マニュアル キャンセル

スライドショーの作成

  1. Lightroom Classic ユーザーガイド
  2. Lightroom Classic の概要
    1. Lightroom Classic の新機能
    2. Lightroom Classic の必要システム構成
    3. Lightroom Classic | よくある質問
    4. Lightroom Classic のキーコンセプト
    5. Lightroom Classic チュートリアル
    6. 機能の概要 | Lightroom CC 2015.x/Lightroom 6.x リリース
  3. Lightroom と アドビのサービス
    1. Creative Cloud ライブラリ
    2. Creative Cloud アプリケーションでの Adobe Stock の使用
  4. Lightroom for mobile、Lightroom TV、および Lightroom Web ギャラリー
    1. Adobe Photoshop Lightroom for mobile と Apple TV | FAQ
    2. Lightroom Classic を Lightroom エコシステムと同期する
    3. モバイルアプリの Photoshop ファミリー
  5. 写真の読み込み
    1. カメラやカードリーダーから写真を読み込む
    2. ハードドライブ上のフォルダーから写真を読み込む
    3. 写真の自動読み込み
    4. Photoshop Elements からの写真の読み込み
    5. テザーカメラからの写真の読み込み
    6. 読み込みオプションの指定
    7. 読み込みの環境設定
    8. ファイル名テンプレートエディターとテキストテンプレートエディター
  6. ワークフロー
    1. 写真でマスクを適用
    2. 写真を JPEG 形式で書き出して保存する
    3. 写真を書き出して透かしを追加する
    4. 写真を読み込む
    5. 補正ブラシ:基礎編
    6. トーンカーブによる調整
    7. ビデオ入りの高度なスライドショー
    8. ホワイトバランスのコントロール
    9. コンタクトシートの作成
    10. Lightroom Classic によるワークフローの強化
  7. ワークスペース
    1. ワークスペースの基本
    2. Lightroom Classic を使用するための環境設定
    3. セカンドモニターでのライブラリの表示
    4. ID プレートとモジュールのボタンを好みに合わせて変更する
    5. Lightroom Classic で写真に透かしを適用
    6. カラーマネジメント
  8. 写真の表示
    1. 写真の表示
    2. 写真の参照と比較
    3. ライブラリ表示オプションの設定
    4. 写真の共有によるコメントやフィードバックの収集
    5. スマートプレビュー
  9. カタログとファイルの管理
    1. Lightroom Classic カタログの FAQ
    2. Lightroom Classic カタログの作業方法
    3. カタログの作成と管理
    4. カタログのバックアップ
    5. 見つからない写真の検索
    6. フォルダーの作成と管理
    7. フォルダー内の写真の管理
  10. マップ
    1. マップモジュールの使用
  11. Lightroom Classic での写真の整理
    1. 顔認識
    2. 写真コレクションの使用
    3. 写真のスタックへのグループ化
    4. 写真のフラグ、ラベルおよび評価の設定
    5. キーワードの使用
    6. メタデータの基本とアクション
    7. カタログ内での写真の検索
    8. Lightroom Classic でのビデオの使用
    9. 詳細メタデータのアクション
    10. クイック現像パネルの使用
  12. 写真の処理および現像
    1. 現像モジュールの基本
    2. パノラマおよび HDR パノラマの作成
    3. フラットフィールド補正
    4. Upright を使用した写真の遠近法のゆがみ補正
    5. 強化を使用した画質の改善
    6. 画像の階調とカラーの処理
    7. マスク
    8. 部分補正の適用
    9. HDR 写真の結合
    10. 現像モジュールのオプション
    11. 写真のレタッチ
    12. 赤目およびペットアイの修正効果
    13. 円形フィルターツールの使用
    14. 強化されたスポット除去ツールの使用
  13. 写真を書き出し
    1. ファイルのディスクまたは CD への書き出し
    2. Lightroom Classic から写真の書き出し
    3. 写真をオンラインで公開
    4. 公開サービスを使用したハードディスクへの書き出し
    5. 書き出し用のプリセット、およびその他の設定
  14. 外部エディターの使用方法
    1. 外部編集の環境設定
    2. Photoshop や Photoshop Elements で Lightroom Classic 写真を開いて編集する
  15. スライドショー
    1. スライドショーの作成
    2. スライドショーモジュールのパネルとツール
    3. スライドのレイアウトの指定
    4. スライドへのオーバーレイの追加
    5. スライドショーの再生と書き出し
  16. 写真のプリント
    1. プリントモジュールの基本
    2. プリントモジュールのレイアウトとテンプレート
    3. プリントジョブのオプションと設定
  17. フォトブック
    1. フォトブックの作成
  18. Web ギャラリー
    1. Web ギャラリーの作成
    2. Web モジュールパネルとツールの使用
    3. Web ギャラリーのレイアウト
    4. Web ギャラリーのテンプレートと設定
    5. Web フォトギャラリーのプレビュー、書き出し、アップロード
  19. ショートカットキー
    1. ショートカットキー

Lightroom Classic でスライドショーを作成する作業のほとんどは、スライドショーモジュールで実行されます。このモジュールでは、レイアウトテンプレートの選択、切り替え方法の選択、再生オプションの設定ができます。

スライドショーモジュールにおいて、左側のパネルには、レイアウトのテンプレートおよびプレビューのリストが含まれています。ワークスペースの中央にあるスライドエディター表示には、選択したスライドテンプレートを適用した状態の写真が表示されます。スライドエディターの下にあるツールバーには、スライドショーのプレビュー再生、選択範囲の絞り込み、スライドへのテキストの追加をおこなうコントロールが含まれています。右側のパネルには、テンプレートの修正、スライドレイアウトへのテキストの追加、再生設定の選択をおこなうためのコントロールが含まれています。スライドショーモジュールのパネルとツールを参照してください。

Lightroom Classic CC スライドショーモジュール
スライドショーモジュール

A. スライドエディター表示 B. テンプレートのプレビュー C. スライドショーのテンプレートとコレクション D. 再生コントロール E. 回転ツールとテキストを追加ツール F. レイアウトおよび再生オプションを設定するためのパネル 

注意:

ウィンドウクイックスライドショーを選択して、どのモジュールでも「クイック」スライドショーを再生することもできます。クイックスライドショーでは、その時点でスライドショーモジュールで指定されているテンプレートと設定値が使用されます。ライブラリモジュールでのクイックスライドショーの再生は、フルスクリーンサイズでフォルダー内にある画像をすばやく表示し、キーボードショートカットを使用して写真を評価、回転、または削除するには便利な方法です。

Lightroom Classic でスライドショーを作成するには、次の基本手順に従います。

1.スライドショーに含める写真を選択します。

ライブラリモジュールのグリッド表示またはフィルムストリップで写真を選択します。または、フォルダーパネルかコレクションパネルを使用して、スライドショーに使用する写真のフォルダーまたはコレクションを選択します。詳しくは、グリッド表示とフィルムストリップでの写真の選択を参照してください。

2.スライドの順序を入れ替えます。

スライドショーモジュールに切り替えます。元の写真がコレクション、またはサブフォルダーのないフォルダーにある場合は、フィルムストリップで写真をドラッグして、希望の順序で配置します。スライドの順序の変更を参照してください。

代わりに、Lightroom Classic にスライドの再生順序を選択させることもできます。スライドショーモジュールの右側にある再生パネルで、「ランダムな順序」を選択します。スライドのランダム再生を参照してください。

3.スライドショー用のテンプレートを選択します。

テンプレートは、スライドのための基本的なレイアウトを提供するものです。

スライドショーモジュールの左側で、テンプレートブラウザーの上にポインターを移動すると、テンプレートブラウザーの上部にあるプレビューパネルに、テンプレートのプレビューが表示されます。スライドショーに対してテンプレートを選択するには、テンプレート名をクリックします。詳しくは、スライドショーテンプレートの選択を参照してください。

4.(オプション)テンプレートをカスタマイズします。

スライドショーは、オプションパネル、レイアウトパネル、オーバーレイパネル、背景パネルおよびタイトルパネルでオプションに変更を加えることでカスタマイズできます。たとえば、ドロップシャドウを追加したり、ID プレートや説明を表示するかどうかを指定したり、背景の色や画像を指定します。詳しくは、スライドへのオーバーレイの追加およびスライドの背景の設定を参照してください。

Lightroom Classic CC カスタマイズされたスライドショー
オプションパネル、レイアウトパネル、オーバーレイパネル、背景パネルおよびタイトルパネルを使用して、スライドショーをカスタマイズします。

5.再生オプションを設定します。

音楽パネルと再生パネルにあるオプションを使用して、スライド間隔と切り替え方法のオプションを設定します。また、イントロおよびエンディングのスライドを指定したり、スライドショーとともに再生する音楽プレイリストを選択したりすることもできます。詳しくは、スライドと切り替えの時間の設定スライドショーでの音楽の再生を参照してください。

Lightroom Classic CC スライドショーモジュールの再生パネル
再生パネルを使用して、音楽スライドや間のスライドを追加します。

6.スライドショーをプレビューまたは再生します。

スライドショーモジュールの右下隅にある「プレビュー」ボタンをクリックして、スライドショーエディター表示でスライドショーが再生されることを確認します。「再生」ボタンをクリックして、フルスクリーンモードでスライドショーを再生します。ツールバーにあるボタンを使用して、スライドを一時停止、停止または進めます。スライドショーのプレビュースライドショーの再生を参照してください。

7.(オプション)スライドショーを書き出します。

スライドショーを共有するには、切り替えや音楽付きで再生できる MP4 ビデオとして保存します。または、他のユーザーが開くことができる静的な PDF 文書として保存します。スライドショーモジュールの左下隅にある「ビデオを書き出し」ボタンまたは「PDF で書き出し」ボタンをクリックします。ビデオオプションと PDF オプションについては、スライドショーの書き出しを参照してください。

8.(オプション)レイアウトをカスタムテンプレートまたはスライドショーコレクションとして保存します。

簡単に再使用できるように、スライドショーのレイアウトをカスタムテンプレートとして保存します。または、スライドショーの設定をスライドショーコレクションとして保存します。スライドショーコレクションを使用すれば、写真のコレクションについてスライドショーオプションの特定のセットに簡単に戻すことができます。詳しくは、カスタムスライドショーテンプレートの作成スライドショー設定のスライドショーコレクションとしての保存を参照してください。

ビデオチュートリアル:

Adobe TV

ビデオチュートリアル:

Lynda.com

アドビのロゴ

アカウントにログイン