クリップのグループ化およびグループ化解除

クイックビュータイムラインまたはエキスパートビュータイムラインで、クリップをグループ化して、移動、無効化、コピーまたは削除を一度に行うことができます。リンククリップをほかのクリップとグループ化すると、リンククリップのオーディオ部分とビデオ部分の両方がグループに含まれます。

  • クリップをグループ化するには、複数のクリップを選択して、クリップ/グループ化を選択します。
  • クリップのグループ化を解除するには、グループ内の任意のクリップをクリックしてグループ全体を選択し、クリップ/グループ解除を選択します。
  • グループ内の 1 つまたは複数のクリップを選択するには、Alt キーを押しながら目的のクリップを 1 つクリックします。グループ内の別のクリップをさらに選択するには、Shift + Alt キーを押しながらクリップをクリックします。

ほとんどのビデオにはサウンドトラックが入っています。ビデオとオーディオの両方を含んだクリップは、プロジェクトのアセットパネルでは 1 つの項目として表示されます。クリップをエキスパートビュータイムライン内のムービーに追加すると、ビデオとオーディオは別々のトラックに表示されます(オーディオの真上にビデオが表示されます)。

ビデオとオーディオはリンクされたままです。エキスパートビュータイムラインでビデオ部分をドラッグすると、リンクされているオーディオも一緒に動きます。同様に、オーディオ部分をドラッグすると、リンクされているビデオが動きます。このオーディオとビデオの組み合わせをリンククリップと呼びます。エキスパートビュータイムラインでは、リンククリップの名前が下線付きで表示され、ビデオには [V]、オーディオには [A] が付きます。

ac_linked_clips_lc
リンククリップの場合は、同じ名前に [V] または [A] が付加され、下線が付きます。

すべての編集操作(移動、トリミング、クリップ速度の変更など)は、リンククリップの両方の部分に作用します。Alt キーを押しながら編集したいほうのクリップを選択(クリック)すると、一時的にリンクを解除することができ、片方のクリップだけを編集できます。ビデオ部分またはオーディオ部分だけを別々に配置することもできます。

ビデオクリップとオーディオクリップは、1 つの単位として機能するようにリンクすることができます。選択、トリミング、分割、削除、移動または速度の変更を一方のクリップに対して行うと、もう片方のクリップも同じように影響を受けます。このリンクは、必要に応じて一時的に無効にすることができます。エキスパートビュータイムラインでは、リンククリップの名前が下線付きで表示され、ビデオには [V]、オーディオには [A] が付きます。

  • ビデオクリップとオーディオクリップをリンクするには、Shift キーを押しながらビデオとオーディオをクリックして両方とも選択し、クリップ/オーディオとビデオをリンクを選択します。
  • ビデオとオーディオのリンクを解除するには、リンクされているクリップを選択して、クリップ/オーディオとビデオのリンク解除を選択します(この操作でオーディオとビデオのリンクは解除されますが、このままでは両方とも選択された状態になります。クリップを個別に操作するには、クリップを選択し直す必要があります)。
  • リンクされているクリップを個別に選択するには、Alt キーを押しながら目的のクリップをクリックします。個別に選択したら、リンククリップからは独立してクリップを移動またはトリミングできます。

注意:

リンクを解除せずにオーディオクリップまたはビデオクリップを簡単に削除するには、Ctrl キーを押しながらクリップをクリックし、メニューから「オーディオを削除」または「ビデオを削除」を選択します。

リンククリップのオーディオ部分またはビデオ部分のみの削除

  1. エキスパートビュータイムラインで、次のいずれかの操作を行います。
    • Ctrl キーを押しながらリンククリップをクリックして、「オーディオを削除」または「ビデオを削除」を選択します。

    • Alt キーを押しながらオーディオ部分またはビデオ部分をクリックして該当部分のみを選択し、Delete キーまたは Backspace キーを押します。

    • リンククリップをクリックして、クリップ/オーディオとビデオのリンク解除を選択します。クリップを選択し直して、編集/消去、または、編集/削除し間隔を詰めるを選択します。

    削除し間隔を詰めるを選択すると、クリップが移動して、削除によって生じた間隔を自動で詰めることができます。

リンククリップの同期

Adobe Premiere Elements では、ビデオとそのオーディオがエキスパートビュータイムラインの別々のトラックに自動的に配置されます。また、クリップのトリミングや移動を行ったときに同期が維持されるように、クリップがリンクされています。

一方のクリップを Alt キーを押しながらドラッグして非同期の状態にすると、エキスパートビュータイムラインのクリップ名の横に、オフセットフレームの数が表示されます。

このオフセットはクリップのリンクを解除した場合でも追跡され、リンクし直すとオフセットフレームの数が再度表示されます。また、クリップを自動的に同期し直すこともできます。クリップに応じて、2 つの同期方法から選択できます。

  1. エキスパートビュータイムラインで、移動するクリップのオフセット値を Ctrl キーを押しながらクリックします。

    右クリック(Mac OS では control キーを押しながらクリック)したクリップは移動または調整され、移動しないもう一方のクリップに揃えられます。

クリップの有効化および無効化

別の編集操作を試行するときや、処理時間を短縮するときには、クリップを無効にすると便利な場合があります。クリップを無効にしておくと、モニターパネルでムービーを再生したり書き出すときに、そのクリップは含まれなくなります。ただし、クリップを無効にしても、移動したり変更することはできます。

  1. クイックビュータイムラインまたはエキスパートビュータイムラインで 1 つまたは複数のクリップを選択し、クリップ/有効を選択します。

    クリップを無効にすると、「有効」コマンドの横にあるチェックマークが消え、クイックビュータイムラインおよびエキスパートビュータイムラインでクリップがグレー表示になります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー