マニュアル キャンセル

テキストの編集

  1. Photoshop Elements ユーザーガイド
  2. Photoshop Elements の概要
    1. Photoshop Elements の新機能
    2. 必要システム構成 | Photoshop Elements
    3. ワークスペースの基本
    4. ガイドモード
    5. フォトプロジェクトの作成
  3. ワークスペースと環境
    1. ホーム画面の説明
    2. ワークスペースの基本
    3. 環境設定
    4. ツール
    5. パネルとエリア
    6. ファイルを開く
    7. 定規、グリッド、ガイド
    8. 機能強化されたクイックモード
    9. ファイル情報
    10. プリセットとライブラリ
    11. マルチタッチサポート
    12. 仮想記憶ディスク、プラグインおよびアプリケーションのアップデート
    13. 操作の取り消し、やり直しおよびキャンセル
    14. 画像の表示
  4. 写真の補正および画質調整
    1. 画像のサイズ変更
    2. 切り抜き
    3. Camera Raw 画像ファイルの処理
    4. ぼかしの追加、色の置き換え、画像領域のコピー
    5. シャドウとライトの調整
    6. 写真のレタッチと修正
    7. 写真をシャープにする
    8. 変形
    9. 自動スマートトーン補正
    10. 再構成
    11. アクションを使用した写真の処理
    12. Photomerge Compose
    13. パノラマの作成
    14. 動くオーバーレイ
    15. ムービングエレメント
  5. シェイプおよびテキストの追加
    1. テキストの追加
    2. テキストの編集
    3. シェイプの作成
    4. シェイプの編集
    5. ペイントの概要
    6. ペイントツール
    7. ブラシの設定
    8. パターン
    9. 塗りつぶしおよびストローク
    10. グラデーション
    11. 日本語テキストの操作
  6. クイックアクション
  7. ガイド付き編集、効果、フィルター
    1. ガイドモード
    2. フィルター
    3. ガイドモード Photomerge 編集
    4. ガイドモード - 基本編集
    5. 色調補正フィルター
    6. 効果
    7. ガイドモード - 楽しい編集
    8. ガイドモード - 特殊編集
    9. アーティスティックフィルター
    10. ガイドモード カラーの編集
    11. ガイドモード - 白黒の編集
    12. ぼかしフィルター
    13. ブラシストロークフィルター
    14. 変形フィルター
    15. その他のフィルター
    16. ノイズフィルター
    17. 描画フィルター
    18. スケッチフィルター
    19. 表現手法フィルター
    20. テクスチャフィルター
    21. ピクセレートフィルター
  8. カラーの使用
    1. カラーについて
    2. カラーマネジメントの設定
    3. カラーおよび色調補正の基本
    4. カラーの選択
    5. カラー、彩度、色相の補正
    6. カラーバランスの補正
    7. 画像モードとカラーテーブルの使用
    8. カラーと Camera Raw
  9. 選択範囲の使用
    1. Photoshop Elements での選択範囲の指定
    2. 選択範囲の保存
    3. 選択範囲の修正
    4. 選択範囲の移動とコピー
    5. 選択範囲の編集と調整
    6. アンチエイリアスおよびぼかしで選択範囲のエッジを滑らかにする
  10. レイヤーの使用
    1. レイヤーの作成
    2. レイヤーの編集
    3. レイヤーのコピーとアレンジ
    4. 調整レイヤーと塗りつぶしレイヤー
    5. クリッピングマスク
    6. レイヤーマスク
    7. レイヤースタイル
    8. 不透明度と描画モード
  11. フォトプロジェクトの作成
    1. プロジェクトの基本
    2. フォトプロジェクトの作成
    3. フォトプロジェクトの編集
    4. 写真リールの作成
  12. 写真の保存、プリント、共有
    1. 画像の保存
    2. 写真のプリント
    3. オンラインでの写真の配信
    4. 画像の最適化
    5. JPEG 形式として最適化
    6. Web 画像のディザ
    7. ガイド付き編集 - 配信パネル
    8. Web 画像のプレビュー
    9. 透明ピクセルとマットの使用
    10. GIF や PNG-8 形式として最適化
    11. PNG-24 として画像を最適化
  13. ショートカットキー
    1. ツールの選択時に使用するキー
    2. オブジェクトの選択時と移動時に使用するキー
    3. レイヤーパネルのショートカットキー
    4. パネルの表示/非表示を切り替えるときに使用するキー(エキスパートモード)
    5. 塗りつぶしおよびブラシのキー
    6. テキスト使用時のキー
    7. ゆがみフィルターのショートカットキー
    8. 選択範囲の変形に使用するキー
    9. スウォッチパネルのショートカットキー
    10. Camera Raw ダイアログボックス使用時のキー
    11. フィルターギャラリーのショートカットキー
    12. 描画モード使用時のキー
    13. 画像の表示時に使用するキー(エキスパートモード)

テキストレイヤーの文字の編集

テキストレイヤーを作成して、テキストを編集したりレイヤーコマンドを適用することができます。テキストレイヤーでは、新しいテキストの挿入、既存のテキストの変更やテキストの削除を行うことができます。テキストレイヤーにスタイルが適用されている場合、すべてのテキストにそのスタイルの属性が適用されます。

また、テキストレイヤーの向きを変更し、横書き文字と縦書き文字を切り替えることもできます。テキストレイヤーが垂直の場合、テキストは縦書きになります。テキストレイヤーが水平の場合、テキストは横書きになります。

  1. 次のいずれかの操作を実行します。
    • 横書き文字ツール または縦書き文字ツール を選択します(または移動ツール を選択し、テキストをダブルクリックします)。

    • エキスパートモードで、レイヤーパネルからテキストレイヤーを選択します。

    既存のテキストレイヤーをクリックすると、挿入点がテキストレイヤーと同じ向きに変わります。

  2. テキストに挿入ポイントを配置し、次のいずれかの操作を行います。
    • テキストを追加する位置をクリックして、挿入ポイントを設定します。

    • 編集する文字列を選択します。

    • 文字列を入力します。

  3. 次のいずれかの操作を行い、テキストレイヤーを確定します。
    • オプションバーの確定ボタン  をクリックします。

    • 画像内をクリックします。

    • ツールボックスで別のツールを選択します。

文字の選択

  1. 文字ツールを選択します。
  2. レイヤーパネルからテキストレイヤーを選択するか、入力したテキストを直接クリックしてテキストレイヤーを自動選択します。
  3. テキストに挿入ポイントを配置し、次のいずれかの操作を行います。
    • 文字をドラッグして選択します。

    • ダブルクリックして単語を選択します。

    • 3 回連続でクリック(トリプルクリック)して行を選択します。

    • 範囲を指定して文字を選択するには、選択範囲の開始位置をクリックし、Shift キーを押しながら終了位置をクリックします。

    • 選択範囲/すべてを選択を選択してレイヤー内のすべての文字を選択します。

    • 矢印キーを使用して文字を選択するには、Shift キーを押しながら右向き矢印キー、または左向き矢印キーを押します。

フォントファミリーやスタイルの選択

フォントとは、共通の太さや幅、スタイルを共用するテキスト(文字、数字、記号)のセットです。フォントを選択する場合、フォントファミリーと文字スタイルを個別に選択できます。文字スタイルとは、標準、太字、斜体など、フォントファミリー内の個々のフォントのバリエーションです。利用可能な文字スタイルの範囲は、フォントによって異なります。

フォントが必要なスタイルを備えていない場合、太字と斜体の擬似(フェイク)スタイルを適用できます。擬似フォントは、コンピューターによって作成される代替フォントです。このフォントは、代用するフォントとほぼ同じデザインになります。

  1. 既存のテキストを変更する場合は、フォントを変更する文字(複数可)を選択します。レイヤー上のすべての文字のフォントを変更するには、レイヤーパネルのテキストレイヤーを選択し、オプションバーのボタンとメニューを使用して、フォントのタイプ、スタイル、サイズ、整列、カラーを変更します。
  2. オプションバーのフォントファミリーを設定ポップアップメニューからフォントファミリーを選択します。
  3. 次のいずれかの操作を行います。
    • オプションバーのフォントスタイルを設定ポップアップメニューからフォントスタイルを選択します。

    • 選択したフォントファミリーに太字や斜体が含まれていない場合は、太字ボタン、斜体ボタン、またはその両方をクリックします。

    注意:

    入力する文字には、現在の描画色のカラーが使用されます。文字のカラーは、テキストの入力前または入力後に変更できます。既存のテキストレイヤーを編集する場合、レイヤー内の文字のカラーを 1 文字ずつまたは全体的に変更することができます。

フォントサイズの選択

文字サイズは、画像内に表示される文字の大きさを決定します。物理的なフォントサイズは、画像解像度によって異なります。72 ポイントのテキスト大文字は、72 ppi の画像では高さ約 1 インチで表示されます。解像度の高い画像ほどピクセルが凝縮されているので、指定されたポイントサイズの実際の文字サイズは小さくなります。

  1. 既存のテキストを変更する場合は、サイズを変更する文字(複数可)を選択します。レイヤー上のすべての文字のサイズを変更するには、レイヤーパネルのテキストレイヤーを選択します。
  2. 横書き文字ツール  または縦書き文字ツール  を選択します。
  3. 画面上部のオプションバーの「フォントサイズを設定」テキストボックスに、新しい値を入力するか、値を選択します。72 ポイントより大きいサイズを入力することもできます。入力した値は、初期設定の単位での値に換算されます。他の単位で入力するには、「フォントサイズを設定」テキストボックスで、値の後に単位(in、cm、pt、px または pica)を入力します。
    注意:

    文字の初期設定単位はポイント(pt)です。文字単位の初期設定は、環境設定ダイアログボックスの「単位・定規」で変更できます。編集/環境設定/単位・定規を選択してから、「単位」で文字に使用する単位を選択します。

テキストカラーの変更

文字のカラーは、テキストの入力前または入力後に変更できます。既存のテキストレイヤーを編集する場合、レイヤー内の文字のカラーを 1 文字ずつまたは全体的に変更することができます。テキストレイヤーのテキストにグラデーションを適用することもできます。

  1. 次のいずれかの操作を実行します。
    • テキストの入力前に文字のカラーを変更するには、文字ツールを選択します。

    • 既存のテキストのカラーを変更するには、文字ツールを選択し、ドラッグしてテキストを選択します。

  2. スウォッチのリストからカラーを選択するには、オプションバーのカラーメニューをクリックします。カラーを選択してパレットに追加するには、 をクリックします。

テキストにスタイルを適用

テキストに効果を適用できます。効果パネルの効果をレイヤー内のテキストに適用できます。

テキストにスタイルを適用する前(上)と適用した後(中央および下)

  1. 新しいテキストの場合は、スタイルを適用するテキストを書き込み、確定します。次に、ツールオプションバーで使用可能なプリセットから選択します。
  2. 既存のテキストの場合、テキストを含んでいるレイヤーを選択します。
  3. 効果パネルを開き、テキストに適用するスタイルのサムネールをダブルクリックします。

テキストのワープ

ワープを使用すると、テキストを円弧や波形などの様々な形状に変形させることができます。ワープは選択しているテキストレイヤー上のすべての文字に適用されます。個々の文字にワープを適用することはできません。また、擬似スタイルの太字を適用しているテキストには、ワープを使用することはできません。

ワープを適用したテキストレイヤー

  1. 編集ワークスペースで、テキストレイヤーを選択します。
  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • 文字ツールを選択して、ツールオプションバーのワープテキストを作成ボタン  をクリックします。

    • レイヤー/テキスト/ワープテキストを選択します。

  3. スタイルのポップアップメニューからワープスタイルを選択します。ワープスタイルを選択することによって、基本的なワープテキストの形状を決定します。
  4. 「水平方向」または「垂直方向」を選択してワープの方向を設定します。
  5. (オプション)他のワープオプションの値を指定し、ワープの向きとゆがみを調整します。
    • 「カーブ」で適用するワープの量を指定できます。

    • 「水平方向のゆがみ」または「垂直方向のゆがみ」を設定すると、ワープに遠近法が適用されます。

  6. 「OK」をクリックします。

テキストのワープの解除

  1. ワープが適用されているテキストレイヤーを選択します。
  2. 文字ツールを選択し、オプションバーのワープボタン  をクリックするか、レイヤー/テキスト/ワープテキストを選択します。
  3. スタイルポップアップメニューから「なし」を選択し、「OK」をクリックします。

テキストレイヤーの向きの変更

  1. 次のいずれかの操作を実行します。
    • テキストを選択してから、オプションバーのテキストの向きを変更ボタン  をクリックします。

    • テキストレイヤーを選択してから、レイヤー/文字/横書きを選択するか、レイヤー/文字/縦書きを選択します。

関連ヘルプ

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン