マニュアル キャンセル

ワークスペースの基本

  1. Photoshop Elements ユーザーガイド
  2. Photoshop Elements の概要
    1. Photoshop Elements の新機能
    2. 必要システム構成 | Photoshop Elements
    3. ワークスペースの基本
    4. ガイドモード
    5. フォトプロジェクトの作成
  3. ワークスペースと環境
    1. ホーム画面の説明
    2. ワークスペースの基本
    3. 環境設定
    4. ツール
    5. パネルとエリア
    6. ファイルを開く
    7. 定規、グリッド、ガイド
    8. 機能強化されたクイックモード
    9. ファイル情報
    10. プリセットとライブラリ
    11. マルチタッチサポート
    12. 仮想記憶ディスク、プラグインおよびアプリケーションのアップデート
    13. 操作の取り消し、やり直しおよびキャンセル
    14. 画像の表示
  4. 写真の補正および画質調整
    1. 画像のサイズ変更
    2. 切り抜き
    3. Camera Raw 画像ファイルの処理
    4. ぼかしの追加、色の置き換え、画像領域のコピー
    5. シャドウとライトの調整
    6. 写真のレタッチと修正
    7. 写真をシャープにする
    8. 変形
    9. 自動スマートトーン補正
    10. 再構成
    11. アクションを使用した写真の処理
    12. Photomerge Compose
    13. パノラマの作成
    14. 動くオーバーレイ
    15. ムービングエレメント
  5. シェイプおよびテキストの追加
    1. テキストの追加
    2. テキストの編集
    3. シェイプの作成
    4. シェイプの編集
    5. ペイントの概要
    6. ペイントツール
    7. ブラシの設定
    8. パターン
    9. 塗りつぶしおよびストローク
    10. グラデーション
    11. 日本語テキストの操作
  6. クイックアクション
  7. ガイド付き編集、効果、フィルター
    1. ガイドモード
    2. フィルター
    3. ガイドモード Photomerge 編集
    4. ガイドモード - 基本編集
    5. 色調補正フィルター
    6. 効果
    7. ガイドモード - 楽しい編集
    8. ガイドモード - 特殊編集
    9. アーティスティックフィルター
    10. ガイドモード カラーの編集
    11. ガイドモード - 白黒の編集
    12. ぼかしフィルター
    13. ブラシストロークフィルター
    14. 変形フィルター
    15. その他のフィルター
    16. ノイズフィルター
    17. 描画フィルター
    18. スケッチフィルター
    19. 表現手法フィルター
    20. テクスチャフィルター
    21. ピクセレートフィルター
  8. カラーの使用
    1. カラーについて
    2. カラーマネジメントの設定
    3. カラーおよび色調補正の基本
    4. カラーの選択
    5. カラー、彩度、色相の補正
    6. カラーバランスの補正
    7. 画像モードとカラーテーブルの使用
    8. カラーと Camera Raw
  9. 選択範囲の使用
    1. Photoshop Elements での選択範囲の指定
    2. 選択範囲の保存
    3. 選択範囲の修正
    4. 選択範囲の移動とコピー
    5. 選択範囲の編集と調整
    6. アンチエイリアスおよびぼかしで選択範囲のエッジを滑らかにする
  10. レイヤーの使用
    1. レイヤーの作成
    2. レイヤーの編集
    3. レイヤーのコピーとアレンジ
    4. 調整レイヤーと塗りつぶしレイヤー
    5. クリッピングマスク
    6. レイヤーマスク
    7. レイヤースタイル
    8. 不透明度と描画モード
  11. フォトプロジェクトの作成
    1. プロジェクトの基本
    2. フォトプロジェクトの作成
    3. フォトプロジェクトの編集
    4. 写真リールの作成
  12. 写真の保存、プリント、共有
    1. 画像の保存
    2. 写真のプリント
    3. オンラインでの写真の配信
    4. 画像の最適化
    5. JPEG 形式として最適化
    6. Web 画像のディザ
    7. ガイド付き編集 - 配信パネル
    8. Web 画像のプレビュー
    9. 透明ピクセルとマットの使用
    10. GIF や PNG-8 形式として最適化
    11. PNG-24 として画像を最適化
  13. ショートカットキー
    1. ツールの選択時に使用するキー
    2. オブジェクトの選択時と移動時に使用するキー
    3. レイヤーパネルのショートカットキー
    4. パネルの表示/非表示を切り替えるときに使用するキー(エキスパートモード)
    5. 塗りつぶしおよびブラシのキー
    6. テキスト使用時のキー
    7. ゆがみフィルターのショートカットキー
    8. 選択範囲の変形に使用するキー
    9. スウォッチパネルのショートカットキー
    10. Camera Raw ダイアログボックス使用時のキー
    11. フィルターギャラリーのショートカットキー
    12. 描画モード使用時のキー
    13. 画像の表示時に使用するキー(エキスパートモード)

Adobe Photoshop Elements のワークスペースについて説明します。

Adobe Photoshop Elements ワークスペースは、画像を思いのままに加工できる使いやすいインターフェイスを提供します。Photoshop Elements の習熟度に応じて、クイックモード、ガイドモード、エキスパートモードの中から選択して作業できます。

注意:

Photoshop Elements 2018 以前のバージョンをお使いの場合は、「eLive」タブも表示されます。「eLive」タブを使用すると、ワークスペースから各種リソースに直接アクセスできます。これにより、画像作成に役立つクリエイティブなアイデアが入手しやすくなり、Adobe Photoshop Elements をさらに使いこなせるようになります。詳しくは、eLive を参照してください。

ホーム画面

Adobe Photoshop Elements を起動すると、最初にホーム画面が表示されます。この画面で、目的のアプリケーションを開いたり、いくつかの機能チュートリアルを表示したり、最新の機能のリソースにアクセスしたり、自動作成などにアクセスしたりすることができます。ホーム画面について詳しくは、Elements のホーム画面についてを参照してください。

注意:

Photoshop Elements 2018 以前のバージョンをお使いの場合は、スタートアップスクリーンが表示されます。

スタートアップスクリーン - 2018 以前のリリース

初期設定では、Photoshop Elements を開始するとスタートアップスクリーンが開きます。スタートアップスクリーンは、主な各種作業にアクセスするための出発点となる、便利なスクリーンです。

スタートアップスクリーンで、

  • 画像の加工や、特殊効果の追加を行う場合は、「写真の編集」をクリックします。
    • 初期設定モードで開く場合は、写真の編集アイコンをクリックします。
    • 新しいファイルまたは最近使用したいずれかのファイルと一緒に開く場合、もしくは開くファイルを選択する場合は、「写真の編集」ドロップダウンアイコンをクリックします。
  • 写真の読み込み、タグ付け、整理を行う場合は、「整理」をクリックします。
  • ビデオをクリエイティブに編集して楽しいムービーを作成するには、「ビデオの編集」をクリックします。
注意:

Windows アプリストア版の Photoshop Elements ではビデオエディターを利用できません。

  • スタートアップスクリーンを閉じるには、スタートアップスクリーンの右上隅にある閉じるボタン(X)をクリックします。スタートアップスクリーンに戻らなくても、ワークスペースから別のワークスペースを開くことができます。
  • 最初に起動するアプリケーションを選択するには、設定アイコン(閉じるアイコンの横)をクリックします。
Photoshop Elements 2018 スタートアップスクリーン

Photoshop Elements ウィンドウ

eLive(2018 以前のリリース)

Elements Live(eLive)ビューを使用すると、Elements Editor や Elements Organizer から直接コンテンツやリソースを利用できます。eLive ビューには、記事、ビデオ、チュートリアル、その他の様々な情報が、学習、アイデア、ニュースなどのチャネルごとに表示されます。検索アイコンをクリックし、語句を入力するだけで、このウィンドウ内でチュートリアルやヘルプページやトラブルシューティング記事を検索できます。

eLive - コンテンツやリソースにアクセスするためのビュー
eLive - コンテンツやリソースにアクセスするためのビュー

  • デフォルトでは、すべての記事が表示されます。
  • 用意されているチャネル(学習、アイデア、ニュース)で記事をフィルターできます。

クイック

クイックモードで写真を編集できるようにします。このモードは、画像の露光量、カラー、シャープを修正するなど、写真を手早く簡単に編集したい場合に使用します。

詳しくは、機能強化されたクイックモードを参照してください。

クイックモード

ガイド

ガイドモードで写真を編集できます。

ガイドモードでは、ウィザードのようなインターフェイスで所定の定義済み効果を施すことができます。各ガイド付き編集には画像が関連付けられており、マウスのポインターを画像に移動すると、適用されている効果が表示されます。詳しくは、ガイドモードを参照してください。

ガイドモード

エキスパート

エキスパートモードで写真を編集できるようにします。

エキスパートモードには、色の問題を補正したり、特殊効果を作成したり、写真を加工するためのツールがあります。クイックモードには、カラーやライティングを補正したり、赤目などの一般的な問題をすばやく補正するためのコマンドがあります。ガイドモードには、基本的な写真編集、ガイド付き編集、写真効果で使用するツールが用意されています。

デジタル画像処理に初めて取り組む場合は、クイックモードまたはガイドモードを使用して写真の補正を開始することをお勧めします。

画像編集アプリケーションの使用経験があるなら、エキスパートモードにはより柔軟で強力な画像補正環境が用意されていることがおわかりになるでしょう。画像のしみや斑点の補正、選択範囲の指定、テキストの追加、画像のペイントに必要なツールに加え、カラーおよび照明を補正するためのコマンドもあります。ニーズに最も適合するよう、エキスパートワークスペースを再配置することができます。パネルは、移動したり、表示と非表示を切り替えたり、パネルエリアで並べ替えたりできます。また、写真をズームインまたはズームアウトしたり、ドキュメントウィンドウの別の領域へスクロールしたり、ウィンドウや表示を複数作成することができます。

エキスパートモードの Photshop Elements

A. アクティブなタブ、 B. アクティブではないタブ、 C. 作業中の画像、 D. オプションバー、 E. ツールボックス、 F. ツールオプションバー/フォトエリア、 G. タスクバー、 H. パネルバー 

メニューバー

作業を実行するためのメニューが含まれています。メニューは、トピック別に分類されています。例えば、画像調整メニューには、画像を補正するためのコマンドが含まれています。

モードセレクター

使用可能な 3 つの編集モードに入るためのボタンがあります。また、(最近使用したファイルを)「開く」ドロップダウンと(フォトプロジェクトの)「作成」ドロップダウンもあります。

ツールボックス

画像を編集するためのツールが含まれています。

パネルエリア

機能、アクション、コントロールが論理的にグループ化されています。

フォトエリア / ツールオプション

フォトエリア(現在使用している写真のサムネールの表示と管理を行う)とツールオプション(現在選択しているツールのオプションの表示と設定を行う)を切り替えます。

タスクバー

最も頻繁に使用するアクションがボタンとして表示され、これらのアクションにすばやく簡単にアクセスできます。

ワークスペースのカスタマイズ

ニーズに合わせてワークスペースの各部を表示または非表示にできます。

フォトエリアまたはツールオプションを表示または非表示にするには、画面下部の該当するアイコンを切り替えます。

画面を分割し、元の写真を片側に、編集された写真をもう片側に配置して作業するには、クイックモードを選択し、各種表示オプションのどれかを選択します。

元の写真と編集された写真を同時に表示

注意:

元の写真と編集された写真を表示する分割画面で作業できるのはクイックモードだけです。

コンテクストメニューの使用

Photo Editor ワークスペースと Elements Organizer ワークスペースでは、どちらでもコンテクストメニューを使用できます。コンテクストメニューを使用して、使用中のツール、選択範囲、パネルなどに関連するコマンドを表示できます。多くの場合、これらのメニューではメインメニューにあるコマンドに簡単にアクセスすることができます。

  1. 画像またはパネルアイテムの上にポインターを置きます。
    注意:

    一部のパネルにはコンテキストメニューがありません。

  2. 右クリックして、メニューからコマンドを選択します。

キーボードコマンドと修飾キーの使用

Photo Editor ワークスペースと Elements Organizer ワークスペースでは、どちらでもキーボードショートカットを使用できます。標準編集で、ショートカットキーを使用すると、メニューを使用せずにコマンドをすばやく実行できます。修飾キーを使用すると、ツールの動作を変えることができます。ショートカットキーが使用可能な場合は、メニューのコマンド名の右側にショートカットキーが表示されます。

モードやツール別に分類されたショートカットキーの一覧については、ツールの選択時に使用するキーを参照してください。

写真の保存と Elements Organizer への追加

画像を保存すると、画像への変更がすべて保存され、Elements Organizer に反映されます。

表示される保存ダイアログボックスで「写真整理モードに含める」チェックボックスをオンにします。こうすることで、その画像は Elements Organizer に表示されます。

Photoshop Elements の終了

Photoshop Elements を終了するには、Photo Editor ワークスペースと Elements Organizer ワークスペースの両方を閉じる必要があります。一方を閉じても、もう一方が自動的に閉じられるわけではありません。

  1. 任意のワークスペースで、次のいずれかの操作を行います。
    • Windows では、ファイル/終了(Ctrl + Q)を選択します。Mac OS では、Photoshop Elements/Photoshop Elements を終了(Cmd + Q)を選択します。
    • ワークスペースの右上にある閉じるボタン(X)をクリックします。
  2. Photoshop Elements を閉じる際には、編集済みの開かれているファイルを保存するかどうかを選択します。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン