マニュアル キャンセル

シャドウとライトの補正

  1. Photoshop Elements ユーザーガイド
  2. Photoshop Elements の概要
    1. Photoshop Elements の新機能
    2. 必要システム構成 | Photoshop Elements
    3. ワークスペースの基本
    4. ガイドモード
    5. フォトプロジェクトの作成
  3. ワークスペースと環境
    1. ホーム画面の説明
    2. ワークスペースの基本
    3. 環境設定
    4. ツール
    5. パネルとエリア
    6. ファイルを開く
    7. 定規、グリッド、ガイド
    8. 機能強化されたクイックモード
    9. ファイル情報
    10. プリセットとライブラリ
    11. マルチタッチサポート
    12. 仮想記憶ディスク、プラグインおよびアプリケーションのアップデート
    13. 操作の取り消し、やり直しおよびキャンセル
    14. 画像の表示
  4. 写真の補正および画質調整
    1. 画像のサイズ変更
    2. 切り抜き
    3. Camera Raw 画像ファイルの処理
    4. ぼかしの追加、色の置き換え、画像領域のコピー
    5. シャドウとライトの調整
    6. 写真のレタッチと修正
    7. 写真をシャープにする
    8. 変形
    9. 自動スマートトーン補正
    10. 再構成
    11. アクションを使用した写真の処理
    12. Photomerge Compose
    13. パノラマの作成
    14. 動くオーバーレイ
    15. ムービングエレメント
  5. シェイプおよびテキストの追加
    1. テキストの追加
    2. テキストの編集
    3. シェイプの作成
    4. シェイプの編集
    5. ペイントの概要
    6. ペイントツール
    7. ブラシの設定
    8. パターン
    9. 塗りつぶしおよびストローク
    10. グラデーション
    11. 日本語テキストの操作
  6. クイックアクション
  7. ガイド付き編集、効果、フィルター
    1. ガイドモード
    2. フィルター
    3. ガイドモード Photomerge 編集
    4. ガイドモード - 基本編集
    5. 色調補正フィルター
    6. 効果
    7. ガイドモード - 楽しい編集
    8. ガイドモード - 特殊編集
    9. アーティスティックフィルター
    10. ガイドモード カラーの編集
    11. ガイドモード - 白黒の編集
    12. ぼかしフィルター
    13. ブラシストロークフィルター
    14. 変形フィルター
    15. その他のフィルター
    16. ノイズフィルター
    17. 描画フィルター
    18. スケッチフィルター
    19. 表現手法フィルター
    20. テクスチャフィルター
    21. ピクセレートフィルター
  8. カラーの使用
    1. カラーについて
    2. カラーマネジメントの設定
    3. カラーおよび色調補正の基本
    4. カラーの選択
    5. カラー、彩度、色相の補正
    6. カラーバランスの補正
    7. 画像モードとカラーテーブルの使用
    8. カラーと Camera Raw
  9. 選択範囲の使用
    1. Photoshop Elements での選択範囲の指定
    2. 選択範囲の保存
    3. 選択範囲の修正
    4. 選択範囲の移動とコピー
    5. 選択範囲の編集と調整
    6. アンチエイリアスおよびぼかしで選択範囲のエッジを滑らかにする
  10. レイヤーの使用
    1. レイヤーの作成
    2. レイヤーの編集
    3. レイヤーのコピーとアレンジ
    4. 調整レイヤーと塗りつぶしレイヤー
    5. クリッピングマスク
    6. レイヤーマスク
    7. レイヤースタイル
    8. 不透明度と描画モード
  11. フォトプロジェクトの作成
    1. プロジェクトの基本
    2. フォトプロジェクトの作成
    3. フォトプロジェクトの編集
    4. 写真リールの作成
  12. 写真の保存、プリント、共有
    1. 画像の保存
    2. 写真のプリント
    3. オンラインでの写真の配信
    4. 画像の最適化
    5. JPEG 形式として最適化
    6. Web 画像のディザ
    7. ガイド付き編集 - 配信パネル
    8. Web 画像のプレビュー
    9. 透明ピクセルとマットの使用
    10. GIF や PNG-8 形式として最適化
    11. PNG-24 として画像を最適化
  13. ショートカットキー
    1. ツールの選択時に使用するキー
    2. オブジェクトの選択時と移動時に使用するキー
    3. レイヤーパネルのショートカットキー
    4. パネルの表示/非表示を切り替えるときに使用するキー(エキスパートモード)
    5. 塗りつぶしおよびブラシのキー
    6. テキスト使用時のキー
    7. ゆがみフィルターのショートカットキー
    8. 選択範囲の変形に使用するキー
    9. スウォッチパネルのショートカットキー
    10. Camera Raw ダイアログボックス使用時のキー
    11. フィルターギャラリーのショートカットキー
    12. 描画モード使用時のキー
    13. 画像の表示時に使用するキー(エキスパートモード)

スマートブラシツールを使用したカラーと色調の調整

スマートブラシツールと詳細スマートブラシツールは、写真の特定領域に色調およびカラーの調整を適用します。このツールを使用して、特定のエフェクトを適用することもできます。プリセットの調整を選択して、補正を適用します。このツールは自動的に調整レイヤーを作成します。また、元の画像レイヤーが変更されないため、柔軟に写真を処理できます。さらに、画像情報が失われないので、画像を調整前の状態に戻して調整することもできます。

スマートブラシツールを使用すると、カラーとテクスチャに基づいた範囲に調整が適用されます。同時に、選択された領域に調整が適用されます。調整できるのはシャドウ、ハイライト、カラーおよびコントラストです。画像に被写体のカラーを適用したり、テクスチャを追加したり、様々な写真効果を適用したりできます。

スマートブラシツールを使用した選択範囲への調整の適用

  1. スマートブラシツールを選択します。

  2. ツールオプションバーのプリセットドロップダウンから効果を選択し、その効果を適用する画像内の被写体の上にマウスをドラッグします。

スマートブラシを使用することで、利用可能なプリセットオプションから様々な効果やパターンを適用できます。

利用可能なプリセット

ただし、効果が適用されるレイヤーはピクセルレイヤーであり、調整レイヤーではないため、効果の設定は変更できません。

「テクスチャ」オプション

「テクスチャ」のプリセットを使用すると、画像に次の効果を適用できます。

  • 単調な背景に変化をつけることができます。

  • 画像内の布や織物にサテンのような効果を追加できます。

  • 画像内のドレスに花の模様を追加できます。

  • 画像内の壁や背景にデザイナーパターンを追加できます。

詳細スマートブラシツールでは、ペイントツールと同じように写真の特定領域に調整を適用できます。このツールを使用することで、パターンや効果のプリセットで緻密なディテールを調整できます。プリセットを小さな領域にペイントして適用することで、より精細に仕上げることができます。ドロップダウンリストで効果をクリックし、対象となる領域をペイントして効果を適用します。様々なブラシを選択でき、オプションバーでブラシサイズとシェイプを設定できます。

また、選択ツールのように使用することもできます。オプションバーで「境界線を調整」をクリックして、選択範囲のシェイプとサイズを修正できます。選択範囲から任意の領域を削除するには、「現在の選択範囲から一部削除」を選択して削除する領域をクリックします。

いずれのブラシツールでも、編集領域に調整を追加したり、削除したりできます。また、写真に複数の調整プリセットを適用することもできます。各プリセット調整は、それぞれの調整レイヤーに適用されます。それぞれの調整の設定は、個別に変更することができます。

補正を行うと、最初に調整を適用した場所にピンが表示されます。ピンは特定の調整の目印になります。別の調整プリセットを適用すると、新しいピンが表示されます。この機能によって、特に複数の調整を適用している場合、特定の補正を修正しやすくなります。

詳細スマートブラシツールを使用したストロークによる調整の適用

スマートブラシツールの適用

  1. ツールボックスからスマートブラシツールまたは詳細スマートブラシツールを選択します。

    ポップアップパネルが開き、調整プリセットが表示されます。

  2. ツールオプションバーのプリセットドロップダウンから効果を選択します。

    注意:

    ポップアップパネルメニューからオプションを選択して、別の調整セットを表示することができます。ポップアップパネルの設定について詳しくは、プリセットを参照してください。

  3. (オプション)次のいずれかの操作を行って、ブラシツールのサイズと画質を調整します。
    • スマートブラシツールを選択した場合は、オプションバーでプラシピッカーを選択して設定を調整します。
    • 詳細スマートブラシツールを選択した場合は、ブラシプリセットポップアップパネルからプリセットのブラシ先端を選択します。オプションバーでブラシのサイズ設定を調整します。
  4. 画像内でペイントするかツールをドラッグします。

    それぞれの調整レイヤーに補正が適用され、最初にブラシツールを適用した場所にピンが表示されます。

  5. (オプション)次の操作を必要に応じて実行します。
    • 現在の調整を写真内のその他の領域に適用するには、画像内をペイントするか、ドラッグします。必要に応じて、「選択範囲に追加」を選択します。
    • 現在の調整箇所を削除するには、「現在の選択範囲から一部削除」を選択し、画像内をペイントします。
    • 別の種類の調整を適用するには、「新しい選択範囲」を選択し、ポップアップパネルからプリセットを選択し、画像内をペイントします。
    注意:

    ツールボックス内の別のツールを使用してスマートブラシツールまたは詳細スマートブラシツールを再び使用すると、最後に使用した調整がアクティブになります。

  6. (オプション)複数の調整を使用していた場合、次のいずれかの操作を行って、追加、削除、または修正する調整を選択します。
    • ピンをクリックします。
    • 写真内を右クリックして、メニュー下部に表示された調整を選択します。

スマートブラシツールの補正設定の変更

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • 画像内で、ピンまたはアクティブな選択範囲を右クリックして、「調整設定を変更」を選択します。
    • レイヤーパネルで、特定の調整レイヤーのレイヤーサムネールをダブルクリックします。
    • ピンをダブルクリックします。
  2. ダイアログボックスで設定を調整して、「OK」をクリックします。

スマートブラシツールの補正プリセットの変更

  1. ピンまたはアクティブな選択範囲をクリックして、オプションバーでプリセットポップアップパネルを開きます。
  2. ポップアップパネルから調整のプリセットを選択します。

スマートブラシツールの補正の削除

  1. ピンまたはアクティブな選択範囲を右クリックして、「調整を削除」を選択します。
    注意:

    レイヤーパネルで、特定の調整レイヤーを削除して、スマートブラシツールの補正を削除することもできます。

スマートブラシポップアップパネル

Photoshop Elements では、スマートブラシツール と詳細スマートブラシツール を使用して、多数のプリセット調整を適用できます。オプションバーのプリセットポップアップパネルから調整方法を選択します。スマートブラシプリセットポップアップパネルは、その他のポップアップパネルと同様に設定できます。パネルに表示されるメニューを使用して、調整をサムネールまたは一覧で表示します。オプションバーのピッカーをドラッグして、ワークスペース上でフロートさせることもできます。

また、パネルの左上の領域付近のメニューから選択して、特定の調整またはすべての調整を表示できます。調整の種類には、色調から補正まであります。

レベル補正

レベル補正ダイアログボックスには、色調およびカラーを補正するための様々な機能が用意されています。レベル補正は、画像全体または選択した部分に対して実行することができます(レベル補正ダイアログボックスが Elements Editor またはパネルエリアで開かれていない場合は、画質調整/ライティング/レベル補正を選択します)。

レベル補正ダイアログボックスでは、次のいずれかの操作を行うことができます。

レベル補正ダイアログボックス

A. カラーを調整するチャンネル B. シャドウ値 C. 中間調 D. ハイライト値 

  • 画像が最大限の色調範囲を使用するように、シャドウとハイライトの値を設定します。

  • 画像のシャドウおよびハイライトの値を変化させることなく中間調の明るさを補正します。

  • グレーを中間調にしてカラーキャストを補正します。夕陽の画像に暖色効果を追加するなど、少量のカラーキャストを追加することで、画像を引き立たせることもできます。

  • 商業印刷用の画像を生成する場合は、シャドウおよびハイライトのターゲット RGB 値を設定します。

レベル補正を行うとき、画像のピクセルを直接補正するか、調整レイヤーを使用して補正を適用します。調整レイヤーを使用することで、補正を柔軟に適用することができます。

  • 調整レイヤーをダブルクリックすると、レベル補正ダイアログボックスが再び開きます。これにより、補正をいつでも変更することができます。

  • レイヤーパネルで不透明度を低く設定することで、調整レイヤーによる補正の効果を弱めることができます。

  • 調整レイヤーを重ねることで、画像を劣化させることなく補正を適用できます。

  • 調整レイヤーのレイヤーマスクを使用して、画像の一部にのみ補正を適用することができます。

ハイライトとシャドウのディテールの向上

  1. 画質調整/ライティング/シャドウ・ハイライトを選択します。

  2. 調整スライダーをドラッグするか、テキストボックスに値を入力して、「OK」をクリックします。

    シャドウを明るく

    写真の暗い領域を明るくし、撮影されているシャドウのディテールをより鮮明にします。

    ハイライトを暗く

    写真の明るい領域を暗くし、撮影されているハイライトのディテールをより鮮明にします。写真の純粋な白の領域にはディテールは存在しないので、これは適用されません。

    中間調のコントラスト

    中間調のコントラストを調整します。シャドウとハイライトを補正した後、画像のコントラストが適切でなければ、このスライダーで調整します。

    ダイアログボックスを開いたときの状態に画像を戻すには、Alt キー(Mac OS の場合は Option キー)を押しながら「初期化」ボタンをクリックします。

    シャドウとハイライトの補正前(上)と補正後(下)。補正により顔の印象が柔らかくなり、サングラスの背後のディテールが明確になっています

レベル補正を使用したシャドウと明るさの補正

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • 画質調整/ライティング/レベル補正を選択します。
    • レイヤー/新規調整レイヤー/レベル補正を選択するか、既存のレベル調整レイヤーを開きます。
  2. チャンネルメニューから「RGB」を選択します。RGB に設定した場合、調整は 3 つのチャンネル(レッド、グリーン、ブルー)のすべてに影響します。グレースケール画像を補正する場合は、グレーのチャンネルのみが表示されます。
  3. 黒と白の入力レベルスライダー(ヒストグラムの下にある左右のスライダー)をそれぞれヒストグラムの左端および右端のピクセルまでドラッグして、シャドウとハイライトの値を設定します。左端と右端の「入力レベル」テキストボックスに値を直接入力することもできます。
    ハイライトスライダーを左側にドラッグして、写真を明るくします。

    注意:

    Alt キー(Mac OS の場合は Option キー)を押しながらシャドウスライダーをドラッグするとブラック(レベル 0)にクリップされる領域が表示されます。Alt キー(Mac OS の場合は Option キー)を押しながらハイライトスライダーをドラッグするとホワイトに(レベル 255)にクリップされる領域が表示されます。カラーの領域は、各チャンネルにおけるクリッピングを示します。

  4. シャドウおよびハイライトの値を変化させることなく中間調の明るさを補正するには、グレーの入力レベルスライダー(中央)をドラッグします。中央の「入力レベル」テキストボックスに値を直接入力することもできます(値 1.0 は、未調整の現在の中間調の値を表します)。「OK」をクリックします。

    補正がヒストグラムパネルに反映されます。

    注意:

    「自動補正」をクリックすると、ハイライトとシャドウのスライダーを最も明るい点と最も暗い点に自動的に移動させることができます。これは「自動レベル補正」コマンドに等しく、これにより画像の色合いが変化することがあります。

選択した領域の明るさとコントラストの補正

「明るさ・コントラスト」コマンドは、画像の選択範囲の補正に最適です。このコマンドを使用して、画像全体の明るさを調整したり、画像のコントラストを和らげたりします。色調補正には「レベル補正」コマンドまたは「シャドウ・ハイライト」コマンドを使用することをお勧めします。

  1. 次のいずれかの操作をおこないます。

    • 画質調整/ライティング/明るさ・コントラストを選択して、画像のピクセルを直接補正します。
    • 標準編集で、レイヤー/新規調整レイヤー/明るさ・コントラストを選択して、レイヤー上で補正します。
  2. スライダーをドラッグして明るさとコントラストを調整し、「OK」をクリックします。

    左へドラッグするとレベルが下がり、右へドラッグすると増加します。各スライダーの右側に表示される数値は、明るさとコントラストの値です。

分離された領域の明るさの調整

覆い焼きツールと焼き込みツールを使用して、画像の一部を明るくしたり、暗くしたりすることができます。覆い焼きツールは、シャドウのディテールをはっきりさせたいときに使用し、焼き込みツールは、ハイライトのディテールをはっきりさせたいときに使用します。

元の画像(左)、焼き込みツールを使用した後の画像(上中央)、および覆い焼きツールを使用した後の画像(右下)

  1. 覆い焼きツールまたは焼き込みツールを選択します。これらのツールが表示されない場合は、スポンジツールを探してください。

  2. オプションバーで、ツールオプションを設定します。

    ブラシピッカー

    ブラシの先端を設定します。ブラシサンプルの横にある矢印をクリックしてブラシポップアップメニューからブラシのカテゴリを選択し、使用するブラシのサムネールを選択します。

    サイズ

    ブラシのサイズをピクセル数で設定します。サイズスライダーをドラッグするか、テキストボックスにサイズを入力します。

    範囲

    ツールによって調整される画像の色調範囲を設定します。グレーの中間範囲を変更するには、「中間調」を選択します。暗い領域を変更するには、「シャドウ」を選択します。明るい領域を変更するには、「ハイライト」を選択します。

    露光量

    1 回のストロークで与える効果の量を設定します。パーセント値が高いほど、効果が増します。

    説明:ある領域を徐々に覆い焼きまたは焼きこみするには、ツールの露光量を低く設定し、修正したい領域に何度かドラッグします。

  3. 画像内で、変更する部分をドラッグします。

分離された領域の彩度の調整

スポンジツールを使用して、画像の一部の彩度を上げたり、下げたりすることができます。スポンジツールは、オブジェクトまたは領域のカラーを強調したり、弱めたりする場合に使用します。

  1. スポンジツールを選択します。スポンジツールが表示されない場合は、覆い焼きツールまたは焼き込みツールを探してください。

  2. オプションバーで、ツールオプションを設定します。

    ブラシピッカー

    ブラシの先端を設定します。ブラシサンプルの横にある矢印をクリックしてブラシポップアップメニューからブラシのカテゴリを選択し、使用するブラシのサムネールを選択します。

    サイズ

    ブラシのサイズをピクセル数で設定します。サイズスライダーをドラッグするか、テキストボックスにサイズを入力します。

    モード

    彩度を上げるか、下げるかを設定します。

    流量

    1 回のストロークで与える強さを設定します。彩度を上げるモードでは、パーセント値が高いほど、彩度が増加します。彩度を下げるモードでは、パーセント値が高いほど、彩度が減少します。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン