マニュアル キャンセル

ブラシの設定

  1. Photoshop Elements ユーザーガイド
  2. Photoshop Elements の概要
    1. Photoshop Elements の新機能
    2. 必要システム構成 | Photoshop Elements
    3. ワークスペースの基本
    4. ガイドモード
    5. フォトプロジェクトの作成
  3. ワークスペースと環境
    1. ホーム画面の説明
    2. ワークスペースの基本
    3. 環境設定
    4. ツール
    5. パネルとエリア
    6. ファイルを開く
    7. 定規、グリッド、ガイド
    8. 機能強化されたクイックモード
    9. ファイル情報
    10. プリセットとライブラリ
    11. マルチタッチサポート
    12. 仮想記憶ディスク、プラグインおよびアプリケーションのアップデート
    13. 操作の取り消し、やり直しおよびキャンセル
    14. 画像の表示
  4. 写真の補正および画質調整
    1. 画像のサイズ変更
    2. 切り抜き
    3. Camera Raw 画像ファイルの処理
    4. ぼかしの追加、色の置き換え、画像領域のコピー
    5. シャドウとライトの調整
    6. 写真のレタッチと修正
    7. 写真をシャープにする
    8. 変形
    9. 自動スマートトーン補正
    10. 再構成
    11. アクションを使用した写真の処理
    12. Photomerge Compose
    13. パノラマの作成
    14. 動くオーバーレイ
    15. ムービングエレメント
  5. シェイプおよびテキストの追加
    1. テキストの追加
    2. テキストの編集
    3. シェイプの作成
    4. シェイプの編集
    5. ペイントの概要
    6. ペイントツール
    7. ブラシの設定
    8. パターン
    9. 塗りつぶしおよびストローク
    10. グラデーション
    11. 日本語テキストの操作
  6. クイックアクション
  7. ガイド付き編集、効果、フィルター
    1. ガイドモード
    2. フィルター
    3. ガイドモード Photomerge 編集
    4. ガイドモード - 基本編集
    5. 色調補正フィルター
    6. 効果
    7. ガイドモード - 楽しい編集
    8. ガイドモード - 特殊編集
    9. アーティスティックフィルター
    10. ガイドモード カラーの編集
    11. ガイドモード - 白黒の編集
    12. ぼかしフィルター
    13. ブラシストロークフィルター
    14. 変形フィルター
    15. その他のフィルター
    16. ノイズフィルター
    17. 描画フィルター
    18. スケッチフィルター
    19. 表現手法フィルター
    20. テクスチャフィルター
    21. ピクセレートフィルター
  8. カラーの使用
    1. カラーについて
    2. カラーマネジメントの設定
    3. カラーおよび色調補正の基本
    4. カラーの選択
    5. カラー、彩度、色相の補正
    6. カラーバランスの補正
    7. 画像モードとカラーテーブルの使用
    8. カラーと Camera Raw
  9. 選択範囲の使用
    1. Photoshop Elements での選択範囲の指定
    2. 選択範囲の保存
    3. 選択範囲の修正
    4. 選択範囲の移動とコピー
    5. 選択範囲の編集と調整
    6. アンチエイリアスおよびぼかしで選択範囲のエッジを滑らかにする
  10. レイヤーの使用
    1. レイヤーの作成
    2. レイヤーの編集
    3. レイヤーのコピーとアレンジ
    4. 調整レイヤーと塗りつぶしレイヤー
    5. クリッピングマスク
    6. レイヤーマスク
    7. レイヤースタイル
    8. 不透明度と描画モード
  11. フォトプロジェクトの作成
    1. プロジェクトの基本
    2. フォトプロジェクトの作成
    3. フォトプロジェクトの編集
    4. 写真リールの作成
  12. 写真の保存、プリント、共有
    1. 画像の保存
    2. 写真のプリント
    3. オンラインでの写真の配信
    4. 画像の最適化
    5. JPEG 形式として最適化
    6. Web 画像のディザ
    7. ガイド付き編集 - 配信パネル
    8. Web 画像のプレビュー
    9. 透明ピクセルとマットの使用
    10. GIF や PNG-8 形式として最適化
    11. PNG-24 として画像を最適化
  13. ショートカットキー
    1. ツールの選択時に使用するキー
    2. オブジェクトの選択時と移動時に使用するキー
    3. レイヤーパネルのショートカットキー
    4. パネルの表示/非表示を切り替えるときに使用するキー(エキスパートモード)
    5. 塗りつぶしおよびブラシのキー
    6. テキスト使用時のキー
    7. ゆがみフィルターのショートカットキー
    8. 選択範囲の変形に使用するキー
    9. スウォッチパネルのショートカットキー
    10. Camera Raw ダイアログボックス使用時のキー
    11. フィルターギャラリーのショートカットキー
    12. 描画モード使用時のキー
    13. 画像の表示時に使用するキー(エキスパートモード)

ブラシオプション

ブラシツールストロークのフェードアウト率を設定することによって、実際のブラシストロークを擬似的に再現することができます。ストロークの散布や、サイズ、カラーを含め、ブラシストロークのコースを動的に変更するオプションを指定できます。ブラシ機能拡張使用オプションを調整すると、ブラシの変化を反映してツールオプションバーのブラシのサムネールが変わります。

ブラシツールを選択し、ツールオプションバーから「ブラシ設定」(一部のツールでは「詳細設定」)をクリックして、ブラシ機能拡張使用オプションを設定します。

間隔

ストローク内のブラシマーク間の距離を調節します。間隔を変更するには、数値を入力するか、スライダーを使用してブラシ直径のパーセント値を指定します(ツールオプションバーのブラシのサムネールは、間隔の変更を反映して動的に変化します)。

間隔を広げると、ブラシのストロークがまばらになります。

フェード

ペイント流量がフェードしてなくなるまでのステップ数を設定します。値を低く設定するとペイントストロークは非常に短くなり、ゼロ値を設定するとフェード効果は生まれません。各ステップは、ブラシの先端のマーク 1 つに相当します。0 ~ 9999 の範囲の値で指定できます。例えば、フェードに 10 を入力すると、10 個目のブラシマークでフェードが完了します。小さいブラシの場合は 25 以上の値に設定すると効果的です。ストロークのフェードが速すぎる場合は、値を増やします。

左から 40、60、80 ステップのフェード

カラーのジッター

ストロークのカラーを描画色と背景色の間でどのように変化させるかを設定します。設定する値が高いほど、変化の量は大きくなります。(「カラーのジッター」オプションを使用してカラーを設定するには、描画色と背景色を参照してください)。

カラーのジッターなし/ありのペイントストローク

硬さ

ブラシのぼかしの開始位置の中心サイズを調節します。数値を入力するか、スライダーを使用してブラシ直径のパーセント値を指定します。

硬さの異なるブラシストローク

散布

ブラシ散布では、ブラシマークをどのようにストロークに散布するかを定義します。低い値を設定すると、ペイント散布が少なくて密度の濃いストロークが作り出され、高い値を設定すると、散布領域が広がります。

散布値の低いブラシストロークと高いブラシストローク

角度

楕円形のブラシの長軸が、水平軸からオフセットする角度を指定します。値を度数で入力するか、アイコン内の矢印をドラッグして任意の角度に設定します。

ブラシに角度を付け、彫刻刀で描いたようなストローク

真円率

ブラシの短軸と長軸の間の比率を指定します。パーセント値を入力するか、アイコン内の黒丸を矢印から外に向かって、または矢印に向かってドラッグします。100 %の値は円形ブラシを示し、0 %の値は線形ブラシを示し、その中間の値は楕円形ブラシを示します。

真円率の設定によってブラシ先端の形状が変化します。

これを初期設定にする

このオプションは、ブラシ属性を持つことができる特定のツールで使用可能で、現在選択している設定を初期設定として設定できます。

ブラシライブラリへの新しいブラシの追加

  1. ツールボックスの「描画」セクションからブラシツールを選択します。
  2. ツールオプションバーで、ブラシポップアップの横にある矢印をクリックし、ポップアップパネルを表示します。次に、ブラシドロップダウンからカテゴリを選択し、変更するブラシを選択します。
  3. 「ブラシ設定」をクリックし、スライダーを使用して元のブラシを変更します。
  4. ブラシポップアップで、ポップアップメニューをクリックし、「ブラシを保存」を選択します。
    注意:

    新しいブラシは次の場所に保存されます:C:\Users\[user name]\AppData\Roaming\Adobe\Photoshop Elements[version number]\Presets\Brushesまた、ブラシを変更するとブラシリストから削除されます。

  5. ブラシ名ダイアログボックスに名前を入力し、「OK」をクリックします。
  6. Photoshop Elements を再起動して、更新されたブラシセットを確認します。

ツールオプションバーで新しいブラシが選択され、ブラシポップアップパネルの一番下に追加されます。

ブラシの削除

  1. ツールボックスの「描画」セクションからブラシツールを選択します。
  2. ブラシサンプルの横の矢印をクリックし、ツールオプションバーにブラシポップアップパネルを表示します。
  3. 次のいずれかの操作を実行します。
    • Alt キー(Mac OS の場合は Option キー)を押してポインターをはさみに変え、削除するブラシを選択します。

    • ポップアップパネルでブラシを選択し、パネルメニューから「ブラシを削除」を選択します。

    • パネルメニューから「プリセットマネージャー」を選択し、プリセットの種類ポップアップメニューから「ブラシ」を選択します。次にダイアログボックス内のリストからブラシを選択し、「削除」ボタンをクリックします。

  4. ブラシポップアップで、ポップアップメニューをクリックし、「ブラシを保存」を選択します。
    注意:

    新しいブラシは次の場所に保存されます:C:\Users\[user name]\AppData\Roaming\Adobe\Photoshop Elements[version number]\Presets\Brushesまた、ブラシを変更するとブラシリストから削除されます。

  5. ブラシ名ダイアログボックスに名前を入力し、「OK」をクリックします。
  6. Photoshop Elements を再起動して、更新されたブラシセットを確認します。

画像からのカスタムブラシシェイプの作成

写真内の領域を選択することにより、カスタムブラシを作成できます。ブラシは、その選択範囲のグレースケールバージョンを使用し、画像に描画色を適用します。例えば、葉を選択し、秋のカラーを使用してペイントできます。ブラシツールを使用して新しいブラシシェイプを描くこともできます。レイヤー全体または選択範囲からカスタムブラシシェイプを作成できます。カスタムブラシシェイプのサイズは、最大で 2500 x 2500 ピクセルです。

犬のカスタムブラシを作成します。このブラシでペイントするときには、犬にペイントします。

  1. 次のいずれかの操作を実行します。
    • 画像の一部をカスタムブラシとして使用するには、画像の一部を選択します。

    • レイヤー全体をカスタムブラシとして使用するには、すべての選択を解除します。

      ペイントツールを使用してブラシシェイプを描画します。ハードなエッジやソフトなエッジのストロークを使用したり、ストロークの不透明度を変化させてソフトなエッジの効果を実現したりすることができます。

  2. 編集/選択範囲からブラシを定義を選択します。
  3. 新しいブラシに名前を付け、「OK」をクリックします。

筆圧感知タブレットサポートの有効化

Photoshop Elements は、Wacom® タブレットなどのほとんどの筆圧感知入力デジタルタブレットと互換性があります。タブレットのソフトウェアコントロールパネルがインストールされていれば、選択したタブレットオプション、および筆圧感知入力で適用した圧力量に基づいてブラシツールのプロパティを変更できます。

  1. ツールボックスでブラシツールを選択し、ツールオプションバーのタブレットオプションで筆圧を設定します。

Wacom タブレットでの Elements Organizer の使用

Elements Organizer を Wacom タブレットで使用できるようになりました。

Wacom タブレットのマウスモードは、Wacom Intuos3、Intuos 4、Bamboo Fun、Bamboo Touch の Wacom タブレットでシームレスに動作します。

マウスモードとペンモードの切り替え

  1. スタート/Wacom タブレットのプロパティを選択します。

  2. 切り替えるモードを選択します。

    Wacom タブレットの設定画面

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン