マニュアル キャンセル

塗りつぶしおよびストローク

  1. Photoshop Elements ユーザーガイド
  2. Photoshop Elements の概要
    1. Photoshop Elements の新機能
    2. 必要システム構成 | Photoshop Elements
    3. ワークスペースの基本
    4. ガイドモード
    5. フォトプロジェクトの作成
  3. ワークスペースと環境
    1. ホーム画面の説明
    2. ワークスペースの基本
    3. ツール
    4. パネルとエリア
    5. ファイルを開く
    6. 定規、グリッド、ガイド
    7. 機能強化されたクイックモード
    8. ファイル情報
    9. プリセットとライブラリ
    10. マルチタッチサポート
    11. 仮想記憶ディスク、プラグインおよびアプリケーションのアップデート
    12. 操作の取り消し、やり直しおよびキャンセル
    13. 画像の表示
  4. 写真の補正および画質調整
    1. 画像のサイズ変更
    2. 切り抜き
    3. Camera Raw 画像ファイルの処理
    4. ぼかしの追加、色の置き換え、画像領域のコピー
    5. シャドウとライトの補正
    6. 写真のレタッチと修正
    7. 写真をシャープにする
    8. 変形
    9. 自動スマートトーン補正
    10. 再構成
    11. アクションを使用した写真の処理
    12. Photomerge Compose
    13. パノラマの作成
    14. 動くオーバーレイ
    15. 動く要素
  5. シェイプおよびテキストの追加
    1. テキストの追加
    2. テキストの編集
    3. シェイプの作成
    4. シェイプの編集
    5. ペイントの概要
    6. ペイントツール
    7. ブラシの設定
    8. パターン
    9. 塗りつぶしおよびストローク
    10. グラデーション
    11. 日本語テキストの操作
  6. ガイド付き編集、効果、フィルター
    1. ガイドモード
    2. フィルター
    3. ガイドモード Photomerge 編集
    4. ガイドモード - 基本編集
    5. 色調補正フィルター
    6. 効果
    7. ガイドモード - 楽しい編集
    8. ガイドモード - 特殊編集
    9. アーティスティックフィルター
    10. ガイドモード カラーの編集
    11. ガイドモード - 白黒の編集
    12. ぼかしフィルター
    13. ブラシストロークフィルター
    14. 変形フィルター
    15. その他のフィルター
    16. ノイズフィルター
    17. 描画フィルター
    18. スケッチフィルター
    19. 表現手法フィルター
    20. テクスチャフィルター
  7. カラーの使用
    1. カラーについて
    2. カラーマネジメントの設定
    3. カラーおよび色調補正の基本
    4. カラーの選択
    5. カラー、彩度、色相の補正
    6. カラーバランスの補正
    7. 画像モードとカラーテーブルの使用
    8. カラーと Camera Raw
  8. 選択範囲の使用
    1. Photoshop Elements での選択範囲の指定
    2. 選択範囲の保存
    3. 選択範囲の修正
    4. 選択範囲の移動とコピー
    5. 選択範囲の編集と調整
    6. アンチエイリアスおよびぼかしにより選択範囲のエッジを滑らかにする
  9. レイヤーの使用
    1. レイヤーの作成
    2. レイヤーの編集
    3. レイヤーのコピーとアレンジ
    4. 調整レイヤーと塗りつぶしレイヤー
    5. クリッピングマスク
    6. レイヤーマスク
    7. レイヤースタイル
    8. 不透明度と描画モード
  10. フォトプロジェクトの作成
    1. プロジェクトの基本
    2. フォトプロジェクトの作成
    3. フォトプロジェクトの編集
  11. 写真の保存、プリント、共有
    1. 画像の保存
    2. 写真のプリント
    3. オンラインでの写真の配信
    4. 画像の最適化
    5. JPEG 形式として最適化
    6. Web 画像のディザ
    7. ガイド付き編集 - 配信パネル
    8. Web 画像のプレビュー
    9. 透明ピクセルとマットの使用
    10. GIF や PNG-8 形式として最適化
    11. PNG‑24 として最適化
  12. ショートカットキー
    1. ツールの選択時に使用するキー
    2. オブジェクトの選択時と移動時に使用するキー
    3. レイヤーパネルのショートカットキー
    4. パネルの表示/非表示を切り替えるときに使用するキー(エキスパートモード)
    5. ペイントおよびブラシ使用時のキー
    6. テキスト使用時のキー
    7. ゆがみフィルター使用時のキー
    8. 選択範囲を変形する時のキー
    9. スウォッチパネルのショートカットキー
    10. Camera Raw ダイアログボックス使用時のキー
    11. フィルターギャラリーのショートカットキー
    12. 描画モード使用時のキー
    13. 画像の表示時に使用するキー(エキスパートモード)

塗りつぶしツールの使用

塗りつぶしツールは、クリックしたピクセルとカラー値の近い領域を塗りつぶします。描画色またはパターンで領域を塗りつぶすことができます。

  1. 描画色を選択します。
  2. ツールボックスから塗りつぶしツールを選択します。
  3. ツールオプションバーで目的のオプションを設定し、塗りつぶす画像の一部をクリックします。
    注意:

    レイヤー上の透明な領域を塗りつぶさない場合は、レイヤーパネルでレイヤーの透明部分をロックします。

    次のいずれかの塗りつぶしツールオプションを指定できます。

    ペイント/パターン

    塗りつぶしに使用する描画色(ペイント)またはパターンデザイン(パターン)を設定します。

    不透明度

    適用するペイントの不透明度を設定します。不透明度を低く設定すると、ペイントストロークの下のピクセルが透けて見えます。不透明度のスライダーをドラッグするか、値を入力します。

    許容値

    どの程度類似するカラーのピクセルを塗りつぶすかを定義します。許容値を低く設定すると、クリックしたピクセルと非常に近いカラー値のピクセルだけが塗りつぶされます。許容値を高く設定すると、より広いカラー範囲のピクセルを塗りつぶします。

    モード

    適用するペイントが画像内の既存のピクセルにどのように合成されるかを指定します

    すべてのレイヤー

    表示しているすべてのレイヤーで、「許容値」オプションおよび「隣接」オプションで設定されたレベルに該当する近似色のピクセルを塗りつぶします。

    隣接

    隣接する近似色のピクセルを塗りつぶします。隣接しているかどうかに関係なく、画像内にあるカラー値の近いピクセルをすべて塗りつぶすには、このオプションの選択を解除します。「許容値」オプションは、どの程度類似するカラーを塗りつぶすかを定義します。

    アンチエイリアス

    塗りつぶす選択範囲のエッジを滑らかにします。

カラーまたはパターンによるレイヤーの塗りつぶし

各種ブラシツールの代わりにレイヤーの塗りつぶしを使用して、塗りつぶしやパターンを画像に適用できます。塗りつぶしレイヤーを使用することで、より柔軟に塗りつぶしおよびパターンのプロパティを変更し、塗りつぶしレイヤーのマスクを編集してグラデーションを画像の一部に制限することができます。

  1. 描画色または背景色を指定します。
  2. 塗りつぶす領域を選択します。レイヤー全体を塗りつぶすには、レイヤーパネルでレイヤーを選択します。
  3. 編集/レイヤーの塗りつぶしまたは編集/選択範囲を塗りつぶしを選択します。
  4. レイヤーの塗りつぶしダイアログボックスでオプションを設定し、「OK」をクリックします。

    内容

    使用メニューからカラーを選択します。使用メニューにないカラーを選択するには、「カラー」を選択し、カラーピッカーでカラーを選択します。「パターン」を選択すると、パターンで塗りつぶされます。

    カスタムパターン

    使用メニューで「パターン」を選択した場合に使用するパターンを指定します。パターンライブラリからパターンを選択したり、独自のパターンを作成することができます。

    モード

    適用するカラーパターンが画像内の既存のピクセルにどのように合成されるかを指定します。

    不透明度

    適用するカラーパターンの不透明度を設定します。

    透明部分の保持

    不透明ピクセルだけを塗りつぶします。

レイヤー上のオブジェクトへの境界線(輪郭)の描画

「境界線を描く」コマンドを使用して、選択範囲やレイヤーの内容の周囲の輪郭をカラーで自動的に描画することができます。

注意:

背景レイヤーに輪郭を追加するには、まず普通のレイヤーに変換する必要があります。背景レイヤーには透明ピクセルは含まれないので、レイヤー全体の輪郭が描画されます。

  1. レイヤーパネルから画像内の領域またはレイヤーを選択します。
  2. 編集/選択範囲の境界線を描くを選択します。
  3. 境界線を描くダイアログボックスで、次のいずれかのオプションを設定し、「OK」をクリックして輪郭を追加します。

    ハードなエッジの輪郭の幅を指定します。1 ~ 250 ピクセルの値を指定できます。

    カラー編集

    輪郭のカラーを設定します。スウォッチをクリックしてカラーピッカーからカラーを選択します。

    保存先

    選択範囲やレイヤーの境界線の内側、外側または中央のいずれに輪郭を配置するかを指定します。

    モード

    適用するペイントが画像内の既存のピクセルにどのように合成されるかを指定します。

    不透明度

    適用するペイントの不透明度を設定します。不透明度の値を入力するか、矢印をクリックしてスライダーをドラッグします。

    透明部分の保持

    レイヤーの不透明ピクセルを含む領域にだけ境界線を描きます(画像に透明な部分がない場合、このオプションは無効です)。

アドビのロゴ

アカウントにログイン