マニュアル キャンセル

効果

  1. Photoshop Elements ユーザーガイド
  2. Photoshop Elements の概要
    1. Photoshop Elements の新機能
    2. 必要システム構成 | Photoshop Elements
    3. ワークスペースの基本
    4. ガイドモード
    5. フォトプロジェクトの作成
  3. ワークスペースと環境
    1. ホーム画面の説明
    2. ワークスペースの基本
    3. ツール
    4. パネルとエリア
    5. ファイルを開く
    6. 定規、グリッド、ガイド
    7. 機能強化されたクイックモード
    8. ファイル情報
    9. プリセットとライブラリ
    10. マルチタッチサポート
    11. スクラッチディスク、プラグインおよびアプリケーションの更新
    12. 操作の取り消し、やり直しおよびキャンセル
    13. 画像の表示
    14. Windows 7 機能の使用
  4. 写真の補正および画質調整
    1. 画像のサイズ変更
    2. 切り抜き
    3. Camera Raw 画像ファイルの処理
    4. ぼかしの追加、色の置き換え、画像領域のコピー
    5. シャドウとライトの補正
    6. 写真のレタッチと修正
    7. 写真をシャープにする
    8. 変形
    9. 自動スマートトーン補正
    10. 再構成
    11. アクションを使用した写真の処理
    12. Photomerge Compose
    13. パノラマの作成
  5. シェイプおよびテキストの追加
    1. テキストの追加
    2. テキストの編集
    3. シェイプの作成
    4. シェイプの編集
    5. ペイントの概要
    6. ペイントツール
    7. ブラシの設定
    8. パターン
    9. 塗りつぶしおよびストローク
    10. グラデーション
    11. 日本語テキストの操作
  6. ガイド付き編集、効果、フィルター
    1. ガイドモード
    2. フィルター
    3. ガイドモード Photomerge 編集
    4. ガイドモード - 基本編集
    5. 色調補正フィルター
    6. 効果
    7. ガイドモード - 楽しい編集
    8. ガイドモード - 特殊編集
    9. アーティスティックフィルター
    10. ガイドモード カラーの編集
    11. ガイドモード - 白黒の編集
    12. ぼかしフィルター
    13. ブラシストロークフィルター
    14. 変形フィルター
    15. その他のフィルター
    16. ノイズフィルター
    17. 描画フィルター
    18. スケッチフィルター
    19. 表現手法フィルター
    20. テクスチャフィルター
  7. カラーの使用
    1. カラーについて
    2. カラーマネジメントの設定
    3. カラーおよび色調補正の基本
    4. カラーの選択
    5. カラー、彩度、色相の補正
    6. カラーバランスの補正
    7. 画像モードとカラーテーブルの使用
    8. カラーと Camera Raw
  8. 選択範囲の使用
    1. Photoshop Elements での選択範囲の指定
    2. 選択範囲の保存
    3. 選択範囲の修正
    4. 選択範囲の移動とコピー
    5. 選択範囲の編集と調整
    6. アンチエイリアスおよびぼかしにより選択範囲のエッジを滑らかにする
  9. レイヤーの使用
    1. レイヤーの作成
    2. レイヤーの編集
    3. レイヤーのコピーとアレンジ
    4. 調整レイヤーと塗りつぶしレイヤー
    5. クリッピングマスク
    6. レイヤーマスク
    7. レイヤースタイル
    8. 不透明度と描画モード
  10. フォトプロジェクトの作成
    1. プロジェクトの基本
    2. フォトプロジェクトの作成
    3. フォトプロジェクトの編集
  11. 写真の保存、プリント、共有
    1. 画像の保存
    2. 写真のプリント
    3. オンラインでの写真の配信
    4. 画像の最適化
    5. JPEG 形式として最適化
    6. Web 画像のディザ
    7. ガイド付き編集 - 配信パネル
    8. Web 画像のプレビュー
    9. 透明ピクセルとマットの使用
    10. GIF や PNG-8 形式として最適化
    11. PNG‑24 として最適化
  12. ショートカットキー
    1. ツールの選択時に使用するキー
    2. オブジェクトの選択時と移動時に使用するキー
    3. レイヤーパネルのショートカットキー
    4. パネルの表示/非表示を切り替えるときに使用するキー(エキスパートモード)
    5. ペイントおよびブラシ使用時のキー
    6. テキスト使用時のキー
    7. ゆがみフィルター使用時のキー
    8. 選択範囲を変形する時のキー
    9. スウォッチパネルのショートカットキー
    10. Camera Raw ダイアログボックス使用時のキー
    11. フィルターギャラリーのショートカットキー
    12. 描画モード使用時のキー
    13. 画像の表示時に使用するキー(エキスパートモード)

効果パネルの使用

効果パネルでは、写真に効果を適用することができます。初期設定では、効果パネルはクイックモードとエキスパートモードのタスクバーに用意されています。効果パネルには、画像に追加または適用可能なアートワークや効果の例を示すサムネールが表示されます。ほとんどのセクションに、カテゴリオプションと対応するサブカテゴリのメニューがあります。選択できる効果には、「アートクラシックの 2 つのカテゴリがあります。

グラフィックパネルの使用

グラフィックパネルを使用して、画像にアートワーク、テーマ別の装飾、およびテキストスタイルを適用できます。グラフィックパネルを表示するには、ウィンドウ/グラフィックを選択します。

グラフィックパネルには、画像を編集するための様々なアイテムが、次のセクションに分かれて表示されます。例えば、各種フレーム、背景、グラフィック、シェイプ、テキストを選択できます。各タブでは、最適なフレーム、背景、グラフィック、シェイプ、テキストをドロップダウンで選択して再現できます。

各セクションには、画像に追加または適用可能なアートワークまたはエフェクトの例を示すサムネールが表示されます。ほとんどのセクションに、カテゴリオプションと対応するサブカテゴリのメニューがあります。

画像へのグラフィックまたは図形の追加

画像にシェイプやグラフィックを追加した場合、それらは新しいレイヤーとして作成され、元の画像は変更されません。

  1. グラフィックパネルで、カテゴリメニューから「イベント」や「アクティビティ」などを選択し、「赤ちゃん」や「料理」などのサブカテゴリを選択します。

  2. ツールボックスで、シェイプの色を選択します。
  3. 次のいずれかの操作を行います。
    • サムネールをダブルクリックします。

    • サムネールを画像にドラッグします。

  4. 移動ツール  を使用して、シェイプやグラフィックを移動またはサイズ変更します。

画像へのアートワークの背景の追加

画像にアートワークの背景を追加すると、既存の背景レイヤーが置き換わります。例えば、選択ツールを使用して、台所で撮影した家族写真の人物と背景を分離するレイヤーを作成してから、背景を自然の風景に置き換えることができます。

  1. 画像が背景レイヤーだけから構成される場合は、そのレイヤーを選択し、レイヤー/レイヤーを複製を選択します。複製したレイヤーに名前を付けて、「OK」をクリックします。
  2. レイヤーパネルで背景レイヤーを選択します。
  3. グラフィックパネルで、ドロップダウンから背景を選択します。
  4. 次のいずれかの操作を行います。
    • サムネールをダブルクリックします。

    • サムネールを画像にドラッグします。

画像へのフレームまたはテーマの追加

フォトプロジェクトにフレームまたはテーマを追加すると、画像をセットするための空白の領域(灰色)が用意されたフレームが表示されます。プロジェクトエリアで画像をクリックし、空白の領域にドラッグします。

  1. グラフィックパネルで、ドロップダウンメニューからフレームを選択します。
  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • サムネールを選択して、「適用」をクリックします。

    • サムネールをダブルクリックします。

    • サムネールを空白の背景にドラッグします。

  3. 目的の画像をプロジェクトエリアからフレームにドラッグします。
  4. スライダーを使用して、フレームまたはテーマの枠内で画像のサイズを変更し、確定アイコン  をクリックして変更を適用するか、キャンセルアイコン  をクリックします。
  5. 移動ツールを使用して、画像を中央に配置し、確定アイコン  をクリックして変更を適用するか、キャンセルアイコン  をクリックします。

写真効果

写真効果により、画像の見せ方を簡単に変更することができます。効果パネルで、色褪せた写真、パネル、モノトーン、テクスチャ、古い写真などのサブカテゴリをひとつ選択します。

フレーム

選択したレイヤーの縁またはレイヤーの一部に様々なエフェクトを適用します。またフレームは、その枠の中に簡単にコンテンツを追加したり、変更したりできるドロップゾーンでもあります。

画像効果

選択したレイヤーのコピーにエフェクトを適用します。吹雪効果を画像に追加すると、雪が降っているような画像になります。ネオン光彩効果を追加すると、ネオンで彩られた印象的な写真になります。油性パステルやソフトフォーカスなどの画像効果を使用して、色をソフトにしたり、画像をぼかしたりできます。また、画像効果を組み合わせることもできます。この場合、まずレイヤーを統合するように求められることがあります。

テクスチャ

テクスチャレイヤーを画像に適用します。新しい空の画像に背景としてテクスチャを追加したり、既存の画像にテクスチャを追加できます。レイヤーを配置して、不透明度やその他のレイヤーツールを使用して、独特の魅力的な画像を作成できます。

注意:

多くの写真効果では、値が変更されたフィルターが適用されます。

エフェクトの適用

注意:

エフェクトを試す場合は、複製したレイヤーを変更し、元の画像は残しておきます。

効果パネル
Photoshop Elements の効果パネル

アート効果

有名な芸術作品や人気のアートスタイルにインスピレーションを得た効果を使って、ワンクリックで写真を一変させることができます。写真全体または一部に適用できる、美しいアート効果から選択して簡単に調整し、望みどおりの仕上がりにできます。クイックモードとエキスパートモードで、アート効果を使用できます。

写真にアート効果を適用するには、次の操作を実行します。

  1. 開く」をクリックして、クイックモードまたはエキスパートモードで任意の写真を追加します。

  2. 右側のパネルで「効果」をクリックして「アート」を選択し、30 種類のアート効果から選択します。

  3. 任意のアート効果をクリックして、写真に適用します。

  4. 次のいずれかの操作を実行します。

    • 適用度」を定義します。
    • 元の写真のカラーを保持」を選択して、写真の元のカラーを保持します。
    • 写真の被写体や背景からアート効果を削除することもできます。
    • 写真全体または一部を再構成するには、「エキスパート」をクリックします。ツールオプションの「ブラシ」を使用して、再構成する写真の一部をマスクできます。サイズしきい値を定義することもできます。
  5. ファイル別名で保存をクリックして写真を保存するか、「共有」をクリックしてソーシャルプラットフォームで共有します。

クラシック効果

クラシック効果を使用して、Photoshop Elements で写真を補正します。クイックモードとエキスパートモードで、11 種類のクラシック効果からお気に入りの効果を選択します。

写真にクラシック効果を適用するには、次の操作を実行します。

  1. Photoshop Elements で写真を開きます。

  2. クイックモードで、効果クラシックをクリックして、11 種類のクラシック効果から選択します。

    エキスパートモードで、効果クラシックをクリックして、30 種類を超えるクラシック効果から選択します。

  3. 任意のクラシック効果をクリックして、写真に適用します。

  4. 写真全体または一部を再構成するには、「エキスパート」をクリックします。ツールオプションの「ブラシ」を使用して、再構成する写真の一部をマスクできます。サイズ不透明度を定義することもできます。

  5. ファイル別名で保存をクリックして写真を保存するか、「共有」をクリックしてソーシャルプラットフォームで共有します。

注意:

表示されている効果をリセットするには、パネルの右上隅にあるリセットアイコンをクリックします。

画像へのスタイル化したテキストの追加

画像にテキストを追加すると、テキストレイヤーが追加され、元の画像を変更せずにテキストを変更できます。

  1. グラフィックパネルで、ドロップダウンからテキストを選択し、次のいずれかの操作を行います。
    • サムネールを選択して、「適用」をクリックします。

    • サムネールをダブルクリックします。

    • サムネールを画像までドラッグします。

  2. 画像の上にテキストフレームが表示され、テキストツールがアクティブになります。新しいテキストを入力します。
  3. テキストの変更を終了したら、確定アイコン をクリックして変更を適用するか、キャンセルアイコン をクリックします。

  4. 移動ツールを使用して、テキストフレームを移動またはサイズ変更します。
  5. (オプション)オプションバーのポップアップカラーパネルを使用してテキストに色を追加します。
  6. テキストの調整を終了したら、確定アイコン  をクリックして変更を適用するか、キャンセルアイコン  をクリックします。
  7. (オプション)異なるテキストエフェクトを試すには、別のサムネールをテキストフレームの上までドラッグします。

グラフィックまたはエフェクトのお気に入りへの追加

今後簡単にアクセスできるようにしたいグラフィックや効果がある場合は、効果パネルの「お気に入り」セクションに追加します。

  1. 効果パネルまたはグラフィックパネルでサムネールを右クリックし、「お気に入りに追加」を選択します。

アドビのロゴ

アカウントにログイン