注意:

Photoshop Lightroom Classic (旧 Lightroom CC)のヘルプが表示されています。
お使いのバージョンではない場合Photoshop Lightroom のヘルプを表示してください。

Photoshop Elements での写真の読み込みと編集

Lightroom Classic から Photoshop Elements を起動して、写真をさらに編集することができます。この機能は、Photoshop Elements がコンピューターにインストールされている場合にのみ使用できます。

  1. ライブラリまたは現像モジュールで、編集する写真を選択します。写真/Adobe Photoshop Elements で編集を選択します。
  2. (JPEG、TIFF、PSD のみ)写真を編集ダイアログボックスで次のいずれかを選択します。

    Lightroom Classic 調整でコピーを編集

    Lightroom Classic での調整内容がファイルのコピーに適用されてから、ファイルが編集のため Photoshop Elements に送られます。

    コピーを編集

    Lightroom Classic で補正する前の元の画像ファイルのコピーを編集します。

    元画像を編集

    Lightroom Classic で補正する前の元の画像ファイルを編集します。

    注意:

    編集した写真を元画像を含むフォルダーに一緒にスタックするには、編集(Windows)または Lightroom Classic(Mac OS)/環境設定/外部編集/元画像を含むスタックを選択します。コレクションの表示中に写真を編集した場合、スタックが 2 つ、フォルダーとコレクションに作成されます。

  3. (JPEG、TIFF、PSD のみ)「編集」をクリックします。

    写真のコピーを編集する場合、写真を Photoshop Elements で開く際に、Lightroom Classic によってコピーがカタログに自動的に追加され、ファイル名に「-Edit」が付加されます。

  4. Photoshop Elements で写真を編集し、ファイル/保存を選択します。

    編集された Camera Raw ファイルや DNG ファイルは Lightroom Classic カタログに自動的に追加され、その際、ファイル名に「Join up」が付加されます。ファイル形式は、外部編集環境設定の指定に応じて TIFF または PSD になります。

    調整されたコピーとして編集された JPEG、TIFF および PSD ファイルも、外部編集環境設定で指定された形式で保存されます。

    注意:

    Photoshop Elements で JPEG、TIFF および PSD に変更した画像を保存する場合、その写真がカタログで更新されるようにするには、Lightroom Classic にあるコピーまたは元のファイルと同じ名前と形式にしてください。

  5. Lightroom Classic に切り替え、編集した写真をカタログ内で確認します。

    注意:

    Photoshop Elements で保存する際は、画像を Lightroom Classic で読み取れるように、「互換性を優先」オプションを必ず選択してください。

Photoshop での写真の読み込みと編集

Lightroom Classic から Photoshop を起動して、写真をさらに編集することができます。この機能は、Photoshop がコンピューターにインストールされている場合にのみ使用できます。

  1. ライブラリまたは現像モジュールで、編集する写真を選択します。写真/Adobe Photoshop で編集を選択します。
  2. 写真を編集ダイアログボックスで、次のいずれかを選択します。

    Lightroom Classic 調整でコピーを編集

    Lightroom Classic での調整内容がファイルのコピーに適用されてから、ファイルが編集のため Photoshop に送られます。

    コピーを編集

    Lightroom Classic で補正する前の元の画像ファイルのコピーを編集します。このオプションは、JPEG、TIFF、および PSD ファイルのみに該当し、Camera Raw ファイルや DNG ファイルには該当しません。

    元画像を編集

    Lightroom Classic で補正する前の元の画像ファイルを編集します。 このオプションは、JPEG、TIFF、および PSD ファイルのみに該当し、Camera Raw ファイルや DNG ファイルには該当しません。

    注意:

    編集した写真を元画像を含むフォルダーに一緒にスタックするには、編集(Windows)または Lightroom Classic(Mac OS)/環境設定/外部編集/元画像を含むスタックを選択します。コレクションの表示中に写真を編集した場合、スタックが 2 つ、フォルダーとコレクションに作成されます。

  3. 「編集」をクリックします。

    Photoshop で Lightroom Classic から Camera Raw 画像を開くとき、Lightroom Classic および Photoshop の両方で、Adobe Camera Raw のバージョンが同じではない場合、Lightroom Classic では、Photoshop の Camera Raw プラグインが完全な互換性を持つように更新を求めるメッセージが表示されます。

    Photoshop および Adobe Camera Raw の最新バージョンへの更新についての詳細は、Photoshop を最新に保つを参照してください。

    Lr_ACR compatibility

    このダイアログボックスでは、次のいずれかを選択またはクリックします。

    再表示しない

    このダイアログを今後表示させないようにするには、このオプションを選択します。Lightroom Classic の RAW 画像が Photoshop で直接開きます。ただし、Camera Raw のバージョンに互換性がない場合は、Lightroom Classic での編集内容の一部が Photoshop で表示されない場合があります。

    Lightroom Classic を使用したレンダリング

    Lightroom Classic が RAW ファイルを処理し、新規の TIFF または PSD ファイルをレンダリングして Photoshop で自動的に開きます。レンダリングされたファイルのファイル形式(TIFF または PSD)は、外部編集(「編集」 > 「環境設定」 > 「外部編集」)に指定したファイル形式の設定に基づきます。Lightroom Classic でおこなったすべての編集は、Lightroom Classic を使用してレンダリングするときに、Photoshop に表示されます。

    常に開く

    続行して Photoshop で RAW ファイルを開きます。ただし、Adobe Camera Raw のバージョン間の非互換性が原因で、Lightroom Classic での編集の一部が Photoshop で表示されないことがあります。 

  4. 写真のコピーを編集する場合、写真を Photoshop で開く際に、Lightroom Classic によってコピーがカタログに自動的に追加され、ファイル名に「-Edit」が付加されます。

    Photoshop で写真を編集し、ファイル/保存を選択します。

    編集された Camera Raw ファイルや DNG ファイルは Lightroom Classic カタログに自動的に追加され、その際、ファイル名に「-Edit」が付加されます。ファイル形式は、外部編集環境設定の指定に応じて TIFF または PSD になります。

    調整されたコピーとして編集された JPEG、TIFF および PSD ファイルも、外部編集環境設定で指定された形式で保存されます。

    注意:

    Photoshop で JPEG、TIFF および PSD に変更した画像を保存する場合、その写真がカタログで更新されるようにするには、Lightroom Classic にあるコピーまたは元のファイルと同じ名前と形式にしてください。

  5. Lightroom Classic に切り替え、編集した写真をカタログ内で確認します。

    注意:

    Photoshop で保存する際は、画像を Lightroom Classic で読み取れるように、「互換性を優先」オプションを必ず選択してください。Photoshop CS3 以降では、Lightroom Classic から転送された PSD ファイルが「互換性を優先」設定で自動的に保存されます。

追加情報

Lightroom Classic の主な外部エディター機能には、特に Photoshop で動作するように設計された機能があります。Photoshop Elements ではこのような機能の一部のサポートを制限しており、制限が該当する場合には目的の用途でご利用いただけません。

  • スマートオブジェクトとして開く - Photoshop Elements ではスマートオブジェクトを作成できません。
  • パノラマとして写真を結合 - Photoshop Elements でエキスパート編集モードになっていることを確認してパノラマを作成してください。
  • HDR に統合 - Photoshop Elements で 32 ビットの画像がサポートされないか、HDR に統合する機能がありません。
  • レイヤーとして開く - Photoshop Elements でエキスパート編集モードになっていることを確認してレイヤーを作業してください。

Photoshop でスマートオブジェクトとして写真を開く

注意:

この機能は、Photoshop CS3 10.0.1 以降がコンピューターにインストールされている場合にのみ使用できます。ここでの説明では、Photoshop CS5 を想定しています。

  1. ライブラリまたは現像モジュールで、編集する写真を選択します。
  2. 写真/他のツールで編集/Photoshop でスマートオブジェクトとして開くを選択します。
  3. Photoshop で写真を編集し、ファイル/保存を選択します。

    新しく保存した写真は、TIFF ファイルとして自動的に Lightroom Classic カタログに追加されます。

Photoshop でレイヤーとして写真を開く

注意:

この機能は、Photoshop CS3 10.0.1 以降がコンピューターにインストールされている場合にのみ使用できます。ここでの説明では、Photoshop CS5 を想定しています。

  1. ライブラリまたは現像モジュールで、編集する写真を 2 枚以上選択します。
  2. 写真/他のツールで編集/Photoshop でレイヤーとして開くを選択します。

    Photoshop は、写真を 1 つのレイヤーファイルとして開きます。

  3. Photoshop で画像を編集し、ファイル/保存を選択します。

    新しく保存した写真は、TIFF ファイルとして自動的に Lightroom Classic カタログに追加されます。

Photoshop でパノラマとして写真を結合

注意:

この機能は、Photoshop CS3 10.0.1 以降がコンピューターにインストールされている場合にのみ使用できます。ここでの説明では、Photoshop CS5 を想定しています。

  1. ライブラリまたは現像モジュールで、パノラマ画像として結合する写真を 2 枚以上選択します。
  2. 写真/他のツールで編集/Photoshop でパノラマに結合を選択します。
  3. Photomerge ダイアログボックスで、結合する写真を選択し、その他のオプションを指定して「OK」をクリックします。

    Photoshop では、写真は複数レイヤーの画像に結合され、写真が重なる部分がうまく融合するようにレイヤーマスクが追加されます。

  4. 必要に応じて Photoshop でパノラマを編集してから、ファイル/保存を選択します。

    保存したパノラマは、TIFF ファイルとして自動的に Lightroom Classic カタログに追加されます。

それぞれのフレームを構成して継ぎ目のない写真にする方法については、パノラマを作成に関するチュートリアルを参照してください。

Photoshop で写真を HDR に結合

High dynamic range(HDR)画像は、露光量の異なる複数の写真キャプチャを結合します。HDR 画像では、1 枚の写真で、シーンのより広範でよりリアルな明暗領域を表現できます。

それぞれのフレームを構成して HDR(ハイダイナミックレンジ)合成をおこなう方法については、Photoshop と Lightroom Classic を使用した HDR 画像の作成に関するチュートリアルを参照してください。

Lightroom Classic の HDR に結合機能は、次のいずれかの Photoshop と Camera Raw の組み合わせがコンピューターにインストールされている場合のみ使用できます。

  • Photoshop CS3 10.0.1 と Camera Raw 4.6 以降

  • Photoshop CS4 と Camera Raw 5.7 以降

  • Photoshop CS5 と Camera Raw 6.2

  • Photoshop CS6 と Camera Raw 7.1

注意:

ここでの説明では、Photoshop CS5 と CS6 を想定しています。

  1. ライブラリまたは現像モジュールで、HDR に結合する写真を 2 枚以上選択します。
  2. 写真/他のツールで編集/Photoshop で HDR Pro に統合を選択します。
  3. 露光量のメタデータがない写真が存在する場合、手動で設定された EV ダイアログボックスで値を指定します。
  4. Lightroom Classic 内の画像に階調マップを適用する場合、Photoshop HDR Pro に統合ダイアログボックスでモードメニューから 32 ビットを選択して、「OK」をクリックします。(Lightroom 4.1 以降)

    注意:

    HDR Pro に統合ダイアログボックスで画像に階調マップを適用してから、32、16、または 8 ビットのモードを選択します。

    Photoshop で写真が背景レイヤーに統合され、1 つの HDR 画像になります。

  5. ファイル/保存を選択します。

    保存した写真は、自動的に Lightroom Classic カタログに追加されます。

サードパーティ画像アプリケーションでの写真の読み込みと編集

  1. ライブラリモジュールまたは現像モジュールで、編集する写真を選択して、次のいずれかの操作をおこないます。
    • 写真/他のツールで編集/[アプリケーション名] で編集を選択します。

    • 外部エディターのプリセットを作成してある場合は、写真/他のツールで編集/[プリセット名] で編集を選択します。

    注意:

    別のアプリケーションで初めて編集する場合は、写真/他のツールで編集/他のアプリケーションで編集を選択します。使用するアプリケーションを探して選択します。写真の編集用の外部アプリケーションを選択すると、そのアプリケーションの名前が「[アプリケーション名] で編集」コマンドに表示されるようになります。環境設定ダイアログボックスの「外部編集」タブで、いつでも他の編集アプリケーションを選択できます。

  2. [アプリケーション名]で写真を編集ダイアログボックスで、使用する編集オプションを指定して「編集」をクリックします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー