クリップの周辺部の明るさや彩度を落とすには、周辺光量補正エフェクトを適用します。周辺光量補正を使用すると、必要に応じてクリップの露光量を調節し、元のコントラストを維持しながら魅力的な視覚効果を作り出すことができます。周辺光量補正については、「新しいスペシャルエフェクト」を参照してください。

周辺光量補正エフェクトを適用するには、エキスパートビュータイムラインでクリップを選択し、エフェクトパネルの「詳細な調整」カテゴリから周辺光量補正エフェクトを適用します。

適用されたエフェクトパネルを使用して、周辺光量補正エフェクトの以下のプロパティを調整します。

適用量

マイナスの値が大きいほど写真の輪郭が暗くなります。プラスの値が大きいほど輪郭が明るくなります。

サイズ

値が低いほど輪郭から離れた広い領域にサイズ調整されます。値が高いほど輪郭に近い領域にサイズ調整されます。

丸み

値が低いほど周辺光量補正エフェクトの形状が楕円形になります。値が高いほど周辺光量補正エフェクトの形状が円形になります。

ぼかし

値が低いほど周辺光量補正のピクセルと周囲のピクセル間の柔らかさが低下します。値が大きいほど柔らかさが増します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー