仮想記憶ディスク

操作を実行するのに十分な RAM がシステムにない場合、Photoshop Elements は仮想記憶ディスクを使用します。仮想記憶ディスクとは、メモリの代わりに使用されるドライブまたはパーティションのことです。Photoshop Elements は、オペレーティングシステムがインストールされているハードディスクを一次仮想記憶ディスクとして使用するように初期設定されています。

一次仮想記憶ディスクを変更したり、追加の仮想記憶ディスクを指定することができます。一次ディスクがいっぱいになると、追加仮想記憶ディスクが使用されます。一次仮想記憶ディスクとして、最速のハードディスクを設定してください。ディスクに、最適化済みの空き容量が十分あることを確認します。

パフォーマンスの低下を防ぐため、仮想記憶ディスクを割り当てるときには次のガイドラインを参考にしてください。

  • 仮想記憶ディスクは、Photoshop Elements や編集中の大きなファイルが置かれている同じ物理ドライブ上に作成しないでください。

  • 仮想記憶ディスクは、オペレーティングシステムの仮想メモリに使用されている物理ドライブ上に作成しないでください。

  • 仮想記憶ディスクは、ネットワークドライブではなく、ローカルドライブに作成してください。

  • 仮想記憶ディスクは、従来型(リムーバブルでない)メディアに作成してください。

  • RAID ディスクやディスクアレイは、仮想記憶ディスク専用のボリュームに適しています。

  • 仮想記憶ディスクのあるドライブは、定期的に最適化してください。また、可能な限り、空のドライブや未使用の容量が十分あるドライブを使用して、断片化を回避してください。

仮想記憶ディスクの変更

Photoshop Elements は、ハードディスク上の連続した領域に仮想記憶ディスクを作成します。ハードドライブ、特に仮想記憶ディスクが置かれているハードドライブを頻繁に最適化することにより、連続したスペースを利用できるようになります。ディスクツールユーティリティを使用して、ハードディスクの断片化をなくす作業を定期的に行うことをお勧めします。ディスクの最適化を行うユーティリティについては、Windows のマニュアルを参照してください。

  1. Windows では、編集/環境設定/パフォーマンスを選択します。Mac OS では、Photoshop Elements/環境設定/パフォーマンスを選択します。
  2. 割り当てるディスクを仮想記憶ディスク一覧から選択します(最大 4 個の仮想記憶ディスクを割り当てることができます)。

  3. 仮想記憶ディスクを選択し、仮想記憶ディスク一覧の横にある矢印キーを使用して、仮想記憶ディスクを使用する順序を並べ替えます。

  4. 「OK」をクリックし、Photoshop Elements を再起動して変更を有効にします。

プラグイン

アドビ システムズ 株式会社 およびその他のソフトウェア開発者は、Photoshop Elements に機能を追加するプラグインを作成します。Photoshop Elements には、読み込み、書き出し、特殊効果の処理などを行うプラグインが多数組み込まれており、これらのプラグインは Photoshop Elements のプラグインおよびオプションプラグインフォルダーに格納されています。

インストールされると、プラグインモジュールは次のように表示されます。

  • 読み込みまたは書き出しメニューに追加されたオプション
  • フィルターメニューに追加されたフィルター
  • 開くダイアログボックスおよび名前を付けて保存ダイアログボックスでのファイル形式

インストールしたプラグインの数が多すぎると、一部のプラグインが Photoshop Elements で適切なメニューに表示されない場合があります。このような場合、新しくインストールしたプラグインは、フィルター/その他サブメニューに表示されます。プラグインまたはプラグインフォルダーを読み込まないようにするには、チルダ記号「~」をプラグインファイル名またフォルダー名の先頭に付けます。プログラムは、起動中、チルド文字でマークされたファイルを無視します。インストールしたプラグインの情報を表示するには、ヘルプ/プラグインについてを選択し、サブメニューからプラグインを選択します。

注意:

オプションのプラグインモジュールを使用するには、オプションのプラグインフォルダーから、プラグインフォルダーの適切なサブフォルダーにプラグインモジュールをコピーします。それから、プラグインモジュールをインストールし、Photoshop Elements を再起動します。

他のアプリケーションに付属する互換プラグインを読み込むための追加のプラグインフォルダーを選択することができます。システムの別のフォルダーに保存されているプラグインのショートカットを作成することもできます。そのショートカットまたはエイリアスをプラグインフォルダーに追加すると、プラグインを Photoshop Elements で使用できます。

プラグインモジュールのインストール

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • プラグイン用のインストーラーがある場合はそれを使用します。
    • プラグインに添付されたインストールの手順に従います。
    • プラグインファイルが圧縮されていないことを確認してから、Photoshop Elements フォルダー内の適切なプラグインフォルダーにファイルをコピーします。

追加のプラグインフォルダーの選択

他のアプリケーションに付属する互換プラグインを読み込むための追加のプラグインフォルダーを選択することができます。

  1. Windows では、編集/環境設定/プラグインを選択します。Mac OS では、Photoshop Elements/環境設定/プラグインを選択します。
  2. 環境設定ダイアログボックスで、「追加のプラグインフォルダー」を選択し、リストからフォルダーを選択して「選択」をクリックします。

  3. フォルダーの内容を表示するには、フォルダーをダブルクリックします。フォルダーのパスが、環境設定ダイアログボックスに表示されます。

    注意:

    Photoshop Elements のプラグインフォルダー内の場所を指定しないでください。

  4. Photoshop Elements を再起動し、プラグインを読み込みます。

初期設定のプラグインのみの読み込み

Photoshop Elements が起動すると、事前にインストール済み、サードパーティまたは追加のプラグインフォルダーにあるプラグインがすべて読み込まれます。Photoshop Elements に出荷時に付属しているインストール済みのプラグインのみを読み込むには、ソフトウェアを起動中に Shift キーを押したままにします。質問されたら、確認を求めるダイアログで「はい」をクリックして、オプションおよびサードパーティのプラグインの読み込みをスキップします。

アプリケーションアップデート

注意:

アプリケーションアップデートのオプションは、Windows アプリストア版の Photoshop Elements では使用できません。

アプリケーションアップデートのオプション
環境設定ダイアログのアプリケーションアップデート

アプリケーションアップデートをインストールするタイミングを設定できます。Photoshop Elements、Premiere Elements、Elements Organizer では、アプリケーションアップデートが利用可能になった場合の対応をこのオプションで設定します。

アップデートダイアログにアクセスするには、Ctrl または command + K キーを押して環境設定ダイアログを開き、アプリケーションアップデートタブを選び、次の項目を選択します。

  • アップデートを自動的にダウンロードしてインストール:利用可能なアップデートをダウンロードして、次にアプリケーションを再起動するときにインストールします。
  • アップデートが利用可能になったときに通知:アップデートが利用可能になったときにアプリケーション内で通知されます。アップデートを後にするか、アップデートプロセスを開始する通知を使用するかを選択することができます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー