マニュアル キャンセル

現像モジュールのオプション

  1. Lightroom Classic ユーザーガイド
  2. Lightroom Classic の概要
    1. Lightroom Classic の新機能
    2. Lightroom Classic の必要システム構成
    3. Lightroom Classic | よくある質問
    4. Lightroom Classic のキーコンセプト
    5. Lightroom Classic チュートリアル
    6. 機能の概要 | Lightroom CC 2015.x/Lightroom 6.x リリース
  3. Lightroom と アドビのサービス
    1. Creative Cloud ライブラリ
    2. Creative Cloud アプリケーションでの Adobe Stock の使用
  4. Lightroom for mobile、Lightroom TV、および Lightroom Web ギャラリー
    1. Adobe Photoshop Lightroom for mobile と Apple TV | FAQ
    2. Lightroom Classic を Lightroom エコシステムと同期する
    3. モバイルアプリの Photoshop ファミリー
  5. 写真の読み込み
    1. カメラやカードリーダーから写真を読み込む
    2. ハードドライブ上のフォルダーから写真を読み込む
    3. 写真の自動読み込み
    4. Photoshop Elements からの写真の読み込み
    5. テザーカメラからの写真の読み込み
    6. 読み込みオプションの指定
    7. 読み込みの環境設定
    8. ファイル名テンプレートエディターとテキストテンプレートエディター
  6. ワークフロー
    1. 写真でマスクを適用
    2. 写真を JPEG 形式で書き出して保存する
    3. 写真を書き出して透かしを追加する
    4. 写真を読み込む
    5. 補正ブラシ:基礎編
    6. トーンカーブによる調整
    7. ビデオ入りの高度なスライドショー
    8. ホワイトバランスのコントロール
    9. コンタクトシートの作成
    10. Lightroom Classic によるワークフローの強化
  7. ワークスペース
    1. ワークスペースの基本
    2. Lightroom Classic を使用するための環境設定
    3. セカンドモニターでのライブラリの表示
    4. ID プレートとモジュールのボタンを好みに合わせて変更する
    5. Lightroom Classic で写真に透かしを適用
    6. カラーマネジメント
  8. 写真の表示
    1. 写真の表示
    2. 写真の参照と比較
    3. ライブラリ表示オプションの設定
    4. 写真の共有によるコメントやフィードバックの収集
    5. スマートプレビュー
  9. カタログとファイルの管理
    1. Lightroom Classic カタログの FAQ
    2. Lightroom Classic カタログの作業方法
    3. カタログの作成と管理
    4. カタログのバックアップ
    5. 見つからない写真の検索
    6. フォルダーの作成と管理
    7. フォルダー内の写真の管理
  10. マップ
    1. マップモジュールの使用
  11. Lightroom Classic での写真の整理
    1. 顔認識
    2. 写真コレクションの使用
    3. 写真のスタックへのグループ化
    4. 写真のフラグ、ラベルおよび評価の設定
    5. キーワードの使用
    6. メタデータの基本とアクション
    7. カタログ内での写真の検索
    8. Lightroom Classic でのビデオの使用
    9. 詳細メタデータのアクション
    10. クイック現像パネルの使用
  12. 写真の処理および現像
    1. 現像モジュールの基本
    2. パノラマおよび HDR パノラマの作成
    3. フラットフィールド補正
    4. Upright を使用した写真の遠近法のゆがみ補正
    5. 強化を使用した画質の改善
    6. 画像の階調とカラーの処理
    7. マスク
    8. 部分補正の適用
    9. HDR 写真の結合
    10. 現像モジュールのオプション
    11. 写真のレタッチ
    12. 赤目およびペットアイの修正効果
    13. 円形フィルターツールの使用
    14. 強化されたスポット除去ツールの使用
  13. 写真を書き出し
    1. ファイルのディスクまたは CD への書き出し
    2. Lightroom Classic から写真の書き出し
    3. 写真をオンラインで公開
    4. 公開サービスを使用したハードディスクへの書き出し
    5. 書き出し用のプリセット、およびその他の設定
  14. 外部エディターの使用方法
    1. 外部編集の環境設定
    2. Photoshop や Photoshop Elements で Lightroom Classic 写真を開いて編集する
  15. スライドショー
    1. スライドショーの作成
    2. スライドショーモジュールのパネルとツール
    3. スライドのレイアウトの指定
    4. スライドへのオーバーレイの追加
    5. スライドショーの再生と書き出し
  16. 写真のプリント
    1. プリントモジュールの基本
    2. プリントモジュールのレイアウトとテンプレート
    3. プリントジョブのオプションと設定
  17. フォトブック
    1. フォトブックの作成
  18. Web ギャラリー
    1. Web ギャラリーの作成
    2. Web モジュールパネルとツールの使用
    3. Web ギャラリーのレイアウト
    4. Web ギャラリーのテンプレートと設定
    5. Web フォトギャラリーのプレビュー、書き出し、アップロード
  19. ショートカットキー
    1. ショートカットキー

Lightroom Classic CC 8.0(2018 年 10 月リリース)で更新された機能

処理バージョン

処理バージョンとは、Lightroom Classic の現像モジュールで写真の調整とレンダリングに使用される Camera Raw 技術です。使用する処理バージョンによって、現像モジュールで利用できるオプションや設定が異なります。

注意:

画像が使用している処理バージョンがわからない場合は、次のいずれかの操作をおこないます。

  • 設定/処理をクリックします。使用されている処理バージョンの横にチェック記号が表示されます。
  • カメラキャリブレーションパネルを開き、プロセスメニューを確認します。

処理バージョン 5

(Lightroom Classic CC 8.0 2018 年 10 月リリースで導入された機能)処理バージョン 5 では、ネガティブ かすみ除去 および ISO 値の高い RAW ファイルの画質が向上しました。かすみの除去スライダーを左側のゼロまで動かすと、ノイズが減り(ネガティブ かすみ除去 )、シャドウ部のディテールの向上により、低照度で撮影された写真の紫色/マゼンタの色かぶりが低減されます。

処理バージョン 2012

Lightroom 4 以降で初めて編集される画像には、処理バージョン 2012(PV2012)が使用されます。PV2012 は、コントラストの大きな画像のための新しい階調コントロールと新しいトーンマッピングアルゴリズムを備えています。PV2012 では、基本補正パネルでハイライト、シャドウ、白レベル、黒レベル、露光量およびコントラストを調整することができます。またホワイトバランス(色温度および色かぶり補正)、ハイライト、シャドウ、ノイズおよびモアレについて、部分補正を適用することもできます。

処理バージョン 2010

Lightroom 3 で編集した画像には、初期設定で PV2010 が使用されていました。PV2010 は、前の処理バージョンである PV2003 と比較して、シャープおよびノイズ軽減が向上しています。

処理バージョン 2003

Lightroom 1 および 2 で使用されていた初期の処理エンジンです。

  1. 写真を PV2012 に更新するには、現像モジュールで次のいずれかの操作をおこないます。

    • ヒストグラムの右下にある「現在の処理(2012)に更新」ボタンをクリックします(Ctrl/Cmd + 0)。
    • 写真の右下にある最新の処理(2012)に更新ボタン をクリックします。
    • 設定/処理/2012(現在)を選択します。

    • カメラキャリブレーションパネルで処理/2012(現在)を選択します。

  2. 処理バージョンの更新ダイアログボックスで、次のいずれかを選択します。

    補正前と補正後の確認

    修正前と修正後のビューで更新後の写真が表示され、変更内容を確認できます。詳しくは、補正前の写真と補正後の写真の表示を参照してください。

    更新

    選択した 1 枚の写真を更新します。

    選択したすべての写真を更新

    アクティブな写真だけでなく、フィルムストリップで現在選択しているすべての写真を更新します。

    フィルムストリップの全ての写真を更新

    選択している写真だけでなく、フィルムストリップにあるすべての写真を更新 します。

    注意:

    処理バージョン 2012 に更新すると、写真の外観が大きく変更されることがあります。新しい処理バージョンに慣れるまで、画像を 1 つずつ更新することをお勧めします。

画像のソフト校正

ソフト校正は、画面上の写真を出力した場合の見栄えをプレビューし、特定の出力デバイスに最適化する機能です。Lightroom Classic のソフト校正を使用すると、出力時の画像表示を評価して、大幅な階調やカラーの違いがないように調整できます。

  1. 現像モジュールで画像を開き、ツールバーの「ソフト校正」ボックスをオンにします。

    プレビュー背景が白に変わり、プレビュー領域の右上隅に「校正のプレビュー」ラベルが表示され、ソフト校正パネルが開きます。

    Lightroom の現像モジュールの「ソフト校正」オプションClassic CC
    現像モジュールの「ソフト校正」オプション

  2. ソフト校正パネルのオプションを使用して、カラーが対象のディスプレイまたは出力デバイスの色域(色の範囲)内にあることを確認します。

    モニター色域外警告を表示/非表示 

    ディスプレイの表示能力外のカラーは、画像のプレビュー領域内に青で表示されます。

    校正の色域外警告を表示/非表示 

    プリンターのレンダリング能力外のカラーは、画像のプレビュー領域内に赤で表示されます。

    注意:

    モニターと出力先デバイスの両方の色域外のカラーは、画像のプレビュー領域内にピンクで表示されます。

    プロファイル

    プロファイルは、デバイスのカラースペースを数学的に記述したものです。初期設定では、使用しているモニターのプロファイルを使用して、Lightroom Classic の現像モジュールに画像が表示されます。異なる出力カラースペースをシミュレートする場合は、プロファイルメニューから出力カラースペースを選択します。

    マッチング方法

    マッチング方法は、カラースペース間でカラーを変換する方法を指定します。

    「知覚的」マッチングは、カラー間の視覚的な関係をできるだけ保持し、カラー値を変えてでも人間の目に自然に知覚されることを優先します。「知覚的」マッチングは、色域外の飽和色が多く含まれる画像に適しています。

    「相対的」マッチングは、変換元のカラースペースの最大ハイライトと、変換先のカラースペースの最大ハイライトを比較し、すべてのカラーをその差分だけシフトします。色域外の色は、変換先カラースペース内で再現可能な近似色に変換されます。「相対的」マッチングは、「知覚的」マッチングよりも画像の元の色を維持します。

    紙とインキをシミュレート

    実際の紙の色であるくすんだ白と、実際の黒インクの色であるダークグレーをシミュレートします。すべてのプロファイルで使用できるとは限りません。

  3. 写真を編集して対象のカラースペースに変換するには、「校正刷りを作成」をクリックします。これにより、自由にプリント設定を調整できる仮想コピーが Lightroom Classic によって作成されます。次に、調整をおこないます。

    注意:

    写真の調整を開始したが、「校正刷りを作成」をクリックしなかった場合、ソフト校正用の仮想コピーを作成するかどうかを尋ねるメッセージが表示されます。「校正刷りを作成」をクリックすると、元の画像を変更せずにコピー上で作業できます。元の画像を編集するには、「校正にする」をクリックします。Lightroom Classic でおこなわれる編集はすべて、非破壊編集です。元の画像を編集することを選択した場合でも、後でその選択を変更したり、変更を取り消したりすることができます。

現像モジュールで調整した設定の他の写真への適用

ライブラリモジュールのクイック現像パネルまたは現像モジュールで写真を調整するたびに、調整後の設定内容が記録されます。これらの設定をコピーして、同じ写真の別のバージョンや、フィルムストリップで選択されている別の写真に適用できます。

現在の写真の現像設定のコピー&ペースト

ライブラリモジュールと現像モジュールでは、現在の写真の個々の現像設定を、別の写真にコピー&ペーストできます。設定を複数の写真にペーストするには、ライブラリモジュールで操作する必要があります。

  1. 現在の写真の現像設定をコピーするには、次のいずれかの操作をおこないます。
    • 現像モジュールでは、ツールバーの左側にある「コピー」ボタンをクリックするか、編集/コピー(Mac OS のみ)を選択するか、または設定/設定をコピーを選択します。目的の設定項目を選択して「コピー」をクリックします。

    • ライブラリモジュールでは、写真/現像設定/設定をコピーを選択します。目的の設定項目を選択して「コピー」をクリックします。

    注意:

    (Mac OS)ライブラリモジュールで編集/「コピー」コマンドを使用すると、テキストとメタデータがコピーされます。現像モジュールで編集/「コピー」コマンドを使用すると、パネルで選択したテキストまたは選択した写真の現像設定がコピーされます。

  2. コピーした現像設定を他の 1 つの写真にペーストするには、ライブラリモジュールまたは現像モジュールのフィルムストリップで目的の写真を選択し、次のいずれかの操作をおこないます。
    • 現像モジュールでは、「ペースト」ボタンをクリックするか、編集/ペースト(Mac OS のみ)を選択するか、または設定/設定をペーストを選択します。

    • ライブラリモジュールでは、写真/現像設定/設定をペーストを選択します。

    注意:

    (Mac OS)ライブラリモジュールで編集/「ペースト」コマンドを使用すると、コピーしたテキストとメタデータがペーストされます。

  3. コピーした現像設定を複数の写真にペーストするには、ライブラリモジュールのグリッド表示またはフィルムストリップで目的の写真を選択し、写真/現像設定/設定をペーストを選択します。
    注意:

    (Mac OS)ライブラリモジュールで編集/「ペースト」コマンドを使用すると、コピーしたテキストとメタデータがペーストされます。

スプレーツールを使用した現像プリセットの適用

  1. ライブラリモジュールのグリッド表示で、ツールバーのスプレーツールを選択し、ツールバーのスプレーメニューから「設定」を選択します。
    注意:

    スプレーツールがツールバーに表示されていない場合は、ツールバーメニューから「スプレーツール」を選択します。

  2. 「クリエイティブ·-·古い写真」などの現像プリセットをツールバーのポップアップメニューから選択し、写真をクリックするかドラッグして設定を適用します。
  3. スプレーツールを無効にするには、ツールバーの円形のアイコンをクリックします。スプレーツールが無効になっているとき、スプレーツールアイコンがツールバーに表示されます。

一連の写真において露光量の一貫性を保持

ライブラリモジュールおよび現像モジュール内の選択した写真の露出を一致コマンドを使用すると、露光量が異なる一連の写真において、露出を一致させるための補正が簡単におこなえます。このコマンドは、絞り値、シャッタースピード、カメラの ISO 設定をもとに計算をおこない、選択した写真における写真全体の露出を自動的に補正してアクティブな写真と一致させます。

  1. アクティブな写真に必要な補正が適用され、適切な露光量になっていることを確認してください。

  2. Cmd(Mac)/Ctrl(Win)キーを押しながら、グリッドまたはフィルムストリップから露出を一致させたい写真をすべて選択します。

  3. 次のいずれかの操作をおこないます。

    • 現像モジュールで、設定/選択した写真の露出を一致を選択します。
    • ライブラリモジュールで、写真/現像設定/選択した写真の露出を一致を選択します。

複数の写真の設定の同期

現像モジュールとライブラリモジュールのどちらで作業している場合でも、「同期」コマンドを使用すると、現在の写真の選択した現像設定を、フィルムストリップで選択されている他の写真に適用できます(フィルムストリップサムネールで現在の写真は明るい白の枠で示されます)。

注意:

フィルムストリップで選択されている写真が 1 枚だけの場合、「設定を同期」コマンドは使用できません。この場合、現像モジュールでは「同期」ボタンが「前の設定」ボタンになり、ライブラリモジュールでは「設定を同期」ボタンが使用できない状態になります。

  • フィルムストリップ内で、現在の写真と設定を同期する対象の写真を Shift キーまたは Ctrl キーを押しながらクリック(Windows)、または Command キーを押しながらクリック(Mac OS)して選択し、次のいずれかの操作をおこないます。
    • 現像モジュールで、「同期」ボタンをクリックするか、設定/設定を同期を選択します。コピーする設定項目を選択し、「同期」をクリックします。

    • 現像モジュールで、「同期」ボタンの左にある「自動同期を有効にする」スイッチをクリックして、自動同期モードに切り替えます。その状態で、スライダーをドラッグするか、調整をおこなうと、選択されたすべての写真にその調整が適用されます。

    • ライブラリモジュールで、「設定を同期」ボタンをクリックするか、写真/現像設定/設定を同期を選択します。コピーする設定項目を選択し、「同期」をクリックします。

注意:

設定をコピーダイアログボックスで以前に選択または選択解除した設定項目は、設定を同期ダイアログボックスでも同様に選択または選択解除された状態で表示されます。

現像モジュールで調整した設定を参照ビューの複数の写真へ適用

現像モジュールの参照ビューで作業しているときに、現在アクティブな写真について選択した現像設定をフィルムストリップの他の写真に適用できます。

  1. 参照ビューで、参照写真を選択します。詳細については、参照ビューを参照してください。

  2. 現像モジュールで調整した設定を適用する、フィルムストリップ内のすべての写真を選択します。

    注意:

    自動的にフィルムストリップの選択内容からアクティブな写真として、最もよく選択されている写真が設定されます。

  3. 画面の右下隅で、「同期」ボタンの左にある「自動同期を有効にする」スイッチをクリックして、自動同期モードに切り替えます。詳細については、複数の写真の設定の同期を参照してください。

  4. アクティブな写真の調整を行って、その特性や外観を参照写真に合わせることができるようになりました。選択されたすべての写真にその調整が適用されます。

直前に選択した写真の設定の適用

フィルムストリップで直前に選択した写真の設定をすべてまとめてコピーし、現在選択している写真に(設定を一切変更していない場合でも)適用できます。次のいずれかの操作をおこないます。

  • 現像モジュールでは、ツールバーの右側にある「前の設定」ボタンをクリックするか、設定/前の設定をペーストを選択します。
  • ライブラリモジュールでは、写真/現像設定/前の設定をペーストを選択します。
注意:

フィルムストリップで複数の写真が選択されている場合、現像モジュールの「前の設定」ボタンは「同期」ボタンに変化します。

画像のヒストリーとスナップショットの管理

スナップショットの作成

編集処理中は、写真のさまざまな状態に名前を付けてスナップショットとして保存できます。作成した各スナップショットは、スナップショットパネルにアルファベット順に並べて表示されます。

注意:

スナップショットのリストの上にポインターを置くと、各スナップショットのプレビューがナビゲーターパネルに表示されます。

スナップショットの追加

  1. 現像モジュールのヒストリーパネルで、以前または現在の写真の状態を選択します。
  2. スナップショットパネルのヘッダーにあるスナップショットを作成(+)ボタンをクリックします(または、現像/新規スナップショットを選択します)。

    ヒストリーパネルで選択した状態のときの写真の設定がすべてスナップショットに記録されます。

  3. 新しい名前を入力し、Return キーを押します。

スナップショットの削除

  1. 現像モジュールのスナップショットパネルで、スナップショットを選択し、パネルのヘッダーにある選択したスナップショットを削除(-)ボタンをクリックします。
注意:

キーボード上の Delete キーは押さないでください。Delete キーを押すと、現在選択されている写真が削除されます。

ヒストリーパネルでの画像の補正の記録

ヒストリーパネルには、写真が Lightroom Classic に読み込まれた日時が、読み込み時にプリセットが適用された場合はそのプリセット情報と合わせて記録されます。写真の読み込み後は、写真を補正するたびに補正内容が 1 つの状態として記録され、他のすべての状態情報と共にヒストリーパネルに時系列順に表示されます。これらの状態情報の名前は変更できますが、リスト内での掲載順序を変更することはできません。

  • ヒストリーパネルのリストの上にポインターを置き、各状態の写真のプレビューをナビゲーターパネルで確認します。
  • ヒストリーパネルで状態を選択し、写真をその状態に戻すか、その状態のスナップショットを保存します。
  • 状態情報をダブルクリックしてその名前を選択し、新しい名前を入力して Enter キー(Windows)または Return キー(Mac OS)を押します。
  • 状態を右クリック(Windows)するか、Control キーを押しながらクリック(Mac OS)し、「ヒストリー設定を補正前にコピー」を選択して 1 つの補正をコピーします。
  • ヒストリーパネルのヘッダーにあるすべてを消去ボタン(X)をクリックして、リストからすべての状態を削除します。
注意:

ヒストリーパネルの状態のリストが長くなり過ぎた場合は、保存したい状態のスナップショットを作成します。その後、すべてを消去ボタンをクリックしてパネルの内容を消去します。この操作では、現在の画像設定に影響を与えずに状態のリストが削除されます。

元画像ではなくスマートプレビューを編集してパフォーマンスを向上

Lightroom CC 2015.7/Lightroom 6.7 で導入された機能

現像モジュールで写真を編集する際の Lightroom Classic のパフォーマンスを向上させるために、Lightroom には、元画像が利用可能な場合でも、写真のスマートプレビューの編集をおこなう環境設定オプションが用意されています。このオプションを使用すると、編集中の画質は低下しますが、最終出力のサイズおよび画質は元のままです。 

この環境設定を指定するには:

  1. 編集環境設定を選択します。

  2. 環境設定ダイアログで、パフォーマンスタブを選択します。

  3. 現像セクションで、画像編集には、元画像の代わりにスマートプレビューを使用を選択します。

  4. OK をクリックして、Lightroom Classic を再起動します。

注意:

現像モジュールで 100%(1:1 モード)までズームすると、画像編集には、元画像の代わりにスマートプレビューを使用環境設定が有効な場合でも、元画像に切り替わります。

アドビのロゴ

アカウントにログイン