ガイドモードとガイド付き編集

ガイドモードでは、ウィザードのようなインターフェイスであるガイド付き編集を使用して、定義済みの各種効果を実現できます。各ガイド付き編集には画像が関連付けられており、マウスのポインターを画像に移動すると、適用される効果が表示されます。

ガイドモード画面では、ガイド付き編集が 6 つのカテゴリに分類されています。処理を施すには、目的の写真を開き、カテゴリのサムネールをクリックします。

ガイドモード
ガイドモード画面と各種ガイド付き編集カテゴリ

注意:

使用できるガイド付き編集は、Photoshop Elements バージョンによって異なります。

ガイド付き編集のカテゴリ

基本編集

明るさとコントラスト

画像の明るさとコントラストを調整します。詳しくは、明るさとコントラストを参照してください。

肌色補正

カラーキャスト(色かぶり)を削除したり、肌色を補正したりします。詳しくは、肌色補正を参照してください。

写真を切り抜き

画像を切り抜いて、構図を仕上げます。詳しくは、写真を切り抜きを参照してください。

レベル

写真の明るさ、コントラスト、階調範囲を調整します。詳しくは、レベルを参照してください。

明るさを調整

写真のシャドウ、ハイライト、中間トーンを調整します。詳しくは、明るさを調整を参照してください。

写真のサイズ変更

ピクセル、インチ、バイト単位で特定のサイズ要件を満たす写真バージョンを手早く作成できます。詳しくは、写真のサイズ変更を参照してください。

回転と角度補正

写真を 90 度単位で回転したり、画像全体にわたって線を引いて角度を補正したりできます。詳しくは、回転と角度補正を参照してください。

シャープ

画像がより鮮明になります。詳しくは、シャープを参照してください。

ビネット効果

ビネット効果を適用して、写真の中央に位置する人物、グループ、被写体の重要性を強調します。詳しくは、ビネット効果を参照してください。

カラー編集

カラーを調整

画像の色相、彩度、明度を調整します。詳しくは、カラーを調整を参照してください。

ロモカメラ効果

写真が高コントラストで高彩度に仕上がります。詳しくは、ロモカメラ効果を参照してください。

カラーバランスを補正

写真のカラーバランスを補正します。詳しくは、カラーバランスを補正を参照してください。

高彩度フィルム効果

写真に高彩度の古いスライドフィルムのような感じを加えます。詳しくは、高彩度フィルム効果.

白黒

白黒

カラー画像から白黒画像を作成します。様々な白黒プリセットが用意されており、適用すると明瞭な白黒写真を作成したり、光彩拡散効果を写真に加えて超現実的な夢の中のように仕上げたりできます。詳しくは、白黒を参照してください。

白黒:カラーの強調

画像に含まれる 1 色だけを強調し、他の色の彩度を低くします。初期設定の色(レッド、イエロー、ブルー、グリーン)を使用することも、効果を調節するためのオプションを使用することもできます。詳しくは、白黒:カラーの強調を参照してください。

白黒:選択

写真の選択部分の色の彩度を低くすることができます。写真の一部の彩度を下げると、写真のその他の領域は自動的にハイライトされたように見えます。詳しくは、白黒:選択を参照してください。

ハイキー

アップビートでポジティブな感触を与えるため、写真に微妙で、夢のような効果を追加します。詳しくは、ハイキーを参照してください。

写真から線画を作成

写真を変換して、鉛筆によるスケッチのように仕上げます。詳しくは、写真から線画を作成を参照してください。

ローキー

ローキー効果を適用することで、シャドウを強調し、エッジを強調し、写真に劇的な仕上がりを追加します。詳しくは、ローキーを参照してください。

楽しい編集

二重露光

2 枚の画像をマージして、シュールな二重露光の効果を作成します。詳しくは、二重露光を参照してください。

効果のコラージュ

写真の各部に効果を適用できます。詳しくは、効果のコラージュを参照してください。

Meme Maker

このガイド付き編集では、写真とテキストを、ソーシャルメディアに共有できる楽しいミームに変換します。詳しくは、Meme Maker ガイド付き編集を参照してください。

マルチ写真テキスト

このガイド付き編集では、各文字の中に様々な写真を貼り付けたビジュアルテキストを作成します。詳しくは、マルチ写真テキストガイド付き編集を参照してください。

昔風の写真

写真を昔風に仕上げます。詳しくは、昔風の写真を参照してください。

枠からはみ出させる効果

画像にフレームを追加し、画像の選択部分をフレームの外に表示できます。詳しくは、枠からはみ出させる効果を参照してください。

絵画風

様々なテクスチャのカンバスにブラシで写真を描き出したり、各種ペイント効果を適用したりすることによって、アーティスティックな作品を生み出すことができます。詳しくは、画家風を参照してください。

パーシャルスケッチ

このガイド付き編集では、お気に入りの写真の一部を芸術的なスケッチにします。詳しくは、パーシャルスケッチガイド付き編集を参照してください。

写真テキスト

写真を背景に用い、その上にステンシルされた楽しいテキストを作成できます。詳しくは、写真テキストを参照してください。

写真のスタック

写真にフレームを追加し、クリエイティブなコラージュのように仕上げることができます。詳しくは、写真のスタックを参照してください。

ポップアート

3 つの簡単な手順で画像をポップアートに変換できます。詳しくは、ポップアートを参照してください。

パズル効果

パズルのピースをはめ合わせて作成されるような写真の視覚効果を作成します。本来の場所からパズルをいくつか抜き取って配置することで、未完のパズルのような雰囲気を出すこともできます.詳しくは、パズル効果を参照してください。

反射

あらかじめ定義された反射効果を選択して、少ない手順で画像に効果を適用できます。詳しくは、反射を参照してください。

シェイプオーバーレイ効果

あらかじめ定義されたシェイプや効果を写真に追加して、仕上がりに磨きをかけます。詳しくは、シェイプオーバーレイ効果を参照してください。

スピード効果

被写体に動きやスピードを感じさせる効果を加えます。詳しくは、スピード効果を参照してください。

スピード撮影効果

背景をぼかして、写真の被写体にスピード感を加えます。詳しくは、スピード撮影効果を参照してください。

露光間ズーム効果

写真の中央にあるオブジェクトに注意を引き付けることで、オブジェクトが動いているような錯覚を引き起こします。詳しくは、露光間ズーム効果を参照してください。

特殊編集

被写界深度

画像の選択された領域に焦点を合わせ、その他の領域をぼかすことができます。詳しくは、被写界深度を参照してください。

フレーム作成

ライブラリにあるどの写真からでもフォトフレームを作成できます。カスタムフレームを手早く作成して写真を枠に収めることができます。詳しくは、フレーム作成を参照してください。

オートン効果

写真に夢の中のような柔らかい見た目を与えることができます。詳しくは、オートン効果を参照してください。

顔写真をきれいに

使いやすいツールを使用して、しみを除去し、画像の各部の見栄えを良くすることによって、顔写真をきれいにします。詳しくは、顔写真をきれいにを参照してください。

再構成

最も重要な部分を失うことなく、写真のサイズを簡単に変更できます。詳しくは、再構成を参照してください。

背景を置き換え

写真の背景を、用意されているプリセット、カラー、独自の背景に置き換えることができます。詳しくは、背景を置き換えを参照してください。

古い写真の復元

写真は、天候や紙の質の影響、または不注意が原因で、時間の経過に伴い損傷する場合があります。損傷した写真をデジタル化した後、様々なツールを使用して、裂け目、変色、汚れ、またはその他の欠陥を除去して画像を復元することができます。古い写真の復元では、段階を追ったプロセスを通して、画像を復元するために必要なすべてのツールを 1 つのワークフローで提示します。詳しくは、古い写真の復元を参照してください。

傷や汚れ

修復ブラシまたはスポット修復ブラシを使用して、画像の傷(大きさを問わず)を補正します。詳しくは傷や汚れを参照してください。

テキストと境界線のオーバーレイ

このガイド付き編集では、あなたのストーリーを物語るテキスト付きのスタイリッシュな境界線を追加します。詳しくは傷や汚れを参照してください。

チルトシフト

チルトシフト効果を適用して特定の縦横比または写真内のオブジェクトに焦点を当てながら、写真内の他のオブジェクトから選択的に焦点を外します。写真に擬似ミニチュア効果ももたらします。詳しくは、チルトシフトを参照してください。

水彩画効果

写真に水彩画のような効果を与えることができます。詳しくは、水彩画効果を参照してください。

Photomerge

Photomerge Compose

画像の一部を置き換えることができます。例えば、ある写真で人物を選択し、それを別の写真に追加することができます。2 つの画像(抽出元と抽出先)を用意し、領域を選択し、抽出元の画像から切り抜き、抽出先の画像に貼り付けます。さらに、仕上がりが自然になるよう、大きさや色合いを調節します。詳しくは、Photomerge Compose を参照してください。

Photomerge Exposure

Photomerge Exposure を使用すると、露光量に問題がある写真のシーンを効率的に処理することができます。2 枚の写真を合成して、適切な露出の写真を作成できます。詳しくは、Photomerge Exposure を参照してください。

Photomerge Faces

複数の顔の特長を組み合わせて、1 つの顔を合成できます。詳しくは、Photomerge Faces を参照してください。

Photomerge Group Shot

複数のグループ写真から完全な 1 枚の写真を作成します。詳しくは、Photomerge Group Shot を参照してください。

Photomerge Scene Cleaner

複数の写真から余計な映り込みのない 1 枚の写真を作成します。例えば、景色に入り込んだ観光客などの不要なエレメントを取り除くことができます。詳しくは、Photomerge Scene Cleaner の使用を参照してください。

  • Photomerge Scene Cleaner:複数の写真から完璧な風景写真を作成できます。例えば、景色に入り込んだ観光客などの不要なエレメントを取り除くことができます。
  • Photomerge Scene Cleaner:複数の写真から完璧な風景写真を作成できます。例えば、景色に入り込んだ観光客などの不要なエレメントを取り除くことができます。

Photomerge Panorama

複数の画像をつなぎ合わせることができます。つなぎ合わせがうまくいくようにするには、撮影された風景に共通の重なり合う領域が必要です。詳しくは、Photomerge Panorama を参照してください。

ガイド付き編集の使用

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • Photoshop Elements で写真を開きます。
    • フォトエリアで写真を選択します。
  2. Photoshop Elements ウィンドウで「ガイド」をクリックします。

  3. ガイドモードの画面から以下のカテゴリのいずれかを選択します。

    • 基本
    • カラー
    • モノクロ
    • 楽しい編集
    • 特殊編集
    • Photomerge
  4. 用意されているオプションからガイド付き編集を 1 つ選択します。

    写真が開き、編集オプションが表示されます。

  5. (オプション)ズームオプションを使用して写真をズームインまたはズームアウトできます。

  6. 写真に変更を施します。

  7. (オプション)表示ドロップダウンで結果を確認します。次のいずれかのオプションを選択できます。

    • 補正後のみ
    • 補正前のみ
    • 補正前と補正後 - 左右に並べて表示
    • 補正前と補正後 - 上下に並べて表示

     

    • 補正前と補正後 - 左右に並べて表示
  8. 狙いどおりの成果が得られたら、「次へ」をクリックし、次におこなう処理を選択します。

    • 保存 - 保存/別名で保存:新しく作成した画像を使用可能ないずれかの形式で保存します。
    • 編集を続行 - クイックモードまたはエキスパートモード:画像の作業をクイックモードまたはエキスパートモードのどこで続けるかを選択します。
    • 共有 - Flickr/Twitter:Photoshop Elements から、ソーシャル/共有サービスを選択して、画像をオンラインで公開します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー