マニュアル キャンセル

レイヤーのコピーとアレンジ

  1. Photoshop Elements ユーザーガイド
  2. Photoshop Elements の概要
    1. Photoshop Elements の新機能
    2. 必要システム構成 | Photoshop Elements
    3. ワークスペースの基本
    4. ガイドモード
    5. フォトプロジェクトの作成
  3. ワークスペースと環境
    1. ホーム画面の説明
    2. ワークスペースの基本
    3. ツール
    4. パネルとエリア
    5. ファイルを開く
    6. 定規、グリッド、ガイド
    7. 機能強化されたクイックモード
    8. ファイル情報
    9. プリセットとライブラリ
    10. マルチタッチサポート
    11. スクラッチディスク、プラグインおよびアプリケーションの更新
    12. 操作の取り消し、やり直しおよびキャンセル
    13. 画像の表示
    14. Windows 7 機能の使用
  4. 写真の補正および画質調整
    1. 画像のサイズ変更
    2. 切り抜き
    3. Camera Raw 画像ファイルの処理
    4. ぼかしの追加、色の置き換え、画像領域のコピー
    5. シャドウとライトの補正
    6. 写真のレタッチと修正
    7. 写真をシャープにする
    8. 変形
    9. 自動スマートトーン補正
    10. 再構成
    11. アクションを使用した写真の処理
    12. Photomerge Compose
    13. パノラマの作成
  5. シェイプおよびテキストの追加
    1. テキストの追加
    2. テキストの編集
    3. シェイプの作成
    4. シェイプの編集
    5. ペイントの概要
    6. ペイントツール
    7. ブラシの設定
    8. パターン
    9. 塗りつぶしおよびストローク
    10. グラデーション
    11. 日本語テキストの操作
  6. ガイド付き編集、効果、フィルター
    1. ガイドモード
    2. フィルター
    3. ガイドモード Photomerge 編集
    4. ガイドモード - 基本編集
    5. 色調補正フィルター
    6. 効果
    7. ガイドモード - 楽しい編集
    8. ガイドモード - 特殊編集
    9. アーティスティックフィルター
    10. ガイドモード カラーの編集
    11. ガイドモード - 白黒の編集
    12. ぼかしフィルター
    13. ブラシストロークフィルター
    14. 変形フィルター
    15. その他のフィルター
    16. ノイズフィルター
    17. 描画フィルター
    18. スケッチフィルター
    19. 表現手法フィルター
    20. テクスチャフィルター
  7. カラーの使用
    1. カラーについて
    2. カラーマネジメントの設定
    3. カラーおよび色調補正の基本
    4. カラーの選択
    5. カラー、彩度、色相の補正
    6. カラーバランスの補正
    7. 画像モードとカラーテーブルの使用
    8. カラーと Camera Raw
  8. 選択範囲の使用
    1. Photoshop Elements での選択範囲の指定
    2. 選択範囲の保存
    3. 選択範囲の修正
    4. 選択範囲の移動とコピー
    5. 選択範囲の編集と調整
    6. アンチエイリアスおよびぼかしにより選択範囲のエッジを滑らかにする
  9. レイヤーの使用
    1. レイヤーの作成
    2. レイヤーの編集
    3. レイヤーのコピーとアレンジ
    4. 調整レイヤーと塗りつぶしレイヤー
    5. クリッピングマスク
    6. レイヤーマスク
    7. レイヤースタイル
    8. 不透明度と描画モード
  10. フォトプロジェクトの作成
    1. プロジェクトの基本
    2. フォトプロジェクトの作成
    3. フォトプロジェクトの編集
  11. 写真の保存、プリント、共有
    1. 画像の保存
    2. 写真のプリント
    3. オンラインでの写真の配信
    4. 画像の最適化
    5. JPEG 形式として最適化
    6. Web 画像のディザ
    7. ガイド付き編集 - 配信パネル
    8. Web 画像のプレビュー
    9. 透明ピクセルとマットの使用
    10. GIF や PNG-8 形式として最適化
    11. PNG‑24 として最適化
  12. ショートカットキー
    1. ツールの選択時に使用するキー
    2. オブジェクトの選択時と移動時に使用するキー
    3. レイヤーパネルのショートカットキー
    4. パネルの表示/非表示を切り替えるときに使用するキー(エキスパートモード)
    5. ペイントおよびブラシ使用時のキー
    6. テキスト使用時のキー
    7. ゆがみフィルター使用時のキー
    8. 選択範囲を変形する時のキー
    9. スウォッチパネルのショートカットキー
    10. Camera Raw ダイアログボックス使用時のキー
    11. フィルターギャラリーのショートカットキー
    12. 描画モード使用時のキー
    13. 画像の表示時に使用するキー(エキスパートモード)

画像内でのレイヤーの複製

レイヤー(背景レイヤーを含む)は、同一画像内で複製することができます。

  1. レイヤーパネルからレイヤーを選択し、次のいずれかの操作を行って複製します。
    • レイヤーを複製して名前を変更するには、レイヤー/レイヤーを複製を選択するか、レイヤーパネルの詳細メニューから「レイヤーを複製」を選択します。複製したレイヤーに名前を付けて、「OK」をクリックします。

    • 名前を付けずに複製するには、レイヤーを選択し、レイヤーパネルにある新規レイヤーボタンにドラッグします。

    • レイヤー名またはサムネールを右クリックし、「レイヤーを複製」を選択します。

別の画像へのレイヤーの複製

レイヤー(背景レイヤーを含む)は、別の画像に複製することができます。コピー先の画像のピクセル寸法によって、複製したレイヤーのプリントサイズが決まることに注意してください。また、複製元の画像と複製先の画像のピクセル寸法が異なる場合、複製したレイヤーは元のレイヤーより小さくまたは大きく表示される可能性があります。

  1. 複製元の画像を開きます。レイヤーを新規画像ではなく既存の画像に複製する場合は、複製先の画像も開きます。
  2. 複製元画像のレイヤーパネルで、複製するレイヤーの名前を選択します。複数のレイヤーを選択するには、Ctrl キー(Mac OS の場合は Command キー)を押しながら各レイヤーの名前をクリックします。
  3. レイヤー/レイヤーを複製を選択するか、レイヤーパネルの詳細メニューから「レイヤーを複製」を選択します。
  4. レイヤーを複製ダイアログボックスに複製したレイヤーの名前を入力し、レイヤーの保存先のドキュメントを選択して、「OK」をクリックします。
    • レイヤーを既存の画像に複製するには、ドキュメントポップアップメニューからファイル名を選択します。

    • レイヤーを新規ドキュメントに複製するには、ドキュメントメニューから「新規」を選択し、新規ファイルの名前を入力します。「レイヤーを複製」コマンドを使用して新規ドキュメントを作成した場合は、背景レイヤーが作成されません。

別の画像へのレイヤーのコピー

レイヤー(背景レイヤーを含む)は、別の画像にコピーすることができます。コピー先の画像の解像度によって、コピーしたレイヤーのプリントサイズが決まることに注意してください。また、コピー元の画像とコピー先の画像のピクセル寸法が異なる場合、コピーしたレイヤーが元のレイヤーより小さくまたは大きく表示される可能性があります。

  1. 使用する 2 つの画像を開きます。
  2. 元画像のレイヤーパネルで、コピーするレイヤーを選択します。
  3. 次のいずれかの操作を行います。
    • 選択範囲/すべてを選択を選択してレイヤー内のすべてのピクセルを選択し、編集/コピーを選択します。コピー先画像をアクティブにして、編集/ペーストを選択します。

    • コピー元の画像のレイヤーパネルから、レイヤー名を選択してコピー先の画像にドラッグします。

    • 移動ツール(ツールボックスの「選択」セクション)を使用して、レイヤーをコピー元の画像からコピー先の画像にドラッグします。

      コピーしたレイヤーはコピー先の画像に表示されます。レイヤーパネルでは、アクティブレイヤーの上に表示されます。ドラッグしたレイヤーがコピー先の画像より大きい場合は、レイヤーの一部分だけが表示されます。レイヤーの隠れた部分を表示するには、移動ツールを使用してドラッグします。

    注意:

    Shift キーを押しながらレイヤーをドラッグしてコピーすると、コピー元とコピー先の画像のピクセル寸法が同じ場合は、元の画像と同じ位置にコピーされます。コピー元とコピー先の画像のピクセル寸法が異なる場合は、コピー先画像の中央にコピーされます。

別の画像への竹のレイヤーのドラッグ

レイヤー上のオブジェクトの移動

レイヤーは、画像が描かれたフィルムの積み重ねのようなものです。そのうちの 1 つのレイヤーを移動すると、上下のレイヤー上のオブジェクトに応じて、表示される結果が変更されます。

  1. 複数のレイヤーを同時に移動するには、レイヤーパネルで複数のレイヤーを選択し、いずれかのレイヤーのリンクアイコンをクリックして、レイヤーを互いにリンクします。
  2. ツールパネルの「選択」セクションから移動ツールを選択します。
  3. 次のいずれかの操作を行います。
    • 画像内で選択したレイヤーをドラッグして、目的の位置に移動します。

    • キーボードの矢印キーを押すと、レイヤーを 1 ピクセルずつ移動できます。Shift キーを押しながら矢印キーを押すと、10 ピクセルずつ移動できます。

    • Shift キーを押しながらドラッグすると、レイヤーを真上、真下、真横、または 45°斜めに移動できます。

レイヤーの重なり順の変更

レイヤーが他のレイヤーより前面または背面に表示されるかどうかは、重なり順によって決まります。

初期設定では、背景レイヤーを一番下から移動することはできません。背景レイヤーを移動するには、最初にそのレイヤーを通常のレイヤーに変換する必要があります。

レイヤーを別のレイヤーの下にドラッグすることによる重なり順の変更

  1. レイヤーパネルでレイヤーを選択します。複数のレイヤーを選択するには、Ctrl キーを押しながら各レイヤーをクリックします。
  2. 重なり順を変更するには、次のいずれかの操作を行います。
    • レイヤーパネル内でレイヤーを上または下にドラッグして別の位置に移動します。

    • レイヤー/アレンジを選択し、「最前面へ」、「前面へ」、「背面へ」、または「最背面へ」を選択します。

レイヤーのリンクまたはリンク解除

複数のレイヤーをリンクしていると、そのレイヤー上のオブジェクトをまとめて移動することができます。また、リンクしたすべてのレイヤーに対して、同時にコピー、ペースト、結合を行ったり、変形を適用することもできます。編集中に、リンクされた 1 つのレイヤーを編集または移動すると便利なことがあります。一度に 1 つのレイヤーを操作するときには、レイヤーのリンクを解除します。

  1. レイヤーをリンクするには、次のいずれかの操作を行います。
    • 1 つのレイヤーを選択して、別のレイヤーのリンクアイコンをクリックします。

    • リンクしたいレイヤーを選択します。1 つ以上のレイヤーを選択するには、Ctrl キー(Mac OS では Command キー)を押しながら選択したいレイヤーをクリックします。いずれかのレイヤーのリンクアイコンをクリックします。

    • 複数のレイヤーを選択し、右クリックして「レイヤーをリンク」オプションを選択します。

  2. レイヤーのリンクを解除するには、次のいずれかの操作を行います。
    • 1 つのレイヤーのリンクを解除するには、レイヤーのリンクアイコンをクリックします。

    • 複数のレイヤーのリンクを解除するには、複数のレイヤーを選択し、右クリックして「レイヤーをリンク解除」オプションを選択します。

レイヤーの結合

レイヤーによって、画像のファイルサイズが大きくなることがあります。画像内のレイヤーを結合すると、ファイルサイズが小さくなります。レイヤーの結合は、レイヤーの編集を終了し、画像を完成させた後に行うようにしてください。

結合の例

リンクしているレイヤーのみ、表示しているレイヤーのみ、レイヤーとその下のレイヤーのみ、または選択したレイヤーのみの結合を選択できます。表示されているすべてのレイヤー上のオブジェクトを選択したレイヤーに結合することもできます。その際、他の表示されているレイヤーが削除されることはありません(この場合は、ファイルサイズは小さくなりません)。

画像の編集が完了したら、画像を統合することができます。統合により、表示しているレイヤーは結合され、非表示のレイヤーは破棄され、透明部分は白で塗りつぶされます。

  1. レイヤーパネルを開き、結合する各レイヤーの横に目のアイコンが表示され、交差する線が目のアイコンに表示されていないことを確認します。
  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • 選択したレイヤーを結合するには、Ctrl キー(Mac OS の場合は Command キー)を押しながら各レイヤーをクリックして複数のレイヤーを選択します。右クリックし、「レイヤーの結合」を選択します。

    • レイヤーをその下のレイヤーと結合するには、上の方のレイヤーを選択し、レイヤーメニューまたはレイヤーパネルメニューから「下のレイヤーと結合」を選択します。

    注意:

    下のレイヤーがシェイプレイヤー、テキストレイヤー、塗りつぶしレイヤーのいずれかである場合は、そのレイヤーをラスタライズする必要があります。下のレイヤーが調整レイヤーである場合は、「下のレイヤーと結合」を選択することはできません。

    • 表示されているすべてのレイヤーを結合するには、結合しないレイヤーを非表示にし、レイヤーメニューまたはレイヤーパネルメニューから「表示レイヤーを結合」を選択します。
    • リンクしているすべての表示レイヤーを結合するには、リンクしているレイヤーの 1 つを選択し、レイヤーメニューまたはレイヤーパネルメニューから「リンク部分を結合」を選択します。
    注意:

    一番下の結合されたレイヤーが、テキストレイヤー、シェイプレイヤー、べた塗りレイヤー、グラデーション塗りつぶしレイヤー、パターン塗りつぶしレイヤーのいずれかである場合は、最初にそのレイヤーをラスタライズする必要があります。

レイヤーの別のレイヤーへの結合

この手順は、結合するレイヤー上のオブジェクトを保持する場合に使用します。これにより、元のレイヤーはすべて保持されたまま結合レイヤーが作成されます。

  1. 結合しないレイヤーの横にある目のアイコンをクリックし(交差する線があるアイコン)、結合しないレイヤーに目のアイコンが表示されていること(交差する線がアイコンにないこと)を確認します。
  2. 表示レイヤーの結合先となるレイヤーを指定します。このとき、新規レイヤーを作成するか、レイヤーパネルで既存のレイヤーを選択することができます。
  3. レイヤーメニューまたはレイヤーパネルの詳細メニューから、Alt キー(Mac OS の場合は Option キー)を押しながら「表示レイヤーを結合」を選択します。表示中のすべてのレイヤーのコピーが選択したレイヤーに結合されます。

画像の統合

画像を統合すると、表示中のすべてのレイヤーが背景レイヤーに結合されるので、ファイルサイズを大幅に小さくすることができます。画像を統合すると、非表示のレイヤーはすべて破棄され、透明部分はすべて白で塗りつぶされます。通常は、個々のレイヤーの編集を完了してからファイルを統合します。

  1. 画像に保持するレイヤーが表示されていることを確認します。
  2. レイヤーメニューまたはレイヤーパネルの詳細メニューから「画像を統合」を選択します。
    注意:

    画像ウィンドウの下部にあるステータスバーのポップアップメニューから「ファイルサイズ」を選択すると、レイヤーを含むファイルのサイズと統合されたファイルのサイズの違いを確認できます。

アドビのロゴ

アカウントにログイン