マニュアル キャンセル

フォトブックの作成

  1. Lightroom Classic ユーザーガイド
  2. Lightroom Classic の概要
    1. Lightroom Classic の新機能
    2. Lightroom Classic の必要システム構成
    3. Lightroom Classic | よくある質問
    4. Lightroom Classic のキーコンセプト
    5. Lightroom Classic チュートリアル
    6. 機能の概要 | Lightroom CC 2015.x/Lightroom 6.x リリース
  3. Lightroom と アドビのサービス
    1. Creative Cloud ライブラリ
    2. Creative Cloud アプリケーションでの Adobe Stock の使用
  4. Lightroom for mobile、Lightroom TV、および Lightroom Web ギャラリー
    1. Adobe Photoshop Lightroom for mobile と Apple TV | FAQ
    2. Lightroom Classic を Lightroom エコシステムと同期する
    3. モバイルアプリの Photoshop ファミリー
  5. 写真の読み込み
    1. カメラやカードリーダーから写真を読み込む
    2. ハードドライブ上のフォルダーから写真を読み込む
    3. 写真の自動読み込み
    4. Photoshop Elements からの写真の読み込み
    5. テザーカメラからの写真の読み込み
    6. 読み込みオプションの指定
    7. 読み込みの環境設定
    8. ファイル名テンプレートエディターとテキストテンプレートエディター
  6. ワークフロー
    1. 写真でマスクを適用
    2. 写真を JPEG 形式で書き出して保存する
    3. 写真を書き出して透かしを追加する
    4. 写真を読み込む
    5. 補正ブラシ:基礎編
    6. トーンカーブによる調整
    7. ビデオ入りの高度なスライドショー
    8. ホワイトバランスのコントロール
    9. コンタクトシートの作成
    10. Lightroom Classic によるワークフローの強化
  7. ワークスペース
    1. ワークスペースの基本
    2. Lightroom Classic を使用するための環境設定
    3. セカンドモニターでのライブラリの表示
    4. ID プレートとモジュールのボタンを好みに合わせて変更する
    5. Lightroom Classic で写真に透かしを適用
    6. カラーマネジメント
  8. 写真の表示
    1. 写真の表示
    2. 写真の参照と比較
    3. ライブラリ表示オプションの設定
    4. 写真の共有によるコメントやフィードバックの収集
    5. スマートプレビュー
  9. カタログとファイルの管理
    1. Lightroom Classic カタログの FAQ
    2. Lightroom Classic カタログの作業方法
    3. カタログの作成と管理
    4. カタログのバックアップ
    5. 見つからない写真の検索
    6. フォルダーの作成と管理
    7. フォルダー内の写真の管理
  10. マップ
    1. マップモジュールの使用
  11. Lightroom Classic での写真の整理
    1. 顔認識
    2. 写真コレクションの使用
    3. 写真のスタックへのグループ化
    4. 写真のフラグ、ラベルおよび評価の設定
    5. キーワードの使用
    6. メタデータの基本とアクション
    7. カタログ内での写真の検索
    8. Lightroom Classic でのビデオの使用
    9. 詳細メタデータのアクション
    10. クイック現像パネルの使用
  12. 写真の処理および現像
    1. 現像モジュールの基本
    2. パノラマおよび HDR パノラマの作成
    3. フラットフィールド補正
    4. Upright を使用した写真の遠近法のゆがみ補正
    5. 強化を使用した画質の改善
    6. 画像の階調とカラーの処理
    7. マスク
    8. 部分補正の適用
    9. HDR 写真の結合
    10. 現像モジュールのオプション
    11. 写真のレタッチ
    12. 赤目およびペットアイの修正効果
    13. 円形フィルターツールの使用
    14. 強化されたスポット除去ツールの使用
  13. 写真を書き出し
    1. ファイルのディスクまたは CD への書き出し
    2. Lightroom Classic から写真の書き出し
    3. 写真をオンラインで公開
    4. 公開サービスを使用したハードディスクへの書き出し
    5. 書き出し用のプリセット、およびその他の設定
  14. 外部エディターの使用方法
    1. 外部編集の環境設定
    2. Photoshop や Photoshop Elements で Lightroom Classic 写真を開いて編集する
  15. スライドショー
    1. スライドショーの作成
    2. スライドショーモジュールのパネルとツール
    3. スライドのレイアウトの指定
    4. スライドへのオーバーレイの追加
    5. スライドショーの再生と書き出し
  16. 写真のプリント
    1. プリントモジュールの基本
    2. プリントモジュールのレイアウトとテンプレート
    3. プリントジョブのオプションと設定
  17. フォトブック
    1. フォトブックの作成
  18. Web ギャラリー
    1. Web ギャラリーの作成
    2. Web モジュールパネルとツールの使用
    3. Web ギャラリーのレイアウト
    4. Web ギャラリーのテンプレートと設定
    5. Web フォトギャラリーのプレビュー、書き出し、アップロード
  19. ショートカットキー
    1. ショートカットキー

ブックモジュールについて

ブックモジュールを使用すると、フォトブックをデザインし、オンデマンドプリント Web サイト Blurb.com にアップロードできます。ブックを Adobe PDF または個別の JPEG ファイルとして保存することもできます。

ブックモジュール

A. プレビューパネルとコレクションパネル B. 「ブックを PDF に書き出し」ボタン C. 複数ページ表示ボタン、スプレッド表示ボタン、1 ページ表示ボタン D. 選択されたページ E. ブック設定パネル F. 「ブックを Blurb に送信」ボタン 

ビデオチュートリアル:Lightroom Classic - ブックモジュールの基本

Lightroom Classic のブックモジュールを使用した、ブックの作成の基本について説明します。

Julieanne Kost, Principal Evangelist - Photoshop and Lightroom Classic

フォトブックの作成

ブックを作成するには、次の手順に従います。

  1. 初期設定のブックレイアウト動作を指定します。ブックモジュールで、ブックブックの環境設定を選択します。

    初期設定の写真のズーム

    写真は、セルに追加されると、自動的に ズームして塗りつぶすように拡大されるか、 ズームしてフィットさせるように縮小される場合があります。この動作を無効にするには、プレビュー領域で写真を右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)して、「セルサイズに合わせてズーム」のオンとオフを切り替えます。

    自動フィルにより新しいブックを開始

    ブックを開始すると、現在の自動レイアウトプリセットとフィルムストリップにある写真を使用してページが自動的に追加されます。

    テキストボックスの塗り

    テキストボックスを含むレイアウトでは、写真のタイトル説明、またはファイル名メタデータを自動入力できます。「フィラーテキスト」オプションをオンにすると、フィールドにプレースホルダーテキストが表示され、タイトル、 説明、 またはファイル名メタデータが未入力かどうかを確認できます。

    注意:

    フィラーテキストを確認するには、ガイドパネル「フィラーテキスト」オプションを選択します。

    説明をテキストセーフエリアに制限

    写真とページの説明のフィールドを、ページのプリント可能な領域のみに配置できるように制限します。例えば、ページの説明のオフセットを調整する場合、「説明をテキストセーフエリアに制限」をオンにすると、ページ内のプリント不可能な位置に誤ってページの説明を移動することを防止できます。

  2. ライブラリモジュールで、ブックに追加する写真を選択します。詳しくは、グリッド表示とフィルムストリップでの写真の選択を参照してください。

    ブックモジュールでは、コレクションパネルとフィルムストリップの写真を選択することもできます。

  3. ブックモジュールで、アプリケーションウィンドウの右側にあるパネルを使用して、オプションを指定します。

    ブック設定

    出力先として Blurb 写真ブックBlurb 雑誌Blurb トレードブックPDF、または JPEG のいずれかを選択し、ブックサイズとカバーの種類(ハードカバーまたはソフトカバー)を指定します。

    Blurb に出力する場合は、ブックの紙の種類やページ数に基づき、作業時に見積もり価格が更新されます。Blurb、ブックサイズやカバータイプ、紙のオプションについて詳しくは、Blurb ブックに関するよくある質問(Blurb.com)を参照してください。正確なプリントサイズについては、Blurb ブック寸法の仕様ガイドを参照してください。

    PDF に出力する場合は、JPEG 画質カラープロファイルファイル解像度を選択し、 シャープを適用するかどうかを指定します 。

    自動レイアウト

    ブックのレイアウトを自動化します。プリセットを選択し、「自動レイアウト」をクリックします。設定を最初からやり直すには、「レイアウトを消去」をクリックします。Blurb に公開する場合、240 ページ以下のブックに限り、自動レイアウトを適用できます。PDF に公開する場合、ページの制限はありません。

    注意:

    フィルムストリップのサムネールには、その写真がブック内に現れる回数を示す数字が表示されます。

    ページ

    ページ番号」 チェックボックス を選択して、ページ番号をブックのページに表示します。 チェックボックス を有効にすると、「場所」を使用して、ページ番号の位置を選択できるようになります。また、「表示」を使用して、ページ番号を左ページのみ、右ページのみ、左右両方のページのいずれに表示するかを指定できるようになります。「ページを追加」をクリックすると、現在選択しているページの横にページが追加されます。新しく追加したページは、選択しているページまたはテンプレートの形式を継承します。「空白を追加」をクリックすると、現在選択しているページの横に空白のページが追加されます。ページが選択されていない場合、ブックの最後にページが追加されます。

    ガイド

    ガイドのオンとオフは、画像のプレビュー領域で切り替えます。ガイドはプリントされません。ページ上に写真やテキストを配置するための目印としてのみ使用されます。

    グリッドスナップ

    ガイド」セクションの「グリッドスナップ」オプションを使用して、ブックレイアウトの写真を簡単に整列できるようになりました。グリッドスナップで、「 セル 」を選択して 2 枚の写真のセルを整列するか、「グリッド」を選択してグリッドのガイドラインに沿って写真を整列します。写真を移動すると、選択した設定に基づいて配置されます。初期設定では、「グリッドスナップ」オプションは「セル」に設定されています。

    ページ裁ち落とし

    ページ裁ち落としガイドは、ページの端に沿って太いグレーの境界線で表示されます。ページ裁ち落としは、ページ境界線の外側にはみ出している写真の部分を示します。ページ裁ち落としに揃える機能を適用すると、写真がページの端に配置されます。

    テキストセーフエリア

    テキストセーフエリアガイドは、ページ周囲の内側に細いグレーの線で表示されます。この領域の外側にあるテキストは、ページに表示されません。

    注意:

    説明フィールドもまた、フィールドの境界線が細いグレーの線で表示されます。

    写真セル

    写真セルガイドは、中央に十字のマークがあるグレーのボックスとして表示されます。このガイドは写真セルに写真が設定されていないことを示します。

    フィラーテキスト

    プレースホルダーテキストは、空白のページと写真の説明のフィールドに表示されます。

    注意:

    フィラーテキストを表示するには、ブックの環境設定でテキストボックスの塗り/フィラーテキストを選択します。

    セル

    間隔スライダーをドラッグして、セル内の画像またはテキストの周囲にポイント単位で余白を追加することができます。間隔を使用することで、セル内の画像の外観を効果的にカスタマイズできるので、個別のページテンプレートをカスタマイズする方法としても有用です。初期設定では、間隔がセルの 4 辺に等しく適用されます。セルの各辺に対して異なる長さの間隔を適用するには、パティングタイトルの右側にある三角形をクリックします。プレビュー領域で複数のセルを選択し、それらのセルすべてに同時に間隔を適用することができます。

    テキスト

    個別の写真やページ全体にテキストフィールドを追加することができます。写真をクリックすると、透明な写真テキストを追加ボタンが表示されます。このボタンをクリックすると、直ちにテキストの追加が開始されます。このヒントは、写真とページに適用されます。

    写真のテキスト

    写真の説明は、選択した 1 つまたは複数の画像セルの上、下またはセルに重ねて配置することができます。タイトルまたはテキストには、写真のメタデータを使用することも、テキストフィールドに直接入力してカスタムの説明を指定することもできます。

    オフセット

    オフセットの幅を調整すると、説明の基準位置に相対してテキストが上下に移動するか、写真に重ねて移動することができます。

    • 上部:写真の上端とページの上端の間に説明のテキストを配置します。
    • 下部:写真の下端とページの下端の間に説明のテキストを配置します。
    • 写真上:初期設定では、説明は写真の下端で重ねて表示されます。この値を増加すると、説明の位置が写真の上端に向かって移動します。

    注意:写真のサイズがページの上端と下端からはみ出すと、オフセットが自動的に写真上に表示されます。

    写真に合わせる

    写真にズームまたはパディングを適用する際に、説明の左端を写真の左端に揃えます。

    ページのテキスト

    ページの説明は、ページの最上部または最下部に配置することができます。プレビュー領域で、ページのテキストフィールドに説明を入力します。

    オフセット

    オフセットの幅を調整すると、説明の基準位置に相対して説明がページ内で上下に移動します(最上部または最下部)。例えば、ページの説明をページ上部に配置した場合、ページの説明に対するオフセットを大きくすると、説明がページ上を下方向に移動します。また写真の説明を写真の下に配置した場合、写真の説明に対するオフセットを大きくすると、説明がページ上を下方向に移動し、写真との距離が広がります。

    種類

    フォント、スタイル、カラー、ポイントサイズおよび不透明度を選択します。三角形をクリックすると、トラッキング、ベースラインシフト、行送り、カーニング、列数および余白を指定することができます。垂直方向または水平方向に揃えることもできます。

    背景

    ブックのページには、写真、グラフィックまたはカラーの背景を適用できます。背景を追加するには、次のいずれかの操作をおこないます。

    1. ブックモジュールのプレビュー領域で 1 ページまたは複数ページを選択します。

    2. (オプション)選択されていないページを含め、ブックのカバー(表紙および裏表紙)以外のすべてのページに背景を適用するには、「背景をグローバルに適用」を選択します。

    3. 次のいずれかの操作をおこないます。

      • フィルムストリップから背景パネルの「ここに写真をドロップ」プレースホルダーに写真をドラッグします。不透明度スライダーをドラッグして、透明度を調整します。

      • 背景パネルで、矢印をクリックし、グラフィック背景を選択します。カラースウォッチをクリックしてグラフィックのカラーを変更し、不透明度スライダーをドラッグして透明度を調整します。

      • 背景パネルで、「背景色」オプションを選択し、カラースウォッチをクリックしてカラーを選択します。

  4. プレビュー領域で次のいずれかの操作をおこなってページを編集します。 

    • ページに新しいセルを追加します。実行するには、次の手順に従います。

    1. プレビュー領域でページを選択します。
    2.ページ上の任意の場所を右クリック(Windows)/Control キーを押しながらクリック(Mac OS)し、コンテキストメニューから「セルを追加」>「写真」または「写真の説明」を 選択します 。

    • ページ内のセルのサイズを変更したり、ページ内のセルを移動したりします。実行するには、次の手順に従います。

    1.セルを選択します。セルの周りにバウンディングボックスが表示されます。
    2.選択したセルをページ上の特定の場所に移動するには、バウンディングボックスの中心にある正方形のアイコンをドラッグします。または、Alt(Windows)/Option(Mac OS)+ 矢印キーを使用して、選択したセルを移動します。
    3.選択したセルのサイズを調整するには、バウンディングボックスのコーナーハンドルのいずれかをドラッグします。

    • セルを前面または背面に配置します。実行するには、次の手順に従います。
    • ページの順序を変更するには、ページをドラッグします。
    • 別のレイアウトを選択するには、ページプレビューの右下隅にある「ページレイアウトを変更」ボタンをクリックします。
    • 2 つの写真を入れ替えるには、1 つのセルから別のセルに写真をドラッグします。
    • セル内の写真のサイズを調整するには、1 つまたは複数の写真を選択し、ズームスライダーをドラッグします。
    • テキストフィールドに入力します。
    • ページの変更内容をカスタムページとして保存します。実行するには、次の手順に従います。

    1. プレビュー領域でページを選択します。
    2.ページ上の任意の場所を右クリック(Windows)/Control キーを押しながらクリック(Mac OS)し、コンテキストメニューから「カスタムページとして保存」を 選択します 。右側のページパネルで、保存したカスタムページにアクセスできます。

    • 複数のセルまたはページを選択して、それらのプロパティを同時に編集します。
    • セルまたはページを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)し 、 「写真を削除」または「ページを削除」を選択して、ブックから削除します。
    • 複数ページ表示、スプレッド表示または 1 ページ表示で作業するには、ツールバーでそれぞれのボタンをクリックします。
  5. ブックを保存して、ブックモジュールを終了した後にそのブックを再度開いて作業できるようにするには、プレビュー領域で「保存ブックを作成」ボタンをクリックします。

    ブックを作成ダイアログボックスで、ブックに名前を付け、コレクションセット内に保存するかどうかを指定し、その他のオプションを選択します。次に、「作成」をクリックします。

    保存したブックが、コレクションパネルにブックアイコン  付きで表示されます。

  6. ブックの準備が完了したら、次のいずれかをクリックします。

    ブックを PDF に書き出し

    ブックをページネートした PDF ファイルに変換し、指定した場所に保存します。作成した PDF は校正刷りとして使用したり、クライアントと共有したりできます。また PDF をサービスプロバイダーやプリント Web サイトにアップロードできます。

    ブックを JPEG に書き出し

    ブック内の各ページの JPEG ファイルをレンダリングします。

    ブックを Blurb に送信

    Blurb に接続され、登録またはログインを求めるメッセージが表示されます。次に、作成したブックが Blurb アカウントにアップロードされ、プレビューとプリントができるようになります。

    Blurb にアップロードする場合:

    • アップロードするブックは、表紙と裏表紙を除いて 20 ~ 240 ページでなければなりません。

    • Blurb では、300 dpi でプリントされます。画像が 300 dpi 未満の場合、警告 アイコン  が プレビュー領域内の画像セルの右上隅に表示されます。警告をクリックすると、画像をプリントできる解像度が表示されます。Blurb は、最適な品質を確保するため、少なくとも 200 dpi の解像度を推奨しています。

    • プリント方法、価格、注文方法およびその他の Blurb の問題について詳しくは、Blurb.com のカスタマーサポートを参照してください。

    Blurb へのブックのアップロードを一時停止/再開

    ウィンドウ左上隅の「アクティビティとステータス」領域(Lightroom アイコンの隣)で、Blurb へのページのアップロードを、展開された進行状況バーで一時停止および再開できます。

アドビのロゴ

アカウントにログイン