マニュアル キャンセル

Upright を使用した写真の遠近法のゆがみ補正

  1. Lightroom Classic ユーザーガイド
  2. Lightroom Classic の概要
    1. Lightroom Classic の新機能
    2. Lightroom Classic の必要システム構成
    3. Lightroom Classic | よくある質問
    4. Lightroom Classic のキーコンセプト
    5. Lightroom Classic チュートリアル
    6. 機能の概要 | Lightroom CC 2015.x/Lightroom 6.x リリース
  3. Lightroom と アドビのサービス
    1. Creative Cloud ライブラリ
    2. Creative Cloud アプリケーションでの Adobe Stock の使用
  4. Lightroom for mobile、Lightroom TV、および Lightroom Web ギャラリー
    1. Adobe Photoshop Lightroom for mobile と Apple TV | FAQ
    2. Lightroom Classic を Lightroom エコシステムと同期する
    3. モバイルアプリの Photoshop ファミリー
  5. 写真の読み込み
    1. カメラやカードリーダーから写真を読み込む
    2. ハードドライブ上のフォルダーから写真を読み込む
    3. 写真の自動読み込み
    4. Photoshop Elements からの写真の読み込み
    5. テザーカメラからの写真の読み込み
    6. 読み込みオプションの指定
    7. 読み込みの環境設定
    8. ファイル名テンプレートエディターとテキストテンプレートエディター
  6. ワークフロー
    1. 写真でマスクを適用
    2. 写真を JPEG 形式で書き出して保存する
    3. 写真を書き出して透かしを追加する
    4. 写真を読み込む
    5. 補正ブラシ:基礎編
    6. トーンカーブによる調整
    7. ビデオ入りの高度なスライドショー
    8. ホワイトバランスのコントロール
    9. コンタクトシートの作成
    10. Lightroom Classic によるワークフローの強化
  7. ワークスペース
    1. ワークスペースの基本
    2. Lightroom Classic を使用するための環境設定
    3. セカンドモニターでのライブラリの表示
    4. ID プレートとモジュールのボタンを好みに合わせて変更する
    5. Lightroom Classic で写真に透かしを適用
    6. カラーマネジメント
  8. 写真の表示
    1. 写真の表示
    2. 写真の参照と比較
    3. ライブラリ表示オプションの設定
    4. 写真の共有によるコメントやフィードバックの収集
    5. スマートプレビュー
  9. カタログとファイルの管理
    1. Lightroom Classic カタログの FAQ
    2. Lightroom Classic カタログの作業方法
    3. カタログの作成と管理
    4. カタログのバックアップ
    5. 見つからない写真の検索
    6. フォルダーの作成と管理
    7. フォルダー内の写真の管理
  10. マップ
    1. マップモジュールの使用
  11. Lightroom Classic での写真の整理
    1. 顔認識
    2. 写真コレクションの使用
    3. 写真のスタックへのグループ化
    4. 写真のフラグ、ラベルおよび評価の設定
    5. キーワードの使用
    6. メタデータの基本とアクション
    7. カタログ内での写真の検索
    8. Lightroom Classic でのビデオの使用
    9. 詳細メタデータのアクション
    10. クイック現像パネルの使用
  12. 写真の処理および現像
    1. 現像モジュールの基本
    2. パノラマおよび HDR パノラマの作成
    3. フラットフィールド補正
    4. Upright を使用した写真の遠近法のゆがみ補正
    5. 強化を使用した画質の改善
    6. 画像の階調とカラーの処理
    7. マスク
    8. 部分補正の適用
    9. HDR 写真の結合
    10. 現像モジュールのオプション
    11. 写真のレタッチ
    12. 赤目およびペットアイの修正効果
    13. 円形フィルターツールの使用
    14. 強化されたスポット除去ツールの使用
  13. 写真を書き出し
    1. ファイルのディスクまたは CD への書き出し
    2. Lightroom Classic から写真の書き出し
    3. 写真をオンラインで公開
    4. 公開サービスを使用したハードディスクへの書き出し
    5. 書き出し用のプリセット、およびその他の設定
  14. 外部エディターの使用方法
    1. 外部編集の環境設定
    2. Photoshop や Photoshop Elements で Lightroom Classic 写真を開いて編集する
  15. スライドショー
    1. スライドショーの作成
    2. スライドショーモジュールのパネルとツール
    3. スライドのレイアウトの指定
    4. スライドへのオーバーレイの追加
    5. スライドショーの再生と書き出し
  16. 写真のプリント
    1. プリントモジュールの基本
    2. プリントモジュールのレイアウトとテンプレート
    3. プリントジョブのオプションと設定
  17. フォトブック
    1. フォトブックの作成
  18. Web ギャラリー
    1. Web ギャラリーの作成
    2. Web モジュールパネルとツールの使用
    3. Web ギャラリーのレイアウト
    4. Web ギャラリーのテンプレートと設定
    5. Web フォトギャラリーのプレビュー、書き出し、アップロード
  19. ショートカットキー
    1. ショートカットキー

Lightroom CC 2015.6 で導入された機能

注意:

このページは、Lightroom Classic の Creative Cloud リリースに適用されます。Lightroom 6.x 以前のバージョンを使用している場合は、Upright による遠近法の自動補正を参照してください。

Upright による遠近法の補正について

正しくないレンズを使用したり、カメラがぶれたりすると、写真の全体像が傾いたり、ゆがんだりします。垂直線または幾何学的形状が含まれている写真には、これらのタイプのゆがみが特に目立ちます。変形パネルの Upright 機能では、垂直または水平方向の遠近法のゆがみがある写真を簡単に補正できます。

Upright 機能には、4 つの遠近法の自動補正オプション(自動、水平方向、垂直方向、フル)と、ガイド付きオプションがあります。Upright オプションを適用した後、スライダーベースの「変形」オプションを手動で修正することで、さらに画像を微調整できます。

注意:

Upright 機能を使用して遠近法を補正する前に、お使いのカメラとレンズの組み合わせに合わせたレンズ補正プロファイルを適用してください。最初にレンズ補正プロファイルを適用すると、Upright 補正に対する画像解析の品質が向上します。

レンズによるゆがみを補正するための Upright モードの使用

  1. (オプション)現像モジュールでレンズ補正パネルに移動します。「基本」タブで、「プロファイル補正を使用」チェックボックスを選択します。

    注意:

    Upright モードで写真を処理する前に、カメラとレンズの組み合わせに応じて、レンズ補正パネルでレンズ補正を有効にすることを強くお勧めします。

  2. 変形パネルに移動します。利用できる 5 つの Upright オプションから、写真に補正を適用するオプションをクリックします。

    水平方向:水平方向のゆがみを補正します。

    垂直方向:垂直方向のゆがみを補正します。

    自動:画像全体のバランスを取りながら、できる限り元の画像の状態を保持しつつ、垂直方向と水平方向の両方のゆがみを補正します。

    フル:水平方向、垂直方向、および自動の遠近法の補正を組み合わせます。

    ガイド付き:2 つ以上のガイドを描いて、遠近法の補正をカスタマイズします。実行するには、以下の手順を実行します。

    1.変形パネルの左上隅にあるガイド付き Upright ツールアイコンをクリックして、写真にガイドを直接描きます。
    2.2 つ以上のガイドを描画すると、写真はインタラクティブに変換されます。

    カスタマイズされた遠近法の補正を行うガイド付き Upright ツール
    カスタマイズされた遠近法の補正を行うガイド付き Upright ツール

    注意:

    「Upright」オプションを適用すると、以前に適用した切り抜きおよびすべての変形設定が初期化されます。これらの設定を保持するには、Option キー(Mac)または Alt キー(Win)を押しながら、Upright モードを選択します。

    注意:

    5 つの Upright モードを試す間に、「プロファイル補正を使用」チェックボックスを選択またはオフにする場合、「更新」をクリックします(変形パネルの右上隅)。

    Lightroom の変形パネルClassic CC

  3. 最適の設定が見つかるまで、Upright モードを切り替えます。

    注意:

    これらの 5 つの Upright モードでゆがみと遠近法のエラーを補正し、管理します。最適な設定は写真により異なります。写真に最適な Upright モードを決定する前に、5 つの設定を試してください。

    写真の遠近法を補正中に、画像の境界線付近に白い領域が発生する場合があります。これを防ぐには、「切り抜きを制限」オプションを選択して、元の画像の寸法に合わせて自動的に写真が切り抜かれるようにします。

  4. 自動で補正されるオプションだけでなく、手動で写真の遠近感を調整することもできます。スライダーを使用して、遠近法の補正(垂直方向水平方向回転縦横比拡大・縮小X オフセットY オフセット)を微調整します。

変形設定のコピーまたは同期

Upright をコピー(設定をコピー)または同期(設定を同期)して、1 つまたは複数の写真で使用することができます。設定をコピーダイアログと設定を同期ダイアログには、次の 3 つのオプションがあります。オプションは次のとおりです。

Lightroom Classic CC の設定をコピーダイアログと設定を同期ダイアログ

Upright モード

「Upright モード」を選択すると、選択したモードがコピーされます。ただし、設定のコピー先の画像は、特定の画像の内容に基づいて補正されます。

Upright 変形

「Upright 変形」を選択すると、Upright 変形が正確にコピーまたは同期されます。「Upright 変形」チェックボックスを選択すると、自動的に「Upright モード」チェックボックスが選択されます。

Upright の調整

「Upright の調整」を選択すると、垂直方向、水平方向、回転、縦横比、拡大・縮小、X オフセット、および Y オフセットの各調整スライダーの現在の値がコピーされます。

「Upright モード」オプションまたは「Upright 変形」オプションを使用する場合について:

Upright モードを使用すると、各画像は画像に含まれるデータに従って解析および変形されます。このため、特定の方法で解析する画像が、異なる照明条件またはカメラアングルの下では多少異なって解析されることがあります。

  • Upright モード:処理するほとんどの画像が異なっていて、個別に解析する必要があり、それぞれの情報に従って変形する場合に使用します。例えば、町中の複数のシーンを撮影したが、多くの画像が多少傾いている場合などです。1 つの画像に対して水平 Upright モードを使用し、その他のすべての画像に設定をコピーします。
  • Upright 変形:各画像をまったく同じ方法で変形させる場合に使用します。例えば、HDR ワークフローの同じシーンの複数の画像を撮影したが、画像が多少傾いている場合などです。画像で水平 Upright モードを使用して、まったく同じ変換を HDR 画像に使用する各画像にコピーすることができます。

適用前と適用後の例

画像の遠近法補正を行う Lightroom Classic CC の Upright モード
サンプル画像。さまざまな Upright モードの結果を以下に示します。

 

以下のすべてのサンプルでは、Upright モードが適用されているとともに、次の設定が有効になっています。

  • プロファイル補正を使用
  • 切り抜きを固定

 

Lightroom Classic CC 自動 Upright モード

Lightroom Classic CC 水平 Upright モード

Lightroom Classic CC フル Upright モード

Lightroom Classic CC ガイド付き Upright モード

Lightroom Classic CC 垂直 Upright モード

アドビのロゴ

アカウントにログイン