マニュアル キャンセル

調整レイヤーと塗りつぶしレイヤー

  1. Photoshop Elements ユーザーガイド
  2. Photoshop Elements の概要
    1. Photoshop Elements の新機能
    2. 必要システム構成 | Photoshop Elements
    3. ワークスペースの基本
    4. ガイドモード
    5. フォトプロジェクトの作成
  3. ワークスペースと環境
    1. ホーム画面の説明
    2. ワークスペースの基本
    3. ツール
    4. パネルとエリア
    5. ファイルを開く
    6. 定規、グリッド、ガイド
    7. 機能強化されたクイックモード
    8. ファイル情報
    9. プリセットとライブラリ
    10. マルチタッチサポート
    11. スクラッチディスク、プラグインおよびアプリケーションの更新
    12. 操作の取り消し、やり直しおよびキャンセル
    13. 画像の表示
    14. Windows 7 機能の使用
  4. 写真の補正および画質調整
    1. 画像のサイズ変更
    2. 切り抜き
    3. Camera Raw 画像ファイルの処理
    4. ぼかしの追加、色の置き換え、画像領域のコピー
    5. シャドウとライトの補正
    6. 写真のレタッチと修正
    7. 写真をシャープにする
    8. 変形
    9. 自動スマートトーン補正
    10. 再構成
    11. アクションを使用した写真の処理
    12. Photomerge Compose
    13. パノラマの作成
  5. シェイプおよびテキストの追加
    1. テキストの追加
    2. テキストの編集
    3. シェイプの作成
    4. シェイプの編集
    5. ペイントの概要
    6. ペイントツール
    7. ブラシの設定
    8. パターン
    9. 塗りつぶしおよびストローク
    10. グラデーション
    11. 日本語テキストの操作
  6. ガイド付き編集、効果、フィルター
    1. ガイドモード
    2. フィルター
    3. ガイドモード Photomerge 編集
    4. ガイドモード - 基本編集
    5. 色調補正フィルター
    6. 効果
    7. ガイドモード - 楽しい編集
    8. ガイドモード - 特殊編集
    9. アーティスティックフィルター
    10. ガイドモード カラーの編集
    11. ガイドモード - 白黒の編集
    12. ぼかしフィルター
    13. ブラシストロークフィルター
    14. 変形フィルター
    15. その他のフィルター
    16. ノイズフィルター
    17. 描画フィルター
    18. スケッチフィルター
    19. 表現手法フィルター
    20. テクスチャフィルター
  7. カラーの使用
    1. カラーについて
    2. カラーマネジメントの設定
    3. カラーおよび色調補正の基本
    4. カラーの選択
    5. カラー、彩度、色相の補正
    6. カラーバランスの補正
    7. 画像モードとカラーテーブルの使用
    8. カラーと Camera Raw
  8. 選択範囲の使用
    1. Photoshop Elements での選択範囲の指定
    2. 選択範囲の保存
    3. 選択範囲の修正
    4. 選択範囲の移動とコピー
    5. 選択範囲の編集と調整
    6. アンチエイリアスおよびぼかしにより選択範囲のエッジを滑らかにする
  9. レイヤーの使用
    1. レイヤーの作成
    2. レイヤーの編集
    3. レイヤーのコピーとアレンジ
    4. 調整レイヤーと塗りつぶしレイヤー
    5. クリッピングマスク
    6. レイヤーマスク
    7. レイヤースタイル
    8. 不透明度と描画モード
  10. フォトプロジェクトの作成
    1. プロジェクトの基本
    2. フォトプロジェクトの作成
    3. フォトプロジェクトの編集
  11. 写真の保存、プリント、共有
    1. 画像の保存
    2. 写真のプリント
    3. オンラインでの写真の配信
    4. 画像の最適化
    5. JPEG 形式として最適化
    6. Web 画像のディザ
    7. ガイド付き編集 - 配信パネル
    8. Web 画像のプレビュー
    9. 透明ピクセルとマットの使用
    10. GIF や PNG-8 形式として最適化
    11. PNG‑24 として最適化
  12. ショートカットキー
    1. ツールの選択時に使用するキー
    2. オブジェクトの選択時と移動時に使用するキー
    3. レイヤーパネルのショートカットキー
    4. パネルの表示/非表示を切り替えるときに使用するキー(エキスパートモード)
    5. ペイントおよびブラシ使用時のキー
    6. テキスト使用時のキー
    7. ゆがみフィルター使用時のキー
    8. 選択範囲を変形する時のキー
    9. スウォッチパネルのショートカットキー
    10. Camera Raw ダイアログボックス使用時のキー
    11. フィルターギャラリーのショートカットキー
    12. 描画モード使用時のキー
    13. 画像の表示時に使用するキー(エキスパートモード)

調整レイヤーと塗りつぶしレイヤー

調整レイヤーを使用すると、画像内のピクセル自体を変更することなく、カラー調整や色調補正を試すことができます。調整レイヤーは、それより下のレイヤーのカラーを調整するベールのようなものです。初期設定では、調整レイヤーの効果はその下のすべてのレイヤーに適用されますが、この動作は変更することができます。調整レイヤーを作成すると、そのレイヤーの調整を示す白いボックスがレイヤーパネルに表示されます。

塗りつぶしレイヤーを使用すると、レイヤーを単一色やグラデーション、パターンで塗りつぶすことができます。調整レイヤーとは異なり、塗りつぶしレイヤーは下のレイヤーに影響を与えません。塗りつぶしレイヤーにペイントするには、まず通常のレイヤーに変換(ラスタライズ)する必要があります。

調整レイヤーと塗りつぶしレイヤーの不透明度および描画モードオプションは、画像レイヤーと同じです。また画像レイヤーと同様に、移動したり再配置することができます。初期設定では、調整レイヤーと塗りつぶしレイヤーには、そのタイプに応じて名前が付けられます(べた塗りレイヤー、階調の反転調整レイヤーなど)。

調整レイヤーを作成メニュー

A. 塗りつぶしレイヤー B. 調整レイヤー 

調整レイヤーの作成

  1. レイヤーパネルで、操作する一番上のレイヤーを選択します。
  2. 調整レイヤーの効果をそのレイヤーの特定の領域だけに適用するには、選択範囲を指定します。
  3. 次のいずれかの操作を行います。
    • 調整レイヤーの下のすべてのレイヤーに適用するには、レイヤーパネルにある塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成ボタンをクリックします。次のいずれかの調整タイプを選択します。(メニューの最初の 3 つのオプションは、調整レイヤーではなく、塗りつぶしレイヤーです)。

    元の画像と、色相・彩度調整が適用された画像。調整レイヤーの下のレイヤーだけに調整が適用されます。

    • 調整レイヤーの下の 1 つのレイヤー、または重なっている複数のレイヤーだけに調整を適用するには、レイヤー/新規調整レイヤー/[調整タイプ] を選択します。新規レイヤーダイアログボックスで、「下のレイヤーを使用してクリッピングマスクを作成」を選択し、「OK」をクリックします。

    レベル補正

    画像の色調の値を補正します。

    明るさ・コントラスト

    画像を明るくまたは暗くします。

    色相・彩度

    画像のカラーを調整します。

    グラデーションマップ

    選択している画像に対して、指定したグラデーションカラーを適用し、効果を追加します。

    レンズフィルター

    画像のカラーバランスと色温度を調整します。

    階調の反転

    画像の明るさの値に基づいてネガを作成することで、写真のネガのような効果を実現します。

    しきい値

    画像をモノクロ(グレーなし)で描画します。これにより、最も明るい領域と最も暗い領域を特定することができます。

    ポスタリゼーション

    画像の明るさの値(レベル)を下げてカラーの数を減らすことで、平面的なポスターのような効果を実現します。

  4. このダイアログボックスでオプションを指定し、「OK」をクリックします

    手順 3 で「下のレイヤーを使用してクリッピングマスクを作成」を選択した場合、調整レイヤーはその直下のレイヤーとグループ化され、効果はそのグループだけに適用されます。

  5. グループにレイヤーを追加するには、Alt キー(Mac OS の場合は Option キー)を押しながら、グループの一番下のレイヤーとその直下のレイヤーとの境界線上にポインターを配置します。ポインターの形状が 2 つの重なった円に変わったらクリックします。
    注意:

    スマートブラシツールまたは詳細スマートブラシツールを使用して補正を適用すると、自動的に調整レイヤーが作成されます。

塗りつぶしレイヤーの作成

  1. レイヤーパネルで、塗りつぶしレイヤーの真下になるレイヤーを選択します。
  2. 塗りつぶしレイヤーの効果を特定の領域だけに適用するには、選択範囲を指定します。
  3. 次のいずれかの操作を行います。
    • レイヤーパネルにある塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成ボタンをクリックし、作成する塗りつぶしタイプを選択します。(パネルに表示される最初の 3 つのオプションは塗りつぶしレイヤーで、他のオプションは調整レイヤーです)。

    • レイヤー/新規塗りつぶしレイヤー/[塗りつぶしタイプ] を選択します。新規レイヤーダイアログボックスで「OK」をクリックします。

    べた塗り

    カラーピッカーで選択した単一色で塗りつぶされたレイヤーを作成します。

    グラデーション

    グラデーションで塗りつぶされたレイヤーを作成します。グラデーションメニューから既定のグラデーションを選択することができます。グラデーションエディターでグラデーションを編集するには、「グラデーション」の横のボックスをクリックします。画像ウィンドウ内でドラッグし、グラデーションの中心を移動することもできます。

    また、グラデーション形状(スタイル)とグラデーションを適用する角度(角度)を指定することもできます。さらに、「逆方向」は向きを反転し、「ディザ」はグラデーション描画時に発生する階調の色ムラが目立たないようにし、「選択範囲内で作成」はレイヤーの選択範囲を使用してグラデーションの塗りつぶしを計算します。

    パターン

    パターンで塗りつぶされたレイヤーを作成します。パターンをクリックし、ポップアップパネルからパターンを選択します。パターンを拡大・縮小して「元の場所にスナップ」を選択すると、パターンの原点をドキュメントウィンドウの原点に配置できます。塗りつぶしレイヤーの移動に応じてパターンも移動するように指定するには、「レイヤーにリンク」を選択します。パターンで塗りつぶしダイアログボックスが開いている間は、このオプションを選択しているときも、画像内でドラッグしてパターンを移動できます。パターン設定を編集した後に新しいプリセットパターンを作成するには、このパターンから新規プリセットを作成ボタンをクリックします。

調整レイヤーまたは塗りつぶしレイヤーの編集

  1. 次のいずれかの操作を行って、調整オプションまたは塗りつぶしオプションのダイアログボックスを開きます。
    • レイヤーパネルで、調整レイヤーまたは塗りつぶしレイヤーの左端にあるサムネールをダブルクリックします。

    • パネルでレイヤーを選択し、レイヤー/レイヤーオプションを選択します。

  2. 変更を行い、「OK」をクリックします。

調整レイヤーの結合

調整レイヤーや塗りつぶしレイヤーは、その下のレイヤー、選択した他のレイヤー、それ自体のグループのレイヤー、リンク先のレイヤー、および表示されたその他のすべてのレイヤーと結合できます。ただし、調整レイヤーまたは塗りつぶしレイヤーを、結合元となるベースレイヤーやターゲットレイヤーとすることはできません。

調整レイヤーや塗りつぶしレイヤーをその下にあるレイヤーと結合すると、調整結果がラスタライズされて結合後のレイヤーに適用されるので、変更できなくなります。調整結果が、結合された調整レイヤーの下にある他のレイヤーに影響を与えることはありません。塗りつぶしレイヤーを結合せずに画像レイヤーに変換(ラスタライズ)することもできます。

調整レイヤーや塗りつぶしレイヤーのマスク(レイヤーパネル内でレイヤーの右端にあるサムネール)に白の値だけが含まれる場合は、ファイルサイズが極端に大きくなることはないので、ファイル容量を節約するために結合する必要はありません。

レイヤーマスクの編集

レイヤーマスクは、レイヤーの一部またはレイヤー全体が表示されるのを防ぎます。マスクを使用して、イメージまたは効果の一部を表示または非表示にします。調整レイヤーに追加されているレイヤーマスク(右のサムネール)が白い場合、調整結果はその下にあるレイヤーのすべての領域に適用されます。下のレイヤーの特定部分に効果を適用しない場合は、レイヤーマスク上で特定部分に対応する領域を黒でペイントします。塗りつぶしレイヤーにレイヤーマスクが追加されている場合、塗りつぶしレイヤー内の塗りつぶし部分はマスクにより定義されます。

マスクを黒でペイントすると、マスクされる領域が拡大されます。

  1. レイヤーパネルから調整レイヤーまたは塗りつぶしレイヤーを選択します。
  2. ブラシツール、ペイントツール、または編集ツールを選択します。
  3. レイヤーマスクを表示するには、次のいずれかの操作を行います。
    • マスクのみを表示するには、Alt キー(Mac OS の場合は Option キー)を押しながらレイヤーマスクのサムネール(右端のサムネール)をクリックします。他のレイヤーを再度表示するには、Alt キー(Mac OS の場合は Option キー)を押しながらサムネールをもう一度クリックします。

    • マスクを半透明の赤で表示するには、Alt + Shift キー(Mac OS の場合は Option + Shift キー)を押しながらレイヤーマスクのサムネール(右端のサムネール)をクリックします。赤の表示を消すには、Alt + Shift キー(Mac OS の場合は Option + Shift キー)を押しながらサムネールをもう一度クリックします。

    • マスクの一部だけを編集するには、対応するピクセルを選択します。

  4. レイヤーマスクを編集します。
    • 調整結果や塗りつぶしの領域を削除するには、レイヤーマスクを黒でペイントします。

    • 調整結果や塗りつぶしの領域を追加するには、レイヤーマスクを白でペイントします。

    • 調整結果や塗りつぶしを一部削除して透明度を変えて表示するには、レイヤーマスクをグレーでペイントします(スウォッチパネルでグレーの濃淡を選択するには、ツールボックスで描画色をクリックします)。調整結果や塗りつぶしが削除される範囲は、ペイントに使用するグレーの色調によって決まります。カラーが暗いほど透明度は高くなり、明るいほど不透明度が高くなります。

    注意:

    レイヤーパネルで Shift キーを押しながらマスクのサムネール(レイヤーの右端にあるサムネール)をクリックするとマスクが無効になり、もう一度サムネールをクリックするとマスクが有効になります。

アドビのロゴ

アカウントにログイン