パターン

パターンスタンプツールでパターンをペイントしたり、パターンライブラリから選択したパターンで選択範囲やレイヤーを塗りつぶしたりできます。Photoshop Elements では、いくつかのパターンから選択できます。

画像をカスタマイズしたり、世界で 1 つだけのフォトページを作成するために、独自のパターンを作成できます。作成したパターンはライブラリに保存し、プリセットマネージャー、またはパターンスタンプツールおよび塗りつぶしツールのツールオプションバーに表示されるパターンポップアップパネルを使用して、パターンのライブラリを読み込むことができます。パターンを保存することにより、複数の画像内でパターンを簡単に使用できるようになります。

pa_22
カスタムパターンの作成

A. パターンに使用する範囲を長方形で選択 B. パターンピッカーのカスタムパターン C. カスタムパターンで塗りつぶされた新しい画像 

パターンスタンプツールの使用

パターンスタンプツールでは、編集中の画像や別の画像から定義したパターン、または既存のパターンを使用してペイントすることができます。

  1. ツールボックスの画質調整セクションからパターンスタンプツールを選択します(パターンスタンプツールがツールボックスに表示されない場合は、コピースタンプツールを選択し、ツールオプションバーのパターンスタンプツールアイコンをクリックします)。
  2. ツールオプションバーのパターンポップアップパネルからパターンを選択します。追加のパターンライブラリを読み込むには、パネルメニューからライブラリ名を選択するか、「ブラシファイルの読み込み」を選択してライブラリが保存されているフォルダーに移動します。また、オリジナルのパターンを定義することもできます。
  3. ツールオプションバーで目的のパターンスタンプツールオプションを指定し、画像内でドラッグしてペイントします。

    次のいずれかのパターンスタンプツールオプションを指定できます。

    ブラシ

    ブラシ先端を設定します。ブラシサンプルの横にある矢印をクリックしてブラシドロップダウンからブラシのカテゴリを選択し、使用するブラシのサムネールを選択します。

    印象派効果

    色を置くようにパターンをペイントして印象派効果を作成します。

    サイズ

    ブラシのサイズをピクセル数で設定します。サイズスライダーをドラッグするか、テキストボックスにサイズを入力します。

    不透明度

    適用するパターンの不透明度を設定します。不透明度を低く設定すると、パターンストロークの下のピクセルが透けて見えます。不透明度のスライダーをドラッグするか、値を入力します。

    モード

    適用するペイントが画像内の既存のピクセルにどのように合成されるかを指定します(描画モードを参照してください)。

    調整あり

    連続した同型のデザインとしてパターンを繰り返し表示します。パターンは 1 つのペイントストロークから次のペイントストロークに向かって整列されます。「調整あり」の選択を解除している場合は、ペイントを停止および再開するたびにパターンがポインターの中心に配置されます。

パターンピッカーへのカスタムパターンの追加

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • 画像の一部からパターンを作成するには、「ぼかし」を 0 ピクセルに設定して長方形で範囲を選択します。

    • 画像全体のパターンを作成するには、すべての選択を解除します。

  2. 編集/選択範囲からパターンを定義を選択します。
  3. パターン名ダイアログボックスにパターンの名前を入力します。
  4. 元の画像の選択範囲を解除するには、選択範囲/選択を解除を選択します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー