注意:

Photoshop Lightroom Classic (旧 Lightroom CC)のヘルプが表示されています。
お使いのバージョンではない場合Photoshop Lightroom のヘルプを表示してください。

ビデオ:スライドショーに関する詳細なビデオ

ビデオ:スライドショーに関する詳細なビデオ
Adobe Systems

スライドと切り替えの時間の設定

再生設定は、書き出した PDF スライドショーには適用されません。書き出した PDF スライドショーでは、スライドの再生時間と切り替え間隔に固定値が使用されます。

  • スライドショーモジュールの再生パネルで、「スライドの再生時間」が選択されていることを確認します。次に、以下のオプションについて、スライダーを調整するか、値を入力します。

    スライドの長さ

    各写真の表示時間を秒単位で設定します。

    クロスフェード

    スライドの切り替え間隔を秒単位で設定します。

  • スライド間で純色へフェードしながら切り替わるようにするには、「カラー」オプションを選択し、カラーボックスをクリックし、ポップアップウィンドウでカラーを選択します。

イントロおよびエンディングのスライドの追加

スライドショーの最初と最後に純色のスライドを追加して、それぞれそこからプレゼンテーションに切り替えたり、プレゼンテーションからそこへ戻ったりできます。これらのスライドに ID プレートを表示できます。

  1. スライドショーモジュールのタイトルパネルで、「イントロ画面」および「エンディング画面」オプションを選択します。
  2. この 2 種類のスライドそれぞれに、次のオプションを指定します。

    • カラーボックスをクリックし、ポップアップウィンドウからスライドの色を選択します。

    • 「ID プレートを追加」を選択して、スライドに ID プレートを表示します。ID プレートの色は、初期設定では白です。

    • ID プレートの色を変更するには、「カラーを指定」を選択して、カラーボックスをクリックし、ポップアップウィンドウで新しい色を選択します。

    • ID プレートのサイズを調整するには、スケールスライダーをドラッグするか、値を入力します。

スライドショーでの音楽の再生

Lightroom Classic では、スライドショーのサウンドトラックとして、任意の .mp3、.m4a または .m4b 音楽ファイルを再生できます。音楽は、スライドショーを Lightroom Classic 内で表示しているときや、ビデオとして書き出しているときに再生されます。音楽は、書き出された PDF スライドショーでは再生されません。

  1. スライドショーモジュールの音楽パネルで、「音楽を追加」をクリックして、使用する音楽ファイルに移動します。

  2. スライドショーに音楽トラックを 10 本まで追加できるようになりました。 追加したトラックは、選択した順序で連続再生されます。音楽パネルでトラックの追加、並べ替え、削除ができます。

  3. (オプション)再生パネルで「音楽に合わせる」をクリックすると、スライドショーの再生時間がオーディオトラックの長さに合わせて調整されます。

  4. (オプション)再生パネルで「スライドを音楽と同期」をクリックすると、スライドのトランジションが自動的に音楽に同期されます。

    Lightroom Classic CC「スライドを音楽と同期」チェックボックスを選択

スライドのランダム再生

「ランダムな順序」を選択すると、スライドショーを Lightroom Classic で再生したり、ビデオに書き出したりするときに、スライドがランダムな順序で再生されます。

  1. スライドショーモジュールの再生パネルで、「ランダムな順序」を選択します。

注意:

このオプションの選択を解除すると、下部のフィルムストリップに表示されるスライドが元の順序に戻されます。手動でスライドショーを再生するときに写真の順序を変更するには、写真をドラッグしてフィルムストリップ内で配置します。

スライドショーのプレビュー

スライドショーは、スライドエディター表示で作成するのと同時にプレビューできます。

  1. ツールバーのコントロールを使用して、スライドショーの停止 、前のスライドへ移動 、次のスライドへ移動 、スライドショーの再生または一時停止  をおこないます。

  2. 再生パネルの「画質」オプションを使用して、プレビューの画質を設定します。「低」は最速のプレビューですが画質が低くなり、「高」はプレビューの速度が遅くなりますが高画質となります。

    注意:

    「画質」オプションは、Lightroom Classic 内のプレビューのみで使用され、書き出し設定の一部ではありません。

スライドショーの再生

Lightroom Classic 内でスライドショーを再生できます。再生時には、プレゼンテーションがコンピューターの画面全体に表示されます。

  1. スライドショーモジュールの右側のパネルで、一番下にある「再生」をクリックします。
  2. 再生設定を無視して操作するには、次のキーを使用します。

    右矢印:

    次のスライドに進みます。

    左矢印:

    1 スライド前に戻ります。

    スペースバー:

    再生を一時停止または再開します。

    Esc:

    スライドショーを終了します。

  3. スライドショーを連続再生するには、再生パネルで「繰り返し」を選択します。

  4. パンスライダーとズームスライダーの環境設定で、移動領域を設定できるようになりました。環境設定で弱に設定すると、パンとズームが最小になります。

    Lightroom Classic CC パンスライダーとズームスライダーの環境設定
    パンスライダーとズームスライダーの環境設定

クイックスライドショーの再生

クイックスライドショーは、Lightroom Classic のすべてのモジュールから簡単に再生できるフルスクリーン表示のスライドショーです。クイックスライドショーでは、その時点でスライドショーモジュールで指定されているテンプレートと設定値が使用されます。

  1. すべてのモジュールで、表示対象の写真一式をフィルムストリップに表示します。

    フィルムストリップの全写真ではなく一部だけを表示する場合は、目的の写真を選択します。

  2. Ctrl キーを押しながら Enter キーを押すか(Windows)、Command キーを押しながら Return キーを押して(Mac OS)、クイックスライドショーを開始します。

    注意:

    Lightroom Classic のメインメニューからウィンドウ/クイックスライドショーを選択する方法でも、クイックスライドショーを再生できます。

  3. 再生時間の設定を無視してスライドショーを操作するには、次のキーを使用します。

    右矢印:

    次のスライドに進みます。

    左矢印:

    1 スライド前に戻ります。

    スペースバー:

    スライドショーの再生の一時停止と再開

    Esc:

    スライドショーを終了します。

スライドショーの書き出し

スライドショーを PDF として書き出す

スライドショーを他のコンピューターで表示できるよう、PDF ファイルとして書き出すことができます。PDF スライドショーのトランジションは、Adobe Acrobat または無償の Adobe Reader を使用して表示した場合に機能します。書き出された PDF スライドショーには、音楽、画像のランダム再生、再生時間や切り替え間隔などの Lightroom Classic での設定は適用されません。

  1. スライドショーモジュールで、左下にある「PDF で書き出し」をクリックします。
  2. スライドショーを PDF に書き出しダイアログボックスで、「ファイル名」(Windows)または「名前」(Mac OS)ボックスに名前を入力します。

  3. スライドショーファイルを保存する場所を探して選択します。

  4. 次のオプションを設定します。

    画質:

    指定した JPEG 画質設定で各スライドをレンダリングします。画質を低くするほど、スライドショーのファイルサイズは小さくなります。画質スライダーをドラッグするか、0 ~ 100 の数値を入力します(100 が最高画質、0 が最低画質)。

    注意:写真は sRGB プロファイルを使用して埋め込まれます。

    幅、高さ:

    スライドショーのピクセルサイズを指定します。スライドを切り抜いたりスライドの縦横比を変更したりすることなく、指定サイズ内に収まるようにスライドのサイズが調整されます。コンピューターのモニターのピクセルサイズが初期設定のサイズです。

    共通サイズ:

    スライドショーに対して、640 x 480 などの一般的なサイズを指定し、これらの値を幅および高さフィールドに入力します。画面は、使用ディスプレイのサイズになります。

    フルスクリーンを自動表示:

    スライドショーを表示する画面全体を使用してスライドを表示します。フルスクリーンオプションは、Adobe Reader または Adobe Acrobat でスライドショーを再生する場合に機能します。

  5. 「保存」(Windows)または「書き出し」(Mac OS)をクリックします。

スライドショーを JPEG として書き出す

スライドショーを一連の JPEG ファイルとして書き出して、顧客などの他の人と共有できます。各 JPEG ファイルには、スライドのレイアウト、背景、セルのオプションが格納されます。トランジションまたは再生オプションは書き出されません。

  1. スライドショーモジュールで、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押し、左下の「JPEG に書き出し」ボタンをクリックします。
  2. スライドショーを JPEG に書き出しダイアログボックスで、「ファイル名」(Windows)または「名前」(Mac OS)ボックスに名前を入力します。この名前は、JPEG 画像の保存先フォルダー名に使用されます。JPEG 画像には、指定したファイル名に連番が追加され、末尾に .jpeg というファイル名拡張子が付加されます。

  3. JPEG 画像を格納するフォルダーを保存する場所に移動し、選択します。
  4. 次のオプションを設定します。

    画質:

    指定した画質設定で各 JPEG をレンダリングします。画質を低くするほど、ファイルサイズは小さくなります。画質スライダーをドラッグするか、0 ~ 100 の数値を入力します(100 が最高画質、0 が最低画質)。

    注意:写真は sRGB プロファイルを使用して埋め込まれます。

    幅、高さ:

    書き出される JPEG ファイルのピクセルサイズを指定します。スライドを切り抜いたりスライドの縦横比を変更したりすることなく、指定サイズ内に収まるようにスライドのサイズが調整されます。コンピューターのモニターのピクセルサイズが初期設定のサイズです。

    共通サイズ:

    640 x 480 などの一般的なファイルサイズを指定し、これらの値を幅および高さフィールドに入力します。画面は、使用ディスプレイのサイズになります。

  5. 「保存」(Windows)または「書き出し」(Mac OS)をクリックします。

スライドショーをビデオとして書き出す

スライドショーを他のコンピューターで表示できるように、ビデオファイルとして書き出すことができます。Lightroom Classic は、ビデオスライドショーをスライドレイアウト、サウンドトラックまたはその他の再生オプションとともに H.264 MPEG-4 ファイルとして保存します。書き出されたビデオは、Adobe Media Player、Apple Quicktime、および Windows Media Player 12 と互換性があります。

  1. スライドショーモジュールで、左下にある「ビデオを書き出し」をクリックします。
  2. スライドショーをビデオに書き出しダイアログボックスで、ファイル名を入力し、ビデオを保存する場所を選択します。
  3. ビデオプリセットを選択し、ピクセルサイズとフレームレートを指定します。ダイアログボックスのガイドラインを使用して選択をおこないます。

    480 X 270 (16:9)

    Android および iOS モバイルデバイス用に最適化されています。

    640 X 480 (4:3)

    小型ハンドヘルドデバイスや Web 用に最適化されています。

    720p(16:9)

    YouTube、Facebook などのソーシャルメディアプラットフォームでのオンライン共有用に最適化されています。

    1080p(16:9)

    高画質の HD ビデオに最適化されています。

  4. 「保存」(Windows)または「書き出し」(Mac OS)をクリックします。

ビデオチュートリアル:スライドショーの PDF とビデオへの書き出し

ビデオチュートリアル:スライドショーの PDF とビデオへの書き出し
Infinite Skills

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー