マニュアル キャンセル

選択範囲の編集と調整

  1. Photoshop Elements ユーザーガイド
  2. Photoshop Elements の概要
    1. Photoshop Elements の新機能
    2. 必要システム構成 | Photoshop Elements
    3. ワークスペースの基本
    4. ガイドモード
    5. フォトプロジェクトの作成
  3. ワークスペースと環境
    1. ホーム画面の説明
    2. ワークスペースの基本
    3. 環境設定
    4. ツール
    5. パネルとエリア
    6. ファイルを開く
    7. 定規、グリッド、ガイド
    8. 機能強化されたクイックモード
    9. ファイル情報
    10. プリセットとライブラリ
    11. マルチタッチサポート
    12. 仮想記憶ディスク、プラグインおよびアプリケーションのアップデート
    13. 操作の取り消し、やり直しおよびキャンセル
    14. 画像の表示
  4. 写真の補正および画質調整
    1. 画像のサイズ変更
    2. 切り抜き
    3. Camera Raw 画像ファイルの処理
    4. ぼかしの追加、色の置き換え、画像領域のコピー
    5. シャドウとライトの調整
    6. 写真のレタッチと修正
    7. 写真をシャープにする
    8. 変形
    9. 自動スマートトーン補正
    10. 再構成
    11. アクションを使用した写真の処理
    12. Photomerge Compose
    13. パノラマの作成
    14. 動くオーバーレイ
    15. ムービングエレメント
  5. シェイプおよびテキストの追加
    1. テキストの追加
    2. テキストの編集
    3. シェイプの作成
    4. シェイプの編集
    5. ペイントの概要
    6. ペイントツール
    7. ブラシの設定
    8. パターン
    9. 塗りつぶしおよびストローク
    10. グラデーション
    11. 日本語テキストの操作
  6. クイックアクション
  7. ガイド付き編集、効果、フィルター
    1. ガイドモード
    2. フィルター
    3. ガイドモード Photomerge 編集
    4. ガイドモード - 基本編集
    5. 色調補正フィルター
    6. 効果
    7. ガイドモード - 楽しい編集
    8. ガイドモード - 特殊編集
    9. アーティスティックフィルター
    10. ガイドモード カラーの編集
    11. ガイドモード - 白黒の編集
    12. ぼかしフィルター
    13. ブラシストロークフィルター
    14. 変形フィルター
    15. その他のフィルター
    16. ノイズフィルター
    17. 描画フィルター
    18. スケッチフィルター
    19. 表現手法フィルター
    20. テクスチャフィルター
    21. ピクセレートフィルター
  8. カラーの使用
    1. カラーについて
    2. カラーマネジメントの設定
    3. カラーおよび色調補正の基本
    4. カラーの選択
    5. カラー、彩度、色相の補正
    6. カラーバランスの補正
    7. 画像モードとカラーテーブルの使用
    8. カラーと Camera Raw
  9. 選択範囲の使用
    1. Photoshop Elements での選択範囲の指定
    2. 選択範囲の保存
    3. 選択範囲の修正
    4. 選択範囲の移動とコピー
    5. 選択範囲の編集と調整
    6. アンチエイリアスおよびぼかしで選択範囲のエッジを滑らかにする
  10. レイヤーの使用
    1. レイヤーの作成
    2. レイヤーの編集
    3. レイヤーのコピーとアレンジ
    4. 調整レイヤーと塗りつぶしレイヤー
    5. クリッピングマスク
    6. レイヤーマスク
    7. レイヤースタイル
    8. 不透明度と描画モード
  11. フォトプロジェクトの作成
    1. プロジェクトの基本
    2. フォトプロジェクトの作成
    3. フォトプロジェクトの編集
    4. 写真リールの作成
  12. 写真の保存、プリント、共有
    1. 画像の保存
    2. 写真のプリント
    3. オンラインでの写真の配信
    4. 画像の最適化
    5. JPEG 形式として最適化
    6. Web 画像のディザ
    7. ガイド付き編集 - 配信パネル
    8. Web 画像のプレビュー
    9. 透明ピクセルとマットの使用
    10. GIF や PNG-8 形式として最適化
    11. PNG-24 として画像を最適化
  13. ショートカットキー
    1. ツールの選択時に使用するキー
    2. オブジェクトの選択時と移動時に使用するキー
    3. レイヤーパネルのショートカットキー
    4. パネルの表示/非表示を切り替えるときに使用するキー(エキスパートモード)
    5. 塗りつぶしおよびブラシのキー
    6. テキスト使用時のキー
    7. ゆがみフィルターのショートカットキー
    8. 選択範囲の変形に使用するキー
    9. スウォッチパネルのショートカットキー
    10. Camera Raw ダイアログボックス使用時のキー
    11. フィルターギャラリーのショートカットキー
    12. 描画モード使用時のキー
    13. 画像の表示時に使用するキー(エキスパートモード)

選択範囲の編集

選択範囲を指定することは、編集の重要な部分です。Photoshop Elements には、「選択ブラシを調整」という名称のツールがあります。このツールは、エッジを自動的に検出することで選択範囲に領域を追加したり、選択範囲から領域を削除したりするのに役立ちます。

ツールのカーソルは二重円です。内側の円がブラシのサイズ、外側の円がエッジを探す領域を示します。

選択編集ツールボックスには、選択を調整するための次のツールがあります。

選択範囲に追加する(A)

現在の選択範囲に手動で追加します

選択範囲を縮小(B)

現在の選択範囲を手動で取り除きます

選択範囲を押し出す(C)

 

  • カーソルを選択範囲の内部に置くと、外側の円の中にある選択範囲が拡大されて、見つかった最初の画像のエッジにスナップされます
  • カーソルを選択範囲の外部に置くと、外側の円の中にある選択範囲が縮小されて、見つかった最初の画像のエッジにスナップされます

選択範囲を滑らかにする(D)

現在の選択範囲を滑らかにします

サイズ(E)

選択カーソルのサイズを設定します

強度をスナップ(F)

選択範囲の境界線のスナップをエッジに設定します

選択範囲のエッジ(G)

選択範囲のエッジの半径を設定します

表示(H)

選択範囲を表示するためのオプションです。オーバーレイカラーを不透明度と共に、またはハードブラックまたはホワイトを選択できます。

不透明度(I)

「表示」オプションで選択したオーバーレイの不透明度を設定します。

画像をより詳細に選択するには、次の操作を実行します。

  1. クイックモードまたはエキスパートモードで画像を開きます。

    極めて詳細なエッジを含む画像の選択

  2. 選択ブラシを調整ツール(A)を選択します。

  3. 4 つのモード(追加、削除、押し出し、滑らか)から「追加」モードを選択します。

    追加モードの選択カーソル

  4. 正確または微細に選択する画像でカーソルを長押しします。カーソルの同心円内の選択範囲が広がります。広がる選択範囲の外周の明るい色の領域に注目します。これは、選択範囲のエッジです。これは、正確に選択に役立ちます。

    選択範囲のエッジ(以下の画像のエリア B と C に囲まれた領域)

    選択範囲のエッジのサイズは、選択範囲のエッジスライダーによって決まります。設定の強弱を変えて、適切な効果を取得します。

    選択ブラシを調整ツールのカーソル内で広がる選択範囲(追加モード)

    • A - カーソルの内側の円。選択領域が広がり始めます。その内部の領域が自動的に選択されます。
    • B - 選択範囲のエッジの外枠。
    • C - 選択範囲のエッジの内枠。
    • D - カーソルの内側の円。マウスを押し続けると選択領域の拡大が止まります。
    注意:

    また、カーソルを使用して選択する領域を「塗りつぶす」こともできます。

  5. 選択範囲のエッジでは毛皮、髪の毛、草などのテクスチャは微細なディテールまでキャプチャされます。

    より詳細なディテールをキャプチャするには、カーソルが選択範囲のエッジカーソルモードになるまで選択範囲のエッジにマウスポインターを置きます。このモードのツールを使用して、微細なディテールを含む領域をクリックしてペイントします。

    選択範囲のエッジカーソル

    注意:

    カーソルの内側の濃い灰色の部分を選択範囲のエッジに置くと、カーソルはこのモードになります。また、カーソルの濃い部分のサイズは、選択範囲のエッジスライダーの設定によって決まります。設定値を大きくすると、ペイントできる範囲が広がります。

  6. 選択する必要のある領域が選択されるまで、さらに領域を選択し、選択したエッジを調整します。別のオーバーレイオプションを使用して、キャプチャできるディテールを表示します。

    選択範囲のエッジカーソルを使用して、写真でキャプチャする微細なディテールを選択します。

  7. 選択範囲を変えたり、選択ブラシを調整ツールの削除、押し出し、滑らかなどのモードを使用して試し、手順 6 を実行します。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン