マニュアル キャンセル

機能強化されたクイックモード

  1. Photoshop Elements ユーザーガイド
  2. Photoshop Elements の概要
    1. Photoshop Elements の新機能
    2. 必要システム構成 | Photoshop Elements
    3. ワークスペースの基本
    4. ガイドモード
    5. フォトプロジェクトの作成
  3. ワークスペースと環境
    1. ホーム画面の説明
    2. ワークスペースの基本
    3. ツール
    4. パネルとエリア
    5. ファイルを開く
    6. 定規、グリッド、ガイド
    7. 機能強化されたクイックモード
    8. ファイル情報
    9. プリセットとライブラリ
    10. マルチタッチサポート
    11. スクラッチディスク、プラグインおよびアプリケーションの更新
    12. 操作の取り消し、やり直しおよびキャンセル
    13. 画像の表示
    14. Windows 7 機能の使用
  4. 写真の補正および画質調整
    1. 画像のサイズ変更
    2. 切り抜き
    3. Camera Raw 画像ファイルの処理
    4. ぼかしの追加、色の置き換え、画像領域のコピー
    5. シャドウとライトの補正
    6. 写真のレタッチと修正
    7. 写真をシャープにする
    8. 変形
    9. 自動スマートトーン補正
    10. 再構成
    11. アクションを使用した写真の処理
    12. Photomerge Compose
    13. パノラマの作成
  5. シェイプおよびテキストの追加
    1. テキストの追加
    2. テキストの編集
    3. シェイプの作成
    4. シェイプの編集
    5. ペイントの概要
    6. ペイントツール
    7. ブラシの設定
    8. パターン
    9. 塗りつぶしおよびストローク
    10. グラデーション
    11. 日本語テキストの操作
  6. ガイド付き編集、効果、フィルター
    1. ガイドモード
    2. フィルター
    3. ガイドモード Photomerge 編集
    4. ガイドモード - 基本編集
    5. 色調補正フィルター
    6. 効果
    7. ガイドモード - 楽しい編集
    8. ガイドモード - 特殊編集
    9. アーティスティックフィルター
    10. ガイドモード カラーの編集
    11. ガイドモード - 白黒の編集
    12. ぼかしフィルター
    13. ブラシストロークフィルター
    14. 変形フィルター
    15. その他のフィルター
    16. ノイズフィルター
    17. 描画フィルター
    18. スケッチフィルター
    19. 表現手法フィルター
    20. テクスチャフィルター
  7. カラーの使用
    1. カラーについて
    2. カラーマネジメントの設定
    3. カラーおよび色調補正の基本
    4. カラーの選択
    5. カラー、彩度、色相の補正
    6. カラーバランスの補正
    7. 画像モードとカラーテーブルの使用
    8. カラーと Camera Raw
  8. 選択範囲の使用
    1. Photoshop Elements での選択範囲の指定
    2. 選択範囲の保存
    3. 選択範囲の修正
    4. 選択範囲の移動とコピー
    5. 選択範囲の編集と調整
    6. アンチエイリアスおよびぼかしにより選択範囲のエッジを滑らかにする
  9. レイヤーの使用
    1. レイヤーの作成
    2. レイヤーの編集
    3. レイヤーのコピーとアレンジ
    4. 調整レイヤーと塗りつぶしレイヤー
    5. クリッピングマスク
    6. レイヤーマスク
    7. レイヤースタイル
    8. 不透明度と描画モード
  10. フォトプロジェクトの作成
    1. プロジェクトの基本
    2. フォトプロジェクトの作成
    3. フォトプロジェクトの編集
  11. 写真の保存、プリント、共有
    1. 画像の保存
    2. 写真のプリント
    3. オンラインでの写真の配信
    4. 画像の最適化
    5. JPEG 形式として最適化
    6. Web 画像のディザ
    7. ガイド付き編集 - 配信パネル
    8. Web 画像のプレビュー
    9. 透明ピクセルとマットの使用
    10. GIF や PNG-8 形式として最適化
    11. PNG‑24 として最適化
  12. ショートカットキー
    1. ツールの選択時に使用するキー
    2. オブジェクトの選択時と移動時に使用するキー
    3. レイヤーパネルのショートカットキー
    4. パネルの表示/非表示を切り替えるときに使用するキー(エキスパートモード)
    5. ペイントおよびブラシ使用時のキー
    6. テキスト使用時のキー
    7. ゆがみフィルター使用時のキー
    8. 選択範囲を変形する時のキー
    9. スウォッチパネルのショートカットキー
    10. Camera Raw ダイアログボックス使用時のキー
    11. フィルターギャラリーのショートカットキー
    12. 描画モード使用時のキー
    13. 画像の表示時に使用するキー(エキスパートモード)

クイックモードでは、露光量、カラー、シャープ、画像のその他の側面をすばやく補正するため、基本的な写真補正ツールを 1 箇所にまとめています。Photoshop Elements 12 からは、写真を修正できるほか、調整パネルの横にある効果テクスチャフレームの各パネルで写真をプロ並みのアート作品に仕上げることもできます。

パネルごとに、10 のサムネールがあります。各サムネールは、ライブプレビューです。サムネールをクリックすると、効果、テクスチャ、フレームが画像に適用されます。マウスポインターをサムネールの上に置くと、効果、テクスチャ、フレームの名前が表示されます。

効果

効果パネル
Photoshop Elements の効果パネル

効果を適用して、写真を変換できます。利用可能な効果のクリック可能なサムネールはライブプレビューなので、効果を適用する前に画像で効果がどのように見えるかを理解できます。

アート効果

有名な芸術作品や人気のアートスタイルにインスピレーションを得た効果を使って、ワンクリックで写真を一変させることができます。写真全体または一部に適用できる、美しいアート効果から選択します。効果で定義した調整をおこなって、望みどおりの仕上がりにできます。 

Photoshop Elements には、合計 30 種類のアート効果があります。「効果」をクリックして、クイックモードとエキスパートモードでお気に入りの効果を選択します。

アート効果
クイックモードでネオンのアート効果を適用した画像。

クラシック効果

モノクロ古い写真の外観からクロスプロセスプリセットまで、11 種類のクラシック効果が用意されています。クラシック効果をクリックすると、プリセット内で使用可能なバリエーションが表示されます。

クラシック効果
クイックモードでスマート仕上げのクラシック効果を適用した画像。

自動スマート仕上げ

使用可能な画像を分析し、画像の内容に基づいて様々な効果を適用するオプションが示されます。使用可能なバリエーション:

  • Auto1
  • Auto2
  • Auto3
  • Auto4
  • Auto5
注意:

効果は、レイヤーマスクで新しいレイヤーとして適用されます。エキスパートモードでレイヤーマスクを編集して、特定の領域の効果を取り除いたり、弱くしたりすることができます。

次の一覧で、用意されている各効果について簡単に説明します。

自動スマート仕上げ

使用可能な画像を分析し、画像の内容に基づいて様々な効果を適用するオプションが示されます。使用可能なバリエーション:

  • Auto1
  • Auto2
  • Auto3
  • Auto4
  • Auto5

色合い

画像に色合い(ゴールド、セピア、グリーンなど)を加えます。使用可能なバリエーション:

  • ゴールド
  • セピア
  • グリーン
  • ブルー

四季

画像に季節の効果を適用します。使用可能なバリエーション:

鉛筆スケッチ

画像を鉛筆で描いたスケッチのようにする効果を適用します。使用可能なバリエーション:

  • 柔らかい線
  • 鉛筆スケッチ
  • 木炭画
  • 点画
  • 色鉛筆

トイカメラ

おもちゃのカメラで撮影された写真のようにする効果を画像に適用します。使用可能なバリエーション:

  • トイカメラ
  • ロモブルー
  • ロモコントラスト
  • ロモグリーン
  • ホルガ

モノクロ

画像にモノクロ効果を適用します。使用可能なバリエーション:

  • 単純なモノクロ
  • シルバー
  • 昔風
  • プラチナ
  • 淡いブラック

リトグラフ

画像にリトグラフのような効果が適用されます。使用可能なバリエーション:

  • セピア
  • ブラック
  • ブルー
  • グリーン

クロスプロセス

様々な種類のフィルム用の化学溶液で写真フィルムを現像したような効果を適用します。使用可能なバリエーション:

  • ネイビーブルー
  • ウォッシュ(オレンジ)
  • ウォッシュ(ブルー)
  • ウォッシュ(グリーン)
  • ウォッシュ(パープル)

明暗別色補正

モノクロ画像において、ハイライトをある色で、シャドウを別の色で着色する効果を適用します。使用可能なバリエーション:

  • 明暗別色補正
  • ブルートーン
  • レッドトーン
  • グリーントーン
  • グレートーン

古い写真

古い写真のように見える効果を画像に適用します。使用可能なバリエーション:

  • 古い写真の光漏れ
  • 色褪せた古い写真
  • 古い写真のカラー
  • セピアグロー
  • とても古い写真

光漏れ

光の入らないはずのカメラ本体内に漏れ込んだ光が写真のネガに写り込んだような効果を適用します。使用可能なバリエーション:

  • 拡散カラー
  • 焼けたエッジ
  • 柔らかい光漏れ
  • 白い光漏れ
  • 黄色い筋

テクスチャ

テクスチャパネルを使用して、10 個のテクスチャから写真に適用するものを選択します。テクスチャは、写真がプリントされる様々な表面や背景を模倣します。例えば、古い紙のような感じ、亀裂の入ったペイントテクスチャ、粗い青いグリッド、金属のような感じ、などがあります。

注意:

テクスチャは、レイヤーマスクで新しいレイヤーとして適用されます。エキスパートモードでレイヤーマスクを編集して、特定の領域(顔/皮膚)のテクスチャを取り除いたり、弱くしたりすることができます。

フレーム

フレームパネルを使用して、10 個のフレームから写真に適用するものを選択します。フレームは、自動的に最適な方法でサイズ変更されます。画像とフレームを移動したり変形したりできます。これには、移動ツールを使用してフレームをダブルクリックします。エキスパートモードでカラー塗りつぶしレイヤーを変更すると、背景色を白から別の選択肢に変更できます。

効果、テクスチャ、フレームの適用

  1. Photoshop Elements Editor で写真を開き、クイックモードに切り替えます。

  2. 色調補正パネルの他に、効果テクスチャフレームの 3 つのパネルを利用できます。パネルのいずれかのアイコンをクリックします。

  3. パネルバーに、開いている画像のライブプレビューのサムネールが表示されます。サムネールをクリックして、効果テクスチャ、またはフレームを適用します。

  4. (オプション)エキスパートモードに切り替えて画像で使用している効果、テクスチャ、フレームを変更します。クイックモードで適用した変更は、独立したレイヤーで使用できます。

アドビのロゴ

アカウントにログイン