塗りつぶしツールの使用

塗りつぶしツールは、クリックしたピクセルとカラー値の近い領域を塗りつぶします。描画色またはパターンで領域を塗りつぶすことができます。

  1. 描画色を選択します。
  2. ツールボックスから塗りつぶしツールを選択します。
  3. ツールオプションバーで目的のオプションを設定し、塗りつぶす画像の一部をクリックします。

    注意:

    レイヤー上の透明な領域を塗りつぶさない場合は、レイヤーパネルでレイヤーの透明部分をロックします。

    次のいずれかの塗りつぶしツールオプションを指定できます。

    ペイント/パターン

    塗りつぶしに使用する描画色(ペイント)またはパターンデザイン(パターン)を設定します。

    不透明度

    適用するペイントの不透明度を設定します。不透明度を低く設定すると、ペイントストロークの下のピクセルが透けて見えます。不透明度のスライダーをドラッグするか、値を入力します。

    許容値

    どの程度類似するカラーのピクセルを塗りつぶすかを定義します。許容値を低く設定すると、クリックしたピクセルと非常に近いカラー値のピクセルだけが塗りつぶされます。許容値を高く設定すると、より広いカラー範囲のピクセルを塗りつぶします。

    モード

    適用するペイントが画像内の既存のピクセルにどのように合成されるかを指定します

    すべてのレイヤー

    表示しているすべてのレイヤーで、「許容値」オプションおよび「隣接」オプションで設定されたレベルに該当する近似色のピクセルを塗りつぶします。

    隣接

    隣接する近似色のピクセルを塗りつぶします。隣接しているかどうかに関係なく、画像内にあるカラー値の近いピクセルをすべて塗りつぶすには、このオプションの選択を解除します。「許容値」オプションは、どの程度類似するカラーを塗りつぶすかを定義します。

    アンチエイリアス

    塗りつぶす選択範囲のエッジを滑らかにします。

カラーまたはパターンによるレイヤーの塗りつぶし

各種ブラシツールの代わりにレイヤーの塗りつぶしを使用して、塗りつぶしやパターンを画像に適用できます。塗りつぶしレイヤーを使用することで、より柔軟に塗りつぶしおよびパターンのプロパティを変更し、塗りつぶしレイヤーのマスクを編集してグラデーションを画像の一部に制限することができます。

  1. 描画色または背景色を指定します。
  2. 塗りつぶす領域を選択します。レイヤー全体を塗りつぶすには、レイヤーパネルでレイヤーを選択します。
  3. 編集/レイヤーの塗りつぶしまたは編集/選択範囲を塗りつぶしを選択します。
  4. レイヤーの塗りつぶしダイアログボックスでオプションを設定し、「OK」をクリックします。

    内容

    使用メニューからカラーを選択します。使用メニューにないカラーを選択するには、「カラー」を選択し、カラーピッカーでカラーを選択します。「パターン」を選択すると、パターンで塗りつぶされます。

    カスタムパターン

    使用メニューで「パターン」を選択した場合に使用するパターンを指定します。パターンライブラリからパターンを選択したり、独自のパターンを作成することができます。

    モード

    適用するカラーパターンが画像内の既存のピクセルにどのように合成されるかを指定します。

    不透明度

    適用するカラーパターンの不透明度を設定します。

    透明部分の保持

    不透明ピクセルだけを塗りつぶします。

レイヤー上のオブジェクトへの境界線(輪郭)の描画

「境界線を描く」コマンドを使用して、選択範囲やレイヤーの内容の周囲の輪郭をカラーで自動的に描画することができます。

注意:

背景レイヤーに輪郭を追加するには、まず普通のレイヤーに変換する必要があります。背景レイヤーには透明ピクセルは含まれないので、レイヤー全体の輪郭が描画されます。

  1. レイヤーパネルから画像内の領域またはレイヤーを選択します。
  2. 編集/選択範囲の境界線を描くを選択します。
  3. 境界線を描くダイアログボックスで、次のいずれかのオプションを設定し、「OK」をクリックして輪郭を追加します。

    ハードなエッジの輪郭の幅を指定します。1 ~ 250 ピクセルの値を指定できます。

    カラー編集

    輪郭のカラーを設定します。スウォッチをクリックしてカラーピッカーからカラーを選択します。

    保存先

    選択範囲やレイヤーの境界線の内側、外側または中央のいずれに輪郭を配置するかを指定します。

    モード

    適用するペイントが画像内の既存のピクセルにどのように合成されるかを指定します。

    不透明度

    適用するペイントの不透明度を設定します。不透明度の値を入力するか、矢印をクリックしてスライダーをドラッグします。

    透明部分の保持

    レイヤーの不透明ピクセルを含む領域にだけ境界線を描きます(画像に透明な部分がない場合、このオプションは無効です)。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー