ガイドモードでは、ウィザードのようなインターフェイスであるガイド付き編集を使用して、特定の定義済みの効果を実現できます。各ガイド付き編集には関連画像が用意されています。画像の上でマウスポインターを横方向に動かすと、スライダーの左部分にエフェクトを適用する前の画像が表示されます。スライダーの右部分にはエフェクトが適用された後の画像が表示されます。

白黒

写真に白黒ガイド付き編集を使用すると、カラー画像から白黒画像を作成できます。様々な白黒プリセットの中から適用して、明瞭な白黒写真を作成したり、光彩拡散効果を写真に加えて超現実的な夢の中のような結果を得たりすることができます。

  1. ガイドモードで写真が開いている状態で、「白黒」を選択します。

    BandW_Original
    元の画像

  2. 選択した写真で、操作するプリセットを選択します。

    注意:

    プリセットの効果が気に入らない場合は、別のプリセットを選択します。この手順では、Photoshop Elements は別のプリセットを重ねて適用しません。プリセットを選択するたびに、選択された写真は元の状態にリセットされ、プリセットが改めて適用されます。

    BandW_Step1
    写真にプリセットを適用

  3. (オプション)中心とする被写体がある場合、または写真の光景を強調したい場合、光彩拡散を適用できます。「光彩拡散」ボタンをクリックして、写真に最小量の拡散を適用します。特定の写真の部分への光彩拡散効果を変更するには:

    1. 「追加」(光彩拡散を適用する)または「削除」(効果を削除する)をクリックします。
    2. 操作の適用に使用するブラシのサイズを選択します。
    3. 不透明度コントロールをスライドさせて、拡散の程度を選択します。
    4. 写真の部分にペイントします。
    BandW_Step2
    オプションの光彩拡散の適用

  4. (オプション)写真のハイライトされた領域とその他の部分とのコントラストを高くするには、「コントラストを上げる」ボタンをクリックします。

    注意:

    「コントラストを上げる」ボタンを複数回押して、コントラストを上げます。

    BandW_Step3
    コントラストを上げて効果を劇的に高める

  5. 狙いどおりの成果が得られたら、「次へ」をクリックし、次におこなう処理を選択します。

    • 保存 - 保存/別名で保存:新しく作成した画像を使用可能ないずれかの形式で保存します。
    • 編集を続行 - クイックモードまたはエキスパートモード:画像の作業をクイックモードまたはエキスパートモードのどこで続けるかを選択します。
    • 配信 - Flickr/Twitter:Photoshop Elements で利用できるソーシャル/共有サービスのいずれかを通じて、画像をオンラインで公開します。

白黒カラーポップ

白黒カラーポップガイド付き編集を使用すると、画像内の単一の色をハイライトしたまま、他の色の彩度を下げることができます。初期設定の色(レッド、イエロー、ブルー、グリーン)を使用することも、効果を調整するためのオプションを使用することもできます。

  1. ガイドモードで写真が開いている状態で、「白黒:カラーの強調」を選択します。

    BandWColorPop_Original
    元の写真

  2. 写真で維持する色を選択します。この画像に複数のカラートーンがある場合は、「カスタムカラーを選択」をクリックしてから、カラーピッカーを使用して写真内のサンプルをクリックします。

    BandWColorPop_Step1
    ジーンズのブルーの影の分離

    このステップを完了すると、写真内の選択したカラーと同じカラーの領域の彩度が上がります。写真の他の部分は、白黒写真と似たような感じになります。

  3. 選択したカラーのトーンを増減するには、許容量スライダーを左右に動かします。

    BandWColorPop_Step2
    許容量スライダーを使用して、写真内のトーンとブルーの影を選択して追加する

  4. (オプション)「効果を調整」をクリックして、写真の各部の「白黒:カラーの強調」効果を追加または無効にします。サイズスライダーでブラシのサイズを切り替えられ、不透明度スライダーで適用される効果の強さを指定します。

    BandWColorPop_Step3
    「効果を調整」ボタンを使用して、画像内の元の色の部分を表示するオプションを使用します。この場合、「追加」ボタンを使用し、不透明度を 100% に設定して車輪が復元されています。

  5. 「彩度を上げる」をクリックして、選択したカラーをポップカラーにします。これによって、そのカラーの物体が、相対的にフラットな白黒の写真から目立つようになります。

    BandWColorPop_Step4_deeper
    「彩度を上げる」をクリックして選択したカラーをポップカラーにする

  6. 狙いどおりの成果が得られたら、「次へ」をクリックし、次におこなう処理を選択します。

    • 保存 - 保存/別名で保存:新しく作成した画像を使用可能ないずれかの形式で保存します。
    • 編集を続行 - クイックモードまたはエキスパートモード:画像の作業をクイックモードまたはエキスパートモードのどこで続けるかを選択します。
    • 配信 - Flickr/Twitter:Photoshop Elements で利用できるソーシャル/共有サービスのいずれかを通じて、画像をオンラインで公開します。

白黒の選択

特定の白黒ガイド付き編集を使用して、選択した写真の一部の色の彩度を下げます。写真の一部の彩度を下げると、写真のその他の領域は自動的にハイライトされたように見えます。選択を行った後、選択範囲を微調整できます。

  1. ガイドモードで写真が開いている状態で、「白黒:選択」を選択します。

    BandWSelection_Original
    元の画像

  2. 「白黒選択ブラシ」をクリックします。使用できるオプションから、白黒に変換する領域の追加または削除を選択します。ブラシサイズスライダーを使用して、写真上の境界線で影響される領域の範囲を指定します。

    注意:

    この効果を、複数の細い境界線(髪の毛など)を持つ物体に適用する場合、「境界線を調整」をクリックして、選択内容をさらに微調整します。

    BandWSelection_Step1
    白黒に変換する部分の選択

  3. 白黒効果を写真のその他の部分に個別に追加または削除するには、「白黒詳細ブラシ」をクリックして操作とブラシサイズを選択し、効果をペイントします。

     

    BandWSelection_Step2
    選択内容を微調整して、必要な部分が白黒に変換されないようにします。

  4. これまで作成した効果を反転させるため、「反転エフェクト」をクリックします。

    BandWSelection_Step3
    効果を反転させた同じ写真を確認

  5. 狙いどおりの成果が得られたら、「次へ」をクリックし、次におこなう処理を選択します。

    • 保存 - 保存/別名で保存:新しく作成した画像を使用可能ないずれかの形式で保存します。
    • 編集を続行 - クイックモードまたはエキスパートモード:画像の作業をクイックモードまたはエキスパートモードのどこで続けるかを選択します。
    • 配信 - Flickr/Twitter:Photoshop Elements で利用できるソーシャル/共有サービスのいずれかを通じて、画像をオンラインで公開します。

ハイキー

アップビートでポジティブな感触を与えるため、写真に微妙で、夢のような効果を追加します。

high_key
ハイキー効果を適用する前(左)と適用した後の写真

  1. 写真を開き、ガイド付き編集ルームの「白黒」タブで「ハイキー」をクリックします。

    注意:

    光の過剰な場所で撮影された写真、または露光時間が過剰な写真では、ハイキー効果を適用すると、白く見えます。わずかに暗い画像では、優れた結果が現れます。

  2. カラー」または「白黒」をクリックして、カラーまたは白黒のどちらのハイキー効果を使用するか選択します。

    ハイキー効果が追加されました。

  3. 画像の明るい部分に光彩を追加することで、ハイキー効果を強調するには、「光彩拡散を追加」ボタンを使用します。写真全体に連続して光彩拡散を追加するには、このボタンを 2 回以上クリックします。

  4. 目的どおりの成果が得られたら、「次へ」をクリックして続行する方法を選択します。

    • 保存 - 保存/別名で保存:新しく作成した画像を使用可能ないずれかの形式で保存します。
    • 編集を続行 - クイックモードまたはエキスパートモード:画像の作業をクイックモードまたはエキスパートモードのどこで続けるかを選択します。
    • 配信 - Flickr/Twitter:Photoshop Elements で利用できるソーシャル/共有サービスのいずれかを通じて、画像をオンラインで公開します。

写真から線画を作成

このガイド付き編集で使用する機能について詳しくは、画像のモノクロへの正確な変換レベル補正ノイズを加える彩度と色相の補正を参照してください。

ローキー

ローキー効果を適用することで、シャドウを強調し、エッジを強調し、写真に劇的な仕上がりを追加します。

low_key
ローキー効果を適用する前(左)と適用した後の写真

  1. 写真を開き、ガイド付き編集ルームの「白黒」タブで「ローキー」をクリックします。

  2. カラー」または「白黒」をクリックして、カラーまたは白黒のどちらのローキー効果を使用するか選択します。

    ローキー効果が追加されました。暗い色はより暗くプッシュされ、明るいオブジェクトはわずかに露出過度に見えます。コントラストは高くなります。

  3. 背景ブラシ」と「効果低減」ボタンを使用して、写真に適用する的確な効果を探します。

  4. 狙いどおりの成果が得られたら、「次へ」をクリックし、次におこなう処理を選択します。

    • 保存 - 保存/別名で保存:新しく作成した画像を使用可能ないずれかの形式で保存します。
    • 編集を続行 - クイックモードまたはエキスパートモード:画像の作業をクイックモードまたはエキスパートモードのどこで続けるかを選択します。
    • 配信 - Flickr/Twitter:Photoshop Elements で利用できるソーシャル/共有サービスのいずれかを通じて、画像をオンラインで公開します。

注意:

最良の結果を得るためには、手順を省いたり、ランダムな順序で手順を実行したりしないでください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー