マニュアル キャンセル

パネルとエリア

  1. Photoshop Elements ユーザーガイド
  2. Photoshop Elements の概要
    1. Photoshop Elements の新機能
    2. 必要システム構成 | Photoshop Elements
    3. ワークスペースの基本
    4. ガイドモード
    5. フォトプロジェクトの作成
  3. ワークスペースと環境
    1. ホーム画面の説明
    2. ワークスペースの基本
    3. ツール
    4. パネルとエリア
    5. ファイルを開く
    6. 定規、グリッド、ガイド
    7. 機能強化されたクイックモード
    8. ファイル情報
    9. プリセットとライブラリ
    10. マルチタッチサポート
    11. スクラッチディスク、プラグインおよびアプリケーションの更新
    12. 操作の取り消し、やり直しおよびキャンセル
    13. 画像の表示
    14. Windows 7 機能の使用
  4. 写真の補正および画質調整
    1. 画像のサイズ変更
    2. 切り抜き
    3. Camera Raw 画像ファイルの処理
    4. ぼかしの追加、色の置き換え、画像領域のコピー
    5. シャドウとライトの補正
    6. 写真のレタッチと修正
    7. 写真をシャープにする
    8. 変形
    9. 自動スマートトーン補正
    10. 再構成
    11. アクションを使用した写真の処理
    12. Photomerge Compose
    13. パノラマの作成
  5. シェイプおよびテキストの追加
    1. テキストの追加
    2. テキストの編集
    3. シェイプの作成
    4. シェイプの編集
    5. ペイントの概要
    6. ペイントツール
    7. ブラシの設定
    8. パターン
    9. 塗りつぶしおよびストローク
    10. グラデーション
    11. 日本語テキストの操作
  6. ガイド付き編集、効果、フィルター
    1. ガイドモード
    2. フィルター
    3. ガイドモード Photomerge 編集
    4. ガイドモード - 基本編集
    5. 色調補正フィルター
    6. 効果
    7. ガイドモード - 楽しい編集
    8. ガイドモード - 特殊編集
    9. アーティスティックフィルター
    10. ガイドモード カラーの編集
    11. ガイドモード - 白黒の編集
    12. ぼかしフィルター
    13. ブラシストロークフィルター
    14. 変形フィルター
    15. その他のフィルター
    16. ノイズフィルター
    17. 描画フィルター
    18. スケッチフィルター
    19. 表現手法フィルター
    20. テクスチャフィルター
  7. カラーの使用
    1. カラーについて
    2. カラーマネジメントの設定
    3. カラーおよび色調補正の基本
    4. カラーの選択
    5. カラー、彩度、色相の補正
    6. カラーバランスの補正
    7. 画像モードとカラーテーブルの使用
    8. カラーと Camera Raw
  8. 選択範囲の使用
    1. Photoshop Elements での選択範囲の指定
    2. 選択範囲の保存
    3. 選択範囲の修正
    4. 選択範囲の移動とコピー
    5. 選択範囲の編集と調整
    6. アンチエイリアスおよびぼかしにより選択範囲のエッジを滑らかにする
  9. レイヤーの使用
    1. レイヤーの作成
    2. レイヤーの編集
    3. レイヤーのコピーとアレンジ
    4. 調整レイヤーと塗りつぶしレイヤー
    5. クリッピングマスク
    6. レイヤーマスク
    7. レイヤースタイル
    8. 不透明度と描画モード
  10. フォトプロジェクトの作成
    1. プロジェクトの基本
    2. フォトプロジェクトの作成
    3. フォトプロジェクトの編集
  11. 写真の保存、プリント、共有
    1. 画像の保存
    2. 写真のプリント
    3. オンラインでの写真の配信
    4. 画像の最適化
    5. JPEG 形式として最適化
    6. Web 画像のディザ
    7. ガイド付き編集 - 配信パネル
    8. Web 画像のプレビュー
    9. 透明ピクセルとマットの使用
    10. GIF や PNG-8 形式として最適化
    11. PNG‑24 として最適化
  12. ショートカットキー
    1. ツールの選択時に使用するキー
    2. オブジェクトの選択時と移動時に使用するキー
    3. レイヤーパネルのショートカットキー
    4. パネルの表示/非表示を切り替えるときに使用するキー(エキスパートモード)
    5. ペイントおよびブラシ使用時のキー
    6. テキスト使用時のキー
    7. ゆがみフィルター使用時のキー
    8. 選択範囲を変形する時のキー
    9. スウォッチパネルのショートカットキー
    10. Camera Raw ダイアログボックス使用時のキー
    11. フィルターギャラリーのショートカットキー
    12. 描画モード使用時のキー
    13. 画像の表示時に使用するキー(エキスパートモード)

パネル

パネルは、Photoshop Elements と Elements Organizer の両方で利用可能です。ただし、それぞれの動作はいくらか異なります。パネルでは、画像の状態の管理、確認、編集ができます。一部のパネルには、追加のコマンドとオプションを提供するメニューがあります。エキスパートモードでは、基本ワークスペースとカスタムワークスペースにパネルを整理することができます。パネルはパネルエリアに保管し、作業から外しても簡単にアクセスできるようにしておくことができます。

パネルのドラッグ

パネルメニュー

一部のコマンドは、パネルメニューとメニューバーの両方に表示されます。その他のコマンドはパネルメニューにだけ表示されます。パネルメニューをクリックすると、各パネルに固有なコマンドが表示されます。

パネル内のポップアップスライダー

一部のパネルとダイアログボックスでは、ポップアップスライダーを使用できます(レイヤーパネルの「不透明度」オプションなど)。設定ボックスの横に三角形がある場合は、その三角形をクリックすると、ポップアップスライダーがアクティブになります。設定ボックスの横にある三角形の上にポインターを移動し、マウスボタンを押しながらスライダーをドラッグして数値を調節します。ポップアップスライダーの外をクリックするか、Enter キーを押すと、ポップアップスライダーが閉じます。変更をキャンセルするには、Esc キーを押します。

注意:

ポップアップスライダーボックスが開いているときに、10 %ずつ値を増減するには、Shift キーを押しながら上向き矢印または下向き矢印キーを押します。

数値を入力する他の方法

A. ダイヤル B. クリックしてウィンドウを開く C. テキストボックス D. ポップアップメニュー E. スクラブスライダー F. チェックボックス G. ホットキー H. ポップアップスライダーの三角形 

パネルの利用

パネルでは、パーツ、情報または機能が、すばやく簡単にアクセスできるよう、論理的なグループに分かれています。パネルエリアは、Photoshop Elements の右側にあります。そのときのモードに応じて、タブとパネルが表示されるか、使用する要素が表示されます。パネルエリアの表示は次のとおりです。

  • クイックモード:写真に適用できるクイックモードの効果を一覧表示
  • ガイドモード:写真に適用できるガイドモードの編集機能すべてを一覧表示
  • エキスパートモード:選択したパネル(レイヤー、効果、グラフィックまたはお気に入り)のオプションを一覧表示

エキスパートモードでのパネル

エキスパートモードでは、基本ワークスペースとカスタムワークスペースの 2 とおりの方法で表示されます。

基本ワークスペース

初期設定では、表示される使用可能なワークスペースは基本ワークスペースです。このビューでは、タスクバーに、最も頻繁に使用されるパネルのボタンが配置されています。このワークスペースにあるボタンは、「レイヤー」、「効果」、「グラフィック」および「お気に入り」です。例えば、「レイヤー」ボタンをクリックすると、レイヤー関連オプションがすべて表示されます。その他使用可能なタブをすべて表示するには、開いているタブを閉じて、「その他」をクリックします。

カスタムワークスペース

パネルエリアでタブ方式のレイアウトでパネルを表示するには、「その他」の横の矢印をクリックし、「カスタムワークスペース」を選択します。「その他」をクリックすると、使用可能なすべてのタブの一覧が表示され、ポップアップリストから 1 つ選択します。選択したタブが表示されます。カスタムワークスペースには、頻繁に使用するパネルを開いておくことができます。複数のパネルをグループ化したり、あるパネルを別のパネルの下にドッキングしたりすることもできます。タブのタイトルバーをドラッグして、タブ方式のレイアウトにドロップしたり、タブダイアログをタブ方式のレイアウトにドラッグ&ドロップすることもできます。

注意:

パネルを開いたままにしたい場合は、そのパネルをパネルエリアの外側にドラッグします。

パネルエリア

  1. パネルエリアを表示または非表示にするには、ウィンドウ/パネルエリアを選択します。
  2. パネルエリア(カスタムワークスペース)で、

    • パネルエリアからパネルを取り出すには、パネルのタイトルバーをパネルエリアの外側にドラッグします。
    • パネルエリアにパネルを追加するには、パネルのタイトルバーをパネルエリアの内側にドラッグします。
    • パネルエリアのパネルを並べ替えるには、パネルのタイトルバーを移動先にドラッグします。
    • パネルエリアでパネルを展開するまたは折りたたむには、パネル名をダブルクリックします。
  3. パネルエリアの外、カスタムワークスペースビュー内にあるパネルを使用するには、次のいずれかの操作を行います。

    • パネルを開くには、ウィンドウメニューからパネル名を選択するか、タスクバーの「その他」ボタンの横にある矢印をクリックして、パネルを選択します。
    • パネルを閉じるには、ウィンドウメニューからパネルの名前を選択します。または、パネルのタイトルバーの閉じるボタン をクリックします。
    • パネルの大きさを変更するには、パネルのコーナーをドラッグします。
    • パネルをグループ化する(複数のタブをもつ 1 つのパネルにする)には、パネルをグループ化するパネルの上にドラッグします。正しい位置にポインターを移動させると、グループ化するパネルの回りに太い線が表示されてパネルをグループ化できることを示します。パネルを別のグループに移動したい場合は、パネルのタブを移動先グループにドラッグします。パネルをグループから取り除くには、パネルのタブをグループの外にドラッグします。
    • パネルグループを移動するには、タイトルバーをドラッグします。
    • パネルまたはパネルグループを展開するまたは折りたたむには、パネルのタブまたはタイトルバーをダブルクリックします。
    • 複数のパネルをドッキングする(複数のパネルを積み重ねる)には、パネルのタブまたはタイトルバーを他のパネルの下にドラッグします。正しい位置にポインターを移動させると、ドラッグ先のパネルの下部に二重線が表示されてパネルをドッキングできることを示します。
    • パネルを初期化して元の位置に戻すには、ウィンドウ/パネルを初期化を選択します。

タスクバーの使用

タスクバー

Photoshop Elements の下部で、タスクバーには最も頻繁に使用されるパネルのボタンと、画像の編集、修正中に実行される操作が表示されます。フォトエリアとツールオプションボタンを使用して、サムネールとツールオプションの表示を切り替えることができます。操作の取り消しとやり直し、画像の回転、レイアウトの変更がすばやくできます。「Organizer」ボタンをクリックして、Photoshop Elements Organizer を起動することもできます。ホーム画面ボタンをクリックすると、ホーム画面にアクセスできます。エキスパートモードで、「その他」ボタンの横にある矢印をクリックして、基本ワークスペースとカスタムワークスペースを切り替えてオプションを表示します。

フォトエリアの使用

Photoshop Elements ウィンドウの下、タスクバーの上にフォトエリアがあり、開いている写真のサムネールが表示されます。ワークスペースに複数の写真を開いている場合に、それらを容易に切り替えることができます。フォトエリアには、画像を開くまたは閉じる、画像を非表示にする、開いている画像間を移動する、特定の画像を最前面に表示する、画像を複製する、画像を回転する、およびファイル情報を表示するためのコントロールがあります。開いている画像をクイックモードに簡単にドラッグして、編集を行うことができます。「作成」タブを使用して作成された複数ページで構成されるプロジェクトは、作成パネルで開きます。

フォトエリア

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • (Windows のみ)画像を開くには、コンピューターまたはコンピューターに接続されているあらゆる記憶装置の任意の場所(フォトブラウザーを含む)からフォトエリアにファイルをドラッグします。 
    • 開いている画像を最前面に移動するには、サムネールをクリックします。
    • 写真を並べ替えるには、フォトエリアでサムネールをドラッグします。ここで順序を変更しても、Elements Organizer での写真の順序は変更されません。
    • 画像を閉じるには、フォトエリアでサムネールを右クリックして、「閉じる」を選択します。
    • フローティングウィンドウの画像を非表示にするには、サムネールを右クリックして、コンテクストメニューから「最小化」を選択します。
    注意:

    非表示になっている画像を表示するには、フォトエリアでサムネールをダブルクリックするか、サムネールを右クリックしてコンテクストメニューから「復元」を選択します。

    • 写真のファイル情報を表示するには、サムネールを右クリックして、コンテクストメニューから「ファイル情報」を選択します。
    • 画像を複製するには、サムネールを右クリックして、コンテクストメニューから「複製」を選択し、ファイル名を指定します。
    • 画像を回転するには、サムネールを右クリックして、コンテクストメニューから「90°回転(反時計回り)」または「90°回転(時計回り)」を選択します。
    • ファイル名を表示するには、フォトエリアを右クリックして、コンテクストメニューから「ファイル名を表示」を選択します。
    • フォトエリアを手動で表示または非表示にするには、タスクバーの「フォトエリア」アイコンをクリックします。
    • フォトエリアのメニューには、フォトエリアで使用できる画像で作業する次の追加のオプションがあります。
      • フォトエリアのファイルのプリント:フォトエリアで現在選択している写真をプリントするオプションと一緒に、Photoshop Elements 印刷ダイアログボックスが開きます。
      • プロジェクトエリアのファイルをアルバムとして保存:フォトエリアの画像を含んでいるアルバムに名前を付けて保存することができます。新しいアルバムを Elements Organizer で利用できます。
      • グリッドを表示:フォトエリアの画像の周囲にグリッドを表示します。
アドビのロゴ

アカウントにログイン