マニュアル キャンセル

変形フィルター

  1. Photoshop Elements ユーザーガイド
  2. Photoshop Elements の概要
    1. Photoshop Elements の新機能
    2. 必要システム構成 | Photoshop Elements
    3. ワークスペースの基本
    4. ガイドモード
    5. フォトプロジェクトの作成
  3. ワークスペースと環境
    1. ホーム画面の説明
    2. ワークスペースの基本
    3. ツール
    4. パネルとエリア
    5. ファイルを開く
    6. 定規、グリッド、ガイド
    7. 機能強化されたクイックモード
    8. ファイル情報
    9. プリセットとライブラリ
    10. マルチタッチサポート
    11. スクラッチディスク、プラグインおよびアプリケーションの更新
    12. 操作の取り消し、やり直しおよびキャンセル
    13. 画像の表示
    14. Windows 7 機能の使用
  4. 写真の補正および画質調整
    1. 画像のサイズ変更
    2. 切り抜き
    3. Camera Raw 画像ファイルの処理
    4. ぼかしの追加、色の置き換え、画像領域のコピー
    5. シャドウとライトの補正
    6. 写真のレタッチと修正
    7. 写真をシャープにする
    8. 変形
    9. 自動スマートトーン補正
    10. 再構成
    11. アクションを使用した写真の処理
    12. Photomerge Compose
    13. パノラマの作成
  5. シェイプおよびテキストの追加
    1. テキストの追加
    2. テキストの編集
    3. シェイプの作成
    4. シェイプの編集
    5. ペイントの概要
    6. ペイントツール
    7. ブラシの設定
    8. パターン
    9. 塗りつぶしおよびストローク
    10. グラデーション
    11. 日本語テキストの操作
  6. ガイド付き編集、効果、フィルター
    1. ガイドモード
    2. フィルター
    3. ガイドモード Photomerge 編集
    4. ガイドモード - 基本編集
    5. 色調補正フィルター
    6. 効果
    7. ガイドモード - 楽しい編集
    8. ガイドモード - 特殊編集
    9. アーティスティックフィルター
    10. ガイドモード カラーの編集
    11. ガイドモード - 白黒の編集
    12. ぼかしフィルター
    13. ブラシストロークフィルター
    14. 変形フィルター
    15. その他のフィルター
    16. ノイズフィルター
    17. 描画フィルター
    18. スケッチフィルター
    19. 表現手法フィルター
    20. テクスチャフィルター
  7. カラーの使用
    1. カラーについて
    2. カラーマネジメントの設定
    3. カラーおよび色調補正の基本
    4. カラーの選択
    5. カラー、彩度、色相の補正
    6. カラーバランスの補正
    7. 画像モードとカラーテーブルの使用
    8. カラーと Camera Raw
  8. 選択範囲の使用
    1. Photoshop Elements での選択範囲の指定
    2. 選択範囲の保存
    3. 選択範囲の修正
    4. 選択範囲の移動とコピー
    5. 選択範囲の編集と調整
    6. アンチエイリアスおよびぼかしにより選択範囲のエッジを滑らかにする
  9. レイヤーの使用
    1. レイヤーの作成
    2. レイヤーの編集
    3. レイヤーのコピーとアレンジ
    4. 調整レイヤーと塗りつぶしレイヤー
    5. クリッピングマスク
    6. レイヤーマスク
    7. レイヤースタイル
    8. 不透明度と描画モード
  10. フォトプロジェクトの作成
    1. プロジェクトの基本
    2. フォトプロジェクトの作成
    3. フォトプロジェクトの編集
  11. 写真の保存、プリント、共有
    1. 画像の保存
    2. 写真のプリント
    3. オンラインでの写真の配信
    4. 画像の最適化
    5. JPEG 形式として最適化
    6. Web 画像のディザ
    7. ガイド付き編集 - 配信パネル
    8. Web 画像のプレビュー
    9. 透明ピクセルとマットの使用
    10. GIF や PNG-8 形式として最適化
    11. PNG‑24 として最適化
  12. ショートカットキー
    1. ツールの選択時に使用するキー
    2. オブジェクトの選択時と移動時に使用するキー
    3. レイヤーパネルのショートカットキー
    4. パネルの表示/非表示を切り替えるときに使用するキー(エキスパートモード)
    5. ペイントおよびブラシ使用時のキー
    6. テキスト使用時のキー
    7. ゆがみフィルター使用時のキー
    8. 選択範囲を変形する時のキー
    9. スウォッチパネルのショートカットキー
    10. Camera Raw ダイアログボックス使用時のキー
    11. フィルターギャラリーのショートカットキー
    12. 描画モード使用時のキー
    13. 画像の表示時に使用するキー(エキスパートモード)

光彩拡散

光彩拡散フィルターは、ソフトな拡散フィルターを通して見ているような画像を描きます。このフィルターは、白色透明のノイズを画像に加え、選択範囲の中心から光が出ているように見せます。

置き換え

置き換えフィルターは、置き換えマップと呼ばれる画像を使用して、選択範囲を変形する方法を決定します。例えば、放物線状の置き換えマップを使用した場合、四隅を引っ張って広げた布の上に画像をプリントしたようになります。

このフィルターを使用するには、Photoshop 形式で保存した統合画像またはモノクロ 2 階調モードの画像から構成される置き換えマップファイルが必要です。独自のファイルや次の場所にあるファイルを使用できます:

  • C:\Program Files\Adobe\Photoshop Elements 2018\Presets\Textures
  • C:\Program Files\Adobe\Photoshop Elements 2018\Required\Plug-Ins\Displacement Maps

置き換えフィルターの適用

  1. 編集ワークスペースで、画像、レイヤーまたは特定の領域を選択します。

  2. フィルター変形置き換えを選択します。

  3. 「水平比率」と「垂直比率」の各テキストボックスに ‑999 ~ 999 の間の値を入力し、置き換えの大きさを指定します。

    水平比率と垂直比率が 100 %のとき、置き換えは最大 128 ピクセルになります(グレーの中間色は置き換えが行われないため)。

  4. 置き換えマップの大きさが選択範囲と異なる場合は、画像にマップを合わせる方法を選択します。

    同一サイズに拡大/縮小

    マップのサイズを変更します。

    並べて表示

    マップをパターンで繰り返して選択範囲を埋めます。

  5. フィルターによって画像内に生成される空間を埋める方法を選択し、「OK」をクリックします。

    ラップアラウンド(巻き戻す)

    画像の反対側の端の内容で空間を埋めます。

    端のピクセルを繰り返して埋める

    画像のエッジに沿ったピクセルの色を、指定した方向に延長します。

  6. 置き換えマップを選択して開きます。Photoshop Elements によって画像にマップが適用されます。

ガラス

ガラスフィルターは、様々な種類のガラスを通して見ているように画像を処理します。既定のガラスフィルターを選択するか、独自のガラス面を Photoshop ファイルとして作成して適用できます。拡大・縮小、変形、滑らかさの設定を調整できます。独自のテクスチャファイルを適用するには、 アイコンをクリックし、「テクスチャの読み込み」を選択します。

ゆがみ

ゆがみフィルターを使用すると、画像の特定の部分が溶けたような効果を簡単に得ることができます。現在のレイヤーのプレビューが表示され、画像内の特定の領域にワープ、渦巻き、拡大、縮小、移動、反射などの特殊なツールを適用できます。画像をわずかに変えてレタッチすることも、ゆがみを大きく加えて芸術的な作品にすることもできます。

ゆがみフィルターの適用

  1. 編集ワークスペースで、画像、レイヤーまたは特定の領域を選択します。

  2. フィルター/変形/ゆがみを選択します。
  3. 画像のプレビューをズームインまたはズームアウトするには、次のいずれかの操作を行います。
    • ダイアログボックスの左下にあるポップアップメニューからズームレベルを選択します。

    • ダイアログボックス内のツールボックスからズームツールを選択し、画像内をクリックしてズームインするか、Alt キー(Mac OS の場合は Option キー)を押しながらクリックしてズームアウトします。ズームツールを使用して、プレビュー画像の拡大する領域をドラッグして選択することもできます。

    • ツールボックスから任意のツールを選択します。

  4. ツールボックスから次のいずれかのツールを選択します。

    ワープ

    ドラッグする操作に合わせてピクセルを前に押し出します。

    渦 - 右回転

    マウスボタンを押すか、ドラッグする操作に合わせてピクセルが時計回りに回転します。

    渦 - 左回転

    マウスボタンを押すか、ドラッグする操作に合わせてピクセルが反時計回りに回転します。

    縮小

    マウスボタンを押すか、ドラッグする操作に合わせて、ブラシ領域の中心に向かってピクセルが移動します。

    膨張

    マウスボタンを押すか、ドラッグする操作に合わせて、ブラシ領域の中心とは反対の方向にピクセルが移動します。

    ピクセル移動

    ストロークの方向と垂直にピクセルを移動します。ドラッグするとピクセルが左に移動し、Alt キー(Mac OS の場合は Option キー)を押しながらドラッグすると右に移動します。

    再構築

    変更内容の全部または一部を元に戻します。

  5. 「ツールオプション」セクションで、必要に応じてツールのブラシサイズと筆圧を調整します。
    • ブラシサイズを変更するには、ポップアップスライダーをドラッグするか、1 ~ 15000 ピクセルの範囲内で値を入力します。

    • 筆圧を変更するには、ポップアップスライダーをドラッグするか、1 ~ 100 の範囲内で値を入力します。

    注意:

    筆圧が小さいほど、変化が緩やかになります。

    • 筆圧感知入力タブレットを使用している場合は、「筆圧感知入力」を選択します。
    注意:

    ワープ、ピクセル移動または反射の各ツールで、現在のポイントと、直前にクリックしたポイントの間を結ぶ直線をドラッグしたかのような効果を得るには、Shift キーを押しながらクリックします。

  6. プレビュー画像の変更内容を実際の画像に適用するには、「OK」をクリックします。
  7. (オプション)前の状態に戻るには、次のいずれかの操作を行います。
    • 再構築ツール  を選択し、マウスボタンを押すか、変更した領域の上をドラッグします。再構築はブラシの中心に近いほど速く行われます。現在のポイントと、直前にクリックしたポイントを結ぶ直線で再構築を行うには、Shift キーを押しながらクリックします。

    • プレビュー画像全体を、ダイアログボックスを開いたときの状態に戻すには、Alt キー(Mac OS の場合は Option キー)を押しながら「初期化」をクリックします。また、「復帰」をクリックすると、画像が元に戻り、ツールが前の設定に戻ります。

海の波紋

海の波紋フィルターは、画像の表面にランダムな間隔で波紋を加え、画像が水面下にあるかのような効果を出します。

つまむ

つまむフィルターは、選択範囲を中心または外に向かって絞ります。

つまむフィルターの適用

  1. 編集ワークスペースで、画像、レイヤーまたは特定の領域を選択します。

  2. フィルターメニューから変形/つまむを選択します。
  3. 選択範囲を中心に向かってつまむには、スライダーを右(正の値)にドラッグします。選択範囲を外に向かってずらすには、スライダーを左(負の値)にドラッグします。「OK」をクリックします。

極座標

極座標フィルターは、選択したオプションに従って、選択範囲を直交座標から極座標に、またはその逆に変換します。このフィルターを使用して、円筒型アナモルフォーズを作成できます。これは 18 世紀に人気を博した画法で、円筒形の鏡を立てると、そこに正しい像が映し出されます。

波紋

波紋フィルターは、選択範囲に、池の水面にできるさざ波のような波打つパターンを作り出します。より細かく制御するには、波形フィルターを使用してください。オプションには、波紋の量と振幅数があります。

シアー

シアーフィルターは、曲線に沿って画像を変形させます。

シアーフィルターの適用

  1. 編集ワークスペースで、画像、レイヤーまたは特定の領域を選択します。

  2. フィルターメニューから変形/シアーを選択します。
  3. 変形の曲線を定義するには、シアーダイアログボックスで次のいずれかの操作を行います。
    • 縦線の左右いずれかの任意のポイントをクリックします。

    • 縦線をクリックし、新しい曲線ポイントまでドラッグします。

      曲線上の任意のポイントをドラッグして変形を調整したり、曲線ポイントを追加したりすることもできます。

  4. 「未定義領域」オプションで次のいずれかを選択し、「OK」をクリックします。

    ラップアラウンド(巻き戻す)

    画像内に新しく作成された空間を、画像の反対側の内容で埋めます。

    端のピクセルを繰り返して埋める

    端のピクセルの色を延長します。エッジのピクセルが異なる色の場合、縞模様が生じる場合があります。

    「初期設定値」をクリックすると、カーブを直線に戻し、最初からやり直せます。

球面

球面フィルターは、画像を変形および伸縮し、選択範囲で球面を包むか、選択範囲を球面の内側に貼り付けたかのような、3D 効果を加えます。

球面フィルターの適用

  1. 編集ワークスペースで、画像、レイヤーまたは特定の領域を選択します。

  2. フィルターメニューから変形/球面を選択します。
  3. 「量」に正の値を入力すると、球を包んでいるかのように画像が外向きに伸びます。負の値を入力すると、球の内側に貼り付けたかのように画像が内向きに縮小されます。
  4. 「モード」で標準、水平方向または垂直方向を選択し、「OK」をクリックします。

渦巻き

渦巻きフィルターは、画像全体または選択範囲を回転します。回転は端よりも中心をシャープに描きます。角度を指定すると、渦巻きパターンが作り出されます。スライダーを右(正の値)にドラッグすると、画像が時計回りに回転します。スライダーを左(負の値)にドラッグすると、反時計回りに回転します。‑999 ~ 999 の間の値を入力することもできます。

波形

波形フィルターは、レイヤーまたは選択範囲に波打つパターンを作り出します。

波形フィルターの適用

  1. 編集ワークスペースで、画像、レイヤーまたは特定の領域を選択します。

  2. フィルターメニューから変形/波形を選択します。
  3. 「種類」セクションで「正弦波」(うねる波のパターン)、「三角波」または「矩形波」から波形の種類を選択します。
  4. 波形の数を設定するには、スライダーをドラッグするか、1 ~ 999 の間の数値を入力します。
  5. 最小と最大の波長スライダーをドラッグして、1 つの波の頂点から次の頂点までの間隔を設定します。両方のスライダーを同じ値に設定すると、波のパターンが一定になります。
  6. 最小と最大の振幅スライダーをドラッグして、波の高さを設定します。
  7. 水平と垂直の比率スライダーをドラッグして、波の高さと幅を設定します。
  8. ダイアログボックス内の一連の値に基づいて乱数的に結果を適用するには、「開始位置を乱数的に変化させる」をクリックします。「開始位置を乱数的に変化させる」を複数回クリックすると、その効果を上げることができます。
  9. 次のいずれかを選択し、「OK」をクリックします。

    ラップアラウンド(巻き戻す)

    画像内の空間を、画像の反対側の内容で埋めます。

    端のピクセルを繰り返して埋める

    画像の端に沿ったピクセルの色を、指定した方向に延長します。

ジグザグ

ジグザグフィルターは、選択範囲内のピクセルの半径に従って、選択範囲を放射状に変形します。

ジグザグフィルターの適用

  1. 編集ワークスペースで、画像、レイヤーまたは特定の領域を選択します。

  2. フィルターメニューから変形/ジグザグを選択します。
  3. 量スライダーをドラッグして、変形の程度と方向を設定します。
  4. 折り返しスライダーをドラッグして、選択範囲の中心から端までの間でジグザグの方向が転換する回数を設定します。
  5. スタイルメニューから次のいずれかの置き換えオプションを選択し、「OK」をクリックします。

    回転

    選択範囲の中心の周りでピクセルを回転します。

    中心方向

    選択範囲の中心に向けて、またはその反対方向にジグザグの効果を加えます。

    左上、右下方向

    選択範囲を左上または右下に変形するジグザグの効果を加えます。

その他の関連ヘルプ

アドビのロゴ

アカウントにログイン