮影場所パネル B. マップのスタイルメニュー C. ズームスライダー D. 選択した写真 E. マップキー F. メタデータパネル 

マップの操作

マップモジュールでマップを操作するには、次のいずれかの操作をおこないます。

  • マップをダブルクリックしてその位置にズームインします。

  • ツールバーのズームスライダーをドラッグしてズームインまたはズームアウトします。

    注意:マップモジュールは、マウスホイールやトラックパッドのマルチタッチジェスチャーを使用したズームにも対応しています。

  • Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながらプレビュー領域内をドラッグすると、その領域にズームインします。

  • マップをドラッグすると、プレビュー領域でマップが移動します。

  • プレビュー領域の右上隅にある検索フィールドに位置を入力すると、その位置に移動します。

  • ツールバーのマップのスタイルメニューからオプションを選択することで、マップの外観を指定します。

サテライト

目的の位置の衛星写真を表示します。

ロードマップ

平坦なグラフィック背景上に、道路、地政学的境界および目印となる場所を表示します。

ハイブリッド

道路と地政学的データを衛星写真に重ねて表示します。

地形

地形のグラフィカル表現です。

明または暗

道路地図データを小さいコントラストの明るいまたは暗い画面で表示します。

マップ上の写真のピンからコレクションを作成

マップ上の同じ場所にある写真グループからコレクションを作成するには、次の手順を実行します。

マップ上の写真のピンからコレクションを作成
マップ上の写真のピンからコレクションを作成

  1. マップモジュールで、写真のピンを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)します。
  2. コンテキストメニューから、「コレクションを作成」を選択します。
  3. コレクションを作成ダイアログボックスが表示されます。コレクションの作成の手順 2 以降の指示に従います。

コレクションは、コレクションパネルに表示されます。

写真と GPS データの使用

  • GPS 座標を写真に追加すると同時に写真をマップに追加するには、次のいずれかの操作をおこないます。

    • フィルムストリップから写真をドラッグし、マップ上にドロップします。

    • フィルムストリップで写真(複数可)を選択し、マップの位置を Ctrl キーを押しながらクリックするか(Windows)、Command キーを押しながらクリックします(Mac OS)。

    • フィルムストリップで写真(複数可)を選択し、マップの位置を右クリックするか(Windows)、Control キーを押しながらクリックした後(Mac OS)、「選択した写真に GPS 測定位置を追加」を選択します。

  • 特定の場所の写真のサムネイルプレビューを表示するには、フォトピンをクリックします。

注意:

表示/マップキーを表示を選択すると、写真のピンを説明するオーバーレイが表示されます。

Lightroom Classic CC マップモジュールのプレビューピンのキー
マップモジュールのプレビューピンのキー

  • 写真から GPS メタデータを削除すると同時にマップから写真を削除するには、次のいずれかの操作をおこないます。

    • マップ上で写真のピンを選択し、Delete キーを押します。

    • ピンを右クリックするか(Windows)、Control キーを押しながらクリックして(Mac OS)、「GPS 測定位置を削除」を選択します。

    • マップモジュールのフィルムストリップで写真を選択し、Delete キーを押します。

  • 「GPS トラックログ」ボタンをクリックし、「トラックログを読み込み」を選択してサードパーティデバイスから GPS データ(GPX ファイル)をアップロードします。

  • 撮影場所フィルターでは、フィルムストリップの写真のうち、どれがマップに表示されているか示されます。

マップ上に表示

フィルムストリップの写真のうち、現在のマップビューに表示されている写真を示します。

タグ付きまたはタグなし

フィルムストリップの写真のうち、GPS データがタグ付けられている写真またはタグ付けられていない写真を示します。

なし

撮影場所フィルターを消去します。

注意:

写真を書き出す際、GPS メタデータを省略することができます。書き出しダイアログボックスでメタデータパネルに移動し、「撮影場所情報を削除」を選択します。

GPS 座標にタグを自動設定するためのトラックログへの写真の照合

トラックログの読み込み

トラックログ(GPX ファイルのみ)を読み込むには、マップトラックログトラックログを読み込みの順にクリックします。

マップモジュールにトラックログ(GPX ファイル)を読み込むと、撮影日がトラックログの日付と一致する写真が(現在のカタログ選択の中から)検索されます。一致する写真が見つかった場合は、「自動タグ付け」オプションを使用して、一致した写真の中から選択した写真に GPS 座標を自動でタグ付けすることができます。実行するには、次の手順に従います。

  1. マップモジュールでは、フィルムストリップ内で一致する写真を選択します。
  2. マップトラックログ選択した写真に自動タグ付けの順に選択します。

タイムゾーンのオフセットを設定

別のタイムゾーンを旅行中、またはカメラの時刻が正しく設定されていない際に写真が撮影された場合、写真は記録されたトラックログと一致しない場合があります。このような場合、Lightroom Classic でタイムゾーンのオフセット値(時間)を設定できます。この値により、カメラの時刻や写真の撮影時刻と一致するように、トラックログの時刻をシフトすることができます。次に「自動タグ付け」オプションを使って、写真をトラックに配置することができます。

タイムゾーンオフセットを設定するには:

  1. マップモジュールで、トラックログに一致させる写真を、フィルムストリップから選択します。
  2. マップトラックログタイムゾーンのオフセットを設定を順にクリックします。
    • タイムゾーンをオフセットダイアログで、オフセットスライダーを調整します。
  3. OK」をクリックします。
注意:

タイムゾーンをオフセットダイアログには、選択した写真の撮影時刻の範囲と、トラックログ内の時刻の範囲が表示されます。オフセットスライダーを調整して、これらの範囲が互いに重複するようにします。 

注意:

オフセットスライダーの値がトラックログのタイムゾーンや写真のタイムゾーンと一致していない可能性があると、トラックログの時刻が赤で強調表示されます。ただし、その場合でもオフセット値を設定することは可能です。

撮影場所情報の保存

定義した範囲内で撮影した写真について、保存された撮影場所を作成することができます。例えば、クライアントに依頼された撮影のためにギリシャに行った場合、訪れた島々を含む保存された撮影場所を作成できます。

  1. マップモジュールで、マップ上の場所に移動し、保存された撮影場所パネルでプラス(+)ボタンをクリックします。保存された撮影場所パネルは、Lightroom Classic ウィンドウの左側にあります。

  2. 新規撮影場所ダイアログボックスで、場所の名前を入力し、保存するフォルダーを選択します。

    半径

    表示されたマップ領域の中心からの半径をフィート、マイル、メートルまたはキロメートル単位で定義します。

    非公開

    保存された撮影場所の写真が Lightroom Classic から書き出されるときに、GPS 座標、サブロケーション、市区町村名、都道府県、国名、ISO 国コードなど、すべての IPTC ロケーションメタデータが削除されます。

  3. 「作成」をクリックします。

    撮影場所が白色の円で囲まれて表示され、中心に 1 つのピン 、境界上にもう 1 つのピンが付きます。

  4. 保存された撮影場所を使用して作業する場合、次のいずれかの操作をおこないます。

    • 保存された撮影場所パネルで位置を選択または選択解除して位置をマップに表示します。
    Lightroom Classic CC マップモジュールの保存された撮影場所パネル
    マップモジュールの保存された撮影場所パネル

    • 撮影場所に写真を追加するには、次のいずれかの操作をおこないます。

      • フィルムストリップからマップ上の白い円の中に写真をドラッグします。

      • フィルムストリップで写真を選択し、保存された撮影場所パネルの場所名の横のチェックボックスをオンにします。

    • マップ上の撮影場所に移動するには、保存された撮影場所パネルの場所名の横の右向き矢印ボタンをクリックします。

    • 撮影場所を編集するには、保存された撮影場所パネルでそれを右クリックするか(Windows)、Control キーを押しながらクリックして(Mac OS)、撮影場所オプションを選択します。

      ヒント:マップ上で、撮影場所の円の上部にあるピン  をドラッグして半径を調整することもできます。円の中心のピンをドラッグして、保存された撮影場所をマップ上で移動することができます。

    • 撮影場所を削除するには、保存された撮影場所パネルで選択し、マイナス(-)ボタンをクリックします。あるいは保存された撮影場所パネルまたはマップ上で撮影場所を右クリックするか(Windows)、Control キーを押しながらクリックし(Mac OS)、「削除」を選択します。

エキスパートから:

Lightroom Classic のマップに画像を表示します。

Julieanne Kost

アドビのロゴ

アカウントにログイン