選択範囲の境界線の移動

選択範囲の境界線を移動しても、境界線の位置だけが変更され、写真は変わりません。

  1. 任意の選択ツールを使用してオプションバーから新規選択をクリックし、ポインターを既存の選択範囲の境界線内に置きます。ポインターが に変わり、選択範囲を移動できることを示します。

    注意:

    新規選択オプションは、選択ブラシツール以外の選択ツールが選択されている場合にオプションバーに表示されます。必要に応じて、一時的に別の選択ツールに切り替えて、このオプションを選択してください。

  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • ドラッグして、写真内の別の領域を囲みます。境界線をカンバス外にドラッグすることもできますが、カンバス内に戻すのは困難です。選択範囲の境界線を別のドキュメントウィンドウにドラッグすることもできます。
    • 選択範囲を 1 ピクセルずつ移動するには、矢印キーを押します。
    • 選択範囲を 10 ピクセルずつ移動するには、Shift キーを押しながら矢印キーを押します。
    • ドラッグの方向を 45°ずつ変えるには、選択範囲をクリックし、Shift キーを押しながらドラッグします。

選択範囲の反転

選択範囲を反転すると、選択範囲外の領域が選択範囲に変わり、前の選択範囲は編集できないようになります。

  1. 写真の一部を選択している状態で、選択範囲/選択範囲を反転を選択します。

    注意:

    このコマンドは、単色の背景の中にあるオブジェクトを選択するときに便利です。自動選択ツールを使用して単色を選択し、選択範囲/選択範囲を反転を選択します。

選択範囲に追加または選択範囲の一部を削除

既存の選択範囲に追加したり、既存の選択範囲の一部を削除することによって、選択範囲の境界線を微調整することができます。例えば、まず正円の選択範囲を指定し、次にその中から正円の選択範囲を削除することで、ドーナッツの形をした選択範囲を指定することができます。

  1. 選択ツールを選択し、次のいずれかの操作を行います。

    • 選択範囲に追加するには Shift キーを押し(ポインターの横にプラス記号が表示されます)、選択範囲の一部を削除するには Alt キー(Mac OS の場合は Option キー)を押します(ポインターの横にマイナス記号が表示されます)。追加または削除する領域を選択して、別の選択範囲を作成します。
    • オプションバーの選択範囲に追加 をクリックするか、現在の選択範囲から削除 をクリックし、別の選択範囲を作成します(選択範囲に追加オプションと現在の選択範囲から削除オプションは、選択ツールが選択されている場合にオプションバーに表示されます)。

既存の選択範囲と重なっている領域の選択

選択範囲内で効果が適用される領域を限定することができます。例えば、雪を頂いた山の写真で空の白い雲を選択するときに、その下にある山の白い部分を選択しないように避けることができます。まず空全体を選択します。次に自動選択ツールを選択して、「現在の選択範囲との共通範囲」を選択し、「隣接」の選択を解除して、空の選択範囲内にある白い領域だけを選択します。

自動選択ツール
長方形選択ツールで空と山の頂上を選択(上)。「現在の選択範囲との共通範囲」オプションを選択し、自由選択ツールを使用して雲を選択(中央)。 雲を明るくした後の画像(下)。

  1. 選択ツールを選択し、次のいずれかの操作を行います。

    • オプションバーの「現在の選択範囲との共通範囲」 を選択し、既存の選択範囲と重なっている領域を選択します。
    • Alt キー(Mac OS の場合は Option キー)を押し、十字線がポインターの横に表示されたら、既存の選択範囲と重なっている領域を選択します。

選択範囲を指定したピクセル数だけ拡張または縮小

選択範囲メニューの各コマンドを使用して、既存の選択範囲のサイズを増減したり、カラーに基づいて作成した選択範囲の内側や外側に残っている不要なピクセルを消去することができます。

  1. 選択ツールを使用して、選択範囲を作成します。

  2. 選択範囲/選択範囲を変更を選択し、「拡張」または「縮小」を選択します。
  3. 「拡張量」または「縮小量」に 1 ~ 100 のピクセル値を入力し、「OK」をクリックします。

    選択範囲の境界線が、指定したピクセル数に応じて拡張または縮小します。カンバスのエッジに沿っている選択範囲の境界線は変化しません。

既存の選択範囲を新しい選択範囲の境界線で囲む

「境界線」コマンドは、アンチエイリアス処理されたソフトなエッジの境界線で選択範囲を作成します。新しい選択範囲の境界線を追加すると、2 つの選択範囲の境界線の間にあるピクセルが選択されます。

新しい選択範囲の境界線
「境界線」コマンドを使用して 4 ピクセルの境界線の選択範囲を作成(上)。選択範囲を新しいレイヤーにコピーし、塗りつぶして画像のアウトラインを作成(中央)。元の画像で選択範囲を塗りつぶして、画像の周囲にアウトラインを作成(下)。

  1. 選択ツールを使用して、選択範囲を作成します。

  2. 選択範囲/選択範囲を変更/境界線を選択します。
  3. 「幅」テキストボックスに 1 ~ 200 のピクセル値を入力し、「OK」をクリックします。

選択範囲への近似色の領域の追加

  1. 選択ツールを選択し、次のいずれかの操作を行います。

    • 選択範囲/選択範囲を拡張を選択して、オプションバーで指定した許容値の範囲内のすべての隣接ピクセルを選択範囲に追加します(場合によっては、自動選択ツールなどの許容値の範囲を設定できる選択ツールに切り替える必要があります)。許容値が高いと、追加されるカラーの範囲が大きくなります。
    • 選択範囲/近似色を選択を選択して、隣接したピクセルだけではなく、写真内にある許容値の範囲内のすべてのピクセルを選択範囲に追加します。
  2. 許容値として指定した値で徐々に選択範囲を拡張するには、各コマンドを繰り返し選択します。

    注意:

    モノクロ 2 階調モードの写真では「選択範囲を拡張」および「近似色を選択」コマンドを使用することができません。

カラーに基づいて作成した選択範囲の内側や外側に残ったピクセルの除去

「滑らかに」コマンドは、選択範囲の周りのピクセルを検索し、境界線内で選択し残したピクセルを選択し、境界線外で選択した小さなピクセルを選択範囲からはずし境界線を滑らかにします。検索する領域は選択範囲の周囲からの距離で指定します。

  1. 選択ツールで選択範囲を作成し、選択範囲/選択範囲を変更/滑らかにを選択します。

  2. 「半径」に 1 ~ 100 のピクセル値を入力し、「OK」をクリックします。

選択範囲のフリンジ削除

選択範囲を移動またはペーストするときに、選択範囲の境界線の周囲のピクセルが選択範囲に含まれることがあります。これらの余分なピクセルより、選択範囲のエッジ周囲に縁取りが生成される場合があります。「レイヤーのフリンジ削除」コマンドは、フリンジピクセルのカラーを、純色を含む近くのピクセルのカラー(背景色を含まないカラー)と置換します。例えば、ブルーの背景にあるイエローのオブジェクトを選択して、選択範囲を移動すると、ブルーの背景の一部がオブジェクトと一緒に移動されます。「レイヤーのフリンジ削除」では、ブルーのピクセルをイエローのピクセルに置換します。

選択範囲のフリンジ削除
選択して新しい画像にコピーされた犬。暗い背景のアーティファクトが見えます(上)。「フリンジ削除」コマンドの適用後(下)

  1. 選択範囲をコピーして、新規または既存のレイヤーにペーストします。
  2. 画質調整/カラー/レイヤーのフリンジ削除を選択します。
  3. フリンジ削除ダイアログボックスで、オブジェクトの周囲で置換するピクセル数を入力します。1 または 2 の値を指定すれば十分です。
  4. 「OK」をクリックします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー