マニュアル キャンセル

ガイドモード - 基本編集

  1. Photoshop Elements ユーザーガイド
  2. Photoshop Elements の概要
    1. Photoshop Elements の新機能
    2. 必要システム構成 | Photoshop Elements
    3. ワークスペースの基本
    4. ガイドモード
    5. フォトプロジェクトの作成
  3. ワークスペースと環境
    1. ホーム画面の説明
    2. ワークスペースの基本
    3. 環境設定
    4. ツール
    5. パネルとエリア
    6. ファイルを開く
    7. 定規、グリッド、ガイド
    8. 機能強化されたクイックモード
    9. ファイル情報
    10. プリセットとライブラリ
    11. マルチタッチサポート
    12. 仮想記憶ディスク、プラグインおよびアプリケーションのアップデート
    13. 操作の取り消し、やり直しおよびキャンセル
    14. 画像の表示
  4. 写真の補正および画質調整
    1. 画像のサイズ変更
    2. 切り抜き
    3. Camera Raw 画像ファイルの処理
    4. ぼかしの追加、色の置き換え、画像領域のコピー
    5. シャドウとライトの調整
    6. 写真のレタッチと修正
    7. 写真をシャープにする
    8. 変形
    9. 自動スマートトーン補正
    10. 再構成
    11. アクションを使用した写真の処理
    12. Photomerge Compose
    13. パノラマの作成
    14. 動くオーバーレイ
    15. ムービングエレメント
  5. シェイプおよびテキストの追加
    1. テキストの追加
    2. テキストの編集
    3. シェイプの作成
    4. シェイプの編集
    5. ペイントの概要
    6. ペイントツール
    7. ブラシの設定
    8. パターン
    9. 塗りつぶしおよびストローク
    10. グラデーション
    11. 日本語テキストの操作
  6. クイックアクション
  7. ガイド付き編集、効果、フィルター
    1. ガイドモード
    2. フィルター
    3. ガイドモード Photomerge 編集
    4. ガイドモード - 基本編集
    5. 色調補正フィルター
    6. 効果
    7. ガイドモード - 楽しい編集
    8. ガイドモード - 特殊編集
    9. アーティスティックフィルター
    10. ガイドモード カラーの編集
    11. ガイドモード - 白黒の編集
    12. ぼかしフィルター
    13. ブラシストロークフィルター
    14. 変形フィルター
    15. その他のフィルター
    16. ノイズフィルター
    17. 描画フィルター
    18. スケッチフィルター
    19. 表現手法フィルター
    20. テクスチャフィルター
    21. ピクセレートフィルター
  8. カラーの使用
    1. カラーについて
    2. カラーマネジメントの設定
    3. カラーおよび色調補正の基本
    4. カラーの選択
    5. カラー、彩度、色相の補正
    6. カラーバランスの補正
    7. 画像モードとカラーテーブルの使用
    8. カラーと Camera Raw
  9. 選択範囲の使用
    1. Photoshop Elements での選択範囲の指定
    2. 選択範囲の保存
    3. 選択範囲の修正
    4. 選択範囲の移動とコピー
    5. 選択範囲の編集と調整
    6. アンチエイリアスおよびぼかしで選択範囲のエッジを滑らかにする
  10. レイヤーの使用
    1. レイヤーの作成
    2. レイヤーの編集
    3. レイヤーのコピーとアレンジ
    4. 調整レイヤーと塗りつぶしレイヤー
    5. クリッピングマスク
    6. レイヤーマスク
    7. レイヤースタイル
    8. 不透明度と描画モード
  11. フォトプロジェクトの作成
    1. プロジェクトの基本
    2. フォトプロジェクトの作成
    3. フォトプロジェクトの編集
    4. 写真リールの作成
  12. 写真の保存、プリント、共有
    1. 画像の保存
    2. 写真のプリント
    3. オンラインでの写真の配信
    4. 画像の最適化
    5. JPEG 形式として最適化
    6. Web 画像のディザ
    7. ガイド付き編集 - 配信パネル
    8. Web 画像のプレビュー
    9. 透明ピクセルとマットの使用
    10. GIF や PNG-8 形式として最適化
    11. PNG-24 として画像を最適化
  13. ショートカットキー
    1. ツールの選択時に使用するキー
    2. オブジェクトの選択時と移動時に使用するキー
    3. レイヤーパネルのショートカットキー
    4. パネルの表示/非表示を切り替えるときに使用するキー(エキスパートモード)
    5. 塗りつぶしおよびブラシのキー
    6. テキスト使用時のキー
    7. ゆがみフィルターのショートカットキー
    8. 選択範囲の変形に使用するキー
    9. スウォッチパネルのショートカットキー
    10. Camera Raw ダイアログボックス使用時のキー
    11. フィルターギャラリーのショートカットキー
    12. 描画モード使用時のキー
    13. 画像の表示時に使用するキー(エキスパートモード)

ガイドモードでは、ウィザードのようなインターフェイスであるガイド付き編集を使用して、特定の定義済みの効果を実現できます。各ガイド付き編集には関連画像が用意されています。画像の上でマウスポインターを横方向に動かすと、スライダーの左部分にエフェクトを適用する前の画像が表示されます。スライダーの右部分にはエフェクトが適用された後の画像が表示されます。

「テキストを追加」のガイド付き編集

Photoshop Elements 2024 の新機能

テキストを追加」のガイド付き編集を使用して、共有する価値のある投稿のデザインテキストを作成します。テキストを横方向、縦方向、またはパスや図形に沿って整列します。 ワープ、ならびにグラデーションおよびパターンでのスタイル適用を行います。

「テキストを追加」のガイド付き編集を使用して、デザインテキストを追加します。
「テキストを追加」のガイド付き編集を使用して、デザインテキストを追加します。
Adobe Photoshop Elements ディープリンク

アプリで試す
Photoshop Elements で、投稿に使用できるデザインテキストを作成します。

このガイド付き編集を使用するには、次の手順に従います。

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • Photoshop Elements で写真を開きます。
    • フォトエリアから写真を選択します。
  2. ガイドモード/基本テキストを追加を選択します。

  3. 右パネルから、次の文字ツールのいずれかを選択します。

    • 横書き文字ツール - テキストを横書きで入力できます
    • 縦書き文字ツール - テキストを縦書きで入力できます
    • 選択範囲に沿ったテキストの追加ツール - クイック選択を実行して、クイック選択の境界の周りにテキストを入力できます
    • シェイプに沿ったテキストの追加ツール - 画像上に描画されたカスタムシェイプの境界の周りに目的のテキストを入力できます
    • パスに沿ったテキストの追加 - 画像上に描画されたカスタムパスの境界の周りに目的のテキストを入力できます

    高度な文字ツールの使用の手法について詳しくは、こちらをご確認ください。

    「テキストを追加」のガイド付き編集で使用可能な様々なタイプの文字ツールを試します。
    「テキストを追加」のガイド付き編集で使用可能な様々なタイプの文字ツールを試します。

    注意:

    フォント、フォントスタイル、サイズ、カラー、行送り、字送り、テキストの文字揃えなど、様々な書式設定オプションを試すことができます。これらは、ツールオプションパネル内で使用可能です。

  4. アクションバーからワープテキストを作成 アイコンを選択することでテキストをワープし、ワープテキストダイアログボックスから目的の「スタイル」、「カーブ」、「水平方向のゆがみ」および「垂直方向のゆがみ」を設定することでテキストをさらにカスタマイズします。

    注意:

    テキストのワープの方法について詳しくは、こちらをご確認ください。

  5. シャドウ、ベベル、およびストロークから構成されるテキストスタイルを追加します。

    様々なスタイルオプションを使用して、スタイルをテキストに追加します。
    様々なスタイルオプションを使用して、スタイルをテキストに追加します。

    注意:

    詳細設定」ボタンを選択することで、固有の要件に応じてスタイル設定パネルでテキストスタイルをさらにカスタマイズできます。

  6. グラデーションパターンをテキストに追加して、テキストをより魅力的にします。

    グラデーションをテキストに追加します。
    グラデーションをテキストに追加します。

    パターンをテキストに追加します。
    パターンをテキストに追加します。

  7. 狙いどおりの成果が得られたら、「次へ」を選択し、次に行う処理を選択します。

    • 保存 - 保存別名で保存:新しく作成した写真を、使用可能ないずれかの形式で保存します。
    • 編集を続行 - クイックモードまたは詳細設定モード:デザインテキストを含んだ写真に対する作業をクイックモードまたは詳細設定モードのどこで続けるかを選択します。
    • 共有 - Flickr:Photoshop Elements で利用できるソーシャル/共有サービスのいずれかを通じて、デザインテキストを含んだ写真をオンラインに配置します。

高度な文字ツール

選択範囲に沿ったテキストの追加ツールの使用

クイック選択を実行して、クイック選択の境界の周りにテキストを入力できます。

選択範囲に沿ったテキストの追加ツールを使用するには、次の手順に従います。

  1. 選択範囲に沿ったテキストの追加 文字ツールを選択します。

  2. 写真上でカーソルをドラッグして、テキストを追加する領域を選択します。

    注意:

    角括弧 [ ] を使用して、選択ツールのサイズを増減します。

  3. 現在の操作を確定 ボタンを選択して選択を確定します。

  4. 選択範囲に沿ったテキストの追加」文字ツール アイコンが文字ツール アイコンに変わるまで、選択した領域の境界にマウスポインターを合わせ、境界をクリックして、選択した領域の上の参照テキストを取得します。入力を開始して、目的のテキストを追加します。必要に応じて、参照テキストをさらに変更できます。

  5. テキストを保存する場合は現在の操作を確定 ボタンを選択し、変更を取り消す場合は現在の操作をキャンセル ボタンを選択します。

シェイプに沿ったテキストの追加ツールの使用

画像上に描画されたカスタムシェイプの境界の周りに目的のテキストを入力できます。

シェイプに沿ったテキストの追加ツールを使用するには、次の手順に従います。

  1. シェイプに沿ったテキストの追加 文字ツールを選択します。

  2. ツールオプション内で、テキストの追加に使用する、目的のカスタムシェイプを選択します。イメージ上でカーソルをドラッグして、シェイプを作成します。

    ツールオプションパネルから、目的のシェイプを選択します。
    ツールオプションパネルから、目的のシェイプを選択します。

  3. シェイプに沿ったテキストの追加」文字ツール アイコンが文字ツール アイコンに変わるまで、選択したシェイプの境界にマウスポインターを合わせ、選択したシェイプの境界をクリックして、選択したシェイプの上の参照テキストを取得します。入力を開始して、目的のテキストを追加します。必要に応じて、参照テキストをさらに変更できます。

  4. テキストを保存する場合は現在の操作を確定 ボタンを選択し、変更を取り消す場合は現在の操作をキャンセル ボタンを選択します。

パスに沿ったテキストの追加ツールの使用

画像上に描画されたカスタムパスの境界の周りに目的のテキストを入力できます。

パスに沿ったテキストの追加ツールを使用するには、次の手順に従います。

  1. パスに沿ったテキストの追加 文字ツールを選択します。

  2. 写真で、テキストを追加するパスを描画します。

  3. 現在の操作を確定 ボタンを選択してパスを確定します。

  4. パスに沿ったテキストの追加」文字ツール アイコンが文字ツール アイコンに変わるまで、描画したパスにマウスポインターを合わせ、パスの境界をクリックして、選択した領域の上の参照テキストを取得します。入力を開始して、目的のテキストを追加します。必要に応じて、参照テキストをさらに変更できます。

  5. テキストを保存する場合は現在の操作を確定 ボタンを選択し、変更を取り消す場合は現在の操作をキャンセル ボタンを選択します。

オブジェクトの移動と拡大・縮小のガイド付き編集

Photoshop Elements 2021 の新機能

オブジェクトの移動と拡大・縮小のガイド付き編集では、オブジェクトを選択してその位置やサイズなどを変更できるので、作品を思いどおりの見栄えにすることができます。

ビデオを見る >

移動と拡大・縮小 - 編集前
移動と拡大・縮小 - 編集後

オブジェクトの削除のガイド付き編集

オブジェクトの削除のガイド付き編集では、写真から不要な部分を削除できます。

Remove_object_unedited
Remove_object

使用方法は次のとおりです。

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • Photoshop Elements で写真を開きます。
    • フォトエリアから写真を選択します。
  2. ガイドモード/基本/オブジェクトを削除を選択します。

  3. 右パネルから、次の選択ツールのいずれかを選択します。

    ブラシ - 選択ブラシツールを使用して、削除したいオブジェクトをペイントします。ブラシサイズスライダーを使用して、ブラシのサイズを調整できます。

    なげなわ - なげなわツールを使用して、削除するオブジェクトの周囲に自由形式の選択範囲を描画します。

    自動 - 自動選択(オートセレクション)ツールを使用して削除するオブジェクトの周囲にシェイプを描くと、選択範囲が自動作成されます。

    クイック - クイック選択ツールを使用して、削除するオブジェクトを選択または選択してドラッグすると、エッジに基づいて範囲が選択されます。ブラシサイズスライダーを使用して、クイック選択ツールのサイズを調整できます。

  4. 次のボタンを選択して、選択範囲を編集します。

    • 追加」を使用すると、選択範囲に写真のより多くの部分を追加できます。
    • 削除」を使用すると、選択範囲の一部を消去または削除できます。
  5. オブジェクトを削除を選択して、写真内の選択したオブジェクトを削除します。

  6. (オプション)結果を調整するには、次のいずれかのオプションを選択します。

    • スポット修復ブラシ - このオプションを使用して、小さい領域を編集します。このツールを選択するか、削除する領域上にこのツールをドラッグします。ブラシサイズスライダーで、ブラシのサイズを変更できます。最適な結果を得るには、小さいブラシサイズを使用します。
    • コピースタンプツール - このオプションを使用して、大きい領域を編集します。このツールを選択したら、オブジェクトをカバーする写真の部分にマウスポインターを合わせて、Alt キーを押しながらクリック(Windows)/Option キーを押しながらクリック(macOS)します。ツールを選択して、オブジェクト上にドラッグします。ブラシサイズスライダーで、ブラシのサイズを調整できます。
  7. 狙いどおりの成果が得られたら、「次へ」を選択し、次に行う処理を選択します。

    • 新しく作成した写真を使用可能ないずれかの形式で保存または別名で保存します。
    • クイックモードまたは詳細設定モードで編集を続行します。
    • Flickr または Twitter に共有します。

明るさとコントラストのガイド付き編集

画像の明るさまたはコントラストを調整するときに使用します。

補正後の写真のみを表示することも補正前と補正後の写真を縦または横に並べて表示することもできます。

シャドウとライトの調整の手法について詳しくは、こちらをご確認ください。

肌色補正のガイド付き編集

肌の色調(日焼け色、赤み調整、ライト)を補正するときに使用します。

補正後の写真のみを表示することも補正前と補正後の写真を縦または横に並べて表示することもできます。

肌色の補正の手法について詳しくは、こちらをご確認ください。

「写真を切り抜き」のガイド付き編集

画像を切り抜くときに使用します。

補正後の写真のみを表示することも補正前と補正後の写真を縦または横に並べて表示することもできます。

切り抜き操作の実行の方法について詳しくは、こちらをご確認ください。

「レベルを補正」のガイド付き編集

レベル補正について詳しくは、こちらをご確認ください。

「明るさを調整」のガイド付き編集

画像を明るくしたり、暗くしたりするときに使用します。

補正後の写真のみを表示することも補正前と補正後の写真を縦または横に並べて表示することもできます。

シャドウとライトの調整の手法について詳しくは、こちらをご確認ください。

サイズ変更のガイド付き編集

特定のサイズ要件(ピクセル数、インチ数、バイト数)を満たすバージョンの写真を手早く作成できます。

  1. フォトエリアから写真を選択し、ガイド基本サイズ変更のガイド付き編集を選択します。

  2. サイズを変更した写真の目的を明らかにします。選択肢はオンラインでの使用か、印刷版の作成です。

    Web 出力:ドロップダウンからサイズのオプションを選択します。

    • 長辺:画像の幅を指定します。高さは、縦横比を維持するように自動調整されます。
    • 短辺:画像の高さを指定します。幅は、縦横比を維持するように自動調整されます。
    • 幅と高さ:カスタムの幅と高さを指定します。画像の一部が切り抜きウィンドウでハイライトされます。マウスを使用して写真上で切り抜きウィンドウをドラッグして、保存する部分を選択します。
    • ファイルサイズ:最大サイズをキロバイト単位で指定します。作成される出力は、指定した値より小さいファイルサイズになります。

    印刷出力:ドロップダウンからサイズのオプションを選択します。

    • 長辺:画像の幅を指定します。高さは、縦横比を維持するように自動調整されます。
    • 短辺:画像の高さを指定します。幅は、縦横比を維持するように自動調整されます。
    • 幅と高さ:カスタムの幅を指定し、「プレビュー」または「適用」を選択します。画像の一部が切り抜きウィンドウでハイライトされます。マウスを使用して写真上で切り抜きウィンドウをドラッグして、保存する部分を選択します。「縮小して合わせる」チェックボックスをオンにすると、画像全体が 2 つのサイズのどちらかに収まるように縮小されます(これにより、写真の上下または左右の端に白い部分が生じることがあります)。
    • 定義済みのサイズ(4 x 6 など):使用可能なサイズのどれかを選択し、「プレビュー」または「適用」を選択します。画像の一部が切り抜きウィンドウでハイライトされます。マウスを使用して写真上で切り抜きウィンドウをドラッグして、保存する部分を選択します。「縮小して合わせる」チェックボックスをオンにすると、画像全体が 2 つのサイズのどちらかに収まるように縮小されます(これにより、写真の上下または左右の端に白い部分が生じることがあります)。
  3. 次へ」を選択し、出力に対する処理を選びます。

    前の手順で Web 出力を選択した場合は、次のオプションが表示されます。

    • 保存別名で保存 - 新しくサイズを変更した画像を、使用可能ないずれかの形式で保存します。
    • 編集を続行 - クイックモードまたは詳細設定モード:サイズを変更した画像に対する作業をクイックモードまたは詳細設定モードのどこで続けるかを選択します。
    • 共有 - Flickr/Twitter:Photoshop Elements で利用できるソーシャル/共有サービスのいずれかを通じて、サイズを変更後の画像をオンラインに配置します。

    前の手順で印刷出力を選択した場合は、次のオプションが表示されます。

    • 保存別名で保存:新しくサイズを変更した写真を、使用可能ないずれかの形式で保存します。
    • 編集を続行 - クイックモードまたは詳細設定モード:写真に対する作業をクイックモードまたは詳細設定モードのどこで続けるかを選択します。
    • 印刷 - ローカルプリンターまたはプリント注文 - 写真のアウトラインをローカルに(使用コンピューターに)インストールされているプリンターでプリントすることを選択します。または、Adobe Photoshop Services を使用してプリントを注文します。Photoshop Elements を使用してプリントを注文する方法について詳しくは、「写真のプリント」をご確認ください。
  4. 完了」を選択します。

回転と角度補正のガイド付き編集

写真を 90°ずつ回転させるか、画像の上に線を引き、その線に合わせて回転させるときに使用します。

補正後の写真のみを表示することも補正前と補正後の写真を縦または横に並べて表示することもできます。

アイテムの回転または反転の方法について詳しくは、こちらをご確認ください。

画像の角度補正の方法について詳しくは、こちらをご確認ください。

シャープのガイド付き編集

画像がより鮮明になります。補正後の写真のみを表示することも補正前と補正後の写真を縦または横に並べて表示することもできます。

画像をシャープにする方法について詳しくは、こちらをご確認ください。

ビネット効果のガイド付き編集

ビネット効果のある写真を処理して、写真の中央にある人物、グループ、またはオブジェクトの重要性を強調します。

ビネット効果を適用する前(左)と適用した後の写真

  1. 目的の写真を開きます。ガイドモード/基本ビネット効果を選択します。

  2. またはを選択し、適用するビネットのカラーを指定します。

  3. 照度スライダーを使用して、目的のビネットの強度(暗さまたは明るさ)を指定します。

  4. シェイプを調整」を選択して、ビネットのエッジ(ぼかしスライダー)とサイズ(真円率)を微調整します。ぼかしスライダーでは、ピクセル値が小さいほどエッジがハードで、シャープになり、ピクセル値が大きいほど、ソフトで太くなります。
    真円率スライダーでは、値が負になると、ビネット効果が誇張され、値が正になると、ビネット効果が見えにくくなります。

  5. 狙いどおりの成果が得られたら、「次へ」を選択し、次に行う処理を選択します。

    • 保存 - 保存/別名で保存:新しく作成した画像を使用可能ないずれかの形式で保存します。
    • 編集を続行 - クイックモードまたは詳細設定モード:画像に対する作業をクイックモードまたは詳細設定モードのどこで続けるかを選択します。
    • 共有 - Flickr/Twitter:Photoshop Elements で利用できるソーシャル/共有サービスのいずれかを通じて、画像をオンラインで公開します。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合