レイヤーについて

レイヤーを使用することで、元の画像を変更することなく、画像に構成要素を追加し、1 つずつ処理することができます。各レイヤーでは、カラーや明るさの調整、特殊効果の適用、レイヤー上のオブジェクトの再配置、不透明度や描画モードのオプションの指定などを行うことができます。また、重なり順を変更したり、複数のレイヤーをリンクして同時に処理したりすることができます。レイヤーで Web アニメーションを作成することもできます。

レイヤーとは、積み重ねることのできる透明なフィルムのようなもので、その上には画像をペイントすることができます。レイヤーの透明部分からは、下のレイヤーが透けて見えます。各レイヤーは個別に処理することができるので、様々な効果を試すことができます。レイヤーの統合や結合(複数のレイヤーを 1 つにまとめること)を行わない限り、それぞれを独立したレイヤーとして扱うことができます。レイヤーパネルの一番下にあるレイヤー、つまり背景レイヤーは常にロック(保護)されています。これは、(通常のレイヤーに変換しない限り)重なり順、描画モード、不透明度を変更できないことを示します。

レイヤーについて
レイヤーの透明部分からは、下の各レイヤーが透けて見えます。

レイヤーはレイヤーパネル内に整理されています。Adobe Photoshop Elements で作業する場合は、このパネルを常に表示したままにします。一目見るだけで、アクティブなレイヤー(選択した編集中のレイヤー)がわかります。レイヤーはリンクできるので、1 つの単位として移動することができ、レイヤーを管理する際に役立ちます。画像内に複数のレイヤーを追加するとその画像のファイルサイズは大きくなるので、編集が終了したレイヤーを結合し、ファイルサイズを小さくすることができます。レイヤーパネルは、写真を編集するときの重要な情報源になります。レイヤーメニューを使用してレイヤーを操作することもできます。

通常のレイヤーは、ピクセルベースのレイヤー(画像レイヤー)です。この他にも、特殊効果の作成に使用できるレイヤータイプがいくつかあります。

塗りつぶしレイヤー

カラーグラデーション、べた塗り、またはパターンが含まれます。

調整レイヤー

画像を永続的に変更することなく、カラー、明るさ、彩度を(調整レイヤーを統合したり、折りたたんだりするまで)微調整できます。

テキストレイヤーとシェイプレイヤー

ベクトルベースのテキストとシェイプを作成できます。

調整レイヤーにペイントすることはできませんが、調整レイヤーのマスクにはペイントできます。塗りつぶしレイヤーまたはテキストレイヤーにペイントするには、まず通常の画像レイヤーに変換する必要があります。

レイヤーパネル

レイヤーパネル(ウィンドウ/レイヤー)には、画像に含まれているすべてのレイヤーが表示されます。レイヤーの重なり順が一番上のレイヤーから一番下のレイヤー(背景レイヤー)の順序で一覧表示されます。エキスパートモードでは、カスタムワークスペースで作業している場合に、レイヤーパネルをドラッグして別のパネルにドロップすることができます。

アクティブレイヤー(作業中のレイヤー)は、見分けやすいようにハイライト表示されます。画像に対する作業中は、アクティブレイヤーがどれかを確認して、実行中の調整や編集が適切なレイヤーに適用されるようにしてください。例えば、コマンドを選択しても何も起こらない場合は、アクティブレイヤーが表示されていることを確認してください。

パネルのアイコンを使用して、レイヤーの作成、表示と非表示の切り替え、リンク、ロック、削除などの様々な作業を行うことができます。一部の例外を除き、変更はハイライト表示されている選択したレイヤー(アクティブレイヤー)だけに適用されます。

レイヤーパネル
レイヤーパネル

A. 描画モードメニュー B. レイヤーの表示 / 非表示 C. 別のレイヤーにリンクされているレイヤー D. レイヤーのプレビュー E. アクティブレイヤー(ハイライト表示) F. ロックしているレイヤー G. スタイルが適用されたレイヤー 

パネルには、レイヤーリストにサムネール、レイヤー名、各レイヤーに関する情報を示すアイコンが表示されます。

表示しているレイヤーです。レイヤーの表示と非表示を切り替えるには、目のアイコンをクリックします。レイヤーが非表示の場合、アイコンは です。非表示のレイヤーはプリントされません。

アクティブレイヤーにリンクしているレイヤーです。

ロックしているレイヤーです。

Adobe Photoshop から取り込まれたレイヤーグループを含む画像です。Photoshop Elements では、レイヤーセットは折りたたんだ状態でだけ表示され、編集することはできません。編集可能な画像を作成するには、レイヤーセットをラスタライズする必要があります。

パネルのボタンは、様々な操作を行うために使用します。

新規レイヤーを作成します。

新規グループを作成します。

塗りつぶしレイヤーまたは調整レイヤーを新規作成します。

レイヤーを削除します。

透明ピクセルをロックします。

パネルの上部には、描画モードメニュー(通常、ディザ合成、比較(暗)など)、「不透明度」テキストボックス、レイヤーコマンドのメニューとパネルオプションを表示する詳細ボタンもあります。

レイヤーの追加

新しく追加したレイヤーは、レイヤーパネル内で現在選択しているレイヤーの上に表示されます。次のいずれかの方法を使用して、画像にレイヤーを追加できます。

  • 新しい空白のレイヤーを作成するか、選択範囲をレイヤーに変換します。

  • 背景レイヤーを通常のレイヤーに変換する、または通常のレイヤーを背景レイヤーに変換します。

  • 選択範囲を画像にペーストします。

  • 文字ツールまたはシェイプツールを使用します。

  • 既存のレイヤーを複製します。

    1 つの画像に最大 8,000 枚のレイヤーを作成してそれぞれのレイヤーに固有の描画モードと不透明度を指定することができます。ただし、メモリ容量によっては、作成できるレイヤーの数が制限される場合があります。

新しい空白のレイヤーの作成および命名

  1. Photoshop Elements で、次のいずれかの操作を行います。
    • 初期設定の名前と設定でレイヤーを作成するには、レイヤーパネルの新規レイヤーボタンをクリックします。通常モードで不透明度 100 %のレイヤーが作成され、作成順序に従って名前が自動的に割り当てられます(新規のレイヤー名を変更するには、そのレイヤーをダブルクリックして新しい名前を入力します)

    • レイヤーを作成し、名前とオプションを指定するには、レイヤー/新規/レイヤーを選択するか、レイヤーパネルメニューから「新規レイヤー」を選択します。名前とその他のオプションを指定し、「OK」をクリックします。

      レイヤーパネル上では、新規レイヤーが自動的に選択され、最後に選択したレイヤーの上に表示されます。

別のレイヤーの一部からの新規レイヤーの作成

元画像を変更することなく、画像の一部を新規作成したレイヤーに移動することができます。

  1. 既存のレイヤーを選択し、選択範囲を指定します。
  2. 次のいずれかを選択します。
    • 選択範囲を新しいレイヤーにコピーするには、レイヤー/新規/選択範囲をコピーしたレイヤーを選択します。

    • 選択範囲をカットして新しいレイヤーにペーストするには、レイヤー/新規/選択範囲をカットしたレイヤーを選択します。

    新しいレイヤーに選択した領域が表示されます。表示される位置は、元のレイヤーでの位置と同じです。

別のレイヤーの一部をコピーすることによる新規レイヤーの作成
別のレイヤーの一部をコピーして新しいレイヤーにペーストすることによる新規レイヤーの作成

背景レイヤーから通常のレイヤーへの変換

背景レイヤーとは、画像の一番下にあるレイヤーです。その他のレイヤーは、背景レイヤーの上に積み重ねられ、通常は写真の画像イメージを含んでいます(画像イメージがない場合もあります)。画像を保護するため、背景レイヤーは常にロックされています。背景レイヤーの重なり順、描画モード、不透明度を変更するには、まず通常のレイヤーに変換する必要があります。

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • レイヤーパネルで、背景レイヤーをダブルクリックします。

    • レイヤー/新規/背景からレイヤーへを選択します。

    • 背景レイヤーを選択し、レイヤーパネルメニューから「レイヤーを複製」を選択して、背景レイヤーには変更を加えずに、背景レイヤーのコピーを新しいレイヤーとして作成します。

    注意:

    どのように背景レイヤーを変換しても、背景レイヤーを選択し、詳細メニューから「レイヤーを複製」を選択するだけで、変換したレイヤーの複製を作成できます。

  2. 新しいレイヤーに名前を付けます。

    注意:

    背景レイヤーに背景消しゴムツールをドラッグすると、自動的に通常のレイヤーに変換され、消された部分は透明になります。

レイヤーから背景レイヤーへの変更

画像に既に背景レイヤーが設定されている場合は、通常のレイヤーを背景レイヤーに変換することはできません。この場合、最初に、背景レイヤーを通常のレイヤーに変換する必要があります。

  1. レイヤーパネルからレイヤーを選択します。
  2. レイヤー/新規/レイヤーから背景へを選択します。

    元のレイヤーの透明な部分は、背景色で塗りつぶされます。

レイヤーの管理

新規グループの作成

新しいグループを作成すると、煩雑にならないようにレイヤーを整理できます。次のいずれかの操作を行います。

  • 新しいグループを初期設定で作成するには、エキスパートモードのレイヤーパネルで新規グループ作成アイコンをクリックします。
  • カスタマイズした設定で新しいグループを作成するには、次の手順に従います。
    • レイヤー/新規/グループを選択します。
    • ダイアログボックスで、名前とその他のオプションを指定し、「OK」をクリックします。

レイヤーまたはグループへのカラーの適用

レイヤーやグループにカラーを指定すると、レイヤーパネルで関連レイヤーを見分けやすくなります。レイヤーまたはグループを右クリックし、カラーを選択します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー