ビデオチュートリアルでは、Adobe Premiere Elements 11 でクイックビュータイムラインを使用する方法の概要を説明します。

クイックビュータイムラインの概要

クイックビュータイムラインでは、クリップをすばやく並べ替えてムービーを作成することができます。各クリップは、クリップ全体にわたる連続したフレームとして表示されます。スライダーを右に移動すると、ズームアウトして、ビデオ全体を表示できます。スライダーを左に移動すると、ズームインして、クリップを詳細に表示できます。クイックビュータイムラインには、次のトラックがあります。

  • タイトル:このトラックでクリップのタイトルを追加します。

  • ビデオ:このトラックでビデオを編集します。

  • サウンド: BGM などのサウンドを配置します。

  • ナレーション:このトラックにクリップのナレーションを追加します。

クリップを組み合わせてすばやくムービーを作成するには、クイックビュータイムラインを使用します。時間インジケーターのはさみアイコンをクリックすると、クリップを分割し、不要部分を削除できます。また、アクションバーのパネルを使用して、タイトル、トランジション、特殊効果および音楽をクリップに追加することもできます。
ar_quick_timeline_qt
クイックビュータイムライン

クイックビュータイムラインでのクリップの追加

Finder からクイックビュータイムラインにクリップを直接ドラッグします。また、メディアを追加パネルを使用して、様々なソースからクイックビュータイムラインにクリップを追加することもできます。

クリップを追加したら、クイックビュータイムラインを使用してこれらのクリップを並べ替えます。また、クリップを別のクリップの前にインサートしたり、インサートする前にクリップを分割したりすることができます。

クイックビュータイムラインでのクリップの配置

  1. Finder からクイックビュータイムラインにクリップをドラッグします。クイックビュータイムライン上でクリップをドラッグすると、緑色の縦線で、クリップを配置できるドロップゾーンが示されます。カーソルがインサートアイコンに変わったら、マウスボタンを放します。

  2. Finder からモニターパネルにクリップをドラッグします。クリップは、クイックビュータイムラインに自動的に配置されます。

クイックビュータイムラインで別のクリップの前にクリップをインサート

  1. クリップを、Finder からクイックビュータイムラインのクリップに重なるようにドラッグします。

クリップをドロップすると、その下にあるクリップの前に新しいクリップが表示され、その後ろに続くクリップが右に移動します。

クイックビュータイムラインで別のクリップの後にクリップをインサート

  1. クイックビュータイムラインで、後ろに新しいクリップをインサートするクリップを選択します。
  2. Finder からモニターパネルまたはクイックビュータイムラインにクリップをドラッグします。

選択したクリップの右に新しいクリップが表示され、後ろに続くクリップが右に移動します。

クイックビュータイムラインでのクリップの移動

  1. クイックビュータイムラインの任意の位置にあるクリップを、別のクリップの前または後の位置にドラッグします。カーソルがインサートアイコンに変わったら、クリップをドロップゾーン(緑色の縦線で示される)に配置します。
  2. マウスボタンを放します。

    クリップが新しい場所に移動し、後ろに続くすべてのクリップシーケンスが右に移動します。

クイックビュータイムラインでのクリップのコピーとペースト

ムービー内のクリップは、プロジェクト内でコピーとペースト操作を使用して並べ替えることができます。また、1 回の操作で複数のクリップをコピーしてペーストすることも可能です。コピーペースト操作では、既存のクリップの間にインサートしたり、既存のフレームをオーバーレイすることができ、クリップの時間軸上の相対的な間隔は維持されたままになります。

Adobe Premiere Elements 11 は、時間インジケーター位置のビデオ 1 またはオーディオ 1 トラックにクリップをペーストします。ただし、複数のトラックにクリップを手動でコピーすることで、この動作を回避できます。クイックビュータイムラインでクリップをペーストしたとき、時間インジケーターはクリップの最後に移動されます。この機能により、連続したペースト操作が容易かつ効率的に実行できます。

  1. クイックビュータイムラインで、ムービーに含まれる 1 つまたは複数のクリップを選択します。リンククリップのオーディオまたはビデオだけを選択するには、Alt キーを押しながら目的のクリップをクリックします。
  2. 編集/コピーを選択します。
  3. クイックビュータイムラインで、ペーストする位置に時間インジケーターを移動し、次のいずれかの操作を行います。
    • クリップをオーバーレイしてトラック上の既存のフッテージを置き換えるには、編集/ペーストを選択します。

    • ペーストしたクリップをインサートして既存のフッテージを移動させるには、編集/インサートペーストを選択します。

注意:

また、クリップの属性(モーション、不透明度、ボリューム)をコピーして、別のクリップにペーストすることもできます。

クイックビュータイムラインのズームインまたはズームアウト

クイックビュータイムラインをズームインすると、時間インジケーターの周囲が拡大され、細かい部分を確認できるようになります。クリップを追加するときは、時間インジケーターではなくカーソルの周囲を拡大してズームインすることもできます。この方法を使用すれば、マウスボタンを放してインサートする前に、インサートしたい位置を正しく確認することができます。

これとは反対に、ズームアウトすると、クイックビュータイムラインの表示範囲が広くなり、ムービーの概要を視覚的に確認できます。

  1. クイックビュータイムラインで、次のいずれかの操作を行います。
    • クリップを追加するときにズームインまたはズームアウトするには、クリップをクイックビュータイムラインにドラッグします。マウスボタンを押したまま、キーボードの等号(=)キーを押して表示倍率を大きくするか、マイナス(-)キーを押して小さくします。

    • クリップを追加するときにズームインまたはズームアウトするには、クリップをクイックビュータイムラインにドラッグします。マウスボタンを押したまま、セミコロン(;)キーを押すと、表示倍率が大きくなります。マイナス(-)キーを押すと、表示倍率が小さくなります。

    • クイックビュータイムラインをズームインするには、ズームスライダーを右方向にドラッグするか、ズームインボタンをクリックします。

    • クイックビュータイムラインをズームアウトするには、ズームスライダーを左方向にドラッグするか、ズームアウトボタンをクリックします。

    注意:

    クイックビュータイムラインでのムービー全体の表示と前のズームレベル設定とを切り替えるには、表示タイムラインに合わせるアイコンをクリックします。または、バックスラッシュ(\)キーを押します。バックスラッシュ(\)キーを押す前に、クイックビュータイムラインがアクティブであることを確認してください。(テンキーではなく)キーボードの等号(=)キーまたはマイナス(-)キーを押してズームインおよびズームアウトすることもできます。

    注意:

    ムービー全体がクイックビュータイムラインに表示されるようにズームアウトするには、円記号(¥)キーを押します。円記号(¥)キーを押す前に、クイックビュータイムラインがアクティブであることを確認してください。

    注意:

    クイックビュータイムラインのズームインおよびズームアウトの手順は、エキスパートビュータイムラインにも該当します。

クイックビュータイムラインでのクリップの削除

  1. クイックビュータイムラインでクリップを選択します。
  2. Ctrl キーを押しながらクリップをクリックして、次のいずれかを選択します。

    削除し間隔を詰める

    クリップを削除し、1 つまたは複数のクリップの位置を調整して間隔を詰めます。

    オーディオを削除

    ムービーからオーディオを削除します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー