Lightroom Classic でのクラッシュまたはフリーズのトラブルシューティング

Lightroom Classic を開けないLightroom Classic が起動時にクラッシュまたはフリーズする

サポートの利用

よくあるクラッシュの問題を解決するための 7 段階の簡単な手順

  1. Lightroom Classic を強制終了して再起動するか、コンピューターを再起動します。
  2. Lightroom Classic を最新バージョンにアップデートします。
  3. Lightroom Classic の既知の問題を確認します。
  4. 報告されている問題については、Adobe コミュニティを参照してください。
  5. Lightroom Classic の環境設定をリセットします。
  6. GPU およびグラフィックドライバーのトラブルシューティングを参照します。
  7. macOS または Windows のオペレーティングシステムを常に最新の状態にします。

その他のトラブルシューティングのヒント

GPU を無効にして問題を絞り込む

ケースによっては、最新の GPU ドライバーを入手しても、ビデオアダプターとドライバーに関連するすべての問題は解決しないこともあります。

発生中の問題がビデオアダプターによるのか、それともドライバーによるのかを判別する最も迅速かつ最も簡単な方法は、「グラフィックプロセッサーを使用」設定を無効にすることです。

  • Lightroom Classic で、環境設定パフォーマンスの順に移動し、「グラフィックプロセッサーを使用」をオフにして、Lightroom Classic を再起動します。
    環境設定へのアクセスに関するヘルプについては、「Lightroom Classic を使用するための環境設定」を参照してください。

詳しくは、「グラフィックプロセッサー(GPU)およびグラフィックドライバーのトラブルシューティング」を参照してください。

破損したカタログの特定

カタログの破損が原因で Lightroom Classic がクラッシュしたかどうかをすばやく確認するには、次の操作を行います。

  1. Alt(Win)/Option(macOS)キーを長押ししながら、Lightroom Classic を起動します。
  2.  カタログを選択ダイアログボックスで、別のカタログを選択するか、「新規カタログを作成」を選択します。

Lightroom Classic が正常に起動した場合は、破損したカタログが問題を発生させている可能性があります。詳しくは、「破損したカタログのトラブルシューティング」を参照してください。

まだ Lightroom Classic がクラッシュする場合

問題を解決できない場合は、最後の手段として、以前のバージョンのアプリケーションに戻してみてください。

詳しくは、Creative Cloud アプリケーションの以前のバージョンをインストールを参照してください。

さらにサポートが必要ですか?

さらにサポートが必要な場合は、クラッシュの問題およびログに関する情報を共有してください。アドビが問題を解決するのに役立ちます。詳しくは、クラッシュレポートの提出を参照してください。

また、Adobe Lightroom Classic コミュニティに参加して、よくある質問への回答を検索したり、アイデアを共有したりすることもできます。ご意見をお待ちしております。

アドビのロゴ

アカウントにログイン