ビデオへのエフェクトマスキングの適用

「ビデオにエフェクトマスキングを適用」ガイド付き編集では、ビデオクリップの特定部分にエフェクトを追加できます。様々なクリエイティブな方法でエフェクトマスキングを追加し、ドラマチックな効果を引き出すことができます。また、エフェクトマスキングで、プライバシーを保護するために人物の顔をぼかすこともできます。ブラーエフェクトやモザイクエフェクトはこの目的のためによく使われます。

「ビデオにエフェクトマスキングを適用」ガイド付き編集は、エキスパートビューでのみ利用可能です。

  1. 「メディアを追加」をクリックし、エフェクトマスキングを適用するビデオクリップを読み込みます。

    「メディアを追加」オプション

  2. メディアソースを選択します。例えば、ビデオクリップがハードドライブにある場合は、「ファイルとフォルダー」を選択します。

  3. 読み込むファイルを選択し、「開く」をクリックします。

  4. 読み込んだクリップはすべてプロジェクトのアセットビンに保存されます。クリップをプロジェクトのアセットビンからビデオ 1 トラックのタイムラインにドラッグ&ドロップします。

  5. タイムラインのビデオクリップを右クリックし、エフェクトマスキング/適用を選択します。

    注意:

    後で、エフェクトマスキング/編集オプションを使用して、適用したエフェクトマスキングを編集できます。

  6. マスクや選択範囲を移動したり、四隅のハンドルをドラッグしてマスクのサイズを調整したりします。

    選択範囲を移動

  7. アクションバーの「エフェクト」をクリックします。エフェクトを選択し、モニターパネルにドラッグ&ドロップします。

    エフェクトを追加

  8. ここでは、特定部分にのみエフェクトを適用し、調整レイヤーを作成する必要がないので、「いいえ」をクリックします。

  9. ビデオの特定部分にエフェクトを追加しました。「再生」をクリックして、結果を表示します。適用されたエフェクトパネルからエフェクトのパラメーターを変更します。

    エフェクトパラメーターを編集

    エフェクトマスキングがビデオに適用されました。

    適用したエフェクトマスキング

アドビのロゴ

アカウントにログイン