次のいずれかの方法を使用して、Adobe Premiere Elements にメディアを追加することができます。

  • 録画元からキャプチャする

  • その他の種類のストレージからファイルを読み込む

  • プロジェクトのアセットパネルから追加する

  • マイクから録音する

Adobe Premiere Elements にメディアファイルを追加すると、これらのファイルはクイックビュータイムラインとエキスパートビュータイムラインに追加されます。また、エキスパートビュー内のプロジェクトのアセットパネルにも追加されます。

クリップと呼ばれるサムネールは、プロジェクトのアセットパネル内にある各ファイルを表します。オーディオ、ビデオまたは画像が収録されたクリップは、いずれもムービーを構成するための要素となります。

Adobe Premiere Elements に新規メディアを追加するには、「メディアを追加」をクリックします。

メディアファイルを追加するには、メディアを追加パネルで次のいずれかのオプションを使用します。

Elements Organizer

このオプションを選択すると、Elements Organizer のアルバムからメディアを追加できます。Elements Organizer アプリケーションからビデオおよび画像をドラッグして、クイックビュータイムライン、エキスパートビュータイムラインまたはプロジェクトのアセットパネルに追加します。

ファイルとフォルダー

コンピューターのハードディスクまたはリムーバブルドライブからビデオ、写真およびオーディオファイルを読み込みます。また、DVD、メモリカード、マルチメディアカードなどのリムーバブルメディアからファイルを読み込むこともできます。これらのファイルは、ハードディスク上の指定した場所にコピーされます。 

iPhone およびカメラからビデオを取り込む

iPhone およびカメラからビデオを追加します。このようなデバイスには、コンパクトビデオカメラ、AVCHD、DVD、DSLR、その他カメラなども含まれます。

DVD ビデオカメラまたはコンピューターのドライブ

DVD ベースの AVCHD カメラまたはコンピューターの DVD ドライブからビデオを読み込みます。DVD ビデオカメラから、AVCHD 形式のメディアファイルを読み込むことができます。このオプションによって、Adobe Premiere Elements - ビデオインポーターウィンドウが開きます。ビデオインポーターを使用してリムーバブルドライブからメディアを読み込むことはできません。

注意:

Mac OS では、DVD ドライブは検出されません。

組み込みの Elements Organizer からのメディアの追加

  1. 「メディアを追加」をクリックして、「Elements Organizer」を選択します。組み込みの Elements Organizer オプションが起動します。

  2. 組み込みの Elements Organizer ワークスペースで、メディアが保存されているアルバムを探します。

  3. 1 つまたは複数のメディアファイルをドラッグして、Adobe Premiere Elements のクイックビュータイムラインまたはエキスパートビュータイムラインに追加します。

ファイルおよびフォルダーからのメディアの追加

  • 「メディアを追加」をクリックして、「ファイルとフォルダー」を選択します。ファイルが保存されている場所に移動してファイルを選択し、「開く」ボタンをクリックします。フォルダー全体を追加するには、「フォルダーを読み込み」を選択します。
  • ファイルまたはフォルダーを、Finder からプロジェクトのアセットパネルにドラッグします。
  • ファイルを、Finder からクイックビュータイムラインまたはエキスパートビュータイムラインに直接ドラッグします。

注意:

Elements Organizer を使用して、ハードディスクに保存されているファイルにアクセスすることもできます。Adobe Premiere Elements または Adobe Photoshop Elements から Elements Organizer に追加されたファイルが表示されます。

番号の付いた画像ファイルを 1 つのクリップとして追加

  1. 各静止画ファイル名に正しいファイル名拡張子が付いていることを確認し、シーケンス内のすべてのファイル名で拡張子の前に同じ桁数の番号が付いていることを確認します(file000.bmp、file001.bmp など)。

  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • 「メディアを追加」をクリックして、「ファイルとフォルダー」を選択します。

    • ファイル/メディアの追加/ファイルとフォルダーを選択します。

  3. シーケンス用画像のあるフォルダーを開き、先頭の画像を選択します。「連番付き静止画」チェックボックスを選択して「開く」をクリックします。

Adobe Premiere Elements は、連番付きの複数のファイルを全部で 1 つのシーケンスとして解釈します。

注意:画像のデュレーションの変更については、ヘルプの「読み込んだ画像のデュレーションの設定」を参照してください。

 

iPhone またはカメラから読み込む

Web カメラ、WDM デバイス以外の多くの種類のデバイスで、ビデオの録画と保存ができます。

ビデオインポーターを使用すれば、テープ以外のビデオカメラ、フリップカメラ、AVCHD カメラおよび Apple モバイルデバイスから、ビデオクリップを読み込むことができます。また、プロジェクトのアセットパネルにも追加されます。

注意:

Mac OS では、ビデオインポーターで外部の DVD ドライブが検出されません。この場合は内部の Superdrive を使用してください。

最初にプロジェクトを作成せずに、クイックビュータイムラインやエキスパートビュータイムラインにクリップを直接追加できます。どちらかのタイムラインにクリップを追加すると、クリップのプロパティに合わせて、プロジェクトの設定が自動的に変更されます。

注意:

このオプションを使用して画像ファイルを読み込むことはできません。画像を読み込むには、メディアを追加パネルの「カメラまたはデバイスから写真を取り込む」を使用します。

注意:

追加したファイルの中でいくつか使用しないものがある場合は、プロジェクトのアセットパネルから不要なファイルを削除できます。パネルからファイルを削除しても、ハードディスクからは削除されません。サイズの大きい VOB ファイルがある場合は、不要なファイルの削除をお勧めします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー