マニュアル キャンセル

GIF や PNG-8 形式として最適化

  1. Photoshop Elements ユーザーガイド
  2. Photoshop Elements の概要
    1. Photoshop Elements の新機能
    2. 必要システム構成 | Photoshop Elements
    3. ワークスペースの基本
    4. ガイドモード
    5. フォトプロジェクトの作成
  3. ワークスペースと環境
    1. ホーム画面の説明
    2. ワークスペースの基本
    3. ツール
    4. パネルとエリア
    5. ファイルを開く
    6. 定規、グリッド、ガイド
    7. 機能強化されたクイックモード
    8. ファイル情報
    9. プリセットとライブラリ
    10. マルチタッチサポート
    11. スクラッチディスク、プラグインおよびアプリケーションの更新
    12. 操作の取り消し、やり直しおよびキャンセル
    13. 画像の表示
    14. Windows 7 機能の使用
  4. 写真の補正および画質調整
    1. 画像のサイズ変更
    2. 切り抜き
    3. Camera Raw 画像ファイルの処理
    4. ぼかしの追加、色の置き換え、画像領域のコピー
    5. シャドウとライトの補正
    6. 写真のレタッチと修正
    7. 写真をシャープにする
    8. 変形
    9. 自動スマートトーン補正
    10. 再構成
    11. アクションを使用した写真の処理
    12. Photomerge Compose
    13. パノラマの作成
  5. シェイプおよびテキストの追加
    1. テキストの追加
    2. テキストの編集
    3. シェイプの作成
    4. シェイプの編集
    5. ペイントの概要
    6. ペイントツール
    7. ブラシの設定
    8. パターン
    9. 塗りつぶしおよびストローク
    10. グラデーション
    11. 日本語テキストの操作
  6. ガイド付き編集、効果、フィルター
    1. ガイドモード
    2. フィルター
    3. ガイドモード Photomerge 編集
    4. ガイドモード - 基本編集
    5. 色調補正フィルター
    6. 効果
    7. ガイドモード - 楽しい編集
    8. ガイドモード - 特殊編集
    9. アーティスティックフィルター
    10. ガイドモード カラーの編集
    11. ガイドモード - 白黒の編集
    12. ぼかしフィルター
    13. ブラシストロークフィルター
    14. 変形フィルター
    15. その他のフィルター
    16. ノイズフィルター
    17. 描画フィルター
    18. スケッチフィルター
    19. 表現手法フィルター
    20. テクスチャフィルター
  7. カラーの使用
    1. カラーについて
    2. カラーマネジメントの設定
    3. カラーおよび色調補正の基本
    4. カラーの選択
    5. カラー、彩度、色相の補正
    6. カラーバランスの補正
    7. 画像モードとカラーテーブルの使用
    8. カラーと Camera Raw
  8. 選択範囲の使用
    1. Photoshop Elements での選択範囲の指定
    2. 選択範囲の保存
    3. 選択範囲の修正
    4. 選択範囲の移動とコピー
    5. 選択範囲の編集と調整
    6. アンチエイリアスおよびぼかしにより選択範囲のエッジを滑らかにする
  9. レイヤーの使用
    1. レイヤーの作成
    2. レイヤーの編集
    3. レイヤーのコピーとアレンジ
    4. 調整レイヤーと塗りつぶしレイヤー
    5. クリッピングマスク
    6. レイヤーマスク
    7. レイヤースタイル
    8. 不透明度と描画モード
  10. フォトプロジェクトの作成
    1. プロジェクトの基本
    2. フォトプロジェクトの作成
    3. フォトプロジェクトの編集
  11. 写真の保存、プリント、共有
    1. 画像の保存
    2. 写真のプリント
    3. オンラインでの写真の配信
    4. 画像の最適化
    5. JPEG 形式として最適化
    6. Web 画像のディザ
    7. ガイド付き編集 - 配信パネル
    8. Web 画像のプレビュー
    9. 透明ピクセルとマットの使用
    10. GIF や PNG-8 形式として最適化
    11. PNG‑24 として最適化
  12. ショートカットキー
    1. ツールの選択時に使用するキー
    2. オブジェクトの選択時と移動時に使用するキー
    3. レイヤーパネルのショートカットキー
    4. パネルの表示/非表示を切り替えるときに使用するキー(エキスパートモード)
    5. ペイントおよびブラシ使用時のキー
    6. テキスト使用時のキー
    7. ゆがみフィルター使用時のキー
    8. 選択範囲を変形する時のキー
    9. スウォッチパネルのショートカットキー
    10. Camera Raw ダイアログボックス使用時のキー
    11. フィルターギャラリーのショートカットキー
    12. 描画モード使用時のキー
    13. 画像の表示時に使用するキー(エキスパートモード)

GIF 形式

GIF 形式は 8 ビットカラーを使用し、ラインアート、ロゴ、活字などのシャープなディテールを保持したまま、べた塗り部分を効率的に圧縮します。また、GIF 形式を使用すると、アニメーション画像を作成したり、画像の透明部分を保持することができます。GIF は、ほとんどのブラウザーでサポートされます。

GIF 形式は、可逆圧縮方式の LZW 圧縮を使用します。ただし、GIF ファイルは 256 色に制限されるので、元の 24 ビット画像を 8 ビットの GIF として最適化すると、画像から一部のカラーが削除されます。

特定色域を使用した GIF 画像(左)と Web カラーを使用した GIF 画像(右)

GIF 画像内のカラー数を選択して、ブラウザーでカラーをどのようにディザ処理するか制御できます。GIF は、透明な背景または背景のマット処理をサポートします。この場合、画像のエッジが Web ページの背景色とブレンドされます。

PNG‑8 形式

PNG‑8 形式は、8 ビットカラーを使用します。GIF 形式と同様に、PNG‑8 は、ラインアート、ロゴ、活字などのシャープなディテールを保持したまま、べた塗り部分を効率的に圧縮します。

PNG‑8 は、ブラウザーによってはサポートされていない場合があるので、画像を様々な人に配信するときは、この形式を避けることをお勧めします。

PNG‑8 形式は GIF より優れた圧縮スキーマを使用しているので、PNG‑8 ファイルのサイズは同じ画像の GIF ファイルより 10 %から 30%小さくなります(画像のカラーパターンによって異なります)。PNG‑8 圧縮は可逆方式ですが、元の 24 ビット画像を 8 ビットの PNG 画像として最適化すると、画像から一部のカラーが削除される場合があります。

注意:

一部の画像、特に単純なパターンと少ないカラーで構成された画像では、GIF 圧縮の方が PNG‑8 圧縮より小さくなる場合があります。GIF 形式と PNG‑8 形式で画像を最適化して、ファイルサイズを比較してください。

GIF 形式では、画像内のカラー数を選択して、ブラウザーでカラーをどのようにディザ処理するか制御できます。PNG‑8 形式 は、透明な背景または背景のマット処理をサポートします。この場合、画像のエッジが Web ページの背景色とブレンドされます。

ディザ処理していない 256 色の PNG‑8 画像(左)とディザ処理した 16 色の PNG‑8 画像(右)

GIF や PNG-8 形式として最適化

GIF は、広いべた塗り部分とラインアート、ロゴ、活字などの鮮明なディテールを含む画像向けの標準的な圧縮形式です。GIF 形式と同様に、PNG‑8 は透明部分をサポートし、シャープなディテールを保持しながら塗りつぶし部分を効率よく圧縮します。ただし、PNG‑8 ファイルの表示に対応していない Web ブラウザーもあります。

  1. 画像を開いて、ファイル/Web 用に保存を選択します。
  2. 最適化ファイル形式メニューで、「GIF」または「PNG‑8」を選択します。
  3. フル解像度の画像をダウンロードしているときに低解像度の画像を表示するには、「インターレース」を選択します。インターレースによりダウンロード時間は短くなるように感じられますが、ファイルサイズは大きくなります。
  4. 最適化ファイル形式メニューの下で、カラールックアップテーブルを生成するための減色アルゴリズムを選択します。

    知覚的

    人間の目による知覚度の高いカラーを優先したカスタムカラーテーブルを作成します。

    特定

    知覚的カラーテーブルとよく似ていますが、より広範囲を占めるカラーと Web カラーの保全を主体にしています。通常このカラーテーブルが、最もカラーの保全性に優れています(「特定」が初期設定です)。

    割り付け

    画像に最もよく使用されているスペクトルからカラーをサンプルしてカスタムカラーテーブルを作成します。例えば、グリーンとブルーの濃淡だけで構成される画像からはグリーンとブルーが主体のカラーテーブルが作成されます。多くの画像は、スペクトルの特定領域のカラーを集中的に使用しています。

    制限(Web)

    Windows および Mac OS の 8 ビット(256 色)パネルと共通する標準の 216 色 Web セーフカラーテーブルを使用します。このオプションを選択すると、8 ビットカラーで画像が表示される場合に、表示される色にブラウザーのディザ処理が実行されません。画像の色が 216 色未満の場合は、使用されていない色がテーブルから削除されます。

  5. カラーパネルの最大カラー数を指定するには、カラーメニューから数値を選択してテキストボックスに値を入力するか、矢印をクリックしてカラー数を変更します。画像のカラー数がパネルより少ない場合は、カラーテーブルに画像のカラー数が反映され、カラー数が少なくなります。
  6. 「制限(Web)」を選択して減色アルゴリズムを適用する場合は、カラーメニューで「自動」を選択できます。画像内のカラー頻度に基づいてカラーテーブルの最適なカラー数を自動的に決定する場合は、「自動」を選択します。
  7. 「ディザ」テキストボックスにパーセント値を入力するか、ディザメニューの矢印をクリックして表示されるスライドをドラッグし、ディザ処理のパーセント値を選択します。
  8. 画像に透明部分が含まれる場合は、「透明部分」を選択して透明ピクセルを保持します。「透明部分」の選択を解除すると、完全な透明ピクセルと半透明なピクセルがマットカラーで塗りつぶされます。
  9. アニメーション GIF を作成するには、「アニメーション」を選択します。
  10. 最適化した画像を保存するには、「OK」をクリックします。最適化ファイルを別名で保存ダイアログボックスで、ファイル名を入力して「保存」をクリックします。

アニメーション GIF ファイルの作成

  1. アニメーションの各フレームで表示する画像をレイヤーパネルの別々のレイヤーに配置します。例えば、まばたきのアニメーションを作成するには、開いている目の画像を 1 つのレイヤーに配置し、閉じている目の画像を別のレイヤーに配置します。
  2. ファイル/Web 用に保存を選択します。
    注意:

    画像に複数のレイヤーが含まれている場合は、ファイル/別名で保存を選択し、「CompuServe GIF」形式を選択して「レイヤーをフレームとして保存」を選択することで、別名で保存ダイアログボックスから Web 用に保存ダイアログボックスを開くこともできます。

  3. 画像を GIF 形式で最適化します。
  4. 「アニメーション」を選択します。
  5. ダイアログボックスの「アニメーション」セクションで、その他のオプションを設定します。

    ループオプションを選択

    Web ブラウザーでアニメーションを繰り返し再生するか、1 回のみ再生します。また、「その他」を選択して、アニメーションをループする回数を指定することもできます。

    フレームディレイ

    Web ブラウザーで各フレームを表示する秒数を指定します。少数の値を使用すると、1 秒未満の単位で指定できます。例えば、「0.5」と指定すると、0.5 秒のディレイになります。

アドビのロゴ

アカウントにログイン