マニュアル キャンセル

レイヤーの編集

  1. Photoshop Elements ユーザーガイド
  2. Photoshop Elements の概要
    1. Photoshop Elements の新機能
    2. 必要システム構成 | Photoshop Elements
    3. ワークスペースの基本
    4. ガイドモード
    5. フォトプロジェクトの作成
  3. ワークスペースと環境
    1. ホーム画面の説明
    2. ワークスペースの基本
    3. ツール
    4. パネルとエリア
    5. ファイルを開く
    6. 定規、グリッド、ガイド
    7. 機能強化されたクイックモード
    8. ファイル情報
    9. プリセットとライブラリ
    10. マルチタッチサポート
    11. スクラッチディスク、プラグインおよびアプリケーションの更新
    12. 操作の取り消し、やり直しおよびキャンセル
    13. 画像の表示
  4. 写真の補正および画質調整
    1. 画像のサイズ変更
    2. 切り抜き
    3. Camera Raw 画像ファイルの処理
    4. ぼかしの追加、色の置き換え、画像領域のコピー
    5. シャドウとライトの補正
    6. 写真のレタッチと修正
    7. 写真をシャープにする
    8. 変形
    9. 自動スマートトーン補正
    10. 再構成
    11. アクションを使用した写真の処理
    12. Photomerge Compose
    13. パノラマの作成
    14. 動くオーバーレイ
    15. 動く要素
  5. シェイプおよびテキストの追加
    1. テキストの追加
    2. テキストの編集
    3. シェイプの作成
    4. シェイプの編集
    5. ペイントの概要
    6. ペイントツール
    7. ブラシの設定
    8. パターン
    9. 塗りつぶしおよびストローク
    10. グラデーション
    11. 日本語テキストの操作
  6. ガイド付き編集、効果、フィルター
    1. ガイドモード
    2. フィルター
    3. ガイドモード Photomerge 編集
    4. ガイドモード - 基本編集
    5. 色調補正フィルター
    6. 効果
    7. ガイドモード - 楽しい編集
    8. ガイドモード - 特殊編集
    9. アーティスティックフィルター
    10. ガイドモード カラーの編集
    11. ガイドモード - 白黒の編集
    12. ぼかしフィルター
    13. ブラシストロークフィルター
    14. 変形フィルター
    15. その他のフィルター
    16. ノイズフィルター
    17. 描画フィルター
    18. スケッチフィルター
    19. 表現手法フィルター
    20. テクスチャフィルター
  7. カラーの使用
    1. カラーについて
    2. カラーマネジメントの設定
    3. カラーおよび色調補正の基本
    4. カラーの選択
    5. カラー、彩度、色相の補正
    6. カラーバランスの補正
    7. 画像モードとカラーテーブルの使用
    8. カラーと Camera Raw
  8. 選択範囲の使用
    1. Photoshop Elements での選択範囲の指定
    2. 選択範囲の保存
    3. 選択範囲の修正
    4. 選択範囲の移動とコピー
    5. 選択範囲の編集と調整
    6. アンチエイリアスおよびぼかしにより選択範囲のエッジを滑らかにする
  9. レイヤーの使用
    1. レイヤーの作成
    2. レイヤーの編集
    3. レイヤーのコピーとアレンジ
    4. 調整レイヤーと塗りつぶしレイヤー
    5. クリッピングマスク
    6. レイヤーマスク
    7. レイヤースタイル
    8. 不透明度と描画モード
  10. フォトプロジェクトの作成
    1. プロジェクトの基本
    2. フォトプロジェクトの作成
    3. フォトプロジェクトの編集
  11. 写真の保存、プリント、共有
    1. 画像の保存
    2. 写真のプリント
    3. オンラインでの写真の配信
    4. 画像の最適化
    5. JPEG 形式として最適化
    6. Web 画像のディザ
    7. ガイド付き編集 - 配信パネル
    8. Web 画像のプレビュー
    9. 透明ピクセルとマットの使用
    10. GIF や PNG-8 形式として最適化
    11. PNG‑24 として最適化
  12. ショートカットキー
    1. ツールの選択時に使用するキー
    2. オブジェクトの選択時と移動時に使用するキー
    3. レイヤーパネルのショートカットキー
    4. パネルの表示/非表示を切り替えるときに使用するキー(エキスパートモード)
    5. ペイントおよびブラシ使用時のキー
    6. テキスト使用時のキー
    7. ゆがみフィルター使用時のキー
    8. 選択範囲を変形する時のキー
    9. スウォッチパネルのショートカットキー
    10. Camera Raw ダイアログボックス使用時のキー
    11. フィルターギャラリーのショートカットキー
    12. 描画モード使用時のキー
    13. 画像の表示時に使用するキー(エキスパートモード)

レイヤーの選択

画像への変更は、アクティブなレイヤーだけに適用されます。画像を操作したときに期待どおりの結果が得られない場合は、適切なレイヤーが選択されていることを確認してください。

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • レイヤーパネルで、レイヤーのサムネールまたは名前を選択します。

    • 複数のレイヤーを選択するには、Ctrl キー(Mac OS の場合は Command キー)を押しながら各レイヤーをクリックします。

レイヤーの表示と非表示の切り替え

レイヤーパネルで、レイヤーの一番左の列に目のアイコンがある場合は、そのレイヤーが表示されていることを示します。目の記号に線が交差している場合、そのレイヤーは表示されていないことを示します。

  1. レイヤーパネルが表示されていない場合は、ウィンドウ/レイヤーを選択します。
  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • レイヤーを非表示にするには、非表示にしたいレイヤーの目のアイコンをクリックします。目のアイコンに交差する線が表示されている場合、そのレイヤーは表示されていません。もう一度、目のアイコンの列をクリックすると、レイヤーが表示されます。

    • 目のアイコンの列をドラッグすると、複数のレイヤーの表示と非表示を切り替えることができます。

    • 1 つのレイヤーのみを表示するには、Alt キー(Mac OS の場合は Option キー)を押しながらそのレイヤーの目のアイコンをクリックします。すべてのレイヤーを表示するには、Alt キー(Mac OS の場合は Option キー)を押しながら目のアイコンの列を再度クリックします。

レイヤーのサムネールのサイズを変更、またはサムネールの非表示

  1. レイヤーパネルメニューから「パネルオプション」を選択します。
  2. 新しいサイズを選択するか、「なし」を選択してサムネールを非表示にします。「OK」をクリックします。

レイヤーのロックまたはロック解除

レイヤーの全体または一部をロックすると、レイヤー上のオブジェクトを保護することができます。レイヤーをロックすると、レイヤー名の右側に鍵のアイコンが表示され、そのレイヤーを編集または削除できなくなります。背景レイヤー以外のレイヤーは、ロックされていてもレイヤーパネルでの重なり順を変更できます。

  1. レイヤーパネルのレイヤーを選択し、次のいずれかの操作を行います。
    • レイヤーパネルにあるすべてのピクセルをロックアイコンをクリックして、すべてのレイヤープロパティをロックします。ロックを解除するには、このアイコンをもう一度クリックします。

    • レイヤーパネルにある透明ピクセルのロックアイコンをクリックして、レイヤーの透明部分をロックします。その結果、ペイントできなくなります。ロックを解除するには、このアイコンをもう一度クリックします。

    注意:

    テキストレイヤーとシェイプレイヤーでは、初期設定で透明部分がロックされているので、ロックを解除するには、まずレイヤーをラスタライズする必要があります。

レイヤーの名前の変更

注意:

画像にレイヤーを追加する際、レイヤーの内容に合わせて名前を変更します。わかりやすい名前を付けると、レイヤーパネルでレイヤーを簡単に識別できるようになります。

注意:

背景レイヤーの名前を変更するには、まず背景レイヤーを通常のレイヤーに変更する必要があります。

次のいずれかの操作を行います。

  • レイヤーパネル内のレイヤーの名前をダブルクリックして、新しい名前を入力します。
  • レイヤーを右クリックして、コンテキストメニューから「レイヤー名の変更」を選択します。

レイヤーのラスタライズ

スマートオブジェクト、フレームレイヤー、テキストレイヤー、シェイプレイヤー、べた塗りレイヤー、グラデーションレイヤー、パターンレイヤー(または Photoshop から取り込んだレイヤーグループ)は、画像レイヤーに変換することで、ラスタライズすることができます。これらのレイヤーは、フィルターを適用したり、ペイントツールで編集したりする前にラスタライズする必要があります。ただし、一度ラスタライズしたレイヤーのテキストやシェイプは編集することができません。

  1. テキストレイヤー、シェイプレイヤー、塗りつぶしレイヤーまたは Photoshop レイヤーグループをレイヤーパネルから選択します。
  2. レイヤーまたは取り込んだレイヤーグループをラスタライズします。
    • シェイプレイヤーを選択した場合は、ツールオプションバーの「ラスタライズ」をクリックします。

    • テキストレイヤー、シェイプレイヤー、塗りつぶしレイヤーまたは Photoshop レイヤーグループを選択した場合は、レイヤーメニューまたはレイヤーパネルメニューから「レイヤーをラスタライズ」を選択します。

レイヤーの削除

不要になったレイヤーを削除すると、画像のファイルサイズを小さくすることができます。

  1. レイヤーパネルでレイヤーを選択します。
  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • レイヤーパネルにあるレイヤーを削除アイコンをクリックし、削除を確認するダイアログボックスで「はい」をクリックします。このダイアログボックスでの確認を省略するには、Alt キー(Mac OS の場合は Option キー)を押しながら削除アイコンをクリックします。

    • レイヤーメニューまたはレイヤーパネルの詳細メニューから「レイヤーを削除」を選択し、「はい」をクリックします。

表示されているすべてのレイヤーからカラーをサンプルする

一部のツールでは、初期設定により、アクティブレイヤー上のピクセルからサンプルしたカラーだけが適用されます。この初期設定の動作により、複数のレイヤーを表示している場合でも、1 つのレイヤーだけでこすったりサンプルしたり、あるレイヤーからサンプルして別のレイヤーでペイントしたりできます。

すべての表示レイヤーからサンプルしたデータを使用してペイントするには、次の操作を行います。

  1. カラーピッカーツール、自動選択ツール、塗りつぶしツール、指先ツール、ぼかしツール、シャープツール、コピースタンプツールのいずれかを選択します。
  2. ツールオプションバーで、「すべてのレイヤー」を選択します。
アドビのロゴ

アカウントにログイン